こんばんはです┏○ペコ

今日は一日中ゲームしたりCD取り込んだり…オタクな一日を過ごしておりましたよ[壁|_-)

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~!
いつもいつもワタクシの活力とさせて頂いておりますです(*ノωノ)

さてさて、昨日は空蝉の最後のキャラ…一応隠しなのでしょうか?
でもしっかりプレイムービーも出ているからきっと大丈夫だよね!
と、かの方を攻略していたのですけれども、選択肢が少なめな割にストーリーは長くなかなか終わりませんでした(笑)
珍しく4時くらいまで頑張ってプレイしちゃいましたよ~。

って事で、今日は空蝉の最後の感想なんですけれども、早速始めちゃいまーす(/・ω・)/
まずは先に知影の感想から…。

utsusemi160x300_05.png 

知影は制限がかかっているキャラという事で、まぁ色々とある√だったのですけど…。
今までの√で彼の事を色々と知る…というか、まぁその片鱗が見え隠れしながら進んでくるのですが、この√でその全貌が明らかになります(笑)

しかし、私が想像していたような感じでは無かった!笑

知影が1人で抱えている事だったり、彼がしようとしている事を知ると色々な意味で何とも言えない気持ちになりました…。
内容的にははっきり言ってしまえば幸福EDも悲恋EDもどちらも切なさの残る結末なのですけど、そこへ行くまでの過程から考えるととても納得のいくストーリーだったのではないかと思います。
ただ、この作品の終始暗さの感じられる雰囲気はそうゆう事なのね‼と納得できるような事が、ここでは語られていると思いますので、色々と腑に落ちる部分が多かったかな。

知影に関してはあまり色々と語らない方が良いと思いますので、深くはお話ししませんけれども…。
私としては天音と知影の心が近づいていく過程が、丁寧だったように感じました。

始めから知影はわりと他の鬼キャラに比べると好意的な方だと思うんですけど、距離が全く縮まらないと言いますかですね(笑)
知影の“真の部分”は全然これっぽっちも見せてくれないので、本当何を考えているのか分からない人です。
だけど、彼が少しずつ色々な面を見せてくれてからは、天音と惹かれあうのが自然に思えました。

それに色々と今までのキャラとは違うので、とても愛を感じたかな!

知影の背負う者がとても重く辛いものだったので、とてつもなく不憫だったけれども…
彼を監視するホニャホニャ…というのは一体何だったのか…という小さな謎は残ったまま終わってしまったのでモヤっとしましたが。
こんな感じで小さなモヤッは多々あるものの、結構面白かったかなと思います。

ちなみに知影の場合はEDが幸福と悲恋しかないんですけど、悲恋にはちょっと彼が変わってしまう(?)部分とかもありますし、そこには素晴らしい立花しゃんのお声も盛り込まれておりますので…(*ノωノ)
泰臣に引き続きとっても耳にも楽しい√となりましたよ~(≧∇≦)

utsusemi_0.jpg 

という事で、短いですけど色々喋らない為にまとめ感想にいかせて頂こうと思います!

予約した時点ではカナリ博打感があった空蝉の廻でしたが、プレイしてみてからは結構楽しめた作品だったかなと思います。
ファミ通レビューでもゴールドを獲得していますし、世界観も全体的な雰囲気からひしひしとちょっとした重さというか暗さみたいなものが感じられますし、物語も作り込んである作品だったかなと。

ただ、私個人の感想を言わせて貰いますと…。
心の底から『面白かったー‼』というには何か足りないように思いました。

それぞれのキャラの√によって凄くムラがあったかな?と思うのと、サブの(主にある人)についての部分が、雑というか何というか…。
ある意味ではあのキャラの存在やする事というのは必要な事だったのかも知れませんけど、全然救われていないのが何とも言えない気持ちになりました( ;∀;)
もうちょっと他に何か出来なかったんかー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!

それとどこの√でもそうなんですけど、どこかあっさりしている部分というのがあったせいか「面白かったんだけど……」という気持ちがどこかに残ってしまった気がします。
ここまでの感想でも数回言いましたが、ラスボスの結末が凄くあっさりだった…。
所々サクッとしているな~…と思う部分があったように思います。

恋愛面においてなのですけど、泰臣の√に行く事で魁達鬼キャラの時に展開が早いのでは…?と思う部分は解消されていたので、鬼という存在の持つ業みたいなものが関係しているんだ…、というのが分かるとあの違和感は無くなったかなと思います。
キャラによっては過程自体がとても薄く感じる部分もあったりしたのですけど、それぞれの各EDに向かう事で彼らの様子が変化していくというのも面白かったので…、気にはなったけどまぁ楽しめたので良いのかな?(笑)

ED自体は幸福と禁断、狂乱と悲恋の二つで途中からストーリー展開が違ってくるので、そうゆう部分はED回収するのも飽きずにプレイ出来たかなと思います。
EDに辿り着くまでに色々な事が起こるので、幸福に辿り着くと本当に幸せになれて良かったー!と思う気持ちが強くなるんですけど、個人的には狂乱や悲恋が面白かったです(*ノωノ)←

スチルも各キャラ14枚程度あったり、ミニゲームも初回以外は成功・失敗と選ぶだけで良いので特に不満は無く…でした。
ただ、エラー落ちですね。
私は最初の一回以外は無かったんですけど、いつなるのか怖くて選択肢スキップと早送りを使いながらも無駄にセーブしまくって進めていました(笑)
エラー落ちすると最初からやり直しになってしまうので…容赦ねぇな…って感じでしたのでね( ;∀;)

それ以外はバックミュージックも世界観にとても合っていましたし、妖魔の声がちょっと恐ろしかった以外は問題はございませんでした(^◇^)

好きなキャラなのですけど…。
とても難しいです(笑)
というのもどのキャラもED毎に「好き!」と思う部分があるのと、飛びぬけて「この子が凄く好き(*ノωノ)」というのがおりませんでした。
多分こここそが、私がこの作品にハマれなかった大きな要因なのかなと思うのですけど( ;∀;)

1 魂宮魁
2 颯/柊知影
3 相良泰臣
4 結鶴

ですかね…。

実は魁、全てプレイし終えた今、私の中で結構印象に残っています。
何故なのかよく分からないのですけど、様々な√で出てくる彼の悲痛な叫びや悔しさなどを見ていく中でも、初回の時の彼の可愛さが忘れられず…。
あの可愛さはあの√でしか見られないものだ…というのが、余計に心に強く残ったのかも知れませんね~。
それと狂乱の時のきーやんの声が忘れられません(*ノωノ)

お次は颯と知影です。
どちらも放っておけないお2人です。
颯は明らかにDV夫にしか見えない所があったんですけど、DVをする人の代表的な行動をしている颯…(笑)
しかしそこには天音を離したくないという強い気持ちから、そうゆう行動に出てしまうというどうしようもない討伐隊隊長‼
自分の部下たちが颯の変貌に驚いているのに、構わずおかしくなる颯が好きです。←
でもちゃんと…それだけではなく(笑)心を開いていく颯の雰囲気が変わっていくというのも可愛かったかな~。

知影は颯とは違いダメ男感は無かったのですけど、また違う意味で一人には出来ない感じがしました。
ストーリーやキャラだけで考えればこの人がトップなんですけど、キャッキャ度合で行くと私は魁の方が上でした。
しかし、知影も彼の事を知れば知る程嫌いにはなれない人(鬼?)だと思います。
とりあえずこの人は是非攻略して、その結末を見て欲しいかなと思います。

お次は泰臣です‼
いや~個人的にはすんごく好きなんですけどね!(主に声贔屓で)
予想外の展開で進んだ泰臣√だったので、彼のただの優しい従者なだけじゃない部分なんかが見られて、所見よりも泰臣株が上がりました!
この人も本当色々とあったシナリオだったな~と思うんですどけど、やっぱり狂乱の泰臣推しです(゚∀゚)

最後は結鶴くんです。
最後にしてしまってごめんなさい(ノ△・。)
結鶴くんも放っておけないキャラ軍の仲間だと思うんですけど…、他キャラの面々に比べるとちょっと薄く感じてしまいました。
某√ではカナリ良い働きをしているし、とっても良い子なんですけどね!
私の中では可愛い子…で終わってしまいました┏○ペコ

と、こんな感じになっております。
色々とアレコレと言って来ましたが、結構楽しんでプレイしたのではないかと思います。
買うまではドキドキだったけど(笑)

これにて空蝉の感想は終わりますが、次はお借りする作品が到着しましたので…
今日から番長FDを始めておりますよ(*'ー'*)♪
それと、今後の購入作品の発売日も出てきたりしているので(大人な方)、それらの事もまたお喋りしたいな~と思っています(^◇^)ノシ

ではでは、本日も最後までお付き合い下さり&今日まで空蝉の廻の感想にお付き合い下さいましてありがとうございました~♪



今日はウォーターサーバーと定位置を
何往復したか分かりません…(笑)
お水の飲みすぎ注意(=_=)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは!

まずは昨日の雑談にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~(≧∇≦)
本日も更新の励みとさせて頂いております♪┏○ペコ

今日は休日出勤してきましたよ~(/・ω・)/
と言っても…予定ではちょっとばかしゆっくり起きて、ゆったり準備つつ午前中指定で荷物が届く予定だったので、受け取ってから出ようかな!なんて思っていたんですけどね。

昨日泰臣√をやっていたらば幸福EDを終えた時間が0時過ぎだったのです。
お陰様で大雨の中眠りについたらぐっすり寝てしまい、目覚ましを自分で止めて二度寝した私が目を覚ましたのは……。
10時過ぎでしたぁぁぁぁぁぁぁ~(;゜0゜)

やっちまいました…(笑)

しかしちゃんと出勤してやるべき事をやって帰ってきましたよ!
色々と片付けつつ手が空いたら泰臣のEDを回収して、また仕事して…としてきて無事に全EDを回収してきました!(笑)

って事で、今日は引き続き空蝉の感想なのですが、まずは少し余談を…。
今日は私の地元の近くで花火大会があったので、帰りはぜっっっったいに早く帰ってやる!と心に決めておりました。
帰宅時の電車が凄い事になってしまうので、出来ればギュウギュウされたくないというささやかな抵抗です。

いそいそと仕事を終わらせて『花火大会がある為もみくちゃになりたくないので帰ります』とメールをして16時には会社を出ました。
本当はもっと早く出るつもりだったんですけど、仕事が終わらずなんだかんだ夕方になってしまいました。

だいたい会社のある駅から家の最寄までが1時間10分位いなんですけど、家の最寄り駅に向かう電車は既に人が多い(;゚Д゚)
ギュウギュウはされなかったけど若者たちに交じって、BBA帰ってきました……。

今日はあまりの暑さと起きたのが遅かったので、全く化粧をせずTシャツにパンツ&リュックというテキトーにも程がある格好だったのだけれど…
皆様浴衣を着てバッチリキメキメで、心の底から『こんな暑い日に凄いなぁ…』と思いました(笑)
暑くてムシムシしているのに、人混みに向かう勇気は私は持ち合わせておりませぬ( ;∀;)

彼らは私の降りる駅よりも先に行くので、手前で降りたんですけどそれでも地元の駅で待ち合わせの方々がごった返しておりました(*_*)

帰り道にクールビーも買ってきたので、ルンルンしながら家路についたのですが…。
実家のベランダ?屋上?からその花火が見えるので、クライマックス前に上に上がり見ちゃいましたよ~(*ノωノ)←(笑)
人混みに行って見るなんて10代の時以来してないけど、人が居ない場所ならば別です( `ー´)ノ

最初は父と一緒にあーでもないこーでもないと言いながら見ていたんですけど、立って見ている形になるので父は「疲れた~じゃぁね~」と階下に降りてしまいましたので…1人で最後まで見ました(笑)
ベランダで見ると言ってもただ立って居れば見られる時代では無いのです!
昔は上がるだけで見られたけど、今は高い建物が増えてしまったので手すりに捕まって高くなっている部分に乗って見る感じになりますので…疲れます(笑)

だけど‼

最近の花火って凄いですね~‼
ボンッて上がるスタンダードな花火あるじゃないですか!あれが上がった瞬間に虹色に輝くやつが上がって、思わず「わぁぁぁぁ‼」っと声を上げてしまいました(≧∇≦)
1つの花火で色んな色がキラキラって光って凄い綺麗でした~ヾ(*´∀`*)ノ

その他にも(=^・^=)猫型の花火とか、ニコちゃんとかもありました~。

私はディズニーランドとかのクライマックスに上がる、色が付いていなくてブワッと広がって上がった後に、サラ~っと垂れてくる奴が好きなんですけど、それってだいたい最後に上がるので大人しく待ちかまえしっかり見てきました~(^◇^)

最後の方は1人で「わぁ~!」とか「凄ぉ~い!」とか言いながら見てたので、通りを通った人がこっちを振り返っていましたが…(笑)
そりゃいきなり道歩いてたら上から人の声が聞こえたら振り返りますよねww
当の本人はそんなの気にせず花火を満喫しておりました(*´ω`)

いや~綺麗だったな~(゚∀゚)

余談が凄く長くなってしまいましたが、やっと泰臣の感想へと行きたいと思います!

utsusemi160x300_04.png 

私、空蝉を購入しようと決めたのは世界観が気になる…って所と、久々におきつんのキャスト買いだったと言っても良い程です。
しかし好み的には従者とか優しいのはお好きではないので、ちょっとなぁ~…って思っておりました。

実際プレイしてみたら狂乱EDがあった事で、だいぶ救われた気がします(∩´∀`)∩

見た目通り優しい泰臣さんなんですけど、重度の天音第一従者なので他√でも結構面白い部分等がある方なのですよ!
天音が祈女として責務を全うしようとすると、どうしても危険な場所に出向かないといけなかったりするので、その度にちょびっとだけ天音と意見を述べ合い最終的にはどちらかが折れる…というのが目立っていたんですけど…。
泰臣√ではどちらの言い分も分かるのですけど、お互いの台詞に『ですが…』が多くて笑いました(笑)

過保護すぎる泰臣と泰臣をどうにか説得させようとする天音のやり取りが多かったですね!
そして泰臣を納得させるのにはだいぶ骨が折れそうだなと思いました(笑)

こちらは今までの鬼√の流れとは、また違った感じだったのですけど…。
「そうゆう展開もあったのね!」と思うような感じですかね。
全く予想していませんでしたね、この展開(笑)

でも確かに素直にするすると進めていくよりも、こっちの展開の方が泰臣自身の葛藤とか苦しみが描けて、更には天音が恋心に気付きやすくはなっているのかなと思います。
それに、狂乱とかちょっと気持ち的な部分の抑えがきかないとかそうゆうのが、表しやすいのかな~と…思ったり。

恐らくこの展開だったから楽しめたのかな~と思う部分も大いにあるんですけど、そうじゃない展開も見てみたかった気もします(笑)
何が言いたいのかよく分からないと思いますが、色々言えないのでお察しください(-"-)←笑

結果、私的には結構面白かったなと思います。
天音様天音様~と言っていた従者が、少しずつ男な部分をチラッと見せて来たりしながらも、根の部分は変わっていないので、葛藤したり苦しんでいる様子とか私としては良かったかなと思います。
若干泰臣√だと泰臣×天音の部分が強く描かれているので、大事な部分が後半薄くなっている気もしましたが、まぁその辺は見なかったことに…(つд⊂)

幸福EDと禁断EDに向かう過程では、大筋の物語も描かれているので「空蝉の廻」って感じなんですけど、狂乱EDと悲恋EDでは2人の事にクローズアップされているので…。
あの話はどこにいったのかしら?と思ってしまいました(笑)

でも、禁断は想像していたような流れでは無かったかな。
悲恋EDと言われても納得出来る内容でしたしね。
ただ、幸福EDは私としてはもう本当幸せになってくれて、良かったよー‼と強く思いました(゚∀゚)

しかしですね、ここまで攻略してきたキャラ全ての√で思っていたんですけど、ラスボスの沈み方がすんごーくあっさり過ぎて…。
あんなに大きな出来事となっていたのに、そんなサクッと終わらせていいのですか?と思ってしまう終わり方なんですよね。
そんなに強くないラスボスだったのかな(笑)と思えるほど、あっさり感が否めないですけど…。
まぁいっか。←

お楽しみの狂乱EDはまさしく狂っていました!
私的には颯の狂乱が好きだけど、泰臣の狂乱はこれまた違う方向に病んで壊れていったので面白かったです。
泰臣の日頃から自分の中にあった想いが、アレの業によっておかしな方向に狂って言った感じで…良かったですよ[壁|_-)

悲恋EDは切ない終わり方でしたね。
今までの√の中で“切ない”という言葉が一番当てはまる終わりだったんじゃないかなと思います。

いや~しかしですね、私泰臣がソワソワしているのも可愛い(*ノωノ)と思いながら、色々抑えられなくなって来ている時とか(;゚∀゚)=3ハァハァしながらイヤフォンを耳に突っ込んでたんですよ。
で、静かに喋る所とか黒く甘い所とかボリューム上げまくってたら、会社にピンポーンて来たの気づきませんでした(笑)
まぁ変な営業だったから良いんですけどね┐(´∀`)┌

凄く耳的にも楽しめた√でした~ヾ(*´∀`*)ノ



こんばんはです~(∩´∀`)∩

まずは昨日の雑談にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました┏○ペコ
本日も更新の励みとさせて頂いております(゚∀゚)

昨日は雨の中野球を見てましたよ( ;∀;)
と言っても最初だけだったんですけど、皆仕事だったのでバラバラに球場に向かったのですよ。
で、私は一番乗りだったのでついて早々席に向かい、いつもの様に観戦する為の準備をしていました。

すると雨がどんどん降ってくるではあ~りませんか!
隣のおじさんは折り畳み傘をだしてさし出す始末…。
私はまさか本格的に雨が降るとは思わず、雨具は何も持ってきておりませんでした(つд⊂)
これはカッパを買うしかないか…と思って球場内のショップに行くものの売ってなかった!L(゚□゚)」

この間にも今日共に観戦する仲間達とはメールでやり取りしていたので、先輩が行く時に買っていくよ!と言ってくれました。

が、しかし、彼女が球場に着いた時には雨が晴れるという…神様のいたずら…(=_=)

カッパはいつかの雨の為に買ったって事にして大事に持っておこうと思います。
ちょっと肌寒かったけど、昨日も元気に楽しんでまいりましたよ~。負けたけど。

そして今日は特に仕事もする事がなく、空蝉の続きをしてきましたヽ(^o^)丿
でも今週はもしかしかたら…、明日の仕事の進み具合で土曜日に休日出勤しないといけないかもなんですよね~。
いつも何もしてないんだからたまには頑張れよって感じですよね!

とりあえずは、今日終えてきた颯の感想を喋りたいと思います♪

utsusemi160x300_02.png 

予想通り寡黙キャラの変貌ぶりが楽しかった颯√でした。

しかしながら、やっぱり全体的にちょっと恋愛過程というか、諸々が薄っぺらく感じでしまう部分があったかな~と思います。
だけど私個人としては、とても楽しめました(*ノωノ)

先に言ってしまうと何とも素晴らしい狂いっぷりを見せてくれた、まさしく「狂乱ED」というタイトルがピッタリのEDだったのでね!
鬼という生き物の性質?と言えばいいのかな?そうゆう部分と、彼らが苦しむ発作についての部分が結構強く出ていたと思うので、鬼と恋愛している!って感じがしたと言いますか…(笑)

人でも狂気の方向に狂えば悍ましい~ひぃぃ~!とか思うんですけど、こちらはこちらでなかなか面白かったかな~と思いました(゚∀゚)

ストーリー展開は大筋は同じ流れなので省きますが、門の力を取り戻すための儀式を行う事になり、鬼と人の里の両方でその儀式について調べていく事になります。
その時に天音の傍に護衛に付くのが颯になるんですけど、共に過ごす時間が増えたもののなかなか颯が心を開く事がなく…。
お礼を言えば「魁様の命だからだ」しか言わないです(笑)

基本的には誰とも距離を縮めようとしないし、情を見せたりとかそうゆうのもしない人です。

そこにはある理由があるからなんですけど、その事を少しずつ知っていくと天音は颯の事を救いたいを思うようになって好きになって行くという流れです。
うんうん、凄く自然な流れ…。

颯の方もなかなか天音に心を許さなかったり常に距離を取って接しているんですけど、少しずつ彼女に心を許し惹かれていってしまいます。
これが何と言うか、凄く言葉にしづらいんですけど…。
別に全体がサクサク進みすぎるという事も無いと思うんです。思うんですけど、でもやっぱりどうしてもちょっと薄いかな~?って感じがしてしまうんですよね。
何でそう思うのか分からないんだけども…(笑)

でも、そうゆう風に思うのって中盤のあたりなんですけど、後半はそんな事気にしている暇がないので、そこを経て終わるとわりと満足している自分…。
しかし色々思い出すと「何か薄かった気がする…ような気がする…」とぼんやりと思うくらい(笑)
凄く不思議…。

元々颯自身の問題には“鬼の発作”が深く関わっているので、このお陰でED分岐がどこへ行っても面白かったように思えました!
ちなみに鬼の発作というのは、負の感情や恋情など感情が揺さぶられる事で破壊的衝動が起こり我をなくしてしまう事です。
発作を防ぐために幼少期に訓練?鍛錬をしているので、日常的には起こらないんですけど怒りや悲しみなどの感情を強く感じる事で、発作が起こってしまう事があるという感じですかね。

こういった事や颯の過去の出来事諸々…明らかに分岐EDに期待してしまうキーワードが散らばっているので、私としてはここの√は満足するものだったかなと思います!
シナリオ的には(笑)

魁ほどの最初ツンツンからのデレに対してキャー(*ノωノ)ってなる事はあまり無かったんですけど、内田雄馬さんのお声が更に素敵に聞こえるキャラだったように思います。
終始冷静で冷めた印象の颯なんですけど、心を許してくれているのかも…?と思える部分が出て来ると、可愛く見えてきます。
もう天音の事好きになってるでしょ!って所まで来ると、ちゃんとクソカワでした!

しかも甘い雰囲気になる時にはちょっと仄暗さというか、切なさというか“何かありそう”という部分が見え隠れしているので、そうゆう所もこの√が面白かったと思える要素かなと思います。
颯を放っておけないんだけど、彼の言う通りにし過ぎてもダメなような…でも放っておくともっとダメなような…みたいな(笑)

幸福EDとその分岐の禁断EDではとっても幸せ( *´艸`)というのと、ある意味で幸せ…という感じの終わり方なので、いう事無しです。
あれだけ辛い思いを下であろう颯が天音と幸せになってくれて良かったなと思いますしね。
まぁただ、泰臣がちょっと可哀想だったかな(笑)ってくらいで、このまま幸せになれて良かったねー‼って思う内容でした。

そして狂乱と悲恋ですね。
前回同様、悲恋を先に回収したんですけど、こちらは何とも言えない悲しい終わり方でしたね。
颯自身自分の事でだいぶ悩んできて、魁や天音に救われてきただろう…という感じなのに、それすらも分からなくなって更に狂い苦しむ…みたいな。
悲恋の終わり方は更に颯を苦しませて狂わせていく終わり方なんじゃなかろうかと思います。

で、狂乱の方は悲恋と過程は同じなんですけど、とにかく颯がDV夫にしか見えませんでした!(笑)
でも、少しずつ少しずつ天音への執着が強くなっていき、どんどん狂っていく颯が怖いけどニヤニヤしちゃいました(*ノωノ)
普通に考えたら同じことされたら無理なんですけど、何で「悍ましい~(≧∇≦)」ってなってしまうのか、自分の神経を疑います(=_=)←

でも颯を放っておけない…と思う天音と同じように、何か放っておけない颯が結構好きです私(笑)

こちらの狂乱EDもなかなか面白かったので、最終的には満足‼(゚∀゚)

次はいよいよ泰臣に行きたいと思います!
従者おきつん…どのように楽しませてくれるのでしょうか( *´艸`)フフフ…

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪



ずっと欲しかった
ミニオン×スワローズのキーホルダーを
貰いました(*ノωノ)
ルンルンで鞄につけてきたりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは!┏○ペコ

気付いたら8月だったー!L(゚□゚)」

まずは昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!
本日もとーっても励みとさせて頂いております( *´艸`)

いつの間にか8月になってますね。←
毎月言ってますけど…もう8月‼

早い……。

今月は楽しみにしていたゲームが発売されたりしますけど、それはまた改めて記事を書くとしまして早い所空蝉を進めなければ(-"-)

えー…今まだ午後15:00なんですけれども、雨が降っております…。
私は果たして帰れるのでしょうか(笑)
今日はお仕事だったのですけど、早い時間に片付けなければならない事は終わらせまして放置していた空蝉の二周目をクリアしておりました。

すると…いつの間にか大雨に( ;∀;)
傘は会社にあるから良いとしても…出来れば止んで欲しい(つд⊂)エーン
ちなみに空模様は全然やみそうにありません…。

って事で感想書いたら早く帰ろう~っと。←

さてさて、二周目は結鶴にしました!
元気系は何かありそうだけど、きっとそこまで…のはず…って事で、ちょっと早めに攻略してしまおうって事でクリアしてきましたよ~♪

前半部分は早送りも出来ますし、選択肢スキップも出来るのでサクサクプレイ出来ました!
しかし…。
選択肢スキップ中にエラー発生の為落ちまして、最初からやり直しになるという事態が(笑)
お陰様でやる気を削がれましたが、何とか個別まで進ませてからの放置となっておりました。

もうエラーとか怖いし選択肢スキップ使うのやめようかなと思います。
大人しく早送りで地道に進ませよう。

utsusemi160x300_03.png 

結鶴は初回の魁の√でも勿論出てきますが、恐らく誰もが彼への皆の対応で彼に何があるか…というのは分かるのではないでしょうか。
シナリオの展開的にも内容的にも、見たまんまの素直すぎる内容だったかな…と思います。

むしろメインヒーローだと侮って魁を先にプレイしたのが仇となったのか…?(笑)

キャラ的には可愛い子です。
でも可愛いだけでなく狡かったり、生い立ちに色々とあったりするので悪くはないんですけど、個人的には可もなく不可もなく…な感じですかね。
予測できる内容、そのまんまの√だったなって感じです。

しかし、ストーリーの展開的には当たり前ですけど魁とは違う流れなので、魁攻略後に分かった事があるからこそ、こっちの結鶴√ではハラハラしたりモヤモヤしたり…。
そのモヤモヤの対象に対しての結鶴の行動がちょっと新鮮に見えたりしました。
核心に迫る部分では、結鶴だからこそのちょっと苦しいというか、スムーズにいかない展開なんかもあったんですけど、それを経て分かり合えるという事に繋がっていたりしたので、最終的には良かったんですけど途中はちょこっとだけ悲しくなりましたね( ;∀;)

あ、凄く何言ってるか分からないですよね(笑)
でも今は分から無くて良いと思います!w
いずれプレイした時に何の事を言っているのか分かってもらえる日が来れば( *´艸`)

恋愛の展開なんですけど、こちらも特に違和感は無く…。
割と結鶴と天音は自然と惹かれ合っている感じでした。
結鶴の事を傍で支える事で二人の間に特別な感情が生まれる事は、ごく自然な流れだったかなと思います。
その後にも性急すぎる展開とかも無かったですしね。

ただ、幸福EDではないEDに向かっていく過程が、ちょっと驚き展開だった部分もあったかな~と思います。
今回は狂乱はそこまで推すEDでは無かったです(笑)
でも、何と言うかちょっと新しい感じの狂い方だったかな~?とは思います。
私が想像していた「狂乱」では無かったので、そうきたか!って感じの狂った終わり方でした(笑)

悲恋が狂乱の流れからの分岐なんですけど、私悲恋を先に回収したのですよ。
何と言いますか、とても切ない‼って感じの終わり方なんですけど、最後のシーンの結鶴を見ると良くないけど良かったなと思ってしまうという…とても微妙な気持ちになりました(笑)

幸福EDはそのままとても幸せな終わり方だったんですけど、私的には結鶴はこの幸福EDのまま幸せになってくれて良かったなという感じです。
彼のキャラクターのせいなのかなぁ~…?なんかこの狂い方ならばやはり幸せになって貰いたい…と思ってしまいました!←(笑)

しかしながら始めて二周目にちょっと中だるみをしてしまいました…。
決してつまらない訳では無いんですけど、結鶴√は私的には物足りなかったかな~と思います┏○ペコ

次は…颯に行こうと思います\( 'ω')/
寡黙な颯…絶対可愛い一面が見れると期待しております( *´艸`)

では、最後までお付き合い下さいましてありがとうございました!(゚∀゚)ノシ



昨日相方と飲みに行ったら
隣の席の男性4人組が
グラビアアイドル?について熱く語ってました(笑)
ついつい耳を傾けてしまった
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(゚∀゚)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~┏○ペコ

まずは、昨日のりな子2歳のご報告にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~ヽ(▽ `)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´
本日も大変励みとさせて頂いております┏○ペコ

今日は午前中に捻挫の具合が心配だったので、病院に行ってきたのです。
土曜日だし13:00に終わってしまうので、11:00頃行ったんですけど……あまりの混みっぷりに2時間もかかりましたYO!Σ(T□T)
ちなみに、痛いのは外脛骨?って言うんですかね?くるぶしみたいに出っ張っている内側の土踏まずの上にある骨!
あの辺りが触ると痛くて歩く時に足を着くのも痛い…(>_<)って感じでした。

まぁ結果捻挫だったんですけど、右足の外脛骨が人より出ているのでそうゆうのもナンチャラカンチャラって先生が言ってました!(笑)
テーピングして貰ってやり方も教えて貰って帰宅しましたよ~。

とりあえずは右足、大人しくしておこうと思います…( 一一)

そして空蝉ですが、初回が終わっております!
まだ2人目に突入していないんですけど、今日は初回感想と魁の感想を喋りたいと思います~♪

utsusemi_0.jpg 

久々の新作発売日特攻だー\( 'ω')/
個人的には結構面白かったなと思う初回プレイの感触です。

プレイ時間がおよそ8時間程でGOOD EDを取り終えていたかな~?と思うんですけど、EDが多いのと途中経過の部分や後半以降が違ったりする√シナリオで、どのEDを取りに行くのも結構楽しかったなと思います。

ストーリーなんですけど、ちょっとややこしやぁ~なんですが…。
この世界には灯巌門と湖巌門があるんですが、灯巌門(ひがんもん)というのは死者の魂が死の国へ向かう時に通る道で人が守る門、湖巌門(こがんもん)は死の国で受け入れて貰えなかった魂が戻ってくる時に通る道で鬼が守っている門です。
ちなみに湖巌門の方は確か戻ってくる魂は妖魔的なのになって出てくるので、鬼が穢れた魂を討伐している…って感じだったはず!←(笑)

主人公の天音は人間で代々灯巌門を守る祈女の家系なんですが、スタートの時にお婆さんから祈女の役目を引き継ぐ所から始まります。
天音は灯巌門の様子が数日前からおかしい事に気付きます。

灯巌門がおかしいという事は湖巌門にも同じような事が起きているのではないか…という事や、この状態を良くするには人の力だけでは解決出来ない事を知り、湖巌門を守っている鬼の里へと旅立つことになります。

しかし、人と鬼の間には大きな溝があり、スムーズに協力しましょう…とはいかないのです。

鬼の里へ行った天音は、そこで初めて人が恨まれているというか全く受け入れて貰えない事を目の当たりにします。
鬼と人が協力する未来があるのかどうか…。

という感じで、天音は祈女として変わっていく中で人と鬼の関係を良い方向に導く事が出来るのか…そして恋を言うものを知って……いきます(*ノωノ)

ちなみに初回の魁だけを終わらせても知りたい真実というのは、あるキャラの√に行かないと分からないのかな~?って所があったり、魁√では放置されたまま出てこない知りたい部分とかもあるので、全て終えないと全貌は見えない系ですね。

天音がわりと大人しい子なのと、恋愛もストーリーもサクサク~っと行く感じでは無く、一歩進んで二歩下がる方式なので、普段はそこまで山あり谷ありでもないので人によってはダレるのかな~と思います。
私は特にそうゆうのも無く、終始夢中でプレイする事が出来ました!
鬼側と人側がお互い良く思っていない所から、少しずつ変化していく過程だったりとかもそうなんですけど、“恋愛”という部分も中盤まではあまり見えなかったんですが、いざそれが出てくるとニヤニヤしてしまう展開で楽しかったです。

ただ、恋愛色が出て来てからの展開がわりと坂道を転がる様なゴロゴロ~‼って感じなので、ストーリーが地道に進んだ分、私としてはそのギャップが良かったかな~とは思いますけど、多分置いてけぼりになる感じに…なっちゃう人もいるのでは?と思いました。
展開が一気に急に進んだような気もします後半だけ(笑)

心配していたミニゲームなんですけど、制限時間内にコマンド入力すればOKってやつなので簡単でしたよ~♪
前半は〇/△/□の三つだったのが、後半になると×/←/→が追加されてドキドキしますが、間違えても時間内に入力すれば大丈夫なので、スリリングだったけど難しくは無かったです!
で、一周目に全てやると他ED回収時には、成功か失敗かが選べたので最初に頑張れば大丈夫なのも楽ちんでした。

既読スキップ&巻き戻し、選択肢までスキップという機能もありますので周回が楽かなと思います。
でも、多分なんですけど…選択肢スキップは未読も飛ばしている気がしなくもないので、あんまり使っておりません。

キャラ同士のやり取りも多くありますし、全体的にちょっとシリアスな雰囲気が強めかな~と思うんですが、合間に和むシーンもあるので飽きないでプレイ出来たかなと思います。

そしてクライマックスにはなかなか興味深い展開となるので、その辺も面白かったです‼
初回だけだと分からない部分も多いので、ちょっと物足りない感じになるかもですが、先に進むのが楽しみになる感じですね!

私個人的には妖魔?ですかね…あの怖い奴!あれが出現した時の声がすっごい嫌だったー‼w
奴らの声だけボリューム下げたい位いちょっと嫌だったんですけど、その他は特に表現とかも苦手な部分も無かったかな。
声にならない声って感じなんですけど、何か不気味で凄く嫌だったんですよね(笑)

あとは、全体的なイラスト・世界観ともに雰囲気が出ているなと思いました。
内容的にいつだったか分からない時代から出来てしまった人と鬼の間の溝が、なかなか良い方向に向かわないんです。
人側と鬼側ではお互いが門を守り、人は鬼がいなければ妖魔を退治する事は出来ないし、鬼は人の助力が無ければ討伐する事が出来ない…という持ちつ持たれつの関係なのに、お互いがお互いのせいで~とか、相手に歩み寄る事をしないんです。

基本モブ鬼やモブ人が割と引っ掻き回している印象なんですけど、当主やそれに関係する人たちがうまくいきそうでも、周りの人達や近しい者の理解が無いと難しい…という流れなのに、奴らが引っ掻き回す回す(笑)
そういったちょっと雰囲気的にドンヨリ…とまではいかないけど、若干幸の薄そうなというか(笑)物語の雰囲気がそこかしこから感じられたなと思います。

鬼側と人側の村の雰囲気とかも全然違ったりするので、背景を見るのも何だか楽しかったですよ!

そろそろ魁の感想に行こうかなと思いますが、きーやんの鬱っぽい時の声が凄く好きだった魁√でした~\( 'ω')/

utsusemi160x300_01.png 

↑いつもと趣向を変えて縦長Ver.を引っ張ってきました!
キャスト名も載っていたので、こちらを選んでみた(*´▽`*)

魁は鬼の長で、遥か昔湖巌門を作った人の末裔です。
ちなみに灯巌門を作った人の末裔が天音です。
恋愛の流れは上記の様な部分も絡んでくるので、メインヒーローとヒロイン!って感じの展開だったけど面白かったですよ( *´艸`)

魁との出会いは鬼と人…という所で、カナリ最悪からのスタートなので私的には結構ツボな恋愛展開だったかな~と思います。
マイナスからのスタートの方がやっぱり相手の変化が凄く良い感じですし、魁なんて鬼で最初ブリザードも良い所なので…。
信頼関係が少しずつ出来ていって、恋愛に変化していくので面白かったです。

最初はとにかく人である天音に対して良い印象を持っていないので、対応の仕方も雑…というか泰臣曰くあり得ない対応です。
打ち解けていくまでの経過も丁寧だったと思いますし、時間がかかった分だけその後がニヤニヤ出来るポイントが多かったように思います。
溝がある分面白かったと思えるシーンが多かったなと(*´▽`*)

しかも鬼だけど非情ではないお方なので、信頼してからの魁がクソ可愛いんですよ(n*´ω`*n)
最初のブリザードがあったからこその、酔っぱらった時の素直な感じだったりとか膝枕イベントとか暗闇でキャッキャニヤニヤしちゃいました~(*ノωノ)
ツンデレさんなのかな~?ちょっとそんな匂いがする人だったんですけど、長としての皆を引っ張っていく感じとかがカッコよかったりするので、なかなか素敵な人だったな。

ここに来るまではちょっと長かった分、楽しめる部分も多々あると思いますよ!

ただ、恋していると気付いた後ですね…。
そこからの展開がアレ!?もうそこに行く!?って感じがしますが、これも何だか雰囲気に含まれている仄暗さみたいなものと、妖艶さが合っていたのであまり気にならずにプレイ出来たかな。
終わってみたら「あ、やっぱり早かったんじゃないの!?」と思ったりもしますけどね(笑)

物語の展開もずっと人と鬼が協力するまで…にばかり目が行くし、そこの内容をガッツリ描いているので…まさかまさかの展開が後半に詰め込まれていて、最後に近づけば近づくほど夢中になってしまいました。
何度も言っていますが、この辺についてはここでは全てが明らかになっているわけではないので…あまり語るのはやめておこうかなと思います。

で、私が凄く推したいのは各EDですね。
幸福EDは勿論良かったんですけど、悲恋・狂乱・禁断どれも面白かった。
個人的には激しく推すのは狂乱なんですけど、も~ね‼魁の瞳に闇が浮かんだ時のきーやんの喋り方が、魁が天音を離したくないと思っている気持ちが間違った方向にいっている感じが凄く出てるんですよ‼
それが堪らんかったんですよね。

内容も各EDに分岐する過程からの流れが異なってくるので、どれを取りに行ってもボリューミーだし満足でした。
もっと色々喋りたい事があったんですけど、私…プレイするのに夢中でメモするの忘れてたんですよね( ;∀;)
なので細かい部分がパッパッと思い出せない…。

あ、でもおきつんの従者はなかなかのナイスキャラでした!w
天音大好き従者なので、魁とイィ雰囲気になりそうだと邪魔して来たり…紫月丸さんが迫ると邪魔して来たりと…
生真面目故の面白さがあったので、個別ではどーなっちゃうのかなぁと楽しみです。

ザックリになってしまっていますけど、初回は好感触でしたよ~\( 'ω')/というのが伝われば良いでしょうか(笑)
それぞれのキャラに秘められているであろう“何か”の伏線も満載で、周回が楽しみになる作りというのも私的には高ポイントでした♪

ではでは、お次は誰に行こうかな~(*´▽`*)ワクワク
本日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました~(/・ω・)/



明日はテーピングしてマリンスタジアムに
行って来まーす\( 'ω')/
ぴょんぴょんしないように気を付けないと…
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします( *´艸`)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言