FC2ブログ


こんばんは~\( 'ω')/

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!
毎日とても更新の励み&活力とさせて頂いております( *´艸`)

さて、今日は久々に引き籠っておりました~!
ゲームしかしてない!所定の場所から殆ど動かなかった…‼と、自慢げに言う事でもありませんけど…(笑)

今日はヤマノテの最後のDISCの真EDまで回収して、片手間でスマホでオートでゲームやってって感じでゲーム漬けの一日を過ごしましたよ~‼壁|д´)
明日からは数日野球やら何やらでちょいと忙しくなってしまうので、今日しか終わらせられる日は無い!と思って必死に進めた甲斐あって、ヤマノテはフェアリーテイルを残すのみとなりました!

って事で、今日はDARK CHERRYの各キャラの感想(真ED含む)と、まとめ的な部分を合わせて喋らせて貰おうかなと思います!
個人的にはキャラ的にも一番濃かったDARK CHERRYが一番好きかな(笑)
鳥さんの哲くん以外の2人が特に好きです( *´艸`)
ではでは、感想へ行きますね!

ーTOKYOヤマノテBOYS DARK CHERRYー
w1920_h1080_dc.jpg

DARK CHERRYはこれまでの2作品の核心部分に迫った内容の真EDという形になっています。
そのDISCもそうなのですけど、Normal EDと恋愛EDではその部分が分かりそうで分からない感じになっていて、最後に真EDを取るとその√での真実が見えてくる…という形なんですね。

で、DARK CHERRYでも勿論その形式なんですけど、そえに加えて今までのDISCで分からなかった部分という所に迫っている内容が各キャラの√で描かれているって感じですかね。
主にイエスの√なんですけど…。

何というか…、今まで順にプレイしてきて「こうなのかな?あぁなのかな?」と思いながら進めていた所に、やっと答えが出てくるのですけどね…。
ちょっと色々な人に対しての何とも言い難い感情になる所がありましたね~。

全体的にあっさりサクサクの部分は毎回言っているので、そこは変わらないんですけどね!
だけどそうやって繋がっていたのね……と分かった時には、純粋すぎるが故におかしな方向に進んでしまった人たちが沢山いたなぁ…と(笑)
主人公も凄く純粋なんですけど、それとはまた違う形で純粋な人たちがおります。

その人たちは同じようなジャンルに括れそうな純粋な考え?というか、まぁそうゆのを持っているなぁと思いました。
ただ、それの方向性が各々違った事で、とある事件に関わってたりTYBというものになったり…ゴニョゴニョ…。

今までのHONEY MILK・SUPER MINTの√を経てのDARK CHERRYなので、今までよりもやっぱり面白かったな!という気持ちが大きかったです。
物語的にもそれぞれメインにしている部分が違うのと、キャラもなかなか濃いですしね。
なので何だかんだ最後まで楽しかったです(笑)

って事で、キャラ別はハマーからいっちゃいますヨヨヨヨーン!(←ハマーの真似)

◆濱田慎之介/諏訪部順一
w1920_h1080_ch09.jpg

べ様最高です。
個人的にはどこのDISCと比べても、ハマーが一番濃いキャラなんじゃないかと思います!
そう言えばなんですけど、いつぞやに雑誌の感想を書いた時にヤマノテのキャラについて喋った事があってですね…。
デビルハマーが気になってたんですよね(笑)

でも、ハマーが出てきた時にその“デビルハマー”だとは気付かず…。
途中で「あっ‼」と思いました(笑)

もう本当についつい笑ってしまうハマー√という感じだったんですけど、序盤にハマーがサンバカーニバル的なのを催そうとするんですけど…。
その時の選択肢が【レッツハマニバル!】って出てくるんです。
押したい…けど押したくない…と思ってしまう謎の心境に陥るんですけど、勇気を出して選択すると…。
どこからともなく変な音楽が流れてきます。
ちなみにハマニバルの音楽なので、諏訪部さんが歌う…というか掛け声?みたいなのをしているんですけど、丁度お茶を飲んでた私は危うく吹きそうになりました。
言葉では言い表せない曲なんですけど、いきなり流れてくると「ン…?何か聞こえて来たぞ…?」と思ったらブッてなります。

ハマー自身は金持ちキャラなんですけど、完全に金に物言わせてきた感じの人なんですよ。
で、凄い絡みにくいというか…金持ちの絡みにくさだけではなく、水族館で泳いだりするような絡みにくさです!(笑)
更にちょいちょい下ネタとか言ってきたり、水着も大事な所が隠れそうなギリギリアウトな水着をさいだ~の体に合わせた特注で作ってきたりする人です。
あ、あと24時間体制でさいだ~さんを見守っています。[壁]_☆)

とまぁ凄く変わっているんですけど、そんなハマー……真剣に“好き”っていう時に顔が熱くなってきて爆発したり、さいだ~に腕を触れられただけでアワアワしたりするような究極のピュアボーイでした(笑)
確かどこかで失神もしてましたね( *´艸`)

いつもはすぐ泣くし、こんなに諏訪部さんの「うぇぇぇぇーん」とか「びえぇぇぇぇぇん」って台詞聞いた事無いなって思うくらいなんですけど、ヘタレながらも可愛かったり頑張ってたりしてました(笑)

友人達にはハマーを選ぶことのレアさを凄い色々言われるし、なんでハマー…みたいな扱いを受ける事になるんですけど、何か憎めない可愛い奴だったんですよー!
喋り方とかおかしいし、全然頼りにならないんですけど可愛かった…(笑)

デビルハマーと呼ばれる正体もとある時に分かりますし、なかなか面白さと絶妙な色気?が堪らんキャラだったなと思います。

シナリオ的には一番核心に触れていないかな~と思うんですけど、恋愛EDが今までに無い終わり方だったなと思います!
ちょっとブラックさを感じる終わり方だったし、幸せなんでしょうけどちょっとだけニヤっとさせられた終わり方だったかな。

◆諸星哲/鳥海浩輔
w1920_h1080_ch08.jpg

一番普通そうな哲くんなのですけど、人物的には結構普通な部類でした。
特殊な能力は覗いて…(笑)

お兄ちゃん気質なので頼りになるし、引っ張っていってくれたり包容力を感じる人なんですけど、照れながらも男らしい部分を見せてくるキャラだった!
ハマーに何故か心を奪われてしまったので、哲くんにキャッキャする事は無かったんですけど、シナリオの展開が思いもよらぬ展開でしたね~。

哲くんらしいといえば哲くんらしい内容だったなと思うんですけど、彼のとある能力のお陰で真EDではちょっと核心に迫っていく…という所もあったので、わりとネタバレ的な√だったんじゃないかなと思います。

もともと哲は、序盤から何かに気付いていそうな反応を見せていたりしているし、一番DARK CHERRYの中ではまともそうだし…(笑)
キャラ的にはハマーとイエスを楽しみにしていたので、完全に気を抜いていたんですけどね(;´・ω・)
哲くんも意外とただの頼れる兄的立ち位置では無かったんですよ!

ちょいちょいさいだ~さんをドキッとさせる発言をサラリとしてきたり、先ほども言いましたけど恋愛&ノーマルの個別シナリオの展開がちょっと意外な方向にいって面白かったのです。
哲くんならではの展開だったなと思うんですけど、ヤマノテBOYS達とのちょっとした絆(?)とかも感じさせる内容だったり、哲の滅多にに見れなそうな弱った姿が見れたりと…何気に色々と詰まってたなと思います。

真EDではイエスの次にネタバレ内容かな~と思いますので、中間でプレイして正解だったなと思います!

あ、ハマーとの感想の差が激しいけどお気になさらず(´ω`)←

◆琉堂イエス/浪川大輔
w1920_h1080_ch07.jpg 

素敵でした(n*´ω`*n)
イエスくん…もともと口がものすっごーく悪いし、立ち絵の表情とかも怖い感じなんです(笑)
前回までのDISCでもイエスはよく登場してくる人物なんですけど、それらを経てここに来ると「コイツ…恋とかすんの?」って思うんですよね…。
でも、実はめちゃめちゃ…クソカワだったという落ちのキャラでした。

√シナリオ的にも一番真相に繋がる内容となっているんですけど、恋愛&ノーマルEDではその部分はそこまで深ぁ~くは描かれていません。
なので、さいだ~さんがイエスの事を知りたいと思うようになり、彼に近づいていく事でお互い惹かれていく…という感じの今までと同じ展開なんですけど…。
なんですけど…‼
ツンツンツンツンツンデレのイエスだからこその、「くっ。コイツ可愛いじゃねぇか…」と思ってしまう部分が満載の内容だったのです。

この人何というかぱっと見は猟奇的?というか、野生?って感じなんですよね。
何でも壊すしすぐに喧嘩とかしちゃうし、すぐ「ぶっ殺す」とか言うしぶっ殺す以外の言い返し方無いんですかって感じなんですよ。

だけど、わりと早い段階からさいだ~さんの発言とか対応に、戸惑ったり照れたりしたときに可愛い…と思ってしまいました(笑)
頬を赤く染めているイエスのスチルや立ち絵を見た時に(。-∀-)←こうなってました。

でも一つだけ言わせて貰うならば、家持とうよ。です。
基本的に強引な子なのでわりとそうゆうキャラが好きな人はキャッキャ出来ると思うんです。壁ドン的なやつとかもあったりするしね!
だけど…そうやって甘くなるであろうシーンは…貸し切ったバーってどうなんですかww
金持ちなんだから家借りてくれよと現実的に思ってしまった私…L(゚□゚)」
さいだ~さんが良いなら良いんですけど、何かそこが凄く気になってしまいました(笑)

真EDについては、イエスの真EDを最後にプレイする事で、今までの全ての事がどうやって繋がっていたのか、何故こんな事になっているのかが分かる形となっておりました。
この辺は完全ネタバレなのであまり触れないでおこうと思いますが、どの人に関しても可哀想というか皆一様に純粋すぎるが故の今回の出来事というか…。
うまく言えないけど、もしこれからプレイしようとしている人がいつなら、お馬鹿ゲーだ!ヽ(▽ `)ノワーイ♪と思ってプレイした方が断然楽しいだろうなと思います(笑)

ここまで言っておいて何だよって感じですけど(笑)

イラスト的にもキャラ的にもどこをどう見ても「真実の愛」を探すにしては軽すぎる感じだな~って思うんですけど、それぞれちゃんと真実の愛を見つけております(笑)
その中でもガッツリ贔屓目でハマーとイエスがやっぱり良かったなぁと思いますね(*´ω`)

とにかくイエスはギャップが良かった。
その一言に尽きます‼
プレイ中はもっと色々キャッキャしてたんですけど、とりあえずオイシイスチルが多かったです私的に(笑)

って事で、私の好きなキャラ順は…

1 濱田慎之介/琉堂イエス
2 九条拓海
3 桐嶋伊織/ルーシー/二宮悠斗
4 諸星哲
5 百瀬歩夢/岬虎太郎

って感じでしょうか。
ハマーとイエスの下に拓海って…って感じなんですけど、何か気に入っている順だとこうなりました(笑)
最初のDISCはやっぱり悠斗の金持ちぶり以外は、結構皆普通だったかな~と思います。

後半の2つのDISCのキャラが結構色々と濃い面子が揃っていましたね。

人も多いので細かいコメントは割愛しますが、上位3人は何だか印象に残る人達でした~♪
ハマータイムは是非味わってほしいなぁ…。
というかハマニバルの曲をマジで聞いて欲しいです!
ハニー?ハマー?みたいな事を言っている曲なんですけど、バックミュージックがマジで何とも言えない音楽なんです。

このままだとハマーの事ばかり喋ってしまいそうなので、やめておきますが…(笑)
1人につき3周はしないといけないのが若干疲れ気味になってしまいましたが、最後に各キャラの恋愛&ノーマルを取った後に、各キャラの真EDを取りにく…というスタイルで最後にそれぞれの√での真相が見えてくるのが投げずに済んだ理由かも…。

ノーマルも恋愛もどちらのEDも取らないといけないし、早送りで進めないと相手視点のSSが獲得できないし…という部分があって、片手間プレイで進めましたが…(笑)
最後にまとめて真相を…となると、7日間中の4日目からの個別デートからは展開も違ってくるので何だかんだ楽しめました。

それぞれのキャラでメインとなる出来事が異なるし、それが必ずしも本当の真相部分に繋がっている…?かどうかはやってみないと分かりませんけど(笑)
まぁそうじゃない人がいたりいなかったりもして、DISCが進むにつれて面白さも増したかなと思います。

恋愛の展開はTYBというイベントを通してた7日間で育む恋なので、どれもお馴染みの展開だしサクサクっとしてるんですけど、その中にもちょびっと色々詰め込まれています。
キャラも多いし、それぞれ個性的なのでわりとその辺も面白かったです(*´ω`)

思ったようなゲームとはちょっと違う要素を含んでいたんですけど、キラキラ軽い恋かと思いきや…って感じで最終的には謎のダークさもあって意外だけど楽しめた作品でした~♪
ただ、おまけ要素が多すぎて、ただでさえ1人3周しているので体力が削られました(笑)

終わった時にはやり切った感が凄いあります…( 一一)

凄く微妙な時にヤマノテが終わってしまったんですけど、5日にはティアブレが来るのでゲームには手を付けずにいようと思います。(多分……)
とりあえず届いたCDでも聞こうかな!と思います♪

って事で、今日までヤマノテBOYSの感想にお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ


攻略対象のこんな顔を見る日が来るとは…
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします( 一一)♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは!┏○ペコ

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもくださいましてありがとうございました~♪
本日もとても励みとさせて頂いております('ω')ノ

今日はコドリア白銀のOPムービーを見ながらお昼ごはんを食べてました~(*´ω`)
その後蝶々事件のOPをまた見たりしてたら、つば九郎の動画をYouTubeがお勧めしてきたので、乙女ゲー→つば九郎と動画をみながらお昼休憩を満喫しましたよ!

さて、今日はやっと我が家に帰宅しましたよ~。
4日ぶり?とかに帰ってきたんですけど、こんなものが届いておりましたよ~♪

170929.jpg 

やっふー\( 'ω')/
これから色々とコマコマしたものが届くんですよね…(笑)
来月とかゲームも結構あるし恐ろしいです(*´ω`)

こちらはこれからPCに取り込んでゆっくり楽しみたいと思います♪

来月は沢山ゲームを買ってしまったので…それまでに着々と積みを減らそうという事で、今日も引き続きヤマノテの感想に行きたいと思いますよっ!

ーTOKYOヤマノテBOYS SUPER MINTー
w1920_h1080_sm.jpg

SUPER MINTでは、前回にプレイしたHONEY MILKで起きていた事件に繋がっているまた別の事件がメインとなっている内容でした。
告白大会が行われている事と、それと同時に起きてしまうとある変化…って感じですね。

シナリオの展開とか流れは同じなんですけど、メインで出てくるキャラが違うし起こる事件も異なるので、飽きずにプレイ出来ました!

変化というのとHONEY MILKでの出来事は直接的な繋がりは一見なさそうに見えるけど、繋がっている部分がある…という感じで、同じようにDARK CHERRYも何か出てくるのかな~?って感じです。

ちなみに、ここまで進めると、HONEY MILKで少し気になっていた事に関して、まさか……‼と思う出来事が起こります!
これはまだ勝手な予測って感じなのですけど、最後のディスクで色々と明らかになるのかな~?
ちょっと楽しみです。

内容的には前回同様にサクサクサク~っと進んでしまうし、もう解決しちゃった!と思う部分もありますけど、今回もなかなか濃いキャラ達なので面白かったです(笑)
特に面白かったのは堅物遊佐さんの拓海なんですけど、その他にもルーシーの本名がめちゃめちゃ気になります。
是非フルネームで教えて欲しかったです…。

磯野って皆呼んでいるけど、まさか名前はカツオじゃないよね?w←
でも磯野って呼ぶと殺される恐れがあるので、呼ばないようにしないとダメですね。

ではでは、サクッとした感じになると思いますが各キャラの感想を…。
今回は真EDの部分も各キャラ感想に交えて喋っていきたいと思います♪

◆桐嶋伊織/鈴木達央
w1920_h1080_ch04.jpg

伊織は渋谷で人気のイケメンモデルって事で、男性からも女性からも好かれているカリスマ的存在のお方でした!
制服なのに襟元にフッサフッサしてるのつけてるし、髪型とか喋り方とか『チャラ男』そのものって感じなんですけど、中身はただの一途くんでした(*´ω`)
SUPER MINTでのメインヒーロー的な子になるのかな~?と思うので、HONEY MILKの悠斗みたいな感じですね。

シナリオ的にも伊織√がメインって感じの内容なので、真EDで暴かれた事実を目の当たりにすると、若干案とも言えない気持ちにさせられました…。
そうだよね~やっぱりその人が黒幕だよね~…みたいな!
だけど、黒幕という言葉を使っても良いのか…?と思ってしまうんですけど、何というか純粋すぎて歪んでいると言えばいいのかしら。
そういった所が今回は関わってきているので、私の心にモヤァ~っとしたものが広がりました(笑)

私が想像していた「ヤマノテBOYS」というゲーム内容とはだいぶ違った内容なので、今回の伊織√のシナリオもちょっと意外な感じなんですよ。
なので、なかなか面白い要素だな~と思うんですけど、何しろ展開がサクサク。
なのでめちゃめちゃ気持ちが盛り上がる事も無く…って感じではあるんですけど、ストラバみたいなゲームだと思って手を出すと吃驚するなと思います。

恋愛面は伊織が一途なので、何も心配する事も無く…。
お互い自然に惹かれ合っていくって感じなんですけど、結構伊織がグイグイくるのでキャッキャ出来る場面が多いキャラじゃないかな?と思います。
少女漫画とかに出てきそうな絵にかいたようなイケメンキャラ(馬鹿というオプション付き)って感じなので、憎めない奴でした。



◆九条拓海/遊佐浩二
w1920_h1080_ch06.jpg

金持ち王子キャラの悠斗とはまた違った金持ち秀才タイプの拓海。
凄く堅物…考え方が堅いというか古いというか、そんな感じの人なんですけど…。
下ネタ的な用語を意味を知らずに普通の会話に織り込ませてくる人です(笑)

『僕は疲れ知らずの絶倫だからな。』とか『夜這いの為に』とか…何というかギャグな感じのキャラだったな~と思います(笑)
頭良い癖にアホな所が凄く可愛かった!
基本的には拓海といると至れり尽くせりって感じで、何でもやってくれるしエスコートが上手すぎる感じなんですけど、ずれている部分があった事で好感度が上がりました~。

しかも七三風の髪型で眼鏡の癖にピアスをしているという…!な、何か凄く気になるビジュアルの人でした(笑)

ここでの物語は真EDも含めて、伊織の時にモヤァ~っとした所がはっきりと描かれている訳では無いけど二番目にモヤっとさせられた内容だったなと思います。
告白大会という茶番的な行事を進めている中で、自分たちの身の回りで起きる暴動…。
それが自分たちに直接被害が降りかかった事で、どうにかしたいと思うようになってって感じで、ルーシーとは違った視点で面白かったかな。

拓海が謎に強い所とかも素敵だわ~と思ったんですけど、EDを迎えるのはやっぱりあっさり感は否めなかったが拓海の家族がとても良い人達なのでホッコリしました。

お父さんは素敵なパパ!って感じなんですけど、母と妹が凄くナイスキャラです(笑)
お金持ちで戦国時代から続く家?だったかな?のわりには、凄く今時の妹&母って感じでして、お父さんが居ない時だけものすごく今時の女子高生みたいな喋り方をしているのが可愛かったw
自分の事を名前で呼んで『え~和美にもメアド教えてぇ~!』みたいな感じになってて、予想していなかったので吹いた。
それを普通に『母さん、変な喋り方しないでください!』とやり取りしているの見ると、拓海があんな感じになるのも頷けました(笑)

ここでの真EDには拓海だけでなく、拓海の家族もちょこっと関わってくるのでその辺も今までと違って新鮮でした!

恋愛面は拓海が堅物なので、何かというと結婚結婚と言っていてその度にさいだ~さんが吃驚しているのが笑えました(笑)
拓海の中では付き合う=生涯の伴侶という考えなので、発言が重い!なのに重く感じさせないあのキャラによって普通の事に思えてきますw

でも拓海はある意味ではスーパーヒーローにもなれる人って感じなので、伊織もカッコ良かったけど拓海の方がスーパーダーリンになれる要素を持っているような気がします…。


◆ルーシー/梶裕貴
w1920_h1080_ch05.jpg

ルーシーだお(゚∀゚)
最初はこのビジュアルのお陰で、この人から素敵さとかそうゆうのを得られるのか…不安しかなかったんですけど、独特のキャラではあったけど普通に男の子でした(笑)

ルーシーの√が一番核心から遠い場所での解決だったかなと思います。
解決の仕方もルーシーらしい解決の仕方なんですけど、そんなんで解決したら今の世の中もっと平和だわー!と思ってしまう私(=_=)
そんな事を思いつつも、幸せになったルーシーとさいだ~さんを見たらどうでもよくなりました!

内容的にもSUPER MINTの中で一番アッサリだったと思うし、サラッとした内容だったなとは思います。
ただ、何というか…ルーシーだけど梶君だからなのか謎の色気がありました(笑)
なので、恋愛面では結構面白かったかな~と思います。

ルーシーって生活感無い見た目ですけど、実際の√中では生活感溢れすぎててですね。
凄くギャップのある子だったなと…(笑)
そういった面を見ていると「あぁ、この子人なんだ」とおかしな所で納得してしまいました。
なんつーか、私の中でのルーシーは生活している普通の人ではないイメージだったので(;'∀')

カップラーメンばっかり食べてたりとか、生活していく為にバイトしているとか。
彼の口から出てこなそうな言葉が紡がれるたびに、何か可愛く思えてきましてルーシーも嫌いじゃないです(笑)

割と男の子っぽい面の多かった子だな~と思うんですけど、さいだ~さんの事をすぐに気に入って欲しい…と思ったりとか、グイグイとまではいかないけど、わりと積極的な面があったので意外なキャラだったな~と思うのかな。
そういったギャップという意味でも楽しかったルーシー√だったな。

各キャラ攻略後に頑張ってフェアリーテイルも全開放したのですけど、これがまたちょこっと面白かったです~(*´ω`)
キャラ達の視点での部分は勿論なんですけど、これ…ここだけでは終わらないのかい?と思わせるような感じの所もあってですね。

ルーシーでは触りが分かるようになっていて、拓海でもう少し踏み込んだ所まで分かるんですよ。
で、伊織で全ての事が分かる内容となっているんですけど、フェアリーテイルではその…何というか黒幕の人の事も描かれているんですよね。
で、その人がどうしてそんなことをしたのか~とか、諸々が分かるんですけど…凄く次がありそうな終わり方でした!(゚Д゚;)

こういった作りをしているのが意外だなーって思った感じなんですけど、あのままで終わらないんだ…!
もう〇〇を苦しめるのはやめてー( ;∀;)と思ってしまいました(笑)

もの凄く気になるので早くDARK CHERRYに行きたいと思います!

最後に超絶どうでもいぃ雑談なんですけど、私乙女系のアプリは全然続かないのですけど…。
唯一やっているアプリがあって、そのゲームに新しいキャラが追加されたのです(*´ω`)
それが何と‼祥太郎の声なんですよ~\( 'ω')/
戦う系なので言ってる言葉は全然萌えとかじゃないけど、声が聞きたいがために無駄にチームに組み込んでおります(笑)

ちなみに、このゲーム相方もやっていて、よくその話しをするんですけど、『新キャラが祥太郎でね~!』って言ったらスンゴイ勢いで流され、他の事を聞かれました…(=_=)

って事で、アクション的なアプリは何故か好きでやっているワタクシ、今日LINEだったかのアプリでBLEACHのやつが配信になってたのでやってみました('ω')ノ←事前登録してたやつ

ちなみに私は朽木白哉(アニメだと声が置鮎さんだったかな…?)というキャラが好きなのですけど…レア感凄いのかガチャからは出ませんでした( 一一)
二番目に欲しかった喜助さん(アニメは三木さんですよ~)は難なく手に入れられたので、まぁ満足!
しかしね、これガチャ10連まわすの一苦労しそうだな~と思う感じでした(笑)
どうせ飽きてしまうだろうからマイペースにやろうと思いまーす(*´ω`)

やっぱり好きなアニメとかのキャラだとテンションが上がりますよね!(笑)

って事で、今日はこの辺で!
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪(/・ω・)/


最近やはり食べすぎで太った気が…
夜食べるのやめるやつ中断したからや―( ;∀;)
また再チャレンジしようかな‥。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~♪
続けて即ヤマノテを再開しまして、今着々と進めておりますよ~!

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもくださいましてありがとうございました!
毎日大変励みとさせて頂いております(*´▽`*)

今日は臨時でお休みだったのですけど、相方の母も9月のお誕生日なので、恒例のご飯会をしてきました〜\(^o^)/
なので昼間はせっせとゲームを進めていたのですけど…。
本編の恋愛ED、ノーマルED、真EDは取ったのですけど√シナリオ中にシークレットテイルというものを獲得するのですよ。

で、そのシークレットテイルは√シナリオの合間のキャラ側のお話しとなっていて、共通、各キャラ分あってカナリの数!
これ全部見ないと次のsupermintに行けなーい( i _ i )って事で頑張ってました…。

とりあえず今回はやっと終わったHoneymilkの各キャラの感想に行きたいと思います♪


◆二之宮悠斗/鈴村健一
w1920_h1080_ch01.jpg

※感想中では主人公の事をサイダ~さんと書いています(笑)

悠斗様は…ストラバの悠人と同じ人種でした(笑)
名前も同じだし…何というかお金持ちって怖い!って感じですね(゚∀゚)ハハハ…

そもそも凄く自分に自信がある人ですし、この告白大会で自分が優勝するとしか考えていない方なので…悠斗を攻略するに当たって事あるごとに悠斗を選ぶじゃないですか。
そうすると毎回『計算通りです』とか『想定内です』とか言うので、天邪鬼な私は選びたくなくなってきました(笑)
でも、彼を攻略しないとなんでちゃんと悠斗を選びましたけどね!w

4人でデートをしている時から突拍子もない事をしでかすし、もう色々と感覚がぶっ飛んでいる超絶セレブな悠斗なんですけど、ネーミングセンスとか水着のセンスとか…無さ過ぎて可愛く見えてきまます。
超セレブなのでなんでも金で解決しちゃう悠斗なんですけど、電車の乗り方が分からなかったりとか世間知らずな所が垣間見えると金持ち攻略の王道だ!と思いつつも、何だか楽しんでしまう悠斗√でした。

悠斗との距離が縮まるのは個別デートに入ってからです。
それまでは悠斗に振り回され…連れまわされ…?って感じなんですけど、個別に入るとやっとサイダ~さんの心に変化が訪れます(笑)
そこから、悠斗に近づきたい…本当の悠斗が知りたいと思うようになって行くんですけど、そこからの展開は2日分しかないのですぐです!
光の速さで終わります‼(笑)

でも、その短い中にも悠斗のちょっとした葛藤とか、サイダ~さんのお陰で変わっていく悠斗というのが描かれていますよ~。
まぁすぐ終わるんですけどね…(*´ω`)

今まで欲しい物は全て手に入れてきた悠斗が、理解しがたい行動をとるサイダ~さんに対してモヤモヤしつつも…新たな感情を知るという感じですね。

で、この色々と進展していく間に…。
何だか不穏な事件が起こるんですよ!しかもめちゃめちゃ怪しいキャラとか出てきます。
このTYBに一体何があるのか…気になってしまう所です。
ただのおバカゲーじゃないのかと思わせてくる出来事が起こっておりますよ~[壁|_-)チラッ 

◆百瀬歩夢/代永翼
w1920_h1080_ch03.jpg

巣鴨代表プリティ森ボーイこと、歩夢くん……(笑)
森ボーイって何だよ!緑色の服着てるだけじゃんか‼とか突っ込みたくなってしまったんですが、この子は可愛いけど男っぽい一面も…というギャップを狙ったキャラでした。

巣鴨代表という事もあって、巣鴨のおじいちゃん&おばあちゃんのアイドル的存在なんですけど、穏やかで明るい性格の男の子です。
個人的には全然好みのキャラでは無いんですけど、台詞に「ほわ~」とか言っちゃう感じで完全に癒し系でした。
でもたまに出てくる謎のエセ関西弁が気になる(笑)

悠斗に比べると比較的穏やかな恋愛展開となっているので、お互い一緒に時間を過ごす事で自然とくっつくって感じでした。
気持ちを伝えあうまでに色々あって一苦労…という事も全く無いですし、凄くスムーズな進展の仕方だったなと思います。

歩夢自身も何かに悩んだり苦しんでいる…というのが特に見当たらなかったし、巣鴨の皆にも祝福されつつサイダ~さんとの中を認めて貰ってめでたしめでたしって感じです。

物語的な部分では初回の√で出てきていない部分がプラスされて出てくるので、TYBを通してチラチラと描かれている部分が少しだけチラ見せされている感じ…。
それでもまだまだ分からないところだらけなんですけど、最初には無かった部分が足されていくので若干面白くなってきました~。

◆岬虎太郎/森久保祥太郎
w1920_h1080_ch02.jpg 

イケブクロのラブタイガーこと、岬虎太郎…。
基本はわざとらしいくらいにチャラチャラしているんですけど、実はめちゃめちゃ良い奴で一途な子でした。
でも、これは良い奴で終わるタイプの人です‼(笑)

いや、凄く良い子なんですけど萌えは無いですね。
とりあえず森久保さんの『にゃー!』とか『〇〇っしょ~!』とかの軽いノリの台詞が何か新鮮でちょっと笑ってしまったんですけど、だんだんウザゴホッ何でもありません。

物語は同じような流れのまま進んでいきますし、特に三周目ともなると特筆する事も無いんですけど、虎太郎もわりとグイグイくるし…。
恋愛のゴタゴタみたいなのは無かったと思います。
ただ、虎太郎は実はここで初めてちゃんと好きな人が出来て、その事に気付く…ってかんじでしたね。
って事で、全然ラブタイガーではなかったー‼(笑)

ちなみに各キャラデフォ名呼びが無いので、様々な呼び方をしてくるんですけど基本的にはTYBのプリンセスって事で『プリンセス』と呼ばれます。
ただ、岬フルーツ店の虎太郎は果物に例えて…『ベリーちゃん』と呼んでくるんです。
何回もずーっと呼ばれていると「ヨツヤ サイダ~」さんにした事を忘れてしまいます(笑)
あれ?私ベリーって名前だったけ…と錯覚しますね。

また違う女の子の事はパインちゃんと呼んでました(笑)
フルーツ屋の人と友達になったら果物に例えられるのか…嫌だな…(゚∀゚)ww

割とザ・ヒーローって感じの気質の子だと思うんですけど、歩夢と同じで可愛さの方が勝ってしまうので、キャー(*ノωノ)ってなる事はあんまりなかったんですけど、誰よりも一生懸命に好きでいてくれる人なんだろうな~とは思います。
まぁ…やっぱり言葉遣いが特徴的なので、そこが気になってしまったけど(笑)

虎太郎プレイしてから時間が経ってしまったので、凄く簡単になってしまいましたが…。
この3人だったら断然悠斗ですね!

◆真EDについて◆

真EDについてはどの√も同じ道を辿っていきますし、流れ的にも似たり寄ったり…というかほぼ同じでキャラが違うって感じだけなのでまとめちゃいます。

それぞれの√中に内容的にどうしても繋がらない出来事というのがちょこちょこと起こるんですよ。
多分、気にしなければスルーも出来る…のか?(笑)
いや、絶対気になってくると思うんですよね。

で、まぁその内容の真実が描かれているEDという事になりますね。

恋愛面でも真EDに来るまでのEDよりも、確実に愛は深まっていますが、まさかこの作品にそんな事が隠されていたとは…って感じです。

実は、もともと借りようとなる全然前に、ストラバみたいなお馬鹿ゲーだと思ってたら、実は違った…というのを聞いていたんですよ。
なので、恐らく驚きは少な買ったと思うんですけど、それにしても凄く意表を突かれた真実だったな…。

この辺もわりとサクッと解決してしまうし、若干早い流れではあるんですけど、そうゆう意味があってこうなっているのね…!と思う内容にはなっています。
どれも凄く細かく描いてあるとかという事も無く、気持ちの面諸々ザックリしてます(笑)
してるんだけど、あれだけ濃いキャラ揃えておいてそんな真実を隠していたのかー!とは思うと思います。

見た目のイメージと中身のギャップがあるゲームかな(笑)

ちなみにこの真実に関わっているキャラって…きっとこれしか出てこないんだよね?
その他に彼とお近づきにはなれないんですよねきっと…。
残念(笑)

って事で、ヤマノテ初回のHONEYMILKの感想でした!
まだまだこの先に濃いキャラが待ち構えているので、楽しみです(^^♪

最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ



今日は美味しいもんじゃを食べたい!
という『相方の』リクエストでご飯に行きました。
お祝いをして貰える私やマミーのリクエストでは
ないのが…ww
応援ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはーーーー‼ヾ(*´∀`*)ノ

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたー♪
本日も大変励みとさせて頂いております‼┏○ペコ

今日はビーズログの感想…の予定だったんですけど、本屋さんにビズログが無かったー‼Σ(゚д゚lll)ガーン
会社の近くの本屋さん小さい割に色々と置いてあるはずなんですけど…、ガルスタとかもそこで買っているんですけど…。
入荷している数が少ないのか、無い時が結構あるんですよー(つд⊂)エーン

開店と同時の時間だとまだ本を並べていない時があるので、今日はゆっくり出勤したんですよ!←おい
ルンルンしながら買いに行ったのだけど、ビズログ自体が今日は置いてなかった。
売り切れてしまったのか入れてないのか謎ですが、明日地元の本屋んで買おうと思います( ;∀;)

って事で、今日は予定を変更してTOKYOヤマノテBOYSの初回感想を喋りたいと思います!
ちなみに、本当は恋愛EDを全キャラ分→真相EDを全キャラ分って感じで行きたかったんですけど、今日は求人募集の打ち合わせとかがあって忙しかったので悠斗の恋愛EDまでしか終わっておらんのです( ;∀;)

なので、とりあえずは初回感想だけを喋りたいと思います!

w1920_h1080_hm.jpg 

まずはTOKYOヤマノテBOYSのHONEY MILKからスタートしております!
今回のメインディスクにはHONEYMILK・SUPERMINT・DARKCHERRYの3本が収録されいるんですけど、それぞれ攻略キャラが異なるって内容みたいです。

最初のHONEYMILKでは二之宮悠斗・岬虎太郎・百瀬歩夢の3人が攻略可能となっていて、それぞれに恋愛ED・ノーマルED・真EDという3種類のEDがあるみたいです。

実はこの作品主人公の名前が無い‼
なので自分で決める形なんですけど、これが一番私は苦手です。
自分の名前を入れても良いんだけど、何か無いかなぁ~…と考えた結果…

氏/ヨツヤ 名/サイダ~ にしました(笑)
相手が私の事を『サイダ~さん』とか呼ぶのかなかなかシュールです。
伸ばす棒は【~】これです(笑)
最後にはサイダ~って呼び捨てになるんですけど、何か…ウケる……と思いながら進めていました(゚∀゚)アハッ

ちなみに、私はお借りした方からのアドバイスで各キャラの恋愛ED&ノーマルED→各キャラの真EDって感じで、回収していこうと思っています。

物語は、この世界で行われる告白大会というものがあるんですけど、一年に一度全国の女子高生から選ばれたプリンセスを巡って行われます。
主人公はごく普通の女子高生なのですが、今年は彼女がプリンセスに選ばれてしまいます!

相手は都内各地の女子高生から推薦されたスーパー男子高校生(笑)
それぞれ個性豊かな面々なのですが、彼らと共に7日間を過ごしプリンスを決める…という内容です。

めちゃめちゃ単純明快な内容で、今の所は気になる部分がありつつもストラバ的な感じで楽しめています。
1日ずつ進んでいくんですけど、初日から3日目までは攻略対象3人と共に皆でデートをしてきまして、4日目から6日目までがその中の一人とデートをして行く…って感じです。
一日の長さもそんなに長くないですし、3日目までは皆でワチャワチャしている感じなので、ワハハワハハとしてたら終わります(笑)

残りの三日で相手との距離をグッと縮める出来事が起こる…って感じかな。
めちゃめちゃサクッと終わります。
だがしかし、ノーマルEDと真EDを取るのを合わせたらもうちょっと時間がかかりますね。
一周クリアするだけならだいぶサクサク~っといきますけど、全て終わらせるのはサクッとはいかないかな。

それと、先ほども言いましたけど何だかキャラが濃いです。
今攻略しているHONEYMILK以外のキャラも、序盤に出てくるんですけど…何というか梶君がゴスロリみたいなキャラだったり浪川さんとか無駄にオラオラだし…(笑)
諏訪部さんが面白いらしいんですけど、ちょっと出て来ただけでも危険な香りがしました(笑)

先に進めるのがより楽しみになってくるキャラ達ではありますが、HONEYMILKのキャラは見た感じ結構普通かな~?と思ったけど、まぁ普通ではないです。
悠斗から攻略したんですけど、彼黄金のビキニパンツの水着を着てきた時にはどうしようかと思いました(*´ω`)さすが金持ちは違うな!

他のキャラがどうなのかはまだ分かりませんが、初回の悠斗は恋愛をする!という前提というよりも、違う目的から入っているので…
その流れで思わぬ展開で恋愛に発展したって形だったのですけど、ちょっと可愛かったです(笑)

とりあえずは何も考えずにプレイして楽しむ…って感じの雰囲気なので、過程がどうのとかというよりも相手との進展を楽しんだもん勝ちかなと思います。

少しずつ相手に変化も出てくるんですけど、徐々に…というよりは、後半の個別デートの所でガツっと踏み込んでサクッと展開してハッピーエンドに…という感じ。
なので、全体的にサクッサラッって感じでした('ω')ノ

私は楽しんでいます(笑)

まだ凄く突っ込んだ感想が言える所まで来ていないんですけど、初回としては私は好感触です。
これがどんな風に変化していくのかは、HONEYMILKが終わった時のお楽しみにしておいてください(*´ω`)

今日は野球に行っているので、続きの感想がまた後日…になってしまうと思いますが…(;´・ω・)
ニルアドきたらニルアドに手を付けたいと思います(∩´∀`)∩

ではでは、今日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪┏○ペコ


遂にヤクルトスワローズに2018年
ファンクラブの入会が始まる!というニュースで
私は昼間からウハウハです\( 'ω')/
来年はアップグレードして一番上の会員になるんだー♪←(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言