こんばんはーヾ(*´∀`*)ノ
あ、びっくりしました?「この人やっぱりゲームやってたんかーい!」って今思いました?←ウザい

まずは昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたー(∩´∀`)∩
毎日とても励みとさせて頂いております‼┏○ペコ

えー実はですね、ワタクシはコソコソとゲームをし終わらせてきましたよ~(笑)
といっても、本編しか終わらせてないんですけどね!
感想喋り終わったらafterとかやりながら寝ようかな~と思っております。

って事で、チャチャっと感想に入っちゃおうと思いまーす!
まずはフルコン感想からいきます。

650_120_04.jpg 

この度unENDing boodycallをプレイして参りました~‼
いや~何というかですね、途中途中睡魔に襲われながらプレイしていて、若干モダモダしている感があったんですけど、最後の最後だけどんな結末を迎えるのか気になるゲームでした(笑)

ちなみにタイトル紹介のバナーに選んだイラストは、攻略対象一人しかいません!w
敢えてこれにしたんですけど、上にいるキャラは全員敵側がそろっているバナーを選んで持って来ました~(笑)
って事で本格的に喋り出す前に軽くストーリーをば。

主人公である双葉はごく普通の高校生で、人間と半綺(はんき)と呼ばれる見た目はヒトと変わらないモノが共存する都市に、母と二人暮らしをしております。
ここの共存都市には、フライコールとNEDE(ネーデ)という大きな2つの組織があり、2つの組織は対立している存在となっています。
ちなみに、ここに警察的役割の秀真機関というのも加わってきます。

ある時自宅に帰ると家の中が荒らされ、母の姿が見つからず、更には見ず知らずの半綺に襲われ連れ去られそうになります。
そこに司狼と黎明という2人が登場し、主人公を助けてくれます。

自分は助かったものの母の行方が分からない中で、司狼と黎明から自分の父親はフライコールのボスだった事を聞かされます。
双葉は父親は事故にあったと聞かされていたのですが、父が生きていた事やフライコールという組織のボスだった事等々、自分の知らなかったことをここから知っていく事になります。
様々な情報を与えられた双葉に対して、黎明は「フライコールのボスになって欲しい」と告げます。

何故自分が…と思いながらも、母の居ない今頼れる所が無い双葉は司狼や黎明の暮らす屋敷に世話になる事に。
共に暮らしていく中で黎明や司狼の事を知っていくのですが……。
母を連れ去ったNEDEの存在や、自分達を狙ってくるNEDEの狙いとは何なのかなど様々な問題が起こり( ^ω^)・・・。

みたなー!(笑)
個人的な感想を言わせて貰いますとですね、何というか凄く中間地点で眠たくなってしまうゲームでした( ;∀;)
わりとキャラ攻略していく中で、ちょびっとずつ明かされる真実みたいなものが違ったりするので、その辺りは面白かったです。
ただキャラによっては変わり映えしない部分があるのと、半綺の人って武骸(ぶがい)と呼ばれる武器を出現させて戦うんですよ。

で、その武骸ってのがもともとタトゥーがあるんだかなんだかで、そこの部分がボワーンって光ってシャキーン!って出てくるんですけどね。この出現ムービーが毎回あるの‼(*_*)
他の宵夜森とかちょーっと前にプレイしたアレとかにもあったんだけど、まさしく〇〇ライダーとかの変身シーンみたいな感じで、毎回毎回シュウィーン‼ジャキーン‼みたいな感じで、ムービー挟んでくるからちょっと飽きが生じてきてしまった部分がありますかね…(-_-;)
〇ボタン連打したところで飛ばすことが出来ないし、これ武骸扱うキャラ分全て見る事になりますので…これが飛ばせたらどんなに良いだろうかと思ってしまいました( ;∀;)ゴメンナサイー

攻略キャラは多いけどシナリオ的にはそんなに長くないので、初回8時間もあれば終わるのかなと思います。
ただ、私睡魔のお陰とKLAPの為に早く終わらせたかったので、初回6時間位いで2日でコンプしているので、そこまで長いという感じでもないですね。
ボリューム的には普通かなと思います。

恋愛面は微糖かな。わりとメインがNEDEとフライコールとの対立…という部分かなと思います。
なので、殺伐とまではいかないけど戦闘シーンが結構多いですし、恋愛という部分を期待してプレイするとおまけ感があるように感じる気がします。
ちょいちょい挟まれるイベントで、距離を縮めているんだろうな~って感じはするんですけど、主に司狼と黎明のみがその距離感は納得できる感じ。
他キャラは属する組織の問題とか、双葉とは立場が違ったりするので…「どこで好きになったんですか…?」って思うキャラも中には居たかな~と思います。

キャラによって抱えている物が様々にあって、それがストーリーにも関係してくるというのはそれぞれ面白かったです。
最後の最後に向かえるクライマックスでは、ほぼ共通して同じ流れなんですけど、若干意表を突いてくるものもありましたし!(約1名の√)
なので、どんなに途中ダレて眠たくなってしまっても、最後の最後でどうなるのかが気になる作品でした(笑)

流れ的にもそうなんですけど、私的には双葉が受け入れがたい主人公だったので、あんまり感情移入できませんでした(;'∀')
何かただの無鉄砲に見えてしまったと言いますか、相手に何か言われると「でも…」とか「だけど…」とか多いし、言われたことが正当で何も言えないし(笑)
余計な事していつも迷惑をかけている駄々っ子に見えてしまった部分があったので、どうにもこうにも入り込めなかったなぁと思う所があります。

攻略順は 黎明→カイン→司狼→渉→久神→ジン→ストーリーエンド という順番でプレイしたんですけど、順番的には特に問題なかったかなと思います。
EDも各キャラ2つとなっていて、回収しやすいですしBAD枠の方はわりとサクッと終わる物ばかりかなと思います。

しかしキャストさんが豪華でしてね(*´ω`)
黎明は中村さんだし司狼は日野さん、渉は鈴村さんで久神は石田さん、カインは浪川さんでジンは森川さんなんですよー!
更にサブで出てくるゴツイ男が樽助さんだったのー(*ノωノ)
樽助さんがこんな豪胆なキャラを…と若干違和感を感じつつも、出てくるたびにちょびっとだけキャッキャしたのは私です(笑)

わりと自分の持つイメージとは違うキャラを演じてるな~と思う人もいるので、結構その辺は楽しめたかなと思います。

この後キャラ別も喋るので好きなキャラランキングに行きますね~♪
今回は萌え―(*ノωノ)とかキャー‼というのがほぼ無いまま終わってしまったので、推しキャラというのが居ないんですけど…。

1 ジン・司狼
2 黎明
3 久神
4 渉・カイン

という感じになりますた~。
この後個別に喋るので詳しくは喋りませんが、サラッと一言ずつだけ…。

ジンは完全に見た目と雰囲気で好きです(笑)
攻略してみてあの冷酷そうな雰囲気の中にある、優しさ?みたいなものが素敵だわ~と思いました。

司狼はチャラ男でナルシーなんです。
自分を好きにならない女はいないと思っているんですけど、最後の最後にある姿を見たら司狼イィ!ってなりました(笑)

お次は黎明なんですが、司狼とは全く逆の性格で堅物って感じなんですけど、結構一生懸命な感じとか可愛い所があったのでこの位置にしました。

久神はビジュアルだけならダントツに好きです!ステキ‼
だけど、私的にはニヤニヤできる要素が何だか少なかったんですー( ;∀;)
結構好きなんだけどなぁ…何だろう?w

渉とカインはシナリオ的には面白かったけど、キャラ的には…(笑)
わりと2人共似ている感じなんですけど、渉とか元気なおバカキャラで、カインは外人ノリのチャラ男風って感じですかね。
あんまり私には刺さらなかったんです( ;∀;)

ではでは、だんだん本気の睡魔が来ておりますので、サクッとキャラ別にいきますね~!

-黎明- CV:中村悠一
rei200_40_02.gif

黎明は司狼の双子の弟なんですが、彼とは全く違う性格です。
最初の頃は、お前は執事か母親かっ!と突っ込みたくなる程口うるさく感じ、双葉ともうまくいかないんです。
だけど一緒に過ごしていくうちに彼のお互い歩み寄って、心配してくれているんだというのが分かってくる感じです。

黎明は本当に真面目な子なんですけど、あまり常識が通じない部分があったりするので、そうゆう部分で可愛いな~と思えるかなと思います。

シナリオ展開はわりと王道って感じなので、初回攻略して正解でしたね!
黎明自身の抱えている問題もあるけど、その辺りはちょっと思ったよりも暗かった様な気もします。
ただ、どのキャラもNEDE関連の諸々で各々何かしら抱えているので、作品全体的に明るい雰囲気ではないです!
黎明の事が分かってくると同時に、2人の気持ちも少しずつ近づいて行くんですが…。
その中で黎明は双葉を危険な目には合わせたくないと思うようになり、双葉は黎明を助けたい傍に居たいと思うので、この辺のすれ違いは若干切ないかな~と。

ただ、最後に双葉が選ぶ選択がマジで吃驚しました(笑)
まさか黎明と一緒にいたいからその選択をするとは思わなかったー‼って感じで驚いたんですけど、黎明はその行動に心打たれてたし良いのかな…とか思ったりして。

黎明自身は双葉が自分の手料理を気に入ってくれたかが気になって、食べてる所を凝視するような奴なので、ちょいちょい可愛かったです。
わりと(〃▽〃)ポッてなるシーンとかも多かったので、年相応の可愛い奴だな~って感じですかね。
その反面彼の生い立ちというか、その辺の部分が若干仄暗いというギャップも良かったかな!

-司狼- CV:日野聡
shiro200_40_03.gif 

司狼はとにかくチャラ男です!(笑)
自分を好きにならない女の子は世の中に居ないと思っているし、興味を示さない主人公を変わっているとも思う程。
とにかく自分に自信があって女の子大好きなお方です。

だけど、こうゆう明るくてチャラい奴程暗いものを抱えているもの…。
ましてや日野さんだし、これは何かあるんじゃ!と期待してプレイしていたんですけど、わりと展開的にはスムーズに進むし特に何も起こらなかったので、若干ガッカリしながらプレイしてました(笑)
恋愛展開もそこそこ…って感じですしね。

だけど司狼の事が分かってくるあたりで、黎明に比べると結構重いというか暗い気持ちを持っていることが分かるし、双葉を好きだと自覚していく辺りで色々と起こってきましたー‼
この人を救うのは結構大変なんじゃないかなぁ~と思ったんですけど、思った通り…面白い展開になっていった√だったなと思います。
他キャラには無かった展開だし結構目が離せない流れだったんです‼
更に司狼のちょっとした変貌が個人的にはキャッキャしました(笑)

日野さんの変化する喋りというのもオイシかったですし、司狼を救う為に取る双葉の行動というのも司狼への想いの大きさが分かる感じで良かったですね!

シナリオの起伏という面でも結構楽しめた√だったなと思います。

-渉- CV:鈴村健一
wataru200_40_04.gif 

つい最近バロ様で聞いていたので、元気系の鈴村さんというのがすっごく違和感でした(笑)
この子は秀真機関の令嬢である凜と共に行動している子で、双葉のクラスメイトとなり助けとなってくれる立場の子です。
結構騒がしい子で凜の事を兄貴と呼び慕っているんですけど、お馬鹿で真っ直ぐな子って感じかな。

フライコールのボスである双葉に対して、最初はあまり良い印象を持っていないんですけど、凛に双葉を守れと言われて距離を縮めていきます。

元気っ子に見える渉にも色々とあるんですけど、双葉の事を好きになっていく感じとかは淡い恋って感じでキラキラしてましたね!
ただのキラキラで終わらせないのがこの作品なのかな~と思ったんですけど、渉は精神的に落胆し立ち上がるという部分では年相応の男の子っぽさがあったように思います。
それを見守る双葉との関係も初々しかったですね。

√の展開的にも可もなく不可もなくって感じですた!

-カイン- CV:浪川大輔
kain200_40_06.gif 

カインは司狼とはまたちょっと違ったチャラ男枠のキャラでした~。
出会いからなかなかのスキンシップで双葉に接触してくるので、浪川さんの軽いノリが若干面白い感じです。

しかしこの人公式にも載っているので言いますけど、NEDE側人間なので双葉に近づくのは構成員として近づいてくるんです。
一緒に時間を過ごすうちに双葉も気を許して、カインとも仲良くなっていくんですけど…良い所でその正体が分かってしまい、ここから色々と起こっていきます。

恋愛の進み方はわりとスムーズだし、どこで好きになったのかとかは思わなかった!
信頼→裏切り→信頼みたいな流れも面白かったし、カインが何故NEDEに居るのか等の部分も結構面白かったなと思います。
それに一番NEDEの服が似合っている人だったと思います(笑)

だけどなんでだろう…悪ぶる浪川さんが違和感過ぎて、あんまりハマれなかったんですよー( ;∀;)
何か終始変な感じがしちゃいました(笑)

-久神來- CV:石田彰
kugami200_40_05.gif

久神先生は双葉の学校の保険医です(*´ω`)
見た目がめちゃくちゃステキだし、お声もステキなんですよ~♪
基本的には自分の事に無頓着な感じで、若干無気力にも思える人です。

ただ、何がハマれなかったかというと…。
ちょっと双葉の事を好きになったのが違和感あったかなと思いましてですね( ;∀;)
保険医だし他部分でも、あんまり交流がなかったなと思うんです。
なんですけど、ある出来事を通じて交流を持つようになるんですけど、それでもちょっとスムーズに受け入れられなかったのです。

若干眠たくて思考がおかしくなっておりますが(笑)
久神自身がわりと淡々としたキャラだったので、もっと司狼みたいな感じのシナリオでの盛り上げがあったら良かったなと思います。

この人だけ彼に関してあまり深くは喋れませんが、もうちょっと彼が必死になる姿とかそうゆうのが見られたらより好きだったかな~と思います。
久神の抱えているものとかもちゃんとあるし、双葉を好きだけどそれを受け入れられない…というもどかしさとかもあるんですけど、良い大人過ぎたというか…もっと葛藤とかして欲しかった(笑)

でもEDの手前ボスとの戦いの部分では、他の√とは違う展開で面白かったです‼
き・貴様かー!と思う感じで、最後の最後に引き込まれたなと思います。

-ジン- CV:森川智之
jin200_40_07.gif

ジンはNEDEのボスで、フライコールと敵対している関係です。
基本寡黙で喋るい人ではないんですけど、ボスなだけあってなかなか冷酷な雰囲気を持っております。

双葉とは敵同士となるんですけど、ある目的の為に双葉を自分の組織に連れて来る事になり、そこから距離を縮めるって流れになります。
ただ、この人わりとキーマンですし、この√に来るとやっと分かる事というがちょこちょこありますので、√的にも面白い展開かなと思います。

恋愛過程もいきなり感はないし、ジンが惹かれてしまう理由やそれを認められなかったりなかなか信頼する事が出来ない理由とかもあるので、その辺のもどかしさも良かった!
双葉も敵対する組織のボスなのに…何故か安心してしまう…という所から、変化していくのも良かったです。

ジン自身もただの極悪非道なNEDEのボスという訳でもなく、自分の信念というのを曲げない人なので、そうゆう部分も結構好きかな~。
もはや戦闘シーンはじっくり見てなかったんですけど、武骸を出すシーンはジンが一番カッコいいと思います(笑)ボスって感じがするかも。

しかも何というか、一番愛を感じるキャラだったな~と思いますね。


と、カナリサクサク~って感じになってしまいました…。
後から読み返したらアレも言えばよかった、これも言えばよかったと思いそうなんですけど、ワタクシの眠気が限界を迎えておりますので、この辺にしておきます┏○ペコ

明日はKLAPが来たらスタートしようと思いますが、地元の友達に『サクッとすし屋に付き合って(*´ω`)』と言われてしまったので、KLAP引きこもり作戦が出来なそうです( ;∀;)
届いたら始めるけどね‼

って事で、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー♪


猫と戯れたくて野良猫を
ドアの影から[壁|_-)ジーっとしてたら
シャー‼ってされたりな子に応援(∪・ω・∪)ポチ
お願いしますぅぅぅ( ;∀;)エーン
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言