FC2ブログ


こんばんは~\( 'ω')/

まずは昨日のガルスタ感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪
本日もとーっても励みとさせて頂いております(*´ω`)

今日はお休みらしく一日何もしないで過ごしましたよ~!
後半はお出かけ三昧なので、今のうちにダラダラ何もしないで過ごそうと思い引き籠ってました~。

天気も良かったので窓を全開にして、ゴロゴロとゲームをする…。
なんて最高な休日なんだ\( 'ω')/ワッフ~イ

って事で、無事に花朧トロコン致しましたので、今日は信長感想とまとめ感想を喋りたいと思います~♪
まずはまとめ感想から…。

hana_saito800.png 

今回私はあらかじめお勧め攻略順を聞きプレイしてきましたが、その順でプレイして良かったなと思いました~。
半兵衛の感想でも言いましたが、彼は信長以外のキャラで一番最後に回すのが良いと思ったし、一番最後の信長√でも今までプレイしてきたキャラ達の気になる言動諸々も、既に通ってきているので「アレのことだな…!」とか思いながら進められますしね。

この作品、凄く不思議なんですけど…。
今、やっていない方に向けて激しくお勧めするか…と言われたら、ムムム…と悩むところではあります。
だけど、つまらなかったかと言われたらそうじゃないんです。
キャラによってはムラがあったんですけど面白かった√も勿論ありますし、一番最後に物語に深く関わっていたサブ達視点の“あとがたり”というのがあるんですけどね。

そのあとがたりを見ると「面白かったー!(気がする…)」ってなりました(笑)
各キャラのEDに関わったサブの行く末だったり、その後のお話しだったり内容は様々なんですけど、アランと光秀のあとがたりがとっても好きでした。

主要攻略キャラも素敵だと思うんですけど、各√に関わってくるサブというのが本当に良い味を出していて、彼らの物語がより面白くしていたんじゃないかなと思います。
主人公と攻略キャラだけの物語ではないので、最初はちょっと複雑に思える部分もあったりしたんですけど、最終的には何だかんだと楽しんでいたなと思います。

長政なんて自分の√ではイマイチだったけど、他キャラの彼は良い奴だったりしているので、各キャラ自分の√だけでなく、他の所で魅力が出てきたりしてたんじゃないかな。

それと…ちょっとだけイラストが…。
横顔の時とか若干「これはどなたかな?」と思ってしまう時があったので、色合いとかわりと綺麗な感じでまとまっているっぽいのに勿体ないなと思いました。
でも何というか、凄く無駄にはだけているのが多かった気がするのは違和感なんですけど…。
その辺あんまり気になりませんでしたか?(笑)

市の性格とか物語の雰囲気、そうゆうのにはそぐわない謎の妖艶さみたいなものがたま~に出ていて、とても不思議な気持ちになったワタクシでした。

シナリオ展開は各キャラ感想で言いたい事を言っているので割愛しますが、物語自体は設定上最初は複雑そうに思えましたが、プレイしていくと結構シンプルな物でしたし、各キャラによって関わり方も異なるのでそこは良かったかなと思います。

市について分かる部分もキャラの√によって異なったりするので、全てのキャラをプレイして分かる部分というのもありますし、それを信長の√で締めるって感じですかね。

コンプしてみて思うのは個人的には常EDが好きだったなという事。
愛EDが一番幸せだし気持ちよく終われるんですけど、市や相手キャラの境遇等やこれまでに辿ってきた道筋的に悲しい結末だけど捻じ曲げていない感じで、私的には好きだったかなという素直な感想です。

ED数もそんなに多くないですし、システム的にも回収しやすかったので周回には時間がかからずに進められました!

ちなみにキャラなんですけど…。
凄く難しいです…本当に( ;∀;)
やっぱりキャラだけで行くと勝家とアランが好きなんです‼
でも、シナリオを含めてキャラの良さを考えると、信玄や半兵衛が良かったなと思います…。

ちなみに信長も拗らせ具合が嫌いではないです(笑)
途中ちょっと何がしたいのかよく分からなかったけど。

という事で

(アラン)
1 竹中半兵衛
2 武田信玄
3 柴田勝家・織田信長
4 浅井長政

って感じですかね。
残念ながら萌えたりというのは無かったんですけど、一番可愛い~(*ノωノ)とか心動かされたのはアランです。
これはあとがたりを見た後と、半兵衛の√をプレイすると分かるんですが、アランの想いに勝手に同調して切なくなったのは私です(笑)

半兵衛は一番ギャップがあって楽しめたキャラかなと思います。
市との距離の近づけ方も自然だったし、色々な障害がある中で半兵衛が変化していくのが面白かったし可愛かった‼

お次が信玄。
この人は大人な対応でありながらも、葛藤する姿が素敵でした!
√内容的にも面白かったし、今でも信玄の「おいで」が忘れられません。

そして勝家!
色々な謎を最後まで引っ張り続け予想外な展開だった勝家√ですが、やっぱりキャラ的にはこの人が凄く好きなんですけどね~。
何というか一歩何かが及ばず…でした( ;∀;)

信長様は思ったほど病み部類では無かったんですけど、ヘタレ具合では良い線いってると思います。
特にこの人の常EDが私はすっごく好きでした‼

長政よ…ごめんな(*´ω`)…。
他√では市の事を守ろう、助けようとしてくれるヤツなんですけど、友人でいましょうと思ってしまうタイプ。
すっごく優しいし、カッコいい所もあるのですがね!

って事で、この流れで信長の感想にいっちゃおうと思いますよ~‼壁|д´)

◇織田信長(谷山紀章)
hanaoboro_icon_02c.jpg 

信長様なんですけど、今までの√で市に対して過剰な程の過保護っぷりを見せつけてくるわりに、自分の√に入り、ある事を知った途端にガラリと変わってしまい肩透かしな感じでした(笑)

信長の√に来るまでに様々な真実が見えてくるので、こやつの√では一体どうなるのか…と思うんですけど、織田軍としての部分とか光秀たちが関わってくる所とか、今まで攻略してきたキャラ達に関わる所がそれぞれに出てくるのは面白かった。
光秀に至っては某√以外は触れられていないし、ここで初めて知る所もあるのでその辺りは個人的には面白かったんです!

でも、信長が何というか…想像していたよりも普通だったことにガッカリ感が否めませんでした(笑)

どちらかというと頑なな信長を市の方から近づいていって、解放してあげるというか…そうゆう感じなので、あの異常な過保護や執着はそんなにあっさりと無くせるモノなんだな…と…。
そこにある事が関係している…というのも、ここでは分かったりするので途中から市への対応が変わってしまうのも意味は分かるんです。
分かるんですけど、あっさり距離を取り市を戦の道具と見るようになって、そこからの恋愛…というのが何だかモヤモヤしました(笑)

信長のなかなか踏み切れないヘタレ具合とか、常EDを迎えた時の自分に向けられた気持ちを最後まで信じられずに、失う時に初めて信じれた感じとかは好きだったんですけどね…。

しかも私、一番ここの√の市にイラッとしてしまったのがいけなかったかなと思います( ;∀;)
今までもこの子が戦場に行くというのが「ん?」と思ってはいたんですけど、それでもイラッとしたりはしませんでした。
でも、信長の√では今まで一番覚悟が足りない、迷っているのに戦に出るというのが強かった気がします。

黒と玉が常に彼女を見守っているんですけど、彼らが渇を入れるシーンがあるんですけど…、その時に「この子は何がしたいのか…」と思ってしまいました(笑)
市には黒と玉がいてくれて本当に本当に本当~~~~~に良かったなと思いました。

終始モヤモヤとしながらのプレイになっていたんですが、信長の優しくしてくれる所だけは大好きだった私です(。-∀-)

そして、ここで一番グッと来たのが光秀と帰蝶様の所ー‼
今まで触れる事すらなかった部分なんですけど、市が自分の気持ちに気付くのが帰蝶様のお陰なんですね。
そこから帰蝶様とのやり取りの中で、市は何を守りたいか気持ちを固めていくんです。

で、そこに光秀と帰蝶様のお話しも交えてくるんですけど、彼らのスチルが一枚だけあるんです。
そこがすっごく良かったー‼
帰蝶さまってちびっこじゃないんだ(笑)と思ってしまったんですけど、彼女もまたこの乱世である恋物語を紡いでいたんだな…という感じで凄く良かったですよー!

他の感想でも何度も言っていますけど、ここに出てくるのは信長と市の話しだけではないので、その辺りが良いスパイスだったなと思います。

何だか短くなってしまいましたが、信長感想はここまで(笑)
色々と好き勝手言ってしまいましたが、結構自分的には楽しめました(*´ω`)

そして、既に新たな作品に手を付けていますが、勿体付けて今日は言いません壁|д´)
明日も引きこもる予定なので、ガツガツ進めます‼

ではでは、本日まで花朧の感想にお付き合い下さいまして、ありがとうございました~(∩´∀`)∩



今父ちゃんが居ないので母と二人…
夜ご飯を作っておいたら「私好みの炒飯だ!」
と娘を甘やかす母にニヨニヨするりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(〃´∪`〃)ゞ←
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはーヾ(o´∀`o)ノ
今日は夕方から飲みに出かけているワタクシ、なのでこの感想は仕事中にしたためたものになりますよ~♪

まずは、昨日の雑談にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました♪
本日も更新の励みとさせて頂いております!┏○ペコ

今日も一日どんよりとしたお天気でしたね~( ;∀;)
梅雨という名にふさわしいお天気だったように思います。

すっごくどうでもいぃお話しから始めますが、今日ちょっと早めに出勤したんですけどね。
いつもより2本くらい早い電車だったので、結構混んでいたのですよ!
で、一回乗り換えてからは降りる駅まで直行なので、途中で座れたので大人しくしていたのです。

そしたら何やらおかした動きをする男性が…。

私の目の前に座っていた若いOLさんもその人を凝視しています。
『やはりあやつ…何かおかしい…』と思いつつ、見ていたらばですね。
恐らくお腹が痛いのか…トイレがもう我慢できなくて限界なのか、漏れる寸前なのかって感じなんです。

おもむろに電車の継ぎ目の所に来て、手すりにつかまって前屈みになったり…。
更には私の座っていた席の、[私 空席 その人] って感じで、1つ開けて座って何かに耐えて居たり…。
しかも駅について降りようとするも戻って、また降りようとして戻って…ってのを2回やってたんですけど、こちらとしては『そんなに苦しそうなんだから、降りればええやないか!』って感じなのですけどね(笑)

結局降りずに、3駅先の大き目な駅でやっと降りて行きました…。

私賞味期限切れの物を食べたとしてもお腹壊したりしないし(←それもどうなんだw)、少し前の時みたいに油でどうこうならない限りヤバい事には滅多にならないので分かりかねるんですが、凄くヤバそうでした。
見ているこっちまでハラハラしてしまった朝の珍事件でしたよ。
あの方は無事におトイレに間に合っただろうか…。

と、どうでもいいお話しをしてしまいましたが、今日は竹中半兵衛の感想に行きたいと思いますヽ(^o^)丿
無事に信長兄の√に突入して、花朧も終わりに近づいておりますよっ!

では早速…。

◇竹中半兵衛(浪川大輔)
hanaoboro_icon_05c.jpg 

半兵衛√は兄意外の攻略キャラの中では、一番色々な事柄を突っ込んだ内容のシナリオになっていました!
なかなか面白い展開が続いたので、目が離せない内容だったかなと思います。

それと、半兵衛というキャラクターの√ですが、半兵衛の事だけに留まらず、半兵衛と彼の慕う道三様との事、市の事や市が小さい頃から共にいる黒や玉の事、アランの事、市と半兵衛に関わるある事についてなどなど、沢山の事がここの√には詰め込まれていました。
なので、半兵衛を信長意外のキャラの一番最後に推奨して下さり、最後にプレイして良かったなと思いました。

個人的には道三様と半兵衛の温かい関係性に思わずホロリとしてしまいましたが、今までで一番アランが大活躍している√でもあると思います!

ある時知ってしまった生きたいという意思の無い半兵衛の事がどうしても気になってしまう市が、少しずつ半兵衛と距離を縮めていくんですが、始めは「どうして?」とか「何で?」という意味で気になっていたのが、好きという気持ちに変わっていきます。

半兵衛も最初は近寄ってくる市が鬱陶しいと思っているんですけど、山猿姫な市に少しずつ心を開き惹かれていきます。
でも、これがなかなかその気持ちに気付かなかったり、素直になれない2人なわけです。

そこに、良い働きをするのがアランなのです!
半兵衛にも良い刺激となるし、市には気持ちを自覚させるための力になるんですけど、アラン贔屓としては切なーい!( ;∀;)
でも姫さまの為に一肌脱ぐアランが素敵でした。

しかもアラン割とサクッと描かれていたけど、彼についてもここの√では触れているんですよ。
恐らくここに来るまでの√でも、『アランってもしかして…何か…市みたいな感じなんじゃ…』って思う部分があったので、モヤつきながら進めてくることになります。
それが半兵衛の√で明らかになるって感じですかね!
この辺はちょっと寂しくもある出来事も起こったり起こらなかったりします(笑)

恋愛の進み方として一番自然だったし、速度的にも丁度よかったんじゃないかな~と思います。
長政や信玄とは違う始まりだし、そこは半兵衛が軍師だというのもあると思うんですけど勝家の様な回り道で無く、道のり的にはシンプルで良かったなと。
勿論恋だと気づくまでとか、好きだと認識してからの諸々は沢山ありますので、スムーズにはいかないですけどね。

でも半兵衛と市というカップルはなかなかお似合いだったように思います。

そして!
昨日も言いましたけど、半兵衛が結構可愛かったのです。
最初はかなりのブリザード対応なんですけど、心を開いてきたかな…?と思い始めると、酔っ払ったり拗ねたりと可愛い半兵衛のオンパレードでした。

子供の様な見た目だし、基本的には穏やかに喋る彼なので戦のシーンや危機が迫っている時、その他での「市」呼びにはドキッとさせられました。
私市って名前じゃないけど、ドキッとしました(笑)

いつも「姫様」とか「あなた」とかだったのに、真剣な顔で「市」って呼ばれたりするんですよっ!
さらに言えば戦いの場では勇ましい半兵衛に「市!」とか呼ばれちゃうんですよッ!!!
そりゃドキッともするさ┐(´∀`)┌(何度も言いますが、私の名前は市ではありませんw)

まぁそのような感じで、悶えるような萌えは無かったんですけど、可愛らしさとカッコ良さを兼ね備えた意外にもなかなかのキャラクターでした(笑)

それに道三様を慕う半兵衛が、どうして彼を慕うのか…というのが描かれているシーンで小さい頃の半兵衛というのもチラッと出てくるんですけど、まぁ~可愛くないけど可愛いんです(笑)
道三様にだけ抑えていた感情を出す半兵衛がねぇ~( ;∀;)
私は何とも言えずウルッとしちゃいました。

で、シナリオについての感想はネタバレ的なのが多いので、サクッとここでやめておきますが!
EDについて。

私、実は常EDがすっごく好きなんですよ。
愛EDは幸せで良いと思うんですけど、市や半兵衛についての真実とか諸々を含めて考えると、常ED
こそが…と思ってしまいます。
切ない終わり方ではあるんですけど、√中に起こる出来事とか市の使う必殺技とか諸々の事を思うとこれくらいが普通ではないかと思うので常EDが個人的には好きです。

でも、ちゃんと愛EDも好きですよ!
ここでは黒と玉とのお涙シーンも描かれているんですけど、彼らが市の事を大好きなのが伝わってくるし、この二匹めちゃくちゃ可愛いのでね(*ノωノ)
私にも黒と玉が見えたらな~と思ってしまうほどです(笑)
とても幸せいっぱいで、でも全く切ない気持ちが無い訳でもなくて…薄桜鬼の総司的な印象でした。

今の所、信玄と半兵衛がシナリオ・キャラ合わせて良かったなと思っております。
キャラだけで行けば俄然アランと勝家なんですけどね~。

って事で、今日はここまででございます!
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~\( 'ω')/




最近はお弁当を作って出勤している
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチっと
お願い致しますヽ(^o^)丿
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~(*´ω`)ノシ

今日は早めの出勤予定だったんですけれども、予定がなくなったので朝からゆっくりと出勤をしたりな子ですよ~ヽ(^o^)丿

まずは昨日の花朧 信玄の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました‼
毎日更新の励みとさせて頂いております♪┏○ペコ

今日の予定は無くなったけど、明日は遅くまでいないといけないので…( ;∀;)
むしろ明日の予定が無くなってくれれば良かったのにとか思ったり思わなかったりしております…。
帰りの時間遅くなればなるほど電車混むんですよね~Σ(゚д゚lll)

もみくちゃまではいかないけど、ギュッとなる程混んでいると電車から降りたくなります(笑)

連日ワタクシ、紅花の特典をステラにするかホビガにするかで決まらず、特典ページを見ては閉じ見ては閉じを繰り返しております(笑)
推しはトーヤだったけど、特典だとスレンも文鎮様も気になるのだ!
なのでいまだに決まっておりません( ;∀;)

これ決まるのか?(笑)

録り下ろしドラマCDがステラはスレン&ナラン、小冊子がスレン&ルジ!( ゚Д゚)
ホビガがノール&セフ、小冊子がノール&トーヤ…。
なかなか気になる特典なんですよね!って事でここ最近は特典ページを開く回数が多すぎて、safariを押すと“よくアクセスするサイト候補”とやらに出てくる始末です(笑)

どうしよう…どうしようーーーーーー‼(`o´)

早い所決めねばですね(´・ω・`)

さて、気持ちを切り替えまして!
花朧、今日は勝家の感想でございますよ~♪
早速本題に行きたいと思いますが、私勝家の最大の秘密である部分…途中で『まさか〇〇〇〇〇〇じゃないよね(笑)ハハハハ…』って冗談で思ったら本当にそうだったので、目がテンでした(・_・)

◇柴田勝家(櫻井孝宏)
hanaoboro_icon_04c.jpg 

私、勝家というキャラは凄く好きです!
自由奔放で近くに居たら振り回されそうな感じで、でも戦ではカッコイイという勝家が好きなんです。

でも、この√のシナリオは面白…かったんだけど、凄く何と言うか言葉に言い表せない気持ちも残ったなと思います(笑)
先に謝っておきます!花朧を作られた方々もものすっごーい時間と労力を使って制作し、その末完成した血と涙の結晶であり…可愛い子供の様な作品だと思いますが…。
所々失礼な事をいってしまったらごめんなさい┏○ペコ(笑)

シナリオの展開としては、最後まで終えてみて振り返ると今まででプレイしてきた√の中では、結構壮絶…と言うほどでもないけど、色々な事が起こり続けて駆け抜けていく感じなので、落ち着くことの出来ない展開だったのかなと思います。
なのでそういった意味では楽しめた√でしたし、意外な真実が隠れていたので面白かったです。

最初は明らかに勝家は市の事を好きとまではいかなくても、女の子として見て居たり意識しているんだろうな~って思ってたんです。
思ってたんですけど、元々市が小さい時から勝家は織田家に仕えていたので、市の小さい頃から知っているという間柄。
しかし物語が始まった時には、何故か勝家は市を避けているという設定でした。

なので、基本的には市が避ける勝家に対して追いかける(恋愛的意味は初期の段階ではありません)という感じで、勝家はそれをうざそうにしつつも市の事を気にかけている程度でした。
そんな勝家の気持ちもよく分からず、市も勝家への気持ちがどうこうなる前に…ある決断をし物語が動き出します。

しかし、そこからどんどん変化が起こり続けていくんですが、勝家の市への気持ちをちょびーっとだけ垣間見えたりとか、市が勝家を特別に思っているのかも?と動きが見えてきたと思ったら、ガラッと恋愛に発展した時が急に飛んだ感じがして、えっ(*_*) と思って、ついて行けてませんでした。
後半になるとこの辺りの勝家が避けていた理由だったりが描かれているので「そうゆう事か~」とはなるんです。
なるんですけど、避けていた→やっぱり好きの、この→の間の部分が無いので…モヤモヤしながら物語を進めていく事になるんですよ!

この時点では勝家の気持ちとかが描かれているシーンもそこには触れていないので、元々好きだったのか?それとも可愛い子供だと思ってたけど女に見えてきちゃったのか…。
もしかして、追いかけられているうちに好きになっちゃったの!?
と、まぁ全然間が無いから不明でした(笑)

というか、市もそんないきなり急変した感じで両想いみたいなので良いのか?と思ってしまった為、せっかくの甘いであろうシーンとかが、私は('_')←こんな感じで…。
完全に蚊帳の外でした(笑)

それと、まぁその変化するにも一応段階を踏む感じのシーンがあるんですけど、まずは無意識のうちに市に触れる、そこからいきなりガバッと着物をはだけさせる!(笑)←これには語弊があるかもですが、私にはもうその記憶しか残っていません。
もう本当いきなり2人の気持ちと恋愛の順序がワープしちゃった感じで、びっくりしつつもとりあえず甘いから放っておきました(笑)

最後の方の色々と分かる所まで行く途中にも、数々の事柄がまき散らされてはいますし、その一つ一つが最終的に納得出来るんです。
でも突っ込みどころが満載すぎた気がしましたかね。

でも勝家と市を取り巻く出来事というのは、なかなかに面白かったのではないかな~と思いますよ!
長政√ではだいぶ狂われていた兄上ですが、ここでは市の良き理解者であり勝家のある意味で仲間というかなんというか…。
信長と勝家の関係性や、勝家と盛政の関係性とか、織田軍の中でも色々と大きな動きが出てくるんですけど、その時勝家自身についてくる人達との絆とかは凄くプレイしながらも楽しませて貰いました。

ちなみにここでもアランはとっても素敵なサブとして、キラキラと光っておりましたよ(*´ω`)←アラン贔屓

長政とも信玄とも違う展開だったし、恋愛的にも市が勝家を追いかけていく姿はなかなか良かったと思います。

でも、市…戦えないのに無謀に戦場に行きすぎじゃないか…?
しかも戦場に行ってコソコソ逃げ回れるってどんな戦場なんだ…。
更に言わせてもらうと市が使える必殺技(ネタバレしたら嫌なので伏せます)、そんなにポンポン使って代償払っていいのかー!
ってか代償〇〇せるんかーい( ゚Д゚)

↑これが私の心の中で繰り広げられた一人突っ込みです。
とても興味深い事も数々ありましたが、勝家がカッコ良かったので良しとします(´ω`)

ちょっと途中の展開で寂しくなる部分が多かった勝家√でしたが、何だかんだ最後まで飽きずにプレイ出来ておりますので!
それに私はここで登場するサブキャラ、???が結構好きですし!もっとこの人を出してほしかった気もします(n*´ω`*n)

あ、これ公式で中島ヨシキさんが演じるキャラが『???』として紹介されていたので、一応名前伏せたけど…この人ですよね?(笑)←不安

そして序盤にも少し話しましたが、ここでは市に関する事というのはあまり深くは描かれていないんです。
長政や信玄の√で描かれていた部分が、ここではそこまで…って感じ。
その代わりに勝家に関する事が描かれているんです。

この「勝家に関する事」というのが、2人の恋愛に絡んで来たりとか…色々とあるので、まさかまさかな展開になっていきました!
しかしね、私、この勝家に関する事全ては全く分からなかったんですけど、勝家がアレなんじゃないかというのが閃いたんです(笑)

これは真剣にそう思ったんではなくて、途中でふと某作品を思い出しまして…。
『そういえばあの人は確かアレだったよな、って事はもしかして勝家〇〇〇〇〇〇だったりして~(笑)』とか冗談で思ってたんです。

そしたら進んだ先でそうだった…。

そうだった…‼ え……(´゚д゚`)……。そうなの…?? って感じでした(笑)
これだけでも若干驚きだったんですけど、そこにはさらなる真実も隠されていたので意外な展開が続いて結構面白かったですよ~。
他には無かった展開で、心の中では突っ込みながらも夢中でプレイしていたのは私です(笑)

EDに関してなんですけど、常EDって結構切ない終わり方が多いので個人的にはこっちの方が何故か好きです。
凄く悲しい展開な気もするけど、戦に関わって朧の事とか必殺技とかも関係しているならば、凄く自然な流れな気がしてしまうんですよね。
勿論愛EDで幸せに終わったほうが良いんですよ!良いんだけど、常ED、個人的にはあるべき姿な気もしてしまいました。

という事で、順調に進んでいる花朧も、残す所あと2人です‼
お次は竹中半兵衛なんですけれども、この方勝家√ではほぼ出てこなかったので忘れる所でしたー!(笑)

これより半兵衛に会いに行ってこようと思います(´ω`)ノ
ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~ヽ(^o^)丿



花朧をプレイしてたら下天の
罪の華EDの事を思い出した(早くやらないと…)
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはーヾ(o´∀`o)ノ

今週は仕事後に私用で用事が多くて、若干忙しいワタクシですよ( ;∀;)

まずは、昨日の花朧初回/長政感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さしましてありがとうございました~♪
本日もとても励みとさせて頂いておりますヽ(^o^)丿

明日はいつもより早めに起きて仕事に行かねばならんのですけど、その次の日は逆に遅くまで残っていないといけないのでキー‼(*`皿´*)と心の中で叫んでおります。
予定のない日はむっちゃ早く帰宅するんだ―‼(つд⊂)エーン

さて、花朧順調に進んでおりまして、昨日勝家の個別の始まりまでプレイして就寝しましたので、今日は信玄さんの感想に行きたいと思いますよ(*´ω`)
ちなみに、長政で微妙な気持ちになったおかげで、信玄√以外にもとっても楽しんでプレイする事が出来ました~(笑)

思わず涙ポロリなんてしちゃいながらプレイしてきました!

◇武田信玄(下野紘)
hanaoboro_icon_03c.jpg 

大筋のストーリーは同じなんですが、信玄と市の間に生まれる恋の障害的なものが長政とは異なっていたり、市自身も長政√に比べると子供っぽさがそこまで凄く無かったかな~と思いました。

恋愛感情に気付き、市が成長していくという部分ではわりとすんなり進みます。
ただ、気付いてからのお互いある事情ですれ違ってしまったり、なかなか一歩踏み出せなかったりとするので、このもどかしい感じもなかなか面白かったなと思いました。

信玄√私としては結構夢中でプレイしていましたよ~!
最初の方とかは長政と同じような流れになっているし、信玄と距離を縮める為の展開というかその辺はほぼ同じかな。
ですが、その後から!信玄というキャラクターに隠されている部分とか、市に関わる事が明らかになる部分、恋をしていることに気付いたり…色々なものが絡み合ってて面白かったんです。

どの武将もそうなのかな~と思うんですけど、市が恋に恋する姫だったのが、本当に好きな人を見つけその人を想う事である大きな決断をするって流れなんだろうなと思うんです。
それによって市が成長しているんですけど、ここでの市は信玄を一途に想い彼の為にとか彼の傍でと尽くしている姿が何とも言えませんでしたー( ;∀;)

色々あるんですよー‼
信玄の事が好きだけど、自分(市)をどう思っているかの部分でですね…色々ありましてですね(笑)
悶々と考えた結果に、市が『信玄様をお守りしたい(傍にいたい)』と思い、信玄からどう思われていても…と、自分の決めた事を貫くのが個人的には結構キました(笑)

信玄√も勿論戦があったり、市自身に関わる事も描かれているんですけど、クライマックスの戦部分で市が…市が………の時、私は仰向けでVitaを掲げてプレイしていたんですけど、涙をポロリと流してしまいましたよ[壁|_-)
言いたいことがうまくまとめられている自身がないんですけど、この二人の温かくも切ない恋模様が私的には面白かったなという事です。

それに、信玄のギャップですかね(笑)
普段はたどたどしい喋りなんですけど、ふとした時や戦の時などはカッコイイ姿になりますし、彼自身にも色々とありますのでね。
その辺も含めて武田信玄というキャラクターも光っていたなと思います。

ちなみに、信玄様、普段はどもったりするし控えめな感じなくせにちょいちょい『おいで』とか言うんですけど、これが結構好きでした( *´艸`)
基本は優しくておっとりしている方なので、ほんわかするんですけど不意打ちがオイシイキャラかなと思います。

しかも長政の時に言い忘れちゃったんですけど、合間に攻略相手視点のシーンも挟まれているんですよ。
信玄の時は市との間にちょっと距離が出来てしまう時間があるんですけど、その時信玄自身も市の事や自分の事でモヤモヤしたりと葛藤するんですけど…。
この時の信玄視点からの市視点とかに変わるのが、より物語に感情移入できた要素かなと思います。

あとはここでのサブキャラ達もなかなかの活躍ぶりなんですが、アランがね‼
アランがめっちゃ良い奴でね( ;∀;)←
もう私アランが居てくれてよがっだー(TwT。)と思いましたね(笑)
その他にも謙信という女の子キャラや、信玄の一番親しい家臣とその息子(?)とかも良い働きをしていますし、恋愛面を抜かしても温かい物語だったかなと思いますよ!

市だけでなく信玄の葛藤なども同時進行で描かれているので、飽きずにプレイする事が出来ました~♪

と、何だかサクッとしてしまいましたが、信玄の感想はこの辺で(笑)
色々言いたい気持ちもあるんですけど、アレ言ったらまずいな…これ言ったらまずいな…と思うと、色々喋れないので困りますね(;'∀')

ではでは、お楽しみの勝家に行ってきまーす\( 'ω')/
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ



雨が降る前に帰ろうときめていたのに
打ち合わせが長引いて全然帰れなかった
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチっと
お願いしまする~!┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~♪

まずは昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~!
本日もとっても励みとさせて頂いております♪┏○ペコ

さてさて、今日はお休みだったので花朧進めておりました。
昨日の夜のうちに長政を終わらせて…とか思ってたんですけど、もう何故かすんごぉぉぉぉぉい眠たくてですね。
1時まで頑張ったんですけど耐え切れず夢の中へ旅立ちました…。

なので今日の昼過ぎにやっと初回の長政が終わりましたよ~(*´ω`)

という事で、今日は初回感想&長政感想という感じでいっちゃいます~\( 'ω')/

hana_saito800.png 

まずは初回感想からいきます!

今回の花朧という作品には、織田家には朧の血が流れている…という事と、このせいで碧い瞳と漆黒の髪色という異様な容姿をしているというのがメインで描かれております。
ちなみにこの容姿については、尾張(主人公の住む所)の民を含めた周りの人たちからは“魔蒼の織田”と言われて噂されていたりするので、恐れられている部分があります。

主人公は織田家の姫で兄が織田信長なんですが、この織田家にも…というか兄の信長に何やら色々ありそうな感じです。

ザクッとシナリオについて喋りますと、織田信長が筆頭となり天下統一を目指して戦いが繰り広げられていく中で、織田家の事や主人公の市についての秘密が暴かれていきます。
そして、主人公の市はその戦いに巻き込まれながらも、自分の求めていた“恋をして結婚したい”という想いを手にするのですが、それを叶えるには色々と…障害が…って感じですかね。

基本的なストーリーは結構単純な内容だと思います。
ただ、そこに朧とか黒弧とか色々なワードが絡んでくるので、若干ややこしく感じました(笑)

主人公の市は織田家の姫なんですが、姫っぽさはありません。
自分は兄達の様に戦えないので織田家の為に何かしたいと思うものの、出来る事は政略結婚をする事だと自覚しています。
でも、その一方で恋をしてみたい、好きな人と添い遂げたいという気持ちも持っていますし、自由になりたい!という気持ちが最初のうちは強く出ている感じですかね。

ちょっとこの部分も含めて、思ったよりも子供っぽい考えの子だな…と思ったのが正直な所です。
我儘とかそうゆうのではなく、意識とかそうゆう部分の問題なのかな~…。
作品的にも、彼女の葛藤とういう部分は必要要素だとは思うのでアレコレ言うのもなと思いつつ、凄く子供っぽく感じてしまった…( ;∀;)←ちなみにこれは他の部分でも思う事になりますw

そんな彼女が兄達が起こす戦いに巻き込まれる…というか、自分から巻き込まれに行くというか(笑)
そうしていく事で、自分が今までどんな立場に居て守られていたのかとか、求めてた恋という物を知ったりとかしながら、進んでいくというお話しでしょうか。

共通が2章までで、3章~6章+終章が個別という形となっています。
プレイ時間は全く分かりません(笑)
今回ちょこちょこと3日間かけてしまったので、把握できていなくてすみません( ;∀;)
でもそんなに長編という体感もないので、いつも通りの9時間程とかで出来るボリュームかなと思います。

ほぼ個別といって良い作りとなっているので、各キャラの攻略も初回と同様の時間がかかるのかな~と思います。
なのでわりとじっくり楽しめる作りなんじゃないでしょうか。

一度EDを迎えていればいつも通り早送りも出来ますし、今回は[道のり]という章ごとの分岐から選んで始められるシステムもあるので、結構周回には助かるシステム付きかなと思います。
EDは愛・常・悲の3種類で、回収もスムーズでした。

途中に数回挟まれる作戦始動手合わせなんですけど、これは与えられる3秒の時間内にLかRで回答をしていくって感じなんですけど、残り1秒で答えが点滅するので何の問題も無く通過できます。
1回これを行えばスキップも出来るみたいなんですけど、一応全部やっておきました(笑)
これは全ての手合わせで既定の点数をゲットすると、ご褒美画像手に入るらしいですよ~。

そして恋愛面なんですけど、これが私的に…とても…何というか…。
言葉が悪かったらすみませんなんですけど、初回の長政が特にだったのかはまだ分かりませんが、凄く幼稚に見えてしまいました。
お互いが惹かれあっていく過程とか、心の動きという部分では特に問題は無いと思います。
しかし、好きなんだと気付くまでに嫉妬したりとかそういった感情を経て自覚していく、乙女ゲーには通常運転の展開なんですけど…。

その展開中のやり取りなのか、市の気持ちや長政の気持ちなのか…、何か分からないけどおこちゃま的な印象が最後まで残ったんですよね。
こういった時代背景の作品って、いくつもあると思うんですが、そのどの主人公とも違う感じがしました。
うまく言えませんけど( ;∀;)

もしかしたらですけど、そう思うのはここ最近癖のある人たちばかりを相手にするゲームしかしてこなかったからかも知れませんが…。

後は個別に入ると出てくるキャラというのが割と固定されているので、公式でもしきりに紹介していた対武将というのが絡んでいたり、長政√に入るとアランが出てこなかったり( ;∀;)
更に言えば勝家とかチラっとしか出てこなかったですし、√によって登場したり深く関わってくる人が異なるのかな~って感じです。

この各武将との関係性とかも戦を通して描かれてはいるんですけど、長政√では半兵衛がものすっごく気になってくる感じでした~。
あの人浪川さんのくせに何を考えているのか分からーん(ノ`△´)ノ←

それと個別に入ると結構不穏なBGMが流れているシーンが増えてくるので、謎が明らかになったり戦いが起こったりと意外と飽きずに進められたかなと思いますよ~!

肝は無になってプレイする事ですかね!(笑)
アレコレと予測を立ててしまうよりも、とにかく“無”になってプレイする事で楽しめると思います。
このお陰で私は、意外な真実を知ることになり楽しくプレイする事が出来ました\( 'ω')/

という事で、早速長政の個別に行きたいと思います‼

◇浅井長政(浅沼晋太郎)
hanaoboro_icon_01c.jpg 

ザ・メインヒーローらしい√シナリオだったな!と思う長政√でした。
彼と市についての部分もそうですし、長政自身どのキャラよりも謎が無い人という感じなので、初回攻略して正解かなと思います。

正義感が強くて真っ直ぐな子って感じなんですけど、一番癖が無いのも長政かな。
まぁ兄上が胸元はだけているセクシー武将だし、長政√に出てくる義景とか出てきた瞬間『えっ(;゚Д゚)』ってなるくらいナルシスト野郎ですし…(笑)
周りのキャラが濃すぎるので、長政がすっごく普通に見えたというのもあるのかなとは思います。

シナリオの展開も王道な形なんですが、進んでいくごとに長政が市との信頼関係を築いていったり、少しずつ市を守りたいとかっこよくなっていくのは良かったなと思います。
イメージ的には恋愛事には鈍感で、落ち着きのないわんぱく系かな?と思っていたんですけど、ちゃんと皆を率いていく者らしい部分もあったり、喋り方とか振る舞いが意外と落ち着いていたりして、なかなかの好青年でした~!

しかしですね、何というか、途中マジでただのマザコゴホッゲホッ。
失礼いたしました┏○ペコ
長政は母をとても大事にしているんですけど、それは特に何の問題もないんです!
ただ、市が長政に対しての恋心に気付く為の対象?というのが、母上だったりするので…。
そうゆうのを含めた彼らの恋愛展開というか、恋愛模様がすっごく子供っぽく感じてしまいました。

更に言わせて貰うと、明らかに「さっきお互いの気持ちを確認したよね…」って思った後にも、まだモヤモヤしているもんだから、お二方の恋愛については感情移入出来ず( ;∀;)グスッ

多分この花朧の恋愛で一番重要なのは、市の好きだけど長政の傍には居られない…だから何が何でも彼だけは守り抜きたい!と思う気持ちとか、その辺りの葛藤なんだと思います。
でも、どんなに長政が言っても全く聞かない市(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

自己犠牲の事しか頭に無いまま、長政に言われ心揺れる→現実をみて自己犠牲に走る→長政に言われ~以下略→現実を見て~以下略→長政が本気で気持ちを伝える→やっと心が動き自分の気持ちを…‼
という繰り返しの流れの中で、最終的には何度も聞かずに通過した長政の言葉であっさり心が動いたわ…と思って終わりました(笑)

勿論これだけでは無いし、この中で市はある真実を知ってしまうんですけど、その事がきっかけで長政の傍に居られないなら…と思うようになるんですけどね。
その市の抱える気持ちもどうしてそうゆう考えになったかも、納得できないわけでは無いです。
ないんですけど、ちょっと色々と突っ走りすぎていて、私が付いていけなかっただけなのかな…と思います。

長政が思ったよりも大人で良かったと思ったのは、この辺の事にも関係していますかね(笑)

あ、言っておきますが、決してつまらなかったわけでは無いです!
最後まで飽きる事は無くプレイ出来ましたし!
ただ、むっちゃ面白かったか?と聞かれたら、長政√はそうでもなかったですと答えます(笑)

全然上手に伝えられていませんが、私的にはとても子供っぽい感じだったな~と。

ちょっと気持ちを切り替えてから、お次の信玄に行きたいと思います\( 'ω')/



通販で思わず買ってしまった
パイナップルを食べ続けているりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(*´ω`)
↑パイナップル大好きっ子
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言