FC2ブログ


こんばんはー!ヾ(*´∀`*)ノ

まずは昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!
毎日皆様の応援や拍手を、更新の励みとさせて頂いております♪('ω')ノ

いきなりですが、ブラハZ来ましたー!ヽ(▽ `)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´

IMG_4216.JPG 

ちなみに私は悠翔の特典を狙ってステラセットを買ってしまいますた…(笑)
SideAをやっている方なら、どうしてわざわざ特典を狙ったのか分かって貰えると思います(*´ω`)エヘ…

本当は今すぐにでも手を付けたいところですが、絶対朝までコースになるし…
集中してやる為にも落ち着いてから始めたいと思います♪
悠翔√は他キャラ攻略後に開放らしいので、セラ(蒼井くん)→那由多(木村さん)→乃亜(広瀬さん)→悠翔(てらしー)って感じでいこうかな!
セラと那由多はどっちを先にするかちょっと悩み中ですが、まぁこの辺はプレイしてからの感じで行こうかなと思っています‼
どうしよう…凄く、た…楽しみ…(/ω\)

さて、今日はSi-Nis-KantoドラマCDのVl.2の感想を喋りたいと思います。
本当は新しくゲットした秋山くんにしようかなと思ったんですけど、あいつ2枚組なんですよ。
しかもまだ途中までしか聞いてないので、既に聞き終えているシニシカの方にしまーす♪

ちなみに、今回の感想の最後の部分には完全に本編の内容の一部を載せています。
個人的にめちゃくちゃ面白かった部分なので、喋らせて貰っています。
ゲーム本編のネタバレには関係ないですが、先に進む際にはお気を付けください‼

『Si-Nis-Kanto ドラマCD Another Story Vol.2』

シニシカCD02.jpg 

【CAST】
マキ(CV:波多野和俊)
ユーゴ(CV:鳩万軍曹)
千冬(CV:ワッショイ太郎)
シュウ(CV:月黒斗夜)
カルロ(CV:大石恵三)
エド(CV:先割れスプーン)


第二弾はユーゴとマキのその後となっております。
ユーゴ√で色々とあった中で、ユーゴと共に黒蓮会に残ったマキがユーゴと共に幸せに過ごしています。

本編ユーゴ√の最後に起きた国蓮会でのある出来事がきっかけで、西(カルロのZENCA)とは未だ争っている状況ではあるけど休戦状態。
しかしそんな中でも蛮区は国蓮会で起きた出来事が切っ掛けとなり、日々動きを見せていて小さな抗争が起こっています。
その抗争でのさなかユーゴが怪我をしてしまう所から物語が始まります。

もうユーゴがマキの事が大好きすぎて、ただの絶倫野郎になってました(*´ω`)
大メビの開様に負けず劣らずです(笑)
でもそんな所で愛を感じるってどうなの…と思いながらも、あの感じを見ているとこっちまでどうでも良くなるので不思議です。

しかもユーゴって声が鳩万軍曹さんで、例えゲームをプレイしてなくても声の感じとか喋りの感じで“ユーゴ”というキャラのイメージが想像できるんですよ。
ちょっと低めだし喋り方とか聞いていても体格大きくて逞しい人なんだろうな…って想像できる声なんですよね。
一応国蓮会の頭ですし、そういった雰囲気が出てるんです。

でも、何というかマキに対してはカルロもそうなんですけど、ただの子供!
ユーゴとかデカい犬って感じがするし、“もう一回”ってマキに強請る時の言い方とか声のトーンがマジでやばいんですよーーーーー(*ノωノ)キャッキャー
本来なら凄く強くて抗争中とか敵に対してカナリ冷酷だったりするのに、こうゆう時だけは可愛く言うんです。
鳩万軍曹さんありがとうございますありがとうございます!(BWSのユリアン調)って感じです。

しかも2人のラブラブっぷりというか、そうゆうのは国蓮会の人達公認なので…
千冬さんとかも部屋に入るタイミングを伺いつつも気にせず『声が聞こえなくなったので、もう良いかと思いまして…』とか言ってくるし、ユーゴは相変わらずお馬鹿なのでピロートークを『ピエロトークだ!』とか言うし、いちいち笑います。
こうゆうののせいで帰り道の電車では聞けないと判断しました(笑)

前回のVol.1同様に皆とワチャワチャしている感じで進んでいくので、面白い場面なんかも多くて聞いてて楽しいです。

それに2人がお互いを大切に思っている事を再確認して、良い雰囲気になった所でキス…という流れになるんだけど、千冬がいた事をマキが思い出して焦るんですよ。
そんなマキに対して『ちゅーは!?今ちゅーする雰囲気だっただろ!なぁ?千冬!』とかユーゴが言っちゃいます(笑)
何か本編√でのユーゴよりも、色々と吹っ切れた感じで可愛さが倍増していました。

とまぁそんな幸せに過ごしている時に、西地区ZENCAのカルロの元から逃げて来た下っ端の人が国蓮会の役に立ちたいと言って国蓮会のある東地区にやってきます。
ユーゴは無駄に情け深いし、マキは素直な子なので…シュウと千冬が二人でユーゴとマキの分をカバーしている感じですね。
シュウと千冬は怪しい…と言っているのに対して、ユーゴは『西にも話の分かる奴がいるもんだな!』とか言い出しますので(笑)
マキはマキで『ZENCAのカルロは怖い奴なんだろ?そこから逃げて来たのはおかしくないんじゃ…』って感じですしね。

で、まぁそいつが怪しいか怪しくないかを見極めて、その後どうするのかって感じの話しなんですけど、割とユーゴのドラマCDは平和でした!
Vol.1の時みたいな争いも無いですし、円満に解決しようとする流れなので。

ユーゴやマキの優しさが見えるシナリオになっていたかな~と思いますね。
本編からマキと過ごす事で変化したユーゴというのも分かると思いますし、マキが何だかんだと皆の中心にいる感じがやっぱり好きでした~。
今回の東に来た元西の下っ端くんと、マキ&ユーゴのちょっとした絆的な感じの部分とかもあったり、そこにカルロが加わったりと…。
本編では見る事が出来なかった某√以外では見る事の出来なかった流れなので、なかなか面白いかなと思います。

しかし、この物語の最後には面白い締めが待っています。
凄く言いたいから言っていいですか?(笑)
端的に言うと、今回マキとユーゴがZENCAの身内のゴタゴタに巻き込まれ、2人のお陰で解決したって感じになってるんです。

カルロは借りを作るのが嫌なので(主にユーゴに)金で解決しようとするんですけど、ユーゴがだったらマキとの婚約指輪が欲しいから西の店で話を通してくれと言うんですよ。
カルロは大笑いしながら『俺が最高の物を用意してやる!』って言うんですね。

そんで今回の問題はめでたしめでたし…なんですが、後日ユーゴとマキの元にその指輪が届きました。
お揃いの指輪に2人で感動しているんですけど、凄く嬉しそうで本当に可愛いカップルって感じなんです!
しかし…ユーゴが内側に何か彫ってあるのを見つけます。

ユーゴ『ん…?裏に何か彫ってあるぜ。M?Mサイズなのかな…?』←(りな子心の声)マキのMだよ!(笑)

マキ『こっちはMじゃないよ。何だろう?』
ユーゴ『こっちはCだ。』←(りな子心の声)C…ま、まさかカルロのC!wwwww

ユーゴ『C…?MとCって…なんだ?ブランド名か?』←(りな子)だからカルロとマキのCとMだよ…ユーゴ…(笑)

千冬とシュウ『・・・・・・。』

もう最高でした(笑)
カルロの方をマキ、マキの方をユーゴが付けて2人嬉しそうにしておりますよ~(≧▽≦)
ユーゴにカルロのCだというのを教えようとしている千冬と、それを面白そうだからと止めるシュウが何ともいい味だしています(笑)
マキもユーゴもその辺無知だし勘が良くないので、まぁいいか!みたいな感じでお互い指輪を嵌め合って幸せそうにしていて、2人の記念撮影をするんだが千冬の『これが指輪戦争の始まりの記録か…』と言う言葉で終わります(笑)

何も知らないが幸せそうなので、良しとしてあげたい。

おまけトラックはまだZENCAのボスの元にいるカルロと国蓮会の若頭(?)のユーゴがエドによって引き合わせられたという物語です。
カルロは凄く嫌そうにしているんですけど、ユーゴはまぁすっごく大らかな方なので…。

今日は戦いに来たわけじゃない。と言って、割り切って西での遊びに興じていました。
カルロにビリヤードを教えて貰って、3人で夜を過ごす感じですね。
そんな中で3人の話題の中でユーゴに心に決めた人が居るという話しになるんですよ!
で、エドやカルロにはいないのか?となり、エドは答えを濁すしカルロはまぁ居ないのでね(笑)
マキに出会う前の3人の会話がなかなか面白かったですよ~♪

この後にどうなるのかはゲーム本編を!って感じの流れかな~と、一人妄想しつつゲーム内容を思い出しちゃいました(n*´ω`*n)

次は愛するカルロ様とのVol.3なのですが、恐らくブログ再開する時はブラハ感想になると思いますので…。
また当分お預けとなります(笑)

最後に雑談してもいいですか?(;'∀')

明日、いよいよ昨年から楽しみにしていたイベントに参戦してくるんですが、開始は12:00~となっていて終わりが21:00なんですよ。
で、ステージが4つありまして、それぞれDJ達が2時間とかでどんどん変わっていくんですね。
サマソニとかフジロックみたいな感じのクラブイベントVer.みたいな。

で、わりと見たい方達は午後14時頃から、メインっぽいステージ2つに出始めるんですよ。
なので見たい人をチェックしておいて、あっち行ったりこっち行ったりしないといけないんですが…。
まぁ午後到着くらいで良いかなーって余裕ぶってたら、今日の仕事中に明日一緒に行く友人からメールが来ましてですね。
明日の電車の乗り換えをスクショして送ってきたんですけど、時間を見ると出発が朝の9時台だったわけです‼

9時…⁉は、早え~~~~~Σ(゚д゚lll)ガーン
(ってかめっちゃ気合入ってるな…)

って思ってたら、彼女の大好きな(最近ハマった)日本人のDJ様が13:00からやるんです( ;∀;)
しかもその前に『早めのランチして行かないと!ヽ(^o^)丿』なんだそうです。(←彼女は飲みに行っても、ずーっとお箸を離さない子ですw)
なので仕事並みの早さで起きて準備しないといけない事になりましたので、今日は大人しく早めに就寝しないといけなくなりました(笑)

ちょっとCD聞いてから寝ようかなとか思ってたんですけど、目が覚めちゃったら困るので我慢しようと思います。

ではでは、もしかすると明日はここには来ませんが、2日間ブログに来なくても私の事を忘れないでくださいね~‼(TwT。)
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー(∩´∀`)∩


結局YouTubeで神谷さん
見てたら2時まで起きてたりな子に
応援ポチッとお願いします(´;ω;`)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはーヾ(o´∀`o)ノ

まずは昨日の番長CDの感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたー(*´ω`)♪
本日もとてもとーっても励みとさせて頂いておりますよ‼┏○ペコ

今日はダイナーのアッポリ&レヴァフェのCD達が届きました~(∩´∀`)∩
この両方の曲がCD化されるのをとっても心待ちにしておりましたので、もう感慨深いです…。←
某ブロ友様に習って私も聞きながら熱唱しようと思います!

という事で我が家に届いた物をドーンと晒します♪

IMG_4215.JPG 

何やら手前を陣取っている秋山くん…なんですけど…。
私こいつを予約したのいつだったか、もう覚えていないんですけどね。
おきつんが出てるから!つぐつぐと出てたもんだから予約したんですけど、この辺の詳細も覚えてないけどおきつんの“何か”に惹かれて『これは買わねば!』と思って急いで予約したんですよね~確か。
インタビューだったか何かを読んだのかなぁ~?とにかく何かを見て『買う!絶対買う‼』ってなったのだけは覚えているんです…。

でも今日帰ったら『りな子6,000円ちょーだい』って言われて、『へっ?6,000円?(何かゲーム買ったっけ…)』って思ったんですよ。
そしたらね、秋山くんが届いててですね‼しかもこれ2枚組だから確か高かったんですよね~。
って事でいつ予約したか覚えてない、思いのほか高かったCDが届いておりました(笑)

そして最後が渇望の梶君の番ですね~!
ヤバい…これも第二弾までしか聞いてないよ…早く聞かないと(;'∀')
今日はシニシカのドラマCDを聞いていたので、これを消化次第渇望手を付けようと思います!

では本題へと行きます‼

Si-Nis-KantoのドラマCDを聞いて来ましたよー(●^o^●)
まとめて買ったもんだからものすっごい価格になったんですけど…まずは『Another Story Vol.1』を聞いて来ました~♪

Vol.01は事務所で聞いてたんですけど、帰り際にVol.02のユーゴを聞いてたんです。
で、聞きながら帰ろうかな~と思ってたんですけど、ユーゴがいちいち面白い事言うので「これは電車で絶対吹き出すな…」って事で我慢して帰ってきましたよ…壁|д´)

では早速感想に行こうと思いますが、本編のネタバレの関係とかもあるので、いつものCD感想よりもめっちゃザックリになります(笑)
シニシカ未プレイの方が読んだら大変ですからね‼←
って事で、ネタバレを避けるために色々と伏せているので、よく分からないなぁ~ってなるかもですがお付き合い頂けたらと思います(*'ω'*)

si-nis-kanto01.jpg 

これにはマキ&エシカのafterストーリー的なお話と、一番最後にZENCAのちょっとした日常が描かれたお話が収録されております!
昨日の番長はプレイしている人も多数いたと思いますので、特に出演者は書きませんでしたが…今回は書いておこうかな。
このCDの登場人物&キャストさんは以下に書いておきます。

マキ:波多野和俊
エシカ:皇帝
エド:先割れスプーン
イリヤ:ペロペロンチーノ
カルロ:大石恵三 (*ノωノ)←
ヴァレンタイン:皇達麿
ジーゴ:戸塚和也

まずはafter的な方の物語なんですが、マキとエシカのその後のお話となっていてマキは学園、エシカは蛮区で過ごしていて離れ離れの2人がどう過ごしているのか…という感じ。

この序盤で久々に会うという設定の2人なのですが、そこへ2人が不安に思っていた出来事現実となってしまいます。
その出来事に便乗するように、エドへの暗殺予告がの様子が…。

それを知ったマキとエシカがエドにその事を伝えると、どこか投げやりないつもとは違うエドの態度に不安を抱きます。
マキがエドには色々と助けてもらったし(本編エシカ√で)大切な友達だから、エドの力になりたいと言って、マキ・エシカ・イリヤはエドの船に一緒に乗る事に。

そこでまた、ちょっとした厄介ごとに巻き込まれてしまうー‼

って感じになってました(笑)

内容的にはエド・エシカ・マキ・イリヤがメインで登場しているのと、エシカとマキの甘い日々ばかりではないです。
久しぶりに会ったマキに対してエシカががっついてしまったりはするけど(笑)
エドに降りかかる出来事を通して、マキとエシカの未来が開けたり愛が深まったり…。
本編からその後のこのCDで、幸せに完結した―!って感じの内容でしたね。

個人的にはエシカって真相という部分が色濃かったので、彼のキャラに悶え萌え転げるというのがあんまり無かったんですが、ここにきて幸せそうにしている2人を聞けたのは楽しかったです。

マキの料理が壊滅的な技量なのはゲーム本編でもチラッと描かれていたんですが、エドがマキ特製オムライスを目の前にして『海賊に略奪された悲劇の船、嵐の海に沈没する。アーメン』というネーミングを付けられる程凄かったみたいなんですね(笑)
でもそれを『世界一大好きなマキが作った料理だから、世界一美味しいオムライスだ』と言ってのけるのを聞いていると、深すぎる愛を感じざるを得ませんでした(笑)
ちなみにこの時イリヤは、マキでさえも見たことのない表情をしていたんだとか。

ここで聞きながら不思議に思ったのが、“オムライス”と聞いてマキが『赤いご飯の上にスクランブルッグが乗ってるやつだね!』と言うんですよ。
マキがゆで卵しか作れなかったのがレベルアップしてスクランブルエッグが作れるようになったから、ご飯の上に乗ってるのがスクランブルエッグなのか、マキ達の中ではアレはスクランブルエッグなのか…。
どうでも良い事だけど、もの凄く気になりました!

まぁどっちにしても美味しくないオムライスだというのは、聞いて頂ければ分かります。
だってご飯を赤くするのに何を使ったのか、聞いた時には絶対食べたくない‼と思いますからね(*´ω`)

今の料理の下りでも分かると思いますが、とにかくエシカはマキの事を凄く凄くすごーーーーーーーく深く愛しているので、マキの事になると周りが見えなくなったり落ち込んだりと、とても忙しい人になるのです。
普段は本当に落ち着き払っていて、普通の子とは思えない頭の切れ具合を見せてきたりするんですが、マキが絡むとガラッと変わりますし!
その辺のエシカの変わりようもこのドラマCD内で描かれているので、マキに対しての深すぎる愛がより進化していたように思います。

それに、エドはいつもマキにちょっかいばかりかけているけど、実際エドもマキにしか出せない部分というのがあるんだな~と思えるお話もあります。
このCD序盤で起こる「ある出来事」というのは、ゲーム本編でも描かれている部分なので何かは言えないんですけど、この出来事というのが結構大きな事なんですね。
で、マキやエシカにとってもなんですが、エドにとってもとても大きな出来事となっているので、最後の部分でマキとエドの絆みたいなものが表れているシーンがあるんですけど、そこが個人的にはすごく好きでした。

エシカとマキの物語ではあるんですけど、今回のはエドが深く関わっているのでエドとマキの新たな関係性という部分でも面白いかなと思います。

ちなみにですが、そうゆうゲームなので一応記しておきますが…。
致しているシーンは息が止まります(笑)←
何と言うかこう、エシカとマキの逢瀬を覗いている感じがして無意識に息が止まっちゃったんですよー‼w
息が止まっている事に途中で気づいて『ハッ!』ってなるんですよ…。
これは大げさじゃなくてマジです。

メインがそうゆう部分ではないので、エシカとマキが仲良くしている所とか甘めな所もちょこちょこあるんですけど、ガッツリそういったシーンがって感じではないんです。
なんだけど、何故か威力があるのは何なんだろうか。

エシカのマキに対しての迫り方とかその時の台詞とか…、それに対するマキも色っぽいんですよね~(*ノωノ)
はぁ…息止めないのが大変です(笑)
皇帝様の余裕のない迫り台詞等楽しめると思います(*´ω`)グフ

そして最後の1トラックはカルロ√後のとある日のZENCAって感じで、これはもういちいち面白くてニヤニヤしたり笑ったりしながら聞いておりました( *´艸`)
簡単いうとマキと付き合っているカルロが、ある日マキとのデートにルンルンしながら出かけて行ったのにイラつきながら帰宅。
マキと喧嘩をしてデートから帰って来てすんごいイラついているカルロに、ヴァレンタインとジーゴが喧嘩の原因を聞きカルロを宥めようとしている…って感じです。

カルロの嫉妬がくだらない所で発揮され、ヴァレンタインもジーゴも呆れているのが笑えました(笑)
というかむしろ一番大変なのは、マキやヴァレンタインやジーゴだなと思えます。
ちなみにカルロはすっごくマキに翻弄されているので、その辺もとーっても面白いです。

最初はジーゴとヴァレンタインが『マキと喧嘩でもしたんでしょう~』とかからかいながら言うんですけど、『今後一切その二文字を出すな!』と言い("マキ"の二文字です)、『あいつが来ても金輪際通すな』から『しばらく通すな』になり『泣きながら謝ったら許してやらなくもない』に変化していきます。
そんなカルロにちょくちょく突っ込みながらも、相手をしているヴァレンタインとジーゴも大変そうでした(笑)

でも本編のドラマよりも、こっちに凄く笑わせてもらったw
めちゃめちゃ面白かった~(∩´∀`)∩

これ全部で5、6枚とかあるので聞き終わるまで長そうですが…。
マイペースに聞いていきたいと思います(*´ω`)
ちなみに先に言っておきますが、カルロとか感想意味わからなくなると思いますし、興奮しすぎて大変だと思いますので‼

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー\( 'ω')/


今日からダイナーリピに入りまぁ~すヽ(^o^)丿
どうぞ応援(∪・ω・∪)ポチっと
お願い致します~♪┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言