FC2ブログ


こんばんはです(/・ω・)/
今日もちゃんと引き籠ってゲーム三昧を…、というかゲームしかしていなかった私です(笑)

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪┏○ペコ
本日も大変励みとさせて頂いております!(*´ω`)

今日はですね、来週に我が家で前回のシーズン共に行っていた野球仲間(幼馴染と彼女の先輩)と飲み会的な事をするんですけれども…。
鍋にするか…お好み焼き大会にするか…どうするかというのに頭を悩ませておりました(=_=)
そもそも私ホームパーティー的な…、リア充的催し物とか全くしない人ですしそうゆうののメニューとか全然浮かばない。

頭を唸らせながら皆にリクエストを聞いたり、ググってみたりしてたんですよ。
そしたら2人共「せっかくだからスパークリングワイン持って行くね!」と言い出し(ちなみに2人共持ってくるつもりで多分3本集う事になる……)、じゃぁガッツリ系じゃない方が良いよねって事で、父と相談してチーズフォンデュにしよう♪となったのです。

が、まぁそんなお洒落な代物作った事も無いので、色々と調べてたらば!
ピザ用チーズとかお手軽に作れるものが結構あって、感心してしまいましたよ‼
ホットプレートで出来る…とか、手間暇かけなくても簡単に作れるもの結構あるんだなぁ…と思いながら色々夢中になって見てしまいました(笑)

何はともあれメニューは決まったので、とりあえず一安心です(*´ω`)

そして、今日は放置気味だった紅天FDのコンプ感想ですよー♪
コンプ感想といっても各キャラ√の感想をサラッと…という感じになりますが、一日かけて終わらせて参りました\( 'ω')/

本編でのアレコレとは別で、こっちでもちょっとした事件が起こるんですけど…。
既に恋人になっている設定なので、それぞれのキャラが本編の時よりも重症化していて面白かったです( *´艸`)

人数も多いのでサクサクいってしまおうと思いますが、今回は嘉祥も攻略出来たので個人的には凄く楽しかった(笑)
助平親父と罵られる嘉祥ですが、何か色気のある叔父様って感じでずっと気になっていたのです。
どれもこれもとても楽しめた√だった(∩´∀`)∩

sakura200.jpg

桜螺が本編最後の方で見せた雷王化が進み、藍丸が心配過ぎて妄想までし始めてしまう重症な人へとなっておりました(笑)
桜螺も今日丞と同様で人なので、いつか離ればなれになってしまうという所を心配したり、離れてしまう事への寂しさとか、そうゆう部分が描かれているんですけど…。

今日丞の時の様な切なく暗い感じというよりも、もっと前向きな雰囲気だったかなと思います。

が、桜螺がとにかく藍丸と居る事で変化したというのが凄くよく分かりました(笑)
序盤から藍丸に振り回されているのがよく出てくるんですけど、桜螺といる藍丸はより自由奔放でヤキモキさせられているんだなぁ…と思えてしまう感じに見えるんですよね。
そこが可愛くもあり桜螺も惚れた弱みで振り回されるしか無いのかなぁ…(笑)と思いつつ、とにかくついつい笑ってしまうシーンも多かったなと思います。

一応全√揃って江戸で巻き起こるかどわかし事件を追う…というメインの事件みたいなものがあるんですけど、そこに絡めて藍丸と桜螺の事も描かれているという感じですね。

終始藍丸に振り回されている桜螺なんですけど、堅物朴念仁の癖に藍丸に対して色々とむき出しにしている姿は新鮮でもあり、ちょっとカッコ良かったです(ΦωΦ)

kosiro200.jpg

今回の弧白√では、今までもちょこちょこ弧白に対して藍丸の思っていた事が、ここにきて少し見る事が出来る…って感じですかね。
弧白の過去を知らない藍丸は、常々それを気にしていたのですけど…。
とある時に弧白の過去を知る者たちと出会う…って感じです。ただ、その出会った者の1人は弧白に執着している人だったので、藍丸が嫉妬心むき出しては向かっていくのがちょっと新鮮でした!

どちらかというと、弧白の方がグイグイ来ているというイメージだったので、今回は藍丸の方が弧白の事をどれほど深く想っているかを知らしめる番って感じでしたね。
まぁ結局藍丸が自分と同じくらい深く想ってくれている事を知った弧白は、より藍丸に対して向かっていく事になるんですけど…(笑)

対人との恋愛ではなくて、妖×半妖になると人とは違う意味での問題…みたいなものもあるので、これはこれで面白いなーと思います。
特に弧白と雷王は藍丸を脅かすものや傷つけるものは断じて許さない派の人なので、彼ら特有のアレコレがあるかなー。

何にしても本編の終わり方が弧白はちょっと特別だったので、どうやって描かれているのかな~と不安もあったんですけど、その後のお話しでもないですし不安になる必要もなかったかなと。
いつも通りの萬屋でした!

最後に、凄く下らないんですけど…。藍丸と弧白に執着している人とおやり取りが男同士の癖にちょっと面白かったのですよ(笑)
「この助平爺!」って相手に藍丸が言うと、相手が「この、泥棒猫がぁぁぁ!」とか言い返してくるんですけど、相手は妖狐一族を統べる長とかなんですよ?笑
昼ドラみたいなやり取りにちょっと笑ってしまいましたww


raiou200.jpg

雷王の藍丸病はある意味弧白よりも根が深いんだな…というのを知らしめてきたシナリオだったなと思います(笑)
弧白と少し似てるんですけど、藍丸は自分を引き取る前の雷王というのを知らないんです。
更に聞こうとすると教えて貰えないから、気になっているんですよね。

それがかどわかし事件を追っている中で、ちょっとしたきっかけで過去を見てしまう…というシーンがあるんですけど…。
どのキャラも藍丸の事を本当に愛しているんだなーというのは分かるんだけど、雷王程の深ぁぁぁぁぁぁぁぁい愛情を持っている人はいないんじゃないか…と思ってしまいます。

とにかく普段のやり取りの中でもすごーく包容力しか感じないんですけど、何かというと藍丸の事を気にかけていて親のような深い愛を感じる訳ですよ。
でも藍丸の事を恋愛対象としても見ているので、そうゆうシーンになるとすごい獣(笑)
そのギャップがとにかく素晴らしいなぁ…と思ってしまうんですけど、どんな時でも「この人どれだけ藍丸の事好きなんだろう…」と思ってしまうんですよね~。

小さい頃から面倒を見てきた藍丸に対して、普通は妖が持ちえない愛情というものを持って、更にそれが藍丸だけに向けるものだから余計にめちゃめちゃ特別感があるというか…。
何か一応シナリオ内では色々な事が描かれているんですけど、終始雷王が藍丸に向ける愛がどれほど大きくて深いものなのかを見せられたって感じでした(笑)


kashou200.jpg

地味に楽しみにしていました嘉祥さん(∩´∀`)∩
本編でも出てくるし、藍丸にちょっかいをかけている人なんですけれども…。今回やっと念願かなって…藍丸と…(≧∇≦)ヒャッホーでした。

嘉祥は羽織として自分の一紋を纏めつつも、藍丸と時には協力しつつ江戸を治めている大妖です。
表では呉服店みたいなものをやっているんですけど、手広く商売をしつつも藍丸よりも古くから羽織役として纏めているのである意味先輩…というか、本編では敵対もしている時もある感じですね。
と言っても、嘉祥は藍丸を気に入っている節があるので、そこで何かいざこざがあるという感じでもないんですけど…。

今回はかどわかし事件の事に加えて、お互いが羽織として距離を縮めていく…って感じの内容でした。
嘉祥って結構謎な人物と言いますか、イメージ的に凄い立場の人って感じなのでちょっと何考えているのか分からない風なんですよね。
なので藍丸が嘉祥に遊ばれているというか翻弄されているというのが強いんだけど、羽織として藍丸を信頼していく嘉祥が何だかかっこ良かったです(*ノωノ)

しかもこの人いちいちエロいんですよ。声とかもあるんだろうけど何かエロい。
これはちょっとプレイしてこの人が出てくれば分かってもらえると思うんですけど、おじさんっぽい感じなのに何か色気があります(笑)
他のどのキャラとも違う魅力があるんですけど、個人的にはこの人結構好きなんですよね(´ω`)

藍丸が羽織になっても知らなかった事というか、藍丸を関わらせて来なかった事を今回は打ち明けて対処する…という流れなんですけども!
二人が羽織としてお互いを信頼していくという流れがとにかく私は好きでした。
そして何と言っても藍丸を抱く為ならば抜け目ない嘉祥さんが私は大好きです\( 'ω')/

ちなみに嘉祥の家にいるだけで雷王も弧白も急いで迎えにくるあたり…何だか可愛かったですし、嘉祥の従属である襲という妖が藍丸と嘉祥がうまくいっているのをこっそり聞いて飛び回って喜んでいるのも可愛かったです(笑)


◆烏丸五郎丸鷹比佐
takahisa200.jpg

このお方天狗の一族の、烏丸五郎丸鷹比佐(からすまごろうまるたかひさ)と言います!(笑)
作中で藍丸はちゃんとフルネーム言えてなかったのですけど、鷹比佐とは今回の江戸で起こるかどわかし事件で知り合う事になります~。

鷹比佐とは同じように背負うものが大きすぎる所とか、年も他の妖たちと比べると近かったり、立場的にも似ている所があったりして今までの攻略キャラの中では同級生的立ち位置になるのかなと思います。
藍丸の周りには居なかったタイプの人ですね!

新たに出会った時には反発し合って喧嘩する事が多いんですけど、鷹比佐は藍丸のお陰で気付く事が多かったり、逆に藍丸も鷹比佐に気付かされることがあったりして、お互い良い刺激になりながら距離を縮めていくんです。
が、二人とも紅天で言う所の若者同士で更に初恋どうし……。鷹比佐は藍丸を意識しまくっていたり、嫉妬したりしているのにそれに気付かず喧嘩してしまったりとか~…。
勝手に妄想してモヤモヤしちゃったりとかして~…何かめちゃめちゃ初々しかったです…(/ω\)

今まで攻略してきたキャラ√では見られなかった初々しさで、プレイしているこっちが恥ずかしくなる感じでしたね(笑)
でもなんかすごく可愛かったんです…。
二人とも素直なので「そうかこれが初恋なのか!」みたいな子供の様なやり取りも、微笑ましかったですしね(笑)

鷹比佐は真面目な奴なので、わざわざ萬屋に藍丸の情人として挨拶をしに行くんですけど、その時の雷王・弧白の対応がとにかく面白かったです(笑)
愛され過ぎているのもなかなか大変だなって感じなんですけど、鷹比佐も天然なのか弧白や雷王が自分に向けてくる感情をうまい事かわしたりはき違えたりしていて、騒がしい終わり方でしたがなかなか楽しかったです( *´艸`)

シナリオ中では、友が出来るかも知れないと思う反面、羽織である自分が友を作ることは良くないと思ったり…。
本編での出来事を未だに癒す事が出来ずに、心に色々と抱えている所なんかもあるので、ちょっとシリアスっぽい雰囲気もあったんですけど、そうゆうのも含めて鷹比佐の存在が大きくなっていくので安心感のある展開でした。


hiou200.jpg

ムムム…。来ました緋王(笑)
前回は細かく感想を喋るんは放棄しましたけど、今回は一応喋ろうかなと思います…。

えー…っと。
緋王√では、本編の時にも描かれていた藍丸のとある事が関係してくるんですけど、それと共に緋王という存在を藍丸がどう受け入れていくか…みたいな…感じでした…。
凄い感想書きづらいですw

既にこのFDのシナリオが始まった時には、藍丸と緋王は折り合いを付けてうまい事付き合っているんですけど、それでも緋王にはとある願いがあってそれが今回叶うって感じかな…(笑)
言い方を色々考えてみたんですけど、どんないい方でも色々バレそうなので伏せて伏せて伏せまくった言い方しかできません( 一一)

詳しい部分はやっぱり言えないんですけど、羽織となった事で脅威ともなりえる藍丸にとある出来事が降りかかるんですけど、それが原因で藍丸に危機が迫ります。
で、その危機を取り除く為に色々と…するんですけど、この出来事を通して確実に緋王という存在が藍丸の中で大切なものになっているのを感じるし、緋王も藍丸だけが大事だと思っているというのが分かったって感じです。
というか、そもそも、本編の時には緋王が藍丸をそこまで想っている感じしてなかったんですけど、この√をプレイした事で、ずっと藍丸の事を想っていたからこその行動だったのか…と思うと不思議な気持ちになりました。

まぁでも緋王は藍丸にとって、ある意味一番特別な存在でもあるので…、緋王にとってもそうだろうし不思議な事ではないのかもしれませんが。
でも、ここでの二人は唯一無二の…って感じなので、うまく言えないけど今回のシナリオみたいな展開があって凄く良かったなーって思いました!

EDの時のスチルなんて何とも言えないんですよー(*´ω`)♪
色々余計な事喋りそうなのでこの辺にしておこうと思います(笑)

FDという事もあり本当サクサク~っとした感じで感想を喋らせて貰いましたが、各√内容も異なっている部分が大きかったですし、結構ボリュームもあって楽しめました!
EDもそれぞれ4つずつとかあったと思いますし、本編に絡んだ内容もあったりするので、より面白さが増したかなと思います。

これにて紅天FDは終わりなので、集中して下天愛蔵版に進もうと思います(*´ω`)
でも時間かかりそうなんだよなぁ…。
罪の華EDだけは感想を書きたいと思っているので、頑張って罪の華迎えてきます\( 'ω')/

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ



↓これを見たら久々に十三支がやりたく
なってしまいました(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(*´ω`)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんわいん┏○ペコ

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました‼
毎日とーっても励みとさせて頂いております(^◇^)ノシ

今日は、今日は……。
夕方から仕事での忘年会的なものがあったので、それまでに仕事を終わらせるという苦行を強いられました!(笑)
なのでかなりバタバタした一日だったのですけど、明日はニーアオートマタをプレイしに相方の家に行くので忙しくても頑張れますたー\( 'ω')/

最近紅天FDサボってたけど、昨日やっと初回の今日丞を終えて弧白√に入りました‼
けど、やっぱり色々と予定が入ったりして、結局ゲームなかなか進んでいない感じです(-_-;)

とりあえず今日は今日丞の感想をば…。

◆今日丞
kyosuke200.jpg

今日丞との物語では、もうすごーく怪しげな雰囲気を満載にしていた今日丞…。

そもそも本編でも藍丸の事が好きすぎて…って感じがどのキャラもあったんですけど、その部分が藍丸捕獲帳ではより深く描かれていたかなと思います。

今日丞だけの事では無く、藍丸と今日丞√に関わってきたとある女の子もここでまた関わってきます。
その部分についてはちょっと悲しさも含むので、今回描かれていた内容はちょっと分かるなーと思ってしまう感じでもありましたね。
恋…というかもはや愛だったであろう彼女の気持ちを考えると、今回の√での出来事はそうなってもしょうがないのかもな…と思ってしまう内容だったんですよねー。

で、今日丞の方はもともとそうなんですけど、とにかく自分に関わった全てに対して優しい人なので、そこが危うくもあり素敵な部分でもあり…。
今回は危うい方面が強く出ていたかなー。
何というか普段すぎるくらい優しいタイプって、負の方向に向かうとそのギャップが凄いですよね(笑)

今日丞にもそれは言える部分なんですけど、今日丞の場合は彼は人ですからね。
藍丸は半妖だから人のせいよりも遥かに長いい間生きる事が出来るけど、人である今日丞にはずっと共に居る事は無理なので…。
まぁそうゆう事です。
とーっても藍丸を愛しているし、ずっと傍に居たいけどそれが叶わないからこそ死に魅入られそうになっている今日丞がカナリ不安定で危なっかしかったです。

でもそれを見てヤキモキしている藍丸を見ている方が、すっごーくハラハラしちゃいましたね(笑)

FDといえども内容的には普通に事件が起きて、それを辿りつつ今日丞とのアレコレが絡んでくるのでなかなか楽しみながら進められたかなーと思います♪

短くなってしまいましたが、終わっているのが今日丞のみなのでここまでです( ;∀;)

明日はビズログの発売日だし、買おう!と意気込んでいるんですけど…会社近くの本屋さん最近売ってないから怪しい所です…。
相方の家に行く前に途中下車して買っても良いかなーと思っております。

とりあえずは今日の忘年会を頑張って来ます…(=_=)←
ではでは、サクッと感想になってしまいましたが、最後までお付き合い下さいましてありがとうございました~‼┏○ペコ



今日履いてきたブーツが、何故か
サイズが大きくなったみたいで
中で足が遊んで歩きにくかった‼
足って縮むんですか?(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言