FC2ブログ


こんばんはです~♪┏○ペコ

まずは、昨日の感想いお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもくださいましてありがとうございました‼
本日も、とーっても励みとさせて頂いておりますです♪

し…し……4月になっちゃったーーーーー‼
毎月言ってるから耳タコかもしれませんが、もう4月なんですね…(笑)
はえーな(笑)

昨日はお話ししていた通り仕事を早めに切り上げて、ロッテ戦のナイターに行ってきたのですが…。
なんと…めちゃめちゃ寒くてガクブルしたのは予想の範囲内としても、開幕戦から延長戦になり結局5時間試合していたんですよ(笑)
9回が終わったのが既に22時を回っていて、終わったのが23時?とか?23:30とかだったかな…w
なかなか決着がつかなくて、カナリの残業になってしまったけど最後まで楽しんで見てきました!

しかも、どうでもいぃわ!と思われるかも知れないんですけど、スタジアムの照明がLEDに変わった事で…凄い演出とかがかっこ良くなってました(笑)
行った事あるのはドームと神宮、ハマスタとマリンだけなんですけど…どこよりも近未来的というかゴージャスな演出になっていたと思います…。
レーザーみたいなのとか出ちゃうし、三振とかとったりチャンス的な事が起こるといちいち照明が一瞬暗くなるシステム!
終始「な…なんかすごいね…(笑)」と驚いておりました。まぁマリンだと野球だけじゃなくサマソニとか音楽系のイベントも多いか、そうゆう風になるんですかね?

と、雑談が長引きましたが、今日はParadiseをコンプしましたのでまとめ感想と最後のキャラのタカラの感想をば。

◇まとめ感想
Paradiseheader.png 

面白かったー‼\( 'ω')/

最後の√ではちょっとグロめ描写も…いくつかありましたが、視覚的には思ったよりも…な方かなと思います。
でも何回も言いますけど最初の方に吃驚した、○○体のスチルはマジでもう驚きましたし、スチル観覧の所にもあったけど開いてすらいません(笑)

物語的にはミツギ・マツダを攻略していると、島の廃村の事や島に関しての謎が浮上するものの2人の攻略だけでは全然謎が解けません。
むしろ2人の√の物語を進めていくと謎が深まっていく…って感じで、真実がまったく分からずちょこちょこ小出しにされてモヤっとする感じですね。
で、最後のタカラ√で色々と気になっていた事が明かされる…という形になっています。

どこも共通しているのが、終わり方が“その後こうなりました…”って感じでは無く、迷路を抜けたらやっと抜けれた!って所で終わっているのですよ。
なので、その後どうなったのーーー‼って凄く気になるんですよね…。
こんなにもその後どうなったのか知りたい、何か展開してくれと強く悶絶したのは初めてじゃないかと思います(笑)
それくらい「その後教えてくれー‼」と思ってしまいます。こうなったのかな?あぁなったのかな?とか色々想像は出来るけど、やっぱり無人島ではなく普通にどうなったか見たい!と思ってしまいますね(笑)

各√で起きる謎の出来事や不思議に思う事に関しては、最後に解決しますしそういった部分ではちゃんとスッキリします。
ただ、それが最後に最後まで本当にあまりにも触れないので、早く続きを…と急いてしまう気持ちになりました~。
ミツギとマツダのどちらの√でも、ミツギなら廃村と島の事を記述している古い書物、マツダならばひっそりと隠されている洞窟のような場所…って感じで、小出しに「ん?」と思うポイントは出てくるんですけど、そこに何も繋がらないし改めて何度も出てくるって感じでもないので…。
EDを迎えるころには「結局何だったんだろう……」と謎に思う気持ちが深まるだけなので、より早く次やらないとという気持ちになったのかな~と思います。

攻略順は私、ミツギからやったんですけど、マツダ→ミツギ→タカラの順の方が良いのかな~?と少し思う部分もありました。
タカラは制限がかかっているので、2人を攻略しないと選択肢が出てこないです。
ミツギとマツダはどちらでも良いとは思うんですけど、シナリオを思い返してみるとミツギが後の方が…良いかも?と思った部分があったので!

個人的にはボリューム的にも短い!と感じる事も無く、3人の攻略対象だけど結構ギュっと詰まっている感じがしますね。
分岐してからの展開がそれぞれ違うんですが、どこでも閉鎖的な所に居る事で色々と皆さん崩壊していくのは共通しているかなと思います。
BADに関しては人間追い詰められると、そうゆ選択もしてしまうんだろうな…と思うようなEDもいくつかありましたし、一つ一つ作り込まれている感じでした。

それと恋愛をして云々というよりも、それぞれがアヅマという人間に何故か惹かれる…って感じの始まりになっていたので、アヅマ自身に何かあるのかなぁ~?と思ったんですが…。
これは私の勝手な想像だけど、ちょっと普通ではない趣向をお持ちの人達からしたら、今までの人生で色々とあったアヅマという存在は、本能的にものすっごく惹かれてしまう存在なんだなと思います。
各√でアヅマ自身についても結構触れているんですけど、この辺もガッツリハッキリ描かれているのはタカラの√でした。
でも、なんでこんなに何度もアヅマの過去の部分に触れるのかな~?と最初思っていたんですが、マツダの√で彼の言った台詞で何となく思う所があったって感じです。
タカラの所にいくとより強く思うんですけど、狩る者が攻略キャラとかだったとしたらアヅマは駆られる者として何か惹きつけるものを持っている…って感じですかね。

それと、えーっと…。
暴力的なシーンが結構あったりしますし、大人シーンで致している時もただ甘いだけではないので、そうゆうのが苦手な方はダメかも知れません。
ある意味っそれが愛情表現だと言い張るキャラもるので、ただのDVやないかー‼と思ったりするんですけど(笑)
恋をしてキャッキャしてお付き合いをして甘いめくるめく甘いシーンを繰り広げるゲームではないですので、ご注意を…。

って事で、久々だけど好きなキャラは…

1 マツダ
2 ミツギ
3 タカラ

の順ですかね。
マツダが好きだとお思う自分を疑いますが、何だかんだコイツが好きです…(ΦωΦ)
途中とかは本当に、大丈夫かよ…この人…って思いますし、プレイしているこっちの気持ちまでゴリゴリ削られそうになるんですけど、最終的には好きだったし可愛く見えてしまった…。
でも何度も言いますけど自分の彼氏がこんなんなのは絶対に嫌です‼(笑)

お次はミツギです。
ミツギもマツダと迷う部分もあるにはあるんですけど、この人は3人の中で一番まとも!
ちょっと弱っている姿とか見れたりして、ムフフと思わない事も無かったけどマツダ程重くない奴ですしね。
金髪ロン毛でスーツとか「え?」とか思うですけど、それすらもかっこ良く見えてくる人でした。

最後はタカラです。
彼の感想はこの後に控えているのであまり喋らないようにしますが、凄すぎて私はついていけなかった!(笑)
タカラの変人具合は人レベルでは理解出来ないやつでした\( 'ω')/
どちらかというと私の好きな漫画の登場人物達が理解出来る内容じゃないかな…。

全部の√を終ええて見て思うんですけど、人は見た目で判断するなよと強く思わされました(笑)
各キャラ最初の印象と、√を経て距離を近づけていった後の印象がガラリと変わるようになっているので、第一印象のイメージでその人の事を決めつけて分かった気になるのは危険だぜぃって感じがします。

ここまで言ってしまうと、これからプレイする時に「こいつはどうなるんだ…?」って思ってしまうと思うんですけど、最後のキャラに関しては思いもよらぬびっくりな中身が待っているので楽しんでもらいたいなと思います(笑)

では、タカラの感想にいきまーす(/・ω・)/
ちなみに、タカラは完全に制限がかかっているので、ネタバレしない為にも感想はサックリめにいきます。


◇タカラ/湯町駆
itakaracon4.png


タカラは無人島ツアーに出発する時、クルーザーに乗船する前に出会います!
重そうな大きなスーツケースを一生懸命下ろそうと奮闘している所にアヅマが遭遇して出会うんですが、見た目からしてもお子様に見えてしまうタカラですが実は20歳なんだそう。

もともと明るくて人懐っこい雰囲気で、可愛いという印象の男の子でした。
最後までその可愛さというのは変わらないんですけど、違う面も勿論見えてくるので…。

プレイし終えて印象に残っているのは、タカラがアヅマを好きだというのが最後までタカラ自身もまだ気づいていない…という状態で終わった所。
タカラ自身が思う感情に対して、何で?どうして?と思っているんですけど、それが好きだからだという所までは到達していない…みたいな。
どのキャラもアヅマに惹かれて最終的には好きになっているんだけども、タカラの最初のアヅマに感情?というか衝動?みたいなものは、マジで恐怖でした!!(笑)
でも最後に近づくにつれて、“あ、好きなんだな”と思えてくると恐怖ではなくなったんですけど、それに気付く手前で終わっているような所がまた良かったなと思います。

割と他√でもアヅマの事を心配していたり気にかけていたりする部分があったので、好意的な感じではあるんですよ。すごく。
最初に気が合ったからかな?とか年も近いし友人的な感じかな?と思うんですけど、タカラの√に入って進んでいくと、どうもそれだけでは無いような気がし始めます。

私、タカラがとあるシーンで「何か良い匂いがする。アヅマの匂いだ…!」みたいな事を言った時に、「まさか…こいつ(タカラに対してのこのゲームに関して)アレなのか⁉アレが出て来ちゃう系のゲームだったの!?」と一つの考えが浮かんだんです。
だって…良い匂いがするって結構普通の恋愛ゲームで出てきたら、「あらあら…ニヤニヤ」みたいな感じの台詞だと思うんですけど、言っているタカラの表情が「あらあら…ニヤニヤ」の方の表情ではないんですよ。
ん…な、なんかおかしいぞ…?って絶対思うのー‼

そんでもって、少しずつタカラへの「あれ?」がどんどん増えていくと、びっくり仰天展開に遭遇する事になります。

これは完全にバレる事になるので言いませんが、皆さんこれまでの√でアヅマに対しての衝動を抑えられずに手を出してみたりとか色々とあるんですけど、タカラだけ色々な意味での衝動を抑えられなくなっている感じです。
とある行動に出た瞬間に「そっちかーー‼」ってなります。
ここに関しても結構後の方まで進まないと、何故あんな行動に出たのか?という部分が分からないので、そこに行くまでは色々と想像が膨らみましたね。
なので、エロがどうとかというよりも、もっと違うものになっているかな。
あの見た目からは想像出来ないほどに、興奮しまくって…というか興奮し過ぎなくらいのタカラが見られますが、ニヤニヤ…グフフ…って感じでは無い!(笑)
どどどどどどどどどどうしよう…大丈夫かな…って頭の方が先に来てしまった(゚∀゚)

物語的にも真相の部分をガッツリ描いている事になりますし、今まで起きて来た事が一体何だったのか?というのも分かるようになっています。
あまりにも真相が気になりすぎて、画面が暗転する度に「まさかこれで終わらないよね?ちゃんと続きあるよね?」とハラハラしながらエンターキーを押していたのは私です(笑)
ちゃんと最後にどうなるのか…というのは分かる形になっていましたので、ハラハラした気持ちで数倍楽しくプレイでいたと思います。

今ままでの√や、タカラの√で起きた出来事の発端だったりそうゆう所も分かるようになっているので、某√でアヅマの後輩が謝罪していたというのが台詞中で分かるんですが、その辺の謎についてもここで分かるようになっていますので、それぞれのBADとかハピエンでも不思議に思ってた事も、ここでスッキリ解決出来たかな~と思います。

それと、先程も言いましたがタカラのアヅマに対しての感情は他キャラとは違う形から入っているので、距離の縮め方というか…そうゆう所も特殊です(笑)
ミツギやマツダも普通ではなかったけど(特にマツダ)、タカラもだいぶ特殊な形から始まるので、一番甘さからは程遠い過程だったかな~と思います。
ちょいちょいそういったシーンはあるんですけど、キャッキャするのと同時にそれ以外での意味で目が離せない感じになるので…。
むしろそれ以外で目が離せない…という気持ちの方が大きいと思います(笑)

とりあえず『痛い描写とか無理!』な人はダメですね多分…。
わりと今まで色々なBL作品プレイしてきましたけど、Paradiseが一番バイオレンスな印象です(笑)

EDについてですが、ハピエンに関しては誰よりもこの続きがどうなったのか知りたい!と強く思った終わり方でした!
ハッピーはハッピーだし、良かったなと思いはするんですけども…。
先が知りたい、マジで!と思います。

BADに関しては痛かった…( ;∀;)
もう見ているだけで、そして音で凄く痛かったです。
何がどうなってどこが痛いのかは言いませんが、とにかく痛くなるEDでした(笑)

攻略キャラ3人の中で一番激しい√だったなと思うんですけど、全体を通して面白かったので私的には大満足です(/・ω・)/
細かい真相の部分とか色々と喋れないのが残念ですが、まぁいつかプレイした暁には是非お喋りしてください!┏○ペコ

ではでは、今日の感想はここまでです!
明日はワタクシジャン展に行って参ります♪\( 'ω')/
今ジャンプ展Vol.2というのをやっていて、スラダンとか幽白とかDBとかるろ剣とか…諸々の原画が展示されているらしいのですよ!
どうしても行きたくて友人と参戦してきます♪
しかも併設されているカフェで…、フリーザのパフェなるものを食べて来ようと思っておりますです(笑)

こんなんだったよ~のお話しをここでしたいな~と思っているんですけど、多分飲みに行くだろうって事で帰ってくるのが遅いと思うんですよね(´・ω・`)
遅かった場合は恐らく早々に寝ると思うので、お休みするかもですが…。
元気があったら喋りに来ます!

という事で、これからガルティアやり始めます。
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました‼┏○ペコ




マツダの声がどうしても聴きたくて
周回して好きなシーンを回想するために
セーブして何度も聞いているのは私です…。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(*´ω`)♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~(*´ω`)ノシ

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!
本日もとーっても励みとなっております\(^o^)/

今日は開幕戦です!←野球の話しですw
という事でヤクルトの開幕戦には行けなかったので、今日はロッテの開幕戦にお付き合いしてきております私…。
って事で、多分帰りが遅いと思うのでこの記事は予約投稿にしてあります!

今日はちょっと肌寒かったので…、でもさすがに真冬のアウター着たら暑そうだし中に着れる某ブランドの某薄めダウンベストをリュックに忍ばせてきました。
あれだけで海風を防げるのかは謎ですけれども(=_=)

そして、すっかり忘れてて慌てて薄桜鬼のイベントの申し込みをしてきました~‼
危ない危ない‥‥‥。
申し込み期間前は「○日からなのね!忘れないようにしよう。」とか思ってたのに、日々に追われて忘れ去る所でしたΣ(゚д゚lll)
無事に当たると良いけど結果発表まではちょっとドキドキしちゃいますね…。

薄桜鬼のイベント行ってみたい!とブロ友様とよく話してたので、当たればようやく念願叶います~‼ヾ(*´∀`*)ノ
当たりますように当たりますように当たりますように当たりますように!!!!(笑)

さてさて、今日も昨日に引き続きparadiseの感想です。
今回はマツダの感想なんですけど、この人なかなか…ラスボス並みの個性をお持ちの方だったので、色々な意味で寿命が縮まりました(笑)

※こちらはBL作品となりますので、大丈夫よという方だけ先にお進みくださいまし┏○ペコ

◇マツダ/テトラポット登
icon3.png

マツダは普段はサラリーマンをしているらしいのですが、性格的には明るくて責任感が強くて、率先して皆をまとめる役とか、皆がやりたがらない役目とかもを買って出る人という感じでしょうか。
表向きは………(笑)

見た目もちょっと老けて見られるらしいんですが、序盤にアヅマが40歳くらいに見えたとか言うんですけど、本当は27歳ですw
雰囲気的にも落ち着いている雰囲気ですし、頼りになる感じなので年齢が上に見える所にも納得できます。
そして忘れてはいけないのが、めちゃめちゃ豪快な性格というか…男!って感じのする人ですね。

最初に無人島での問題が起きた時から、マツダは皆をまとめたり管理をしたりとリーダーとなってまとめていくんですよ。
その時とかはとにかく快活で爽やかな感じ。
なんだけども、アヅマに対しては謎に気に入っている感じがちょいちょいと垣間見えるんですね…。
そんでもって個別に入ってからマツダがアヅマに迫る…というか、まぁそうゆう雰囲気になってしまいまして、致しはしないんですけど、サワサワしたりするシーンがあるんです。
もうその時とか、マツダがテトラさんの声で本当に良かった!ありがとう神様\( 'ω')/って思うんです。
真面目そうなんだけど、カナリ肉食系なマツダが素晴らしいのです。

で、一度手を出してしまうと恐らくアヅマの事が可愛くて仕方がなくなったのか、アヅマの危なっかしい所が見ていれらえない母ちゃんの様に…(笑)
木登りすれば心配しすぎて普段からは想像出来ない程アワアワするし、崖の下を覗きに行けば叫びながら「いいから!戻ってこい!」しか言わないし…。
普段の落ち着いた喋り方と、大人シーンの時の喋り方、焦っている時の喋り方のギャップがありすぎて、凄く面白い人物だな~と思いました。

アヅマもマツダの人柄に徐々に絆されていくというか…。アヅマくんちょっとおバカさんなので素直で可愛いんだけど、誘導されたらツボとかお守りとか買っちゃいそうな人なんですよね。
マツダがアヅマに対して性的な意味でもちょっとガツガツするんですけど、とにかくアヅマはお尻を拒否します‼(笑)
だけど、マツダ…この辺から素の性格が出始めていると思うんですけど、「普通の事だ」とか誘導してって「ケツも知らないなんて時代錯誤も甚だしい」とか言い始めて、アヅマを丸め込もうとしてくるんです。
こんなに必死に丸め込む人初めて見たよ!と思いながら笑いつつも凝視してしまう…。
そして丸め込まれていると分かりながらも、じゃぁ…と許そうとしてしまうアヅマが…可愛い…‼

とまぁそんな感じで、アヅマは可愛いしマツダの行動が面白かったりしつつ、大人なシーンではどちらも素晴らしすぎてスキップなんて絶対使いません!ってな感じに…。
ちなみに、テントの中でちょこーっと手前まで致すシーンがあるんですが、そこまでに起こる大人シーンは2回。(どっちもガッツリ最後までではないです)
で、ここまではマツダも色々壊れていないので、台詞を喋る度にログに行って何回も聞いてしまいます…声を‼

だが、ミツギの時もそうだったんだけど…、どんどん雲行きが怪しくなっていくんですよ。
前回の√とは違う展開で怪しくなっていくんですが、閉鎖された空間で皆が困る出来事が起きて追い込まれ始めている中で、追い打ちをかけるように次々と色々起こると…。
誰かひとりを犯人と仕立て上げて結託したりとか、自分が疑われたくないからおかしな行動に出て新たに犯人を作り上げて逃れたりとか…。
まぁそうゆ事が起こり始めるんですよ。

そうすると、マツダが…マツダが……どんどん崩壊していきます(笑)

病んでいるとかそうゆう言葉では片付けられないんですけど、何と言えば伝わるのかな…。
守ってきた自分という存在をめっためたに壊されて、誰にも信じて貰えなくなった事で崩壊していったって感じですかね。
最終的には「何だ、子供っぽい(笑)」とか思うし、アヅマがそれを見越して彼を受け止めるので良いんですけどもね。
そこに行くまでの過程はなかなか壮絶だったし、おぉ…どんどん壊れていくねマツダさん…って感じの展開ですね。

もう、仲間がどうとかそんな事言ってる場合じゃないです(笑)
マツダ的にはアヅマさえいればそれで良いって感じなんだろうけど、そのアヅマに対しても虚勢を張るというかそんな感じなのでね…。

で、さっき言った大人シーンの3回目以降は崩壊してからのシーンになるので、ちょっと…いやカナリ暴力的な部分もあります。
マツダの人格的な部分が変わり始めると、喋り方とかも一変するので「序盤の時のエロさはど~した~‼」って思いながら進めてたんですけど、本当ガラッと変わるんです…。
エロい…という感想を持った最初とは異なり、エロいけど何か…こわっっ‼て感じになるので(笑)
暴力はちょっと頂けないけど、これはこの人の心の弱さなのかな~と思うと、(自分がされている訳では無いので)可哀想に見えてしまうというか…。
絶対自分がやられたら嫌だけど、二次元だから嫌いじゃないと思ってしまうのが恐ろしいです(=_=)

すっごく自分に素直な人なんだと思うんですけど、だからこそ弱った気持ちとかそうゆうのをうまく処理できない人なのかな~?

中盤以降はとにかく殺伐としているんですが、この人スッキリすると丸出しのまま寝るような男なんですね…(笑)
アヅマに対して途中までやった時とかも「どうだった?」とか感想を求めるし、「またやろうな!」って爽やかに言ってシカトされると「またしようぜ!」と更に爽やかに言ってシカトされ、最後には「またやらせろ!」とか言ってみたり、「しばらくオカズにするからよろしく」とか堂々と言うんですよ。
なので、中盤に差し掛かるまではとにかく面白くて、エロさもあって楽しい気持ちの方が大きいんですけど、後半になるとガラッと雰囲気が変わりました。

今回はミツギの時に出て来た廃村がどうとか…という部分は出てこず、皆との噛みあわなくなっていくマツダだったり、彼を怖いと思いつつもアヅマだけが傍にいようとなるまでの心情だったり、そうゆう所がメインになっていたかな。
ミツギに比べると2人の心の動きだったり、マツダがどうしてこうゆう行動を取っていくのかみたいな部分が多いので、無人島で生活している人間の変化という部分が大半だったかなと思います。

EDも全て回収してきたんですが、今回のBADは前回出て来たあの人じゃなくて良かった~\( 'ω')/と思ったんですが、マツダ以外の人が絡むBADはなかなか…でした。
ただ、アヅマが壊れていってしまうBADになるので、ちょっと悲しいですね( ;∀;)

他にも色々と趣向を凝らしたEDがあるんですけど、マツダがアヅマの事好きだったんだな…と思えるものもあったりしましたしね。
ただ、言ってもBADなので…しかもこのブランドさんのBADなかなか精神的に来るというか、キャッキャ出来るというよりは「あぁ…」と思う感じなのでね(笑)
最後の最後までマツダをある意味で守ろうとしたアヅマの行動の末のEDとか、結構ションボリするやつもありました。

ハピエンに関してはミツギほど清々しい終わりでは無いので、この後結局どうなったのか是非知りたい所です。
特典CDをマツダにしているので、その辺が描かれていつるのかな~?と楽しみにしているんですけど、最終的にどうなったのか?は想像にお任せします的な部分があるので、ちょっと気になりすぎる感じではありますね。

でもまぁ、ここに来るまで壮絶だったし、マツダって本当にアヅマが好きなの?って思う部分もあたっりしたけど、アレがこの人の受け入れて欲しい部分だったんだと思えばまぁ…(笑)
何だかんだこの人嫌いじゃないかもと思える不思議。

あと超絶どうでも良い事なんですけど、今回の√はテトラさん×刺草さんのコンビなわけですよ。
で、こうゆうゲームの台詞って「……ぁ……」とかみたいに、「………」が多く使われると思うのですが…。
こうゆう時って吐息だったり諸々台詞として入っているんだけど、この二人だと字幕の「……」に色々なものが含まれていてマジで凄い。

普通に“じゃぁここはこんな感じでお願いします~”とか言われたとしても、……しか書かれていない所にあれだけの命?を吹き込まれるのは神じゃないかと思いました(笑)
とりあずどこの台詞も聞き逃せない感じというか、マジ耳をすませば的な…。
お陰様で何度もログから再生したし、スキップ中もスキップしないで進める部分も多々あってみっちり楽しませて貰いました。

凄く楽しかったです(n*´ω`*n)←

という事で、これ以上感想を書くとそうゆうシーンでの萌えを叫び続けてしまい、ただの変態的な部分を晒すだけになるのでやめておきます(笑)
最後はタカラの√になりますが、これは明日じっくりプレイしたいと思います♪

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました( ^ω^ )ノシ




未だにテトラさんのお声が…( 一一)
帰ったら特典CD即取り込もうと
心に決めたりな子に応援(∪・ω・∪)ポチ
っとお願いします\( 'ω')/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~\( 'ω')/

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいましてありがとうございました‼┏○ペコ
本日も、とっても励み&活力とさせて頂いておりますです‼

昨日こそ早く寝るんだー‼と意気込んだもののmた寝付けず…。
結局ゲームをしつつ寝る前に一度リビングでボーっとしてから、やっとこさ夢の中に入り込みましたぁ~。
今の花粉症の薬が合ってないのか、飲んでもくしゃみ出るし鼻水ずるずるだし…( ;∀;)
前のやつに戻した方が良いのかな?と思い中です。

話がコロコロ変わりますが、待ち構えていたGALTIAは再配達を申請する時間が間に合わず明日の到着になりますた~。
まぁ今プレイしているのを終わらせてからやるつもりなので良いんだけど、何故かちょこっと残念に思う気持ちが残るのは何だろう(笑)

さて、今日は早速本題に入りますが、Paradiseの初回感想と最初に攻略したミツギ感想を喋りたいと思います!

※こちらはBLゲーとなりますので、嫌だよという方は回れ右を!大丈夫よという方はお付き合い下さいませ!

Paradiseheader.png

主人公がなかなかイケメンなので、ちょっと楽しみにしていたんですけども…。
面白い。
ボリューム的に少ない…というのを目にしていたので、サクッと終わるのかな~?と思いきや、そんな事もなかったです!(笑)

主人公のアヅマはしがないアルバイターなのですが、わりと男性の一人暮らしでフリーターと言ったらこんな感じっぽい!というイメージに合う人って感じです(笑)
鶏肉だけぶち込んだカレー作ってみたり、野菜は嫌いだから食べなかったり…。
特に何か楽しみがある訳でもなく怠惰に…ってわけじゃないけど、何か怠そう~に毎日を過ごしている感じですかね。

そんなアヅマが安売りの鶏肉を買い占めた時に、商店街でやっている福引のチケット?を貰うんですよ1枚だけ(笑)
本当は数枚もらえるはずだったんですけど、店に残っているのがその1枚だったのでそれを貰い、面倒くさいながらも福引をしに行きます。
すると……一等が…(笑)

この福引の一等を引き当てた商品がなんとリゾート旅行‼
旅先で可愛い女の子と素敵な出会いがあるかも…グフフ…と思って、そのリゾート旅行に参加する事になります。

だがしかし、いざ行ってみると…男ばかり!そして更に無人島に6日間の旅…(笑)
思い描いていたリゾートとの雲泥の差に落ち込むんですが、殆どが1人参加の人達なので1人の人物を除けば他の人ともうまくいきそうだし、せっかく来たから楽しもうとゆう方向に思い至ります。

いざ、無人島に着くとそれぞれ小さなコテージを与えられるんですが、1人1棟与えられることに。
更に海はあるし森もあるし、なんだかんだと楽しめそうな方向に。

最初こそガッカリしてましたが、なんだかんだ無人島ライフを満喫しているのですが…だんだん雲行きが怪しくなる出来事が起こります。
その出来事をきっかけにこの無人島での旅行は、別のものへと変化していきます[壁|_-)チラッ 

どこまで言って良いのか凄く迷うんですけど、公式でもだいぶ色々隠しているので隠したまま頑張って話します(笑)
一応、初回のミツギをプレイしただけじゃ何も謎が解けない!
という事でミステリー要素が入っている内容になっていまして、無人島のリゾート旅行でキャッキャウフフかと思いきや、全然そんなんじゃないです。

閉鎖的な空間で猟奇的な事件が起こり、その時の居場所である無人島も謎に包まれているんですよ。
次々に起こる出来事のお陰で、どの人も怪しく見えてくる…って感じですね。
BADの分岐がそもそも誰かを疑って疑心暗鬼になるか、疑いたくないかでだいぶ大きく変わったなと思います。

初回プレイでも10時間くらいかけてしまった気がします…(笑)
キャスト様のお陰でもたもたプレイになってしまったんですけど、主人公が刺草ネトルさんとか絶対にあかんやつやー‼と思いますマジで。
ちなみに主人公受けです。これはあかんやつです本当に。←
普通に喋ってるだけでもアヅマとマツダ(テトラポット登さん)は飛ばせないのに、大人なシーンだと余計に飛ばせないわぃ!ヽ(`ω´*)ノ彡って感じで、進みが超絶亀になりますた…。
でもその分どこの√でもすっごく楽しめそうだなと思った事に間違いはありません!

物語の展開的にも、なんというか…こう…ジワリジワリと追い込まれていく感じで、激しく目まぐるしい展開!って雰囲気でもないのに、後半に行くほどに追い込まれていく感じが凄いするんですよ。
事件?というかまぁそうゆうのがいくつか起こるんですけど、常に何かしら問題が発生して合間に大きいのがドンと入れられる感じ?
なので、どんどん追い詰められていっている感じで、続きが気になる~‼ってなるタイプのシナリオでした。

そこに加えてその事件の事だけでなく、島にある廃村なんかにもちょっと謎がありそうなんですよね…。
その辺もチラチラと話の中に出ては来るんですけど、廃村の事を追うのがメインではないので、与えられる情報から自分で色々考えてしまう…という感じ。
まさか…こうなのか?とか色々と想像が膨らむプレイスタイルになってしまいます。

それと、アヅマ自身にも何かありそうだな~って感じの描き方をしているんですけど、生きる気力が無いと言うか生きる事が面倒そうというか(笑)
そういった所がちょいちょい見られるんですが、これの理由を知るとそうゆう事か~と納得出来ました。
ただ、これはミヅキ√でもだいぶ進んでからじゃないと分からないので、なんでアヅマはこうゆう風に思うんだろう?とすっごく不思議に思いながら進める形になります。

彼らを追い詰めるメインの出来事があり、そこにちょこちょこ大きな事件が舞い込む形になっているですが、それが全体的にジワジワと追い込まれている形になっているという…。全体像はそんな感じの内容になっています。

ちなみに、今の所ウゲッ!と思ったのは、思いがけず出て来たご丁寧にスチルを用意してくれた所以外はまだありません\( 'ω')/
アレは本当に吃驚したし二周目はしっかりスキップで飛ばして視界にも入れませんでしたけど…(笑)
BADも視覚的に悍ましいものは今の所は無かったです!
ただ、数が結構あるわりにはそれぞれ興味深い展開になっていて、回収するの結構面白かったです。

恋愛的な要素についてなのですけど、今の所アヅマもミヅキもマツダ(序盤だけだけど)も元は女が好きなので、最初からときめきがあったりとかそうゆう展開ではない。
閉鎖的な空間に居る事でそうゆう雰囲気になって…って感じなんですけど、事件が起こって限られた人数しかいない中でそいつだけは信頼するという形になっていくので、なかなか面白かったです。
というか、この状況でそうゆう関係になって唯一信頼できる人がいるってだけでもカナリ救いなんですよ‼
私はっ初回プレイにミツギが居なかったら生きていけませんでした( ;∀;)←

なので愛だの恋だのキュンキュンとは違うんだけど、本能で求めてる感じ?がしましたし、これはこれでものすごく良かったと個人的には思ってます。
とにかくそうゆうシーンの時の破壊力が抜群だと思います!色々と!凄かった!笑

初回分岐セーブを作るのを忘れてしまったので、周回がちょっと面倒だったんですけども、EDは4つか5つくらいあります。
スキップも出来るしなかなかのスピードなので、周回は楽ちんでした!
ただまぁ…こうゆう作品なので、BADは気持ちの良くないものもあるので好き嫌いは分かれるのかな~と思います。

今はマツダの途中まで進めているんですけど、声的なものはマツダが一番危険だという判断を下しましたぁぁぁぁぁ‼
低めの男っぽい感じというか…まぁそんな人物なんですけど、色々と大変な事になるかと思いました(*´ω`)
この先がすごく、ものすっごーーーーく楽しみになりました。

あんまり長い事喋ると余計な事も言いそうなので、さっそくミツギ感想にいきます。


ミツギ/一条光
mitsugiicon2.png 

ミツギは出会い頭から嫌な奴です‼
初っ端出て来た時は、恐らくアヅマも思ったであろう気持ち「なんじゃこの金髪野郎は~‼」と思いました本当に。

アヅマもアヅマなんですけど、ミツギもいちいち感じ悪いんですよ。
しかもアヅマ限定で凄い感じが悪い(笑)
なので、途中まではうわっって感じで進めていたんですけど、中盤以降からは「ミツギ…(〃´∪`〃)」ってなってました。

常にスーツを着ている謎の奴なんですけど、常に冷静で周りを良く見ているしめちゃめちゃ頼りになる人なんです。
ただ、彼の諸事情でアヅマの第一印象があまり良くなかった事が原因で、打ち解けるまでに結構な時間がかかりました…。
でも多分思うんだけど、ミツギは最初からアヅマの事ちょっと良いなと思ってたってゆうか…、惹かれるものがあったんじゃないかな?と思いますけどね…。

物語的な部分はあんまり触れない方が良いと思うので、ほぼ私の思った事を書き殴る形になると思うんですけど、色々と事件が起きていく中でミツギの中でアヅマが大切な存在となっていくのがたまらんかったのです!
最初こそ犬猿の仲って感じで顔を合わせれば嫌味ばっかり言い合ってるんですけど、途中からその関係性がガラッと変わるんですよ。
そこからアヅマの事を気遣っている素振りを見せたり、平たく言えば致した事でハマっている感じ?がするというかですね…。
そうゆうのがすっごく面白い!と思わせてくれた部分かなと思います。

アヅマの過去などに触れ色々と知っていく中で、彼の事を守りたいと思うようにあっていくんだと思うんですけど、その変化が良いな~って思っちゃうんですよね。

アヅマの方も何だかんだ可愛いやつなのですけど、この子がミツギの事を好きとかの以前に求めている感じが不思議と良かったなと思います。
唐突な感じではないしうまく言えないんですけど、恋とかそうゆうのではなく本能的に求めている感じがお互いから伝わるので、恋愛とはまたちょっと違う感覚から始まっている気がしますね。

お互いが求めるままに行為を重ねていくのと、島で次々に起こる事件を通過していく中でアヅマとミツギは信頼というかそうゆうのを深めて行くという感じなんですよ。
で、この次々に起こる事件というが誰も彼もが怪しく見えてくるので、疑心暗鬼になるとBADに直行するって形(笑)
そこにさっきも少しいったのですけど、アヅマの寝言というかうなされてる時の様子がおかしい事とか、彼について気になる部分が出てきてからお互いの事を小出しに深く知っていく形になるので、気持ちの変化というか動きも物語の展開に合わせてジワジワくるのが私は結構好きでした。

ただ疑心暗鬼になってハラハラするならまだしも、アヅマ自身が狂ってしまうというか…そういった方向性にいくEDもありますしね…。
サブキャラが出張って来るBADなんかもあるんですけど、これは…私的にはオイシイサブキャラではないので、嬉しくもなんともなかった~( ;∀;)エーン
でもこれは、ある意味真相に1mmだけ近づいた感じにさせられるEDだったかなと思います…(笑)

ED自体はザ・バッドエンドという感じのものもあるんですけど、殆どは分岐した所から異なるシナリオになっていますし、結構作り込まれていると思います。
サクッと終わるのかな?と思ったら最後までガッツリ長めのやつとかもあったし、少しずつアヅマが狂っていく様子が描かれていたり、悲恋的に思える内容のがあったりと色々な種類が用意されてますね。

個人的にうわっ…と思ったのは、おいしくないサブキャラのやつなんですが、とある人がすっごい変態的になるんですよ‼
その時の喋り方とか言葉の使い方がもう…若干キモイ(笑)
雰囲気とか喋り方とかで「こいつ…まさかゲイなのか?」と思うんですけど、自分で女が好きだっぽい事いっているので多分違うんだろう…。
でもキモイです…アヅマに対しての変態言葉の数々私は忘れないわよー‼笑

まぁ何といっても一番は当たり前だけどハピエンです(笑)
心の底から『あぁ…助かった…』と思えるEDなので、是非その後が知りたい‼と思います。
せめて!せめて後日談欲しかったなぁ~…と思うんですが、残念ながらそうゆうのは無かったみたいです(´・ω・`)

大人なシーンについてなんですけど、えー…こんな事言うのも何かアレなんですが、久々にあんなに(;゚∀゚)=3ハァハァする感じで楽しませて貰いました(笑)
とりあえず主人公の受けが刺草ネトルさんなのでエロいです。喘いでみたり吐息だったり諸々ありますけど、このリアルさは一体何なんだ…?とふと思う程ですw
ミツギの方は性格的にもわりと淡々としている喋り方が多いんですけど、いざそうゆう時になると…なかなかよろしいかと思います(笑)

この2人ってミツギが作中に言うんですけど、クソ程体の相性が良いらしいんですね。(笑)
それがミツギとアヅマからひしひしと伝わってきます。
こんな相手がいたのか!!!!と思ってるんだろうな~この人達…ってつい思ってしまう感じなので、ミツギがヤバそう?というか切羽詰まっている感じ?というか、そうゆう時の喋り方がこれまたリアル(笑)

リアルとリアルの演技なので(何言ってんだって感じですけどw)、何かのぞき見している感でいたたまれなくなりました。
いや、もう本当是非聞かせてあげたいくらいなんですけど、シナリオ中に3回か4回程そうゆうシーンがあるんですが、見ているこっちがドキドキしますよ…(=_=)
御馳走様でしたって感じになります(笑)

ミツギもツンデレという程デレがある訳では無いんですけど、気付きにくい優しさとかが見えてくると素敵な人にしか見えないので、後半は色々とすっごく楽しかったです(*ノωノ)
それと何が面白かったって、アヅマは序ミツギの事が嫌いなのでですね…。何かミツギとの間に起こるたびに「汚部屋野郎」とか「鬼軍曹」とか色々心の中で呼ぶのが面白かったです(笑)
それと、ミヅキって見た目的には凄く神経質奏な感じなのに、汚部屋とかもそうですけどお風呂とかザパァッザパァッって音が豪快なんですね。
それに対しても「そんなに音立てて入る必要あるのかね。禊か。」と突っ込んだりしてるんですよ(笑)
アヅマのちょっとお馬鹿な感じの喋り方も、シリアスっぽい内容なはずなのにそう思わせない感じが楽しかったなと思います。

もっと色々喋りたかったはずなんですけど、こんな感じで勘弁してください(笑)

今私はマツダに夢中なので、すぐ続きをやってきまーす(∩´∀`)∩←(笑)
謎に思っている部分は最後にはちゃんと分かるようになているんだろうか…。

ではでは、最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ




明日はゾゾマリンに行って来ます(/・ω・)/
寒そうだからあったかくして
開幕戦を楽しんできます~♪
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言