こんばんは!(^◇^)

今日は朝から大人しく引き籠っておりました!
まずは、昨日のちょびっと乙女会の雑談にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもありがとうございました( `ー´)ノ
本日も更新の励みとさせて頂いております!┏○ペコ

二世の契り本編が終わり申した~(*´▽`*)
やっと…やっとお目当ての勘助までプレイする事が出来て、とても満足でございますです‼

この流れで既にFDに入ろうか…というかプレイしているんですけど、まずは本編の残りキャラとまとめ感想を喋ろうと思います。

nisei.jpg 

早送りが大変だったー‼(笑)
これ、それぞれキャラごとに個別部分は同じ道筋で進むキャラがいたり、後半4人目以降になってくると前半に攻略した誰かと被ったりする部分があるんです。
でも、既読スキップにならないのですよ( ;∀;)

なので、同じ内容なのに飛ばせない…というのがどうにも眠気をさそいましたが、内容としては想像していたよりも面白かったです。
攻略対象キャラによってEDの迎え方がそれぞれ違うんですけど、うまく言えないんですけど…過去に飛ばされた主人公視点で考えると、ありがちなその時だけで言えば“幸せ”ではないという流れがあるというか何と言いますか…。
流れを変に捻じ曲げずに向かえるEDがあると言いますか、まぁそうゆう事です(笑)

なので、終わり方がファンタジー過ぎない感じだったり、ただハッピーエンドに持っていけば良いという感じでもない…という所もあって、個人的には楽しめた作品だったなと思います。

初周では分からなかったことが、2・3周目以降から√シナリオが加筆されていたりして、周回する事で分かってくる部分というのもちょこちょこあったので、そういった部分も周回する中で楽しめた内容かなと思います。

プレイ前に心配していたおじ様組の攻略ですけど、なかなか楽しかった!
おじ様2人が以外にもキュートな部分などもあって、意外とイケた自分が面白かったです。
主人公の年齢的にも、恋する乙女である真奈の方が積極的になるので驚きもしましたが、それはそれで良かったのかなと思います。
刀儀さんの場合は年齢が離れすぎている気もしますが…(笑)

でもどのキャラもそれぞれに楽しめましたよ!
今回攻略順は以下の様にプレイしました。
暁月→翠炎→秋夜→雅刀→弥太郎→刀儀→Normal ED(瑠璃丸)→勘助 といった順番です。
個人的にはこの順番で良かったな~と思いますが、初回はどうしても描かれていない部分というのがあるので、サクッとしているように感じるかもですね。

でも、進めて行くごとに見えてくる部分が増えたりしますし、暁月は結構キャラ的にも一番何もない…というか、癖のない人なので余計にあっさりに感じてしまったのかなと思います。

ちなみに本編を終えてみての好きなキャラは

1 勘助
2 雅刀
3 秋夜
4 翠炎・弥太郎・刀儀・暁月(瑠璃丸)

って感じでしょうか。
勘助は不動の一位ですねー‼
もう始まりから好きにならない要素が無かったです(笑)
プレイ前に「りな子さんは勘助だよ」と暗示をかけられた気もしますけど、チー様ポジションでちょっ似ている…。更に眼帯というアイテムと来たら、そりゃ好きになりますわ(*ノωノ)

お次は雅刀!
普段はドライで冷静な感じなのに、アワアワしたり拗ねたりとにかく可愛い髭野郎でした(≧∇≦)
しかもこの人の√シナリオもなかなか面白かったし、私は結構好きです(*ノωノ)

お次は秋夜。
とにかく可愛いので秋夜の√で、彼を見て頂きたいです!
恋をした自分を病だと思い込むのも全てが可愛かったです( ^ω^ )

それ以降のキャラは同じくらい好きです!
先に言っておきますけど、これは手抜きじゃないですよ[壁|_-)
暁月とか初回攻略時はあっさり感が否めませんでしたが、他√での彼の活躍とかあやつも可愛かったな~とか思い出す事があるのです。

そして、その流れでの翠炎。
個人的には津田はんのお声にウハウハしてたんですけど、優しいキャラなので萌えでは無かった…。
だけど、この人の√は他√での展開をそのまま崩さずにEDに向かうというシナリオ展開で、個人的には凄く面白かった‼
翠炎の優しさがその後の部分にも出ていて、とても良かったなぁと思うのです。

おじ様2人に関しては、思った以上に可愛らしいお方たちだったので最下位には出来ないんです(笑)
FDでもなかなかの活躍をしてくれる…とお聞きしたので、密かに楽しみにしている程です( *´艸`)
私ものすごい年の差でも意外とイケたんだな…。

瑠璃丸くんに関しては、恋愛がどうのではないんですけど、彼なりに真奈の事を想う気持ちとかがとても癒されました(n*´ω`*n)
可愛い弟って感じなんですけど、お猿さんと瑠璃丸くんのコンビが可愛かったです。

ってな感じで、本編の方はこんな感じに…。
全体的には早送りが出来ない分てこずった部分もあったんですけど、同じEDの迎え方では無かったのが楽しめた要因かなと思います。

作中でもタイトルとなっている『二世の契り』について、各√で触れられているんですけど、私は後半の攻略キャラになればなるほどその部分が濃くなっていったかなと思います。

ではサクッと残りのキャラの感想を…。

◇小島弥太郎(てらそままさき)
yataro02_na.jpg

少し前にもお話ししましたが、このお方38歳です(笑)
真奈との年の差を考えても、この人と恋愛…?はて…?と思っていたんですけど、真奈ちゃんの方が少しずつ弥太郎さんの事を知りたいと思うようになって、わりと恋心はとんとん拍子に育まれていったかなと思います。

シナリオの展開的にも弥太郎さんの過去の事を知っていく中で、真奈ちゃんが謎のモヤモヤを抱える…という所から発展していくので、思っていたよりも違和感が無かったです。

この“弥太郎さんの過去”の部分が彼の行動に随分と表れていて、途中真奈の事を大事に想う気持ちからなのか、とにかく過保護すぎる程の過保護っぷりを発揮します。
でも、弥太郎さんが真奈をどう思っていてそうゆう行動に出ているのか…というのが全然分からないので、真奈ちゃんがその行動にモヤっとするのも納得できる気がする。

相手は大人ですし、真奈よりも人生経験が豊富なのでその真意は最後の最後まで分からず仕舞いなんですけど、真奈ちゃんの方が肝が据わっていてなかなか面白いコンビなんじゃないかと…(笑)

弥太郎さんは無邪気な子供がそのまま大きくなっちゃったって感じの人なので、可愛さというのが垣間見える人なのも良かったかなと思います。
EDの時の弥太郎さんなんて、意外に男を見せて来てなかなか…でしたし。

何度も言いますけど、意外に楽しました(笑)

◇刀儀兼久(大塚明夫)
kanehisa02_na.jpg

↑見て下さいよ!
もはや見た目がおじいさん…とも言えるようなビジュアルのお方です。
この方は軒猿のボス、先代頭目で暁月達の師匠的存在です。

もう他の軒猿達の目指す人って感じなので、寡黙で厳格という言葉がぴったりな人です。

刀儀も弥太郎もなんですけど、やはり大人組なので悲しい過去的な物を背負っております。
更に言えば、自分の立場を理解しすぎていて逆に辛そうというか何というか…そういった所も、相手を想う気持ちが自分の中に芽生えているのを見てみぬふりする所なのかな~と思います。

あ、こちらも激しい年の差恋愛なんですけど、何か普通に展開してました(笑)
勿論真奈の方が相手を知る中で惹かれていく…という感じなんですけど、刀儀さんの場合は彼自身も真奈の事を少なからず想っている風なのに、軒猿という立場上それを認められない…って感じですかね。

見た目的にもいつもどっしり構えているような感じなのに、小さな動物が苦手という一面もありまして…。
主人公にいつも張り付いているシロという生き物がいるんですけど、シロは刀儀さんに好かれているのを恐らく分かりながらも寄っていくわけです。
で、あるシーンで刀儀さんの顔面にベシッと張り付くという事件が起きるんですけど、それが文章の身でしか表されていないのが残念でなりませんでした…。
出来る事なら顔面に張り付かれている刀儀さんを見たかった( ;∀;)

この刀儀さんが動物が苦手だというのにも、ちゃんと理由があるんですけどね…。
その辺りも刀儀さんが真奈を愛しいと思ってしまっても、自分が持ってはいけない感情だと抑える部分に繋がっていたりするので、ちょっとヤキモキした部分でしたね。

でもやっぱり、小さい動物相手にいちいち固まる刀儀さん…可愛かったです(笑)

◇山本勘助(櫻井孝宏)
kansuke02_na.jpg

来ました\( 'ω')/
勘助さんは最初から、何かある!としか思えない登場だし、他√での絡みを見ていたら色々分かると思います。
それらがここの√で全て明かされると言った感じでしたね。

彼自身は真奈を自分の元へ連れてくるために、軒猿から奪いに来る…という薄〇鬼でもお馴染みの展開がちょくちょく出て参ります。
真奈も勘助の事を知らないはずなのに………って感じで、自分でもよく分からないと思いながらも、勘助の事が気になるんですよ。

勘助√では今まで同様に戦が起こったりとかもするんですけど、一応敵になるのでね…。
展開はちょこちょこと異なる展開をしつつも進んでいくという感じでして、今までとはまた違った感じで楽しむ事が出来ました。

真奈が勘助と話をしたり相手の事を知りながら、自分の中にあった分からない部分というのを知っていくんですけど、勘助の事をどう思っているか?それが自分の気持ちなのかと悩みながらも、彼に惹かれていくというのが私は楽しかった~\( 'ω')/

しかも勘助の優しい喋り方がこれまた…(*ノωノ)

EDはBADとGOODがあるんですけど、私は先にBADを取りに行ってみたのですよ。
素晴らしいBADでしたよ[壁]_☆)キラーン
勘助の彼女を想うが余り選んだ道が…、どれほど相手を想っていたかがよ~く分かる終わり方だったなと思います!

GOODの方も、ただ真奈と勘助が幸せになるという終わり方ではなく、真奈も勘助の事が好きだからこそ選ぶ道と、勘助も真奈が好きだというのを示す為のEDというか何というか…(笑)
とにかく2人が両想いになった終わり方でした。

しかし…ちょっと妄想したんですけどね。
勘助のあのスタイルの人がもし現代にいたならば…。白髪で眼帯とか、どう考えてもコスプレのお方か中二的匂いのするかだと思われそうですよね(笑)

と、これにて二世本編の感想は終わりとなります。
集中してプレイしていれば恐らくもう少し早く終わったんだと思うんですけど、これにてようやくFDへと進む事が出来ます!

明日からは二世のFDの感想となりますので、宜しくお願いしますです(*´▽`*)
では、甘い世界へと旅立って来ます\( 'ω')/


本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました┏○ペコ


今日はさすがに扇風機だけでは溶けてしまう…
って事で、快適に引き籠りライフを堪能してます!
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは┏○ペコ

まずは昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さ紗いましてありがとうございました!
本日も、とても励みとさせて頂いていおります♪(゚∀゚)

さて、本当はガルスタの感想を喋りたいところなのですけれども、会社近くの本屋さんに無くてですね…。
私がいつもビズログとかガルスタの置いてある所で棚を凝視して本を探してたら、おそらくお仲間っぽい人もジーッと棚を見てました(笑)

でも無い…‼

なので私もその方も、本屋さんを後にしました( ;∀;)
いつも「アプリばっかりだー!」とか言っていたけど、結局読もうとしている自分(笑)
明日はちょいとお出かけしてくるので、その時にでも本屋さんあったら見て来ようかなと思います。

そして二世の契り絶賛プレイ中なのですけど、昨日から弥太郎さん√に入りました!
しかし終わっていません(笑)

ちなみに弥太郎さんはこの方↓
yataro_naka_180x150.jpg 

ムムム…なかなか渋めなおじさまです(笑)
弥太郎さん√で発覚したんですけど、この方38歳なんだそうです。
私は38歳って聞くと特に何も思わないけど、真奈ちゃんからすると彼女16歳なので…22歳差ですからね。
弥太郎さんってばなかなかのロrゴホッ。

いや、でも弥太郎さん凄く過保護だし真奈ちゃんを可愛がっている感じではあるけど、恋愛対象として見ている感じが今の所決定打が無いかんじです。
気に入っているような…大事にしているような感じは無くはないんですけどね。

今クライマックスに向かって進んでいる途中なんですけど、ちゃんと真奈ちゃんが弥太郎さんの事を恋愛的な意味で好きになりかけていて、こっちまで弥太郎さんが可愛く見えてくる始末です。
最初は「えー!ただのセクハラオヤジじゃないかww」とか思ってたんですけど、なかなか可愛い所のあるおじさまでしたよ。

って事で、感想はまた改めて書こうと思いますので、今日はとりあえず終わっている雅刀の感想だけ喋ろうと思います。
ちなみに雅刀、素敵でしたー(*ノωノ)クフフ…


◇雅刀(前田剛)
masato02_na.jpg

渋い!かっこいい!!(〃▽〃)

最初は、あまり多くを語らない口数少ない感じと、真奈と距離をあまり縮めないようにしているので、ちょっとだけ冷たい印象です。
しかし彼の事を知って行くと…というか途中で『もしや⁉』と思う出来事が起こって、恐らくこの√での一番の吃驚事実を知ると、雅刀√の面白さが一気に増すかなと。

しかも不愛想でぶっきらぼうなので、取っつき難い感じの癖に実は頼り甲斐があると言うか面倒見が良いと言いますかですね…。
現代に帰りたいと思う主人公の気持ちが沈んでいると、話しを聞いてくれたりしちゃう訳で…お兄さん気質な感じなんですよね。
分かりにくい優しさだけど、包み込んでくれる感じなんです。
常に落ち着いいている感じで、声のトーンとかもあるんでしょうけど何か素敵なんですよ(笑)

更にこんな不愛想な雅刀の事を、「真奈がこの時代に来て真奈と一緒にいる雅刀は子供っぽくなった」と周りの仲間から言われるんですけど、感情が表に出るようになったからそう見えるんだとか…。
確かに、何故か怒ったり時には照れたり、結構忙しい奴だなと思いました。
でも何してもやっぱり渋く見えてしまうので、顎髭のせいだろうか(笑)

シナリオ的には一番ファンタジックな感じではあったけど、自分に居場所が無かったという雅刀が軒猿になる事で、初めて得るものはあったのかと思うと良かったようなちょっと寂しいような…。
軒猿達の育ての親の様な感じで登場している、刀儀と雅刀の関係性がよく分かるとあるシーンでは切なくなるけど、この辺も雅刀√の見所かな~と思います。
軒猿という人たちは孤独なんですけど、その中でも絆みたいなものが描かれているので面白かったなと思います。

雅刀もEDがHAPPYとGOODと2種類あるんですけど、俄然HAPPY推しですね(笑)
何というか軒猿という立ち位置だからこそ、全体的に暗さとまではいかないけど切ない感じがそこかしこにあるので、幸せになってくれた方が安心出来る感じです。

恋愛の進展の仕方も雅刀が軒猿だから…という理由だったり諸々で、すぐには自分の気持ちや真奈の想いを受け入れたり出来ないんですよね。
なのでちょっと遠回りをしてしまうんですけど、真奈と雅刀がお互いを想うからこその願いというのが異なっているので、その辺りがちょびっとだけもどかしい感じでした。

何度も言うけど、雅刀渋くてカッコ良かったです(゚∀゚)

って事で、感想はサクッと終わってしまいましたので最後に雑談を。

久々に、今月から毎月2本ずつ位いゲームを購入する感じとなっております\( 'ω')/おぉ~…

最近月に数本購入する事が無くなってきていますし…
7月~9月は月に2本ペースって感じなので、久々に新作の発売日特攻が出来るのでちょっとワクワクしております(n*´ω`*n)

購入予定にはしていないけど、気になっている物もいくつかありますので余裕があったら買うかも?って感じです。

しかし一時期の様に新作を手あたり次第買う…というのが無くなってきているので、(中古は買いまくっているけど…)月に購入する本数も減ってきているかな~と思います。
重なる時はガッと重なって困ったりしているけど、無い時は本当に買うものが無いんですよね…。

最近ではなかなか引き籠りゲーム日を作れていないので、そうゆうのもあるんでしょうけど( ;∀;)
とにかく積みゲー増やしてばかりいないで、崩さないとなので購入物が少ないのは良い事なのかも?

このブログも開設してからもうすぐ二年目を迎えるんですけど…、恐らく私の乙女ゲープレイ歴も二年半とかそんな感じです。
その間に色々と好みが固まったりとかもしてきているので、変化しているんだな~と改めて思いました(笑)

それでも買う事はやめる気は全く無いので、やりたくなくなるまでは楽しむと思いますー(●^o^●)

そして、明日はブログお休み致します!
朝からちょいと用がありまして出かけるんですけど、夜は初の東京ドームに野球観戦に行って参りますので…[壁|_-)
明後日にはまた参上すると思いますので、しばしのお別れでーす(/・ω・)/(笑)

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪


サングラスが壊れたので買いに行きました。
半年に一回はメンテナンスに来て下さいね(*´ω`)
と、病院の先生みたいなことを言われました(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~!┏○ペコ

まずは一昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~!
本日も大変励みとさせて頂いております\( 'ω')/

この暑さと毎日、どっかしらの時間帯でバタバタとしておりまして、お疲れです( ;∀;)
もう本当洋服着たくない‼(笑)
汗かいて布がピタッとする感じとか嫌だ―ヽ(`ω´*)ノ彡って感じで、毎朝服を選ぶときに常にタンクトップを選んでしまう私です…。
服着なくても服着てるように見えるやつとか、誰か開発してくれたら良いのに(笑)

さて、実は忙しいながらもゲームは進めておりましてですね…。
今4人目の雅刀を始めようかな…と言う所です。
実は雅刀、今までの√で対して関わっても無いし、特に出てくる場面も少ないんですけどね、寡黙な感じでちょっと好きなのです。
ちょっと大人な雰囲気を漂わせているあご髭さんなんですけど、雰囲気が素敵(*ノωノ)←

それと瑠璃丸にいつもくっついている猿が可愛いんです(*ノωノ)
「ウキッ」とか言うんだけど声も可愛いし、猿の癖に眉毛があるし…(笑)
とにかくすっごくキュートで癒されます( *´艸`)

とりあえず今の段階で終わっている3人のキャラの感想を喋りたいと思います(*´Д`)

暁月(近藤隆)
akatuki02_na.jpg 

先に進めてみて分かったんですけど、暁月√はわりと穏やかな内容だったかな~と思います。
展開的には翠炎暁月の2つの√をプレイする事で、スッキリ~な内容になっているんですけど、恋愛面としては暁月は王道な感じですかね。

それに初周では描かれていなかったシーンが2周目以降には加わているので、その分も含めて暁月の√はわりとアッサリに感じたのかなと思います。

主人公は現代からこの時代に飛ばされているので、この時代にそぐわない喋り方とかしているし、女子高生!って感じの子なので、時代背景との違和感が逆に面白かったなと思います。
割と気の強い…とまではいかないけど、大人しい子ではないので暁月とは口喧嘩を主にしている印象でした。

そこから変化していくんですけど、暁月は何だかんだとヒーローの様にいつも助けてくれるし、普段は優しさを感じられないけど、実は一番主人公の事を気にしているんじゃないか…ってくらい、他√での登場回数も多い(笑)
しかもお声が近藤さんなので、こちらとしては出てくる度に「あっ( *´艸`)」と思えて楽しかったです。

それと攻略キャラの中で唯一、序盤から主人公の事を名前で呼んでくれる人なので、なんかそれだけでドキッとしました(笑)
ちなみに主人公の名前は「真奈」
私の名前はどんなに頑張っても「真奈」とは似ていない…いや、字的には同じ字が入っているけど、どう頑張っても真奈ではない……。
でも、暁月が『真奈』と呼ぶと(*ノωノ)ドキドキとなっていたのが、何故なのか未だによくわかりません(笑)

お互い素直になれないという2人が、主人公の現代に帰りたいと強く思っていた気持ちから謙信を助けたいというのに変化したり、暁月自身の過去に触れつつ彼に襲い掛かるある出来事が起きた時に傍で支えたりという感じで、お互いの相手に対しての意識が変化していくんだけど…。

私、ここでgoodEDを取らないとbestEDが見られないのを知らず、先にbestを取ったのです。
思っていた終わり方では無かったので、凄く衝撃的だったんですけど(笑)
よく見たら先にgoodを…と書いてあったので、good→badを回収して最後にbestEDを取りに行きました。

最後の最後まで、2人の恋愛模様は進んでいるのか進んでないのか、よく分からなかったんですけど(笑)
最終的には素直になれない2人がやっと素直になったー‼って感じで、幸せな終わり方をしていました。

今他2人の攻略を終えて思うんですけど、暁月だけがbestとgoodがあるんですね。
それにEDの迎え方も、乙女ゲーならでは!って感じの終わり方だったなと思います。


翠炎(津田健次郎)
suien02_na.jpg 

津田はん…(*´ω`)
この作品はとにかくお耳が天国な作品だな~と改めて思います。
翠炎は優しいお声の津田はんですよ[壁|_-)

何といいますか、私的には初回の暁月とは違った展開でとても面白かった‼
翠炎の√は、暁月√で起こる“ある出来事”と言う部分が共通しているんですけど、こちらではある出来事を翠炎側の視点から見ていくという感じですね。

この部分は暁月√では全てが明かされた訳では無かったので、翠炎の√もプレイして初めて全貌が分かるって感じの作りになっています。

そこに恋愛が絡んでくるんですけど、もう~何か切ないんですよぅ!(つд⊂)
自然と翠炎と主人公、2人で傍に居る事が増えていって、翠炎が主人公の事を好きになって行く過程とかも描かれているんですけど、好きになっちゃいけない…と思う反面その思いを手放せない的なー!!!
主人公の方は翠炎に惹かれていって、その気持ちを自覚してからは結構ストレートに気持ちを表している感じでしたね。

でもまぁ、だからと言ってスムーズに恋愛関係になれるわけではないんですけど(笑)

戦がどうのこうのって部分と翠炎の出来事が同時進行で起きるんですけど、もはや私は戦どころではないです(笑)
どうなっちゃうのか…ハラハラしながら進めてしまいました。
暁月の√と同じ進み方をするのならば…それは…(-"-)…。

って感じで、翠炎√はEDまでガッツリ楽しめましたよ!
EDの迎え方も幸せだけどちょっと切ない…って感じで、そもそも√展開が切ない感じが盛り込まれているので、個人的には面白かったです。


秋夜(前野智昭)
syuuya02_na.jpg 

秋夜が可愛かったです。とても…。
シナリオ的には翠炎に引き続き、切ない展開で『どうなっちゃうの、どうなっちゃうの…』と思いながら、最後まで夢中になっていました。

秋夜は薬師なんですが、多分恋をしたことが無かったんですね…というか、知識すらも無かったんですねきっと…。
主人公相手に赤くなったり、ドキドキしたりした事で自分が病気だと思ってしまう奴です。
『心ノ臓がおかしい……』という台詞を数回聞きましたが、聞くたびに可愛くてニヤニヤしちゃいました(笑)

基本的には無表情…と言いますか、あまり何事にも興味を示さない風なんですけど、赤くなったり慌てたり実は結構素直なやつなのかな~って感じで愛嬌がある人だったなと思います。
クッキーを無言で食べ、いつもの秋夜からは想像できない感じでしたし(笑)

秋夜はあんまり色々抱えてそうな感じでは無いんですけど、“軒猿として”という気持ちが強いあまりに主人公への恋心をなかなか認められなかったり、素直に受け入れられなかったりしていました。
そのお陰でちょっと遠回りな恋愛展開になっています。

しかも、ここでは今までちょいちょいっとしか出てこなかった勘助が、出てまいりました~\( 'ω')/
というか、やっと主人公とまともにお話しする時間があったって感じです(笑)
秋夜√はこの勘助と、戦のお陰でとても寂しい展開だったり切なめな感じちとるんですけど、その分秋夜との恋愛面はそんなにモダモダせずに進むかなと思います。

ちなみに、勘助の手下みたいな奴が毎回敵となり立ちはだかるんですけど、一人麿みたいな眉毛の奴がいるんですよ。
そいつ、私嫌いじゃないんですよね(笑)
どいつもこいつも個性的なんですけど、敵側もなかなか面白いキャラ達が揃っております。

今の所、攻略した3人の中では秋夜が好きかな(笑)
こいつスチルになると何か渋いんですよね…。

そしてここからは、雅刀が終わったら遂に…おじさま軍団の攻略に足を踏み入れます(笑)
どんな感じになっているので、まさか恋愛するんだろうか…とちょっとドキドキですが、楽しみたいと思います\( 'ω')/

という事で、今日はこの辺で♪
最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~!┏○ペコ



↓こんな人どこかに落ちてませんでしたか?
見つけた方は下記まで…(笑)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(゚∀゚)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~♪┏○ペコ

まずは昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもくださいましてありがとうございました~‼
本日も更新の励みとさせて頂いております(^◇^)ノシ

いやはや…暑い…暑いです…。
昨日は夜に早めに帰ってきたんですけど、お風呂に入った後倒れるように就寝しまして、今日は朝からボケーっとしておりました。
部屋で大人しくしていても暑くて暑くて、『あづい~…』と言いながらゴロゴロし続けておりましたよ(笑)

という事で今日は昼間は大人しくゲームをしておりましたので、早速初回感想に行きたいと思います。
ちなみに、今日からは二世の契りをプレイしております!

PSPの作品でお借りしている物になるのですが、お借りした際に『りな子さんは櫻井さんのキャラが…』と言われたアレです。
帰ってすぐにパッケージをチェックしたら、櫻井さんのキャラは眼帯なんですよ!
実際にプレイしてみて、そのキャラが余計に気になっただけでした(*ノωノ)

初回は暁月を攻略してきたんですけど、何と言いますか…このゲームキャストさんが凄く豪華です。
誰が出て来てもキャッキャしてしまう、何とも楽しい感じとなりました(笑)

本当は暁月の感想も共に喋りたい所なのですが…( ;∀;)

わたくし今月は予定通り色々と動かなければならず、夜はちょいと出かけなければなりませんので、ブログを書くのにも時間が!(TwT。)うぅぅ…
って事で、今回は初回の全体的な感想だけサックリと行こうと思いますので、お付き合い頂けたらと思います┏○ペコ

ではでは、早速感想にいきたいと思います!

nisei.jpg 

内容としては恐らく、よくありそうな物語なんですけど、現代では普通の高校生だった主人公がある日突然戦国の世に飛ばされてしまう…という始まりです。

主人公の飛ばされた先は、後の上杉謙信となる上杉政虎の元なんですけど、その政虎を助けて欲しいという言葉と共に過去に飛ばされた主人公と、主人公の事を毘沙門天の使いだという政虎。
政虎自身も主人公が何者なのかと謎に思いながらも、彼女を傍に置き軒猿衆に警護をさせます。
その軒猿衆が今回の攻略対象になっているという感じです。

現代で何不自由なく平和に過ごしていた主人公が、戦国の世に来た事で知る事だったり、考え方が変化していくという感じでしょうか。
軒猿衆という人たちの生き方だったり、彼らと絆を深めていく事で主人公自身も成長いていくという感じになっていました。

基本的にはわりと全部がざっくりという感じで、戦いとかも一応あるんですけど、薄桜鬼とか十鬼の様にそこが大きく描かれている訳でもなく、恋愛面も結構微糖な方かな~と思います。
初回プレイ時間も7時間とかで、全7章とかでそんなに章ごとも長くないかなって感じでした。

それでですね、私初回の暁月のハッピーエンドを取りに行ったら、オトメイト作品では考えられない終わり方をしたんですよ!
『えっ!これがハッピーエンド!?』みたいな(笑)
あまりにも驚いてお貸ししてくれた方にすぐメールしてしまったんですけど、その後GOODを取りに行ったら普通に幸せでした。
何かおかしいと思ってちゃんと見てみたら、暁月はGOODを取らないとハッピーエンドは見られない作りだったみたいです(笑)

騙されたー‼と思いました(笑)
むしろあんなハッピーエンドだったら、消化不良だけど新鮮でこの場で面白い‼ナニコレ!ってなっていたと思います。
なんですけどその反面、ちゃんとハッピーEDがあった事で幸せになれて凄く安心した気持ちもあるんですよね~。
本当普通にハッピーエンドがあって良かったと、心の底から思ってしまいました(笑)

ちなみに暁月はEDが3つありましたが、今二周目をプレイしてる翠炎はハッピーのみとなっていました。
なので、キャラよってEDの数が異なるのかな?と思います。

キャラクターもなかなか面白くて、敵側も味方側もなかなか面白いキャラ達です。
先ほども言いましたけど、とにかくキャストさんが(私的に)豪華です!
それだけで結構楽しみながらプレイ出来るかなと思うんですけど、物語の作りも個人的には良い意味であっさりしているので飽きないです。
わりと過去作品をプレイしている時に私に襲い掛かるのは、内容がダラダラとしてしまってなかなか進まない事で起こる眠気…(=_=)
面白い、楽しいと思いつつプレイしていたとしても、途中で中だるみするから絶対眠くなってしまうんですよ。

しかし、1つのゲームとして感想を述べると、多分掘り下げとか足りないとか全てにおいてサラッと触れて進んいくような感じに思うので、ムムム…と思う部分もあるんだと思うんです。
だけど、私的にはダラダラ感が無い事で、中だるみせずに楽しめたなと思います。

恋愛面は何と言いますか、思ったよりもあっさり感があります。
十鬼の時と同じ感じなんだろうとは思うんですけど、攻略対象との恋愛というよりも主人公の成長とか、政虎に起こる出来事だったりとかの部分がメインになっている感じなので、攻略キャラとの距離だったりとか好きだと思う部分はそこまでガッツリって感じでは無いかなと思います。

ただ全く描かれていないわけでは無いので、物語に合った微糖さだと思います。
相手がどうのというよりも、主人公の方が相手を好きだと意識して、そこからの…って感じでなかなか可愛かったですしね。

わりと主人公も現代っ子な感じのまま、過去の時代に来ているので何といいますか…凄く自由な子でした(笑)
相手に恋をしていると意識した後に、よそよそしくなってみたり、でもまだ恋の始まり…って感じなので、恋愛展開がガッツリあるわけでもなかったり。
その辺のバランスは内容的にも丁度良かっのかなと思います。

しかし、今回FDと共にお借りしているのでそちらがどうなっているのかとても楽しみです~( ^ω^ )

思っていたよりも、プレイ時間がそこまで長くならなかったのでプレイしやすかったです。
過去のオトメイト作って初回に結構時間がかかっているイメージだったんですけど、そんな事も無く…。
サクサク進められそうだなという印象です!

ザックリ感想になってしまいましたが、次からは各キャラの感想を喋れたらなと思います♪
明日は昼間からこれまた行動しなければ…なので、ゲームをする時間があるのかどうかわかりませんが、来れたら来まーす\( 'ω')/

毎日何かしら喋りに来たい…と思っているので、ゲームをプレイしなくても来ても良いかな| |д・) ソォーッ… 
早く落ち着いて、またゲームとか感想とかじっくり書きたいですー‼( ;∀;)

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました!┏○ペコ



普段はビール飲まないんですけど
昨日は球場のいつも買う可愛いお姉ちゃんから
ビールを買いました。
あの暑さだからか『うまーい‼』と感じた
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言