FC2ブログ


こんばんはです~(*´ω`)

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~!┏○ペコ
本日もとーっても励みとさせて頂いております!!

昨日の、ブログ書けない事件は無事に…解決されている…と思います(笑)
会社のPCで出勤中にかける所まで準備しておくんですけど、今の所こっちのPCは問題無い感じ。
昨日のは一体全体どうしちゃったんだろうか(´・ω・`)

さてさて、ここ最近仕事中にお借りしているDVDを消化していたのですけど、長い事借りっぱなしなので…( ;∀;)
土曜日にお返し出来るように今日は楽しみにしていた薄桜鬼の桜の宴DVDを見ながら仕事してきました(ΦωΦ)

いや、面白くて仕事にならんのですがね…(笑)
過去のオトパのDVDも楽しく鑑賞させて貰ったんですけど、すごーーーーーく楽しみにしていたので全然仕事がはかどりませんでした(=_=)ハハハ……
なので午後は殆どDVD鑑賞の時間となってしまいました('_')

今日は月曜から父がちょいと家に居なかったのですけど、今日帰って来ていたのですよ。
で、仕事中に「ただいま~!」ってLine入っていたのですけど、私蛾帰宅早々私に食べさせようと帰りに買って半分食べたサンドイッチを残して持って帰って来て『ちょっとそれ食べてみて!』というのです。

見た感じ普通のサンドイッチで、某大型コンビニエンスストアの卵焼きとハムやレタスが入っている物です。
“普通のサンドイッチだけど何でだろう…”と思いながら一口食べて、噛んでみると……。

あ、あまぁぁぁぁぁぁぁい!(ノД`)

↑まさしくこんな感じで叫んだんですけど、卵焼きが甘いんですよ‼
他人様のお弁当の卵焼きとかって甘い派の家庭と、だし巻き派があるので甘いのがあるのも分かっているんですけど…。
サンドイッチの卵焼きが甘いのー‼

帰りのコンビニで買ってきたって言ってたんですけど、名古屋?だかどこだかで買ったらしいんですよね。
名古屋近辺のコンビニのサンドイッチでは、卵焼きが入っていると甘いタイプなんですかー!?

私、実はだし巻き卵が大好きなので…甘い卵焼きのサンドイッチは若干デザート的な気分になってしまいました(笑)
普通に美味しかったんですけど、サンドイッチ食べたー!って気分にならなかった(;'∀')

カップ麺とかも地域でツユの味とか色が違うって言いますし、サンドイッチとかそうゆうのも違うというのを初めて知りました~。
凄く吃驚したんですけど、私のあまーーーーーい!の叫びを聞いて、父は大爆笑してました(笑)

さてさて、蝶々までもう少し時間があるんですけど、黄昏時怪談ロマンスも終わってしまいました~…。
凄く微妙な日数になってしまったんですけど、もう少し時間をかけてやれば良かったかな?
わりと逢魔時に比べるとサクサクと進んでしまったので、あっという間に終わってしまった気がするんですけど(;´・ω・)

今日は黄昏時のまとめ感想と残りのキャラ感想を喋りますよ~!

◆黄昏時怪談ロマンスまとめ

初回の感想の時にも言ったんですけど、FD扱いになるようなので…わりと時間をかけずにプレイ出来たかなと思います。
どのキャラも基本的には幸せになっていたり恋愛馬鹿的な雰囲気が強いんですけど、その中でも日比谷兄弟の所はちょこっと切なさを感じる展開になっていたりするんですよ!
本編の内容的にも面白可笑しいシーンも多いので、プレイしていると麻痺してしまいがちですが…普通に考えたら暗い…訳じゃないけど重い部分がというか設定がわんさかあると思うんですよね(笑)
でも全くそう感じなかったんですけど…。

なので、今回の黄昏時でもその部分は引き継いでいるので、そこが絡むとちょこーっとだけただの幸せじゃないEDを迎える人もいるという感じです。

全てが全てのキャラ、単なるハッピーEDではないというのがなかなか面白い部分かな~と思います。
ちなみに言っておきますけど、視点を変えるとちゃんとハッピーEDではあるので…悲しい終わり方では無いんですよ~。
日比谷弟に至ってはある意味で彼の事を一番に考えた結果のEDなのでね。

全体的にサクサク進められるんですけど、今回はキャラも多いから丁度良いボリュームでした!
前回からの昇格キャラ2人もカナリ楽しめましたし、前にも言いましたけどキャラ皆が自分をガッツリさらけ出しているので面白いですしね!

恋愛面は基本的には皆お馬鹿になっている事が多いので、甘いですしすぐに何かを始めようとする感じですかね![壁|_-)チラッ 
好意も全く隠すような段階でもないので、めちゃめちゃオープンですしその辺もニヤニヤ出来るポイントが多くて面白かったです。

それぞれのキャラによって恋人からのスタートだったり、今回のFD√で恋人になったりと異なる展開なのも楽しめた部分かな~と思います。
どのキャラも等しく独占欲が強すぎるので、その辺での馬鹿さ加減が下らないけど面白いという感じでしたね~(*´ω`)

今回の黄昏時は同じシーンを通る事はあっても、それが短いシーンだったりするので最後までだれることなくプレイ出来ました♪

ここからは、残りのキャラの個別感想にいきまーす!

◆日比谷京極/遊佐浩二

日比谷さんとはお付き合いをしている状態からのスタートなんですけど、他キャラとは異なるのが付き合っている事を周囲には秘密にしているという事。
その状況だからなのか珍しく静の方が不安になってしまったりするので、恋をしている感じというのは色濃く出ていたように思います。

静は隠さなくても良いと思っているんですけど、隠している理由も何故なのか分からない…という状況なのですけど、今回の日比谷さん√を進めていくとその理由もちゃんと明らかになるようになっていますよ~(´ω`)

もう本当に、既存攻略キャラ√に出てくる密が本当、色々と隠さなくなっているので若干嫌な奴感が強くてですね(笑)
私は密が好きだけどコイツよくよく考えたらスゲー奴だな!って改めて思わされる感じになっています!
イラストがこれだからあんまりひどい奴には思えないけど、これが某乙女ゲームメーカーの美麗イラストで詳細に描かれていたらだいぶ凄いキャラだったんじゃないかな…と思ってしまいます(笑)

話が逸れましたが、学校では交際している事を隠しているため飛浦さんなどにちょっかいを出され…日比谷さんが嫉妬したり慌てたりする様子なんかのシーンも多いので、ちょっと可愛い日比谷さんを沢山見られた感じですかね。
でも、この人…堅物の癖に結構積極的な時とかもあるのでね~( ^ω^ )
あ、あと警察官コスプレの日比谷さんが見られましたよ(笑)


◆日比谷巳継/日野聡

巳継ーーーーーー!( ;∀;)

巳継の√は…というか、ソフトの紹介ページにも掲載されているので言ってしまうと…。
巳継は日比谷京極の弟なんですけど、普通の人間なんですよね。
で、逢魔時ではとある√で巳継が絡んでくる事があったので、静や密は巳継と顔見知りなのですよ。
それが、今回は攻略する事が出来るのですが、妖×人の恋愛なので色々とある訳です。

今までは同じ側同士の恋愛なので、何もない訳では無いけど大きな隔たりみたいなものは無かったので、全体的に葛藤とか諸々があって新鮮なシナリオだったな~と思います。

それに、静自身も巳継の兄である京極も、巳継には人として生きて欲しいと思っているのでちょびっと切ない雰囲気を感じさせる展開とかもなかなか良かったなー。
巳継に妖の存在がバレそうになる事が何回もあるんですけど、その時に「これは夢よ!」と苦しすぎる事を言い聞かせているのが、さすが…って感じなんですけど、そうゆうのも含めて何だか楽しかったんです(笑)

巳継も日比谷さんに似てすんごーく真面目なんですけど、コイツもまた可愛い奴なんですよねー(*´ω`)

静って寝る時闇に沈んで寝るんですけど、公園の木の陰で寝ようとするんですよ。
そこを巳継に見つかってしまうんですけど…(笑)
まぁ普通に考えて普通、朝方に公園で女の子が寝ようとしてたら誰だって驚きますし心配になりますわね…。
と、些細な所で妖だと知らない巳継が静の事を心配しまくっている所とかも、ちょっと面白かった所かなと思います。
今までそうゆうのが普通だったから、相手が人になった事で普通の事が増えた気がしてしまった(笑)

そして巳継こそ、EDにバリエーションがあって良かった!と思うキャラだったんですけど、各EDそれぞれに幸せなのか、そうじゃないのか…と微妙なラインのEDだったりするのもあるので、どれを取るのも楽しかったですね♪

◆式部密/緑川光

密も恋人設定からのスタートなんですけど、逢魔時の時よりもすんごぉぉぉぉぉぉぉく面倒くさい男になっていました!
いや、なっていました!というよりも、色々と抑えれられていた部分が恋人になった事で、爆発したって感じですかね…(;'∀')

独占欲という部分や嫉妬をするという部分でも、可愛いな~コイツゥ~ってレベルじゃないし、もうストーカーの域だと思いますしね!
とにかく静が他の男を視界に入れるのも気に入らないし、誰かにちょっかいだされているのも気に入らないし、静が誰かに起こっていたら相手に呪いをかけようとするしでまぁ大変です。静が(笑)

とにかく延々バカップルな所を見せられ、密のヤバさをどんどん見せて貰っている感じだったんですけど、病的な程に静が好きすぎる密が結局嫌いじゃないので楽しかったです(笑)

ちなみに、逢魔時で明かされた真実を黄昏時では知らない設定となっているんですけど、今回はそこを明かす…というよりも、それに関する別の事を知るって感じでしたね。
その内容が…ちょこっとだけ驚きだったかな。

密って他キャラの√でも、自分の√でも彼の世界は静だけなんですよ。
彼女を中心に回っているし、彼女を自分の物にするためなら殺してでも手に入れたい程好きな訳です。
静に関わる奴をすぐに呪おうとするくらい末期なんですけど、そんな密が…とある事を実行したんですけど、自分にも同じことをしていた…みたいな(笑)
色々と伏せたいから何言っているのか分からないと思うんですけど、静以外はどうでもいいと思っている密がというか、静意外どうでもいいと思っているからこそできた事だと思うんですけど、まさかの行動をしていたのを知ってちょっと意外だったな~と思ったというお話しです(-_-;)

とにかくここでは密のデロッデロの甘さと、もう知りたくないよと静が思ってしまう程の愛され具合がよーく分かったシナリオでした(笑)
密VS静を好きな人達のバチバチ具合もなかなか凄かったです(*´ω`)


と、黄昏時はこれにて終了です\( 'ω')/
もう一本何か出来そうかな~と思っているんですけど、何もしないで待ち構えるか悩んでおります。

とりあえず、明日は二回目のオトガの薄桜鬼コラボに行って来るので…(笑)
その前にちょこっとお楽しみもあるので、そのお話しをしに来ますね~♪

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~ヽ(^o^)丿



最近電気毛布を導入したら
グッスリ眠れ過ぎて危険です!
すぐ眠くなるし、起きるのが億劫になってます(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~\( 'ω')/

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!ヽ(^o^)丿
本日もとーっても励みとさせて頂いておりますです♪┏○ペコ

昨日は相方の家に行っていたのですけどね…。
な…なんと…お話ししたばかりのパンプスが…で、で、出て来たぁぁぁぁぁ!Σ(T□T)

散々あそこには無いのか?ここには無いのか?と友人たちに言われてたんですけど、本当にどこにも無かったんです…。
が、しかし「何回も見たけどまさか無いよな~?」と思って相方の家を捜索したら出て来たんですよー!( ;∀;)

しかもまさかそんな所から出てくるとは…って感じで、下駄箱にもその周辺にも無かったんですけど、恐らく袋に入っていたから押し込まれてたんだと思うのですけど…。
クローゼットの相方のゴルフグッズとかが置いてある所にポンって投げ込まれてました(TwT。)
私はそんな所に置かないので相方に聞いたら、「あ~覚えてないけど入れたかも(笑)」って言ってたんです。
あ~覚えてないけど って…“あ~”の部分で絶対自分だって分かってるんだよな(=_=)と思ったけど突っ込みませんでしたよ(:_;)
せっかく買ったのにこうゆうのって買ってから謎に出て来るんだよな。

と、私のどうでもよいお話しはここまでにしまして、今日は黄昏時の感想にいきますよ~♪

◆黄昏時~怪談ロマンス~

逢魔時のFDに当たるんですかね?
登場キャラは同じで、今回から前作でサブ扱いだった2人のキャラが攻略可能となっています!
前作で分岐EDのあった飛浦さんと、日比谷の弟くんが昇格しておりました。

逢魔時で明らかになった真実の部分は、黄昏時でもまた隠されている感じとなっています。
まぁプレイヤー側は分かっているし、逢魔時の時に比べると隠しきれていない感じはあるんですけど(笑)
でも、一応ハッキリとは分からないようになっていたり、主人公がその事を全く知らないという設定になっていますね。

攻略キャラとの関係性もキャラに寄って異なるんですけど、今私のプレイ済みのキャラだと…
・交際中で始まる→由良城
・黄昏時の√で交際する事に→遠野、和泉、飛浦
って感じですね。
この黄昏時で交際する事になるキャラも、逢魔時のGOOD ED後からの続き…だったりするので、好意は持たれているし静も意識しているしって感じなので、その中でのニヤニヤシーンなどが盛り込まれている感じでした。

しかも逢魔時よりも大人の階段を登っている内容というか、恋愛馬鹿になっているというか…人によってはただの絶○具合を認識させられている感じだったりとか(笑)
まぁ、どいつもこいつも馬鹿になっていて、なかなかに面白いです…( *´艸`)

三角関係というのがメインではないんですけど、どこの√でも密が相手と静の事を邪魔しに来るんですけど、その邪魔の仕方がちょっと黒いのでそこもちょっと面白いかな~。
静だけが分かっていない真実の部分も、全キャラ√で明らかになる訳では無いんですけど、それが原因ですれ違ったりとかもあるのでまぁ良いスパイスになってるかな~程度ですね。

前作に引き続きふざけた感満載ですけど、今回は攻略キャラ達も何というか色々と曝け出している状態なので、色々とはっちゃけている感じで楽しかったです!

各キャラEDが3つ~ある感じで、√シナリオもほぼ個別です。
同じようなシーンを通る時もあるので早送りを使う場面もちょいちょいあるのですけど、殆どが相手キャラ独自のシナリオという感じですかね。

では、今の時点で終わっているキャラの感想へと行きたいと思います。

◆由良城閨悟/浪川大輔

由良城は山犬の妖なんですけど、今回は犬感満載…というよりも下僕感満載だったな(笑)
逢魔時のGOOD ED後の続きなので、既に交際している状態でのスタートだったんですけど、嫉妬するのも自分の気持ちにもすっごーーーーーーく素直になっているので、ある意味積極的な部分が増えたというか、何というか…。

小さな事でもすぐに嫉妬するし、相手に対して笑顔で黒い発言をするし…、とにかく静に近づく人は誰でも殺そうと思うようなブラック由良城がちょっと面白かったです。
本当に好きで好きで仕方がないんだな~って思ってしまうんですけど、その好きさ加減が病的ですね(笑)

静の方はそんな由良城が見せる犬としての性質に、手のひらでコロコロされているんじゃないか…って感じです。
いっけん、由良城が静にベッタリでご主人様に引っ付いている犬の様なんだが…。
そのご主人様さえも自分の思い通りに誘導している感じが(笑)

本編の時よりも明らかに枷が外れまくっている由良城なので、この人の√は何だかんだ楽しかったです!
実は一番普通かな~と思っていたのでわりと中間にやったんですけど、ちょっと面白くて意外だったんですよね。
由良城を侮っていました(笑)

◆遠野篤郎/諏訪部順一

遠野とは告白はされたけどOKしてない…けど、静も遠野の事は嫌いじゃないという微妙な状態からスタートでした!
これは逢魔時のノーマルED後だと、作中の静がご丁寧に説明してくれました(笑)

という事で、恋人としてのアレコレではなく、これから恋人になるアレコレって感じだったんですけど、遠野のアタックがなかなか(笑)
何かいちいち遠野も静もキャラじゃない癖に初々しい感じで、頬を染めたりしてるのでむずがゆくなってくる感じなんですよ!
でも、何故かそれを見てニヤニヤしてしまう私………みたいな(´ω`)

付き合ってないのに嫉妬してそれを隠さない遠野とか、静に触りたくてそれを隠さずに言っちゃう遠野とか、いつも喧嘩ばっかりしてる癖にちょっと距離が近かったり手が触れ合っただけで(〃▽〃)ポッってなってる二人とか。
おいおい…と突っ込みたくなるような部分も満載なのに、PSP越しに見ながら( *´艸`)←こうなっていたのは事実です。

何気にスムーズに展開していく…って感じでも無いので、ちょいちょいと出来事が起こるんですけど私の印象に残っているのは、やっぱり二人の初々しすぎるシーンの数々なんですよね~。
最終的にはやる事やってる感じなんですけど、そこにいくまでの道のりがあったせいか凄く楽しい√だったなと思います( *´艸`)

◆和泉零次/鳥海浩輔

和泉くんともお付き合いをしていない状態から始まるんですけど、お互いに特別に想っていることは分かっているって感じでした。
いうタイミングが無いだけで一緒に居るという感じなので、一番スムーズだったかな。

逢魔時ではだいぶひねくれ者で偉そうな年下キャラって感じでしたけど、こっちでは可愛い部分が増えていた( *´艸`)
狐の姿の和泉くんとかも出てくるんですけど、ケモ耳和泉も可愛かったな~。

彼自身も気持ちを隠したりとかしないので、嫉妬しようが気に食わない事だろうが隠さずに態度や言葉にしてきたりするので前回よりも可愛さが倍増しておりました。

で、ここでは逢魔時の時に明らかになった真実について、和泉が知ってしまうというイベントが…。
主人公の静は知らないという感じなんですけど、それを知って和泉が悩んでしまうんですよねー。
そうすると、静の事が好きな由良城が「彼女を悲しませるなら僕が…」となってしまい、三角関係イベントが発生しておった(笑)
こうゆうのも逢魔時には無かった展開なので、なかなか見ている分には面白かったです♪

◆飛浦萌葱/吉野裕行

飛浦さん…素敵でした(笑)
密と通ずるものがあるせいか個人的にはとても良かったです( *´艸`)

この人、多分多くの人が相手にしたくないタイプではないかと思うんですけど…(笑)
静もよく言ってるんですけど、まぁあまり関わり合いたくないタイプなんですよね。
人を(主に静を)観察しているのが好きで、全部しっている上で見てあざ笑っている感じの人なのですよ。
更に、静の事を気に入っているんですけど、玩具として…って感じが強いですし、何か変な物を持ってきたり構おうとやってくると、ぜーったいに断れない状況に追い込んでくる奴です(笑)
ね、面倒臭そうでしょう!!!!w

恐らく始めは単なる興味から静に近づくんですけど、それがどんどん強くなっていって最終的には好きになってしまうって感じなので、それが良かったんだと思います( 一一)

恋人になってくれないなら自分の所有物にしてしまおうとなったのに、恋人になってくれるかもしれないと思ったらちょっと驚いちゃったりして…。
凄く面倒な奴なのにふとした時の飛浦が憎めないというか…、何か嫌いじゃない感じになってしまうんですよねー。

作中で飛浦の事を静がうまい事言ってるんですけど、“麻薬みたいね”とか言うんですよ。
まさにそんな感じの人物だと思います(笑)
飛浦と関わっていけば関わっていくほど何故か癖になってしまう感じなんですよね…。

ちなみに最後には静の事ばかり求めまくっているので、天狗ってアレなのね…と思ってしまうアホさ加減なんですけど、すごーく楽しい飛浦√でした(笑)


それぞれ凄く長いという訳でもないので、結構サクサク進められちゃうので何とか蝶々までに終わらせることが出来そうです♪
残りキャラは日比谷兄弟と密なので、引き続き楽しんで来ようと思います(*´ω`)

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ


今日は0時になった瞬間に
つば九郎のお楽しみ袋を買うのだー!
PC前に張り付くアホなりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(´ω`)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言