FC2ブログ


こんばんは~(/・ω・)/
今日も移動やら何やらで、ちょこっとバタバタした一日でしたが何とかブラウル終わらせてきましたよ~(∩´∀`)∩

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたー‼
本日もとっても励みとさせて頂いております♪┏○ペコ

えっと、本日にて長らくプレイしてきておりましたブラウルをフルコンする事が出来ましたー‼
何かすんごく疲れた……(笑)
BNもLHもそうなんですけど、各キャラの個別というよりは家族、双子、狼種って感じで分かれていて、その中でのイベントが各キャラに分かれていて、EDの迎え方が違う…って感じなんです。
なので、どのグループも一人攻略してしまえば早送りが多いので、ちょこちょこ途中で挟むイベントがあるから、片手まで出来るけど選択肢スキップとかないから若干疲れました~。

でもLHの方は狼種以外のキャラもなかなか面白かったなと思います。
双子猫の関してはわりとサクッとした内容ではあったけど、家族に関するグループは面白かったですね!
ザラを始めとするキャラ達はBNよりも、個人的には楽しめたかなーと思います。

シナリオの内容もBNとは違う視点なので、何というかメヨーヨとオージェがとにかく狂った兄弟って感じなのが全面に出ていたかな(笑)
彼ら以外の√では双子に対してちょっと同情してしまいそうになる部分もあったりで、これもBNでは無かった感じですし。
彼らの√でなければ、出番もそんなに多いって感じでもないんですよね。

これは各種族がそうなんですけど、狼種の√にいけば彼らの出番が多く家族&双子猫はそこまで頻繁に出てこないし、家族√も同様に他二種族はそんなに登場しないです。
わりと√に入ったら攻略しようとしている人たちのみって感じで、話の盛り上がりの部分も種族ごとに異なってくる感じです。

あんまり長くなっちゃうと今日はキャラ別がもりもりなので、書いてる自分もよく分からなくなってきそうなのでサクサクっといきますね!

LHでの好きなキャラなんですけど、これにはだいぶ変動が出てくるかな~と思います。

1 エルザ
2 メヨーヨ
3 ラス
4 アルル・ネッソ・ザラ・オージェ
5 パール&リッチー

ちなみに…パール&リッチーはとにかく可愛い、癒しって感じなんですよ‼
なので最下位だけど別枠って感じです私的には。

まずは一位はエルザ(笑)
何だか凄くかっこ良かったんですよねー。この人全く心の闇とかそうゆうの全然無い人なんですけど、凄く素敵だった!(≧∇≦)

2位は何故かメヨーヨなんですけど、BNを経てこっちに来ているので…彼へ気持ちが傾いてしまうんです(笑)
こっちでのGOODのメヨーヨは、普通に素敵でしたしね。

3位はラスです。
BNではかなりあっさりしていた分、こっちでは彼の良さがとても出ていたなーと思います。
あの口数の少ない所が、何とも言えない(n*´ω`*n)

4位はもはや同じくらいなので、一気に並べちゃいましたが…(笑)
アルルは優しく包み込む感じで、安心感があるんですよねー。スペシャルシナリオでも思ったんですけど、戦いが終わった後のアルルは声のトーンまで違っていて、優しさに満ち溢れている感じなんですよ~♪

ネッソは…実はあの人自身は好きでも嫌いでもないんですけど、エルザでのBADとかこの人のBADとか結構いい味出していたので、この位置にしました(笑)
異常なまでの妹への執着がエルザ√では丸出しになっていて、面白かったです(*´ω`)

ザラは昨日も言ったんですけど、多分ブラウルのキャラの中で一番私の好みから外れた人なんですよ。
とにかく厳しくも優しい執事で、誰かさんみたいに秘めた想いと葛藤するわけでもなく、執着があったり闇がある訳でもなく…。
恐らく安心して進めるキャラだと思います。
ただ、LHでのBADでのザラはカナリ印象的だったので、この位置にしました!

そしてオージェ…(笑)
どうしてだろう…この人嫌いになれないんですよね。
この人のEDは必ず[何か]があると思った方が良いです(笑)
安心させたと見せかけての驚き展開があるので、最後の最後まで何考えているのかよく分からない人だったけど、嫌いになれませんでした(。-∀-)

って事で、今日は6人分のキャラ感想ババーッと行こうと思いますのでね‼(笑)
ちなみにそれぞれそんなに長く喋らないので、お付き合い頂けたらと思います~(∩´∀`)∩

twi_mejojo.jpg 

今回のメヨーヨは、シナリオ自体が彼らのメインという展開では無かったので、なかなか新しい展開で面白かったです。
途中までは今までのキャラと同じなんですけど、個別に入った辺りからやっと…今まで出てこなかったユリアンが出て来てですね‼
こっちでは出てこないのかなぁ~とションボリしていたんですけど、登場した時には喜んでしまいましたヾ(*´∀`*)ノ

と言っても今回は攻略出来ないので、完全なサブって感じなんですけどね。
で、今回はメヨーヨとオージェが窮地に立たされてしまう…という所からのED…という流れになっているので、最後は結構意外な結末だったと思います。

うまい事出来てるなぁ~…って思ったんですけど、BNをやってからこっちのGOODを迎えると、この終わり方が一番良かったのかも…と思いますね。
メヨーヨ的にも心の安寧が得られたんじゃないかな~と思えたEDでした。
それにここでのGOODのメヨーヨが何か…素敵でしたね(*ノωノ)
久々に聞いた~櫻井さんの叫んでない狂ってない声…‼と思ってしまった(笑)

でもBADの方でのメヨーヨがね~。
この人今まで自分の中の恐れとかそうゆうしがらみ?とかで、きつかったんだな~…って思うようなシーンがあってですね。
何だか悲しい気持ちになってしまいましたね( ;∀;)
私この人のBADを見てからあまりにも不憫で、もう一回GOODを見に行きましたからね‼
本当幸せになって欲しいです…普通に…。←

twi_nesso.jpg 

ネッソは…ネッソは…何かパワーアップしてました(笑)
今回のLHで彼はフィオナへの想いをぶちまけている…訳ではないけど、我慢しようとしていない感が凄かったように思いますね。
某√での行動もそうなんですけど、ネッソの√でも『お前ら兄妹じゃないんかいっ!』と突っ込みたくなるような感じでして…。

普通、妹に恋愛感情を抱いていたら、少なからずその辺葛藤があるじゃないですか。
でもこの人そうゆうの無いんですよ(笑)
妹にこんな感情を抱くなんて…みたいなの、私見た記憶ありませんもん。
彼の葛藤というのは、その部分ではなく違う所にあるので…だからこそ彼女に想いをぶつけるのも割と唐突というか、我慢ならねぇ的ないきなりさなのかな~と思います。

で、ぶっちゃけ私的にハマるキャラじゃないんですけど、この人のGOODがむっちゃ面白い展開になっていてね‼
言ったらつまらないから頑張って黙りますけど、流れ的には幸せなんですよ。
やっと手に入れた幸せって感じなんだけど、そうなる前に色々と…本当に色々とあるんですよ。
でも、その“色々”があったお陰で、フィオナはネッソの事を異性として意識してたんだわ…って感じになるんだけど。
その後ですよ…(笑)
もう~ネッソの執念を見た気がしましたね‼絶対にフィオナを自分の物にするという執念。

この展開はなかなか面白かったと思いますし、ネッソらしさが出ていたなと思います(笑)
ちなみにBADは出来ればもう見たくないなぁと思うBADでした(TwT。)

twi_elza.jpg 

はぁ…(n*´ω`*n)素敵…←
エルザ様はとにかく騎士って感じで、凄く素敵でした~(/ω\)
というか、この人こそ爽やかで、重い過去も無ければ心に何か抱えている訳でもないので…何故私がこんなに好きになったのか謎なんですけど(笑)

基本的には兄の親友という立場なので、わりと素っ気ない訳では無いんですけど気を許した関係って感じでもないんですよ。
でも、フィオナのある行動によって、彼女へ惹かれているのを気付くシーンがあるんですけどね!
影で一人『今のは反則だろう!』とか色々と思いながら、恐らく一人でニヤニヤしてるであろう感じの所があってですね、あんなにザ・騎士って感じだったのに、これかよ!w
と思ったら、何だか好きになってました(笑)

性格もネッソとはまた違ったタイプであそこまで熱血じゃないので、わりと一歩引いて見ているような感じなんですよね。
でもフィオナ達に関わる事で、少しずつ変わってるのかな~と思えたりとか、実は若干Sっ気がある感じとかが素晴らしかったですね!(*ノωノ)

GOODも今まで通り、何かしらの犠牲があって手に入れる幸せって感じだけど、凄くこれまた家族の愛を感じます。
ネッソがフィオナを渡したくないと思いつつも、エルザを認める所とかも良かったし。
2人の想いが通じ合っているのに、サクッとめでたしめでたし…とならなかったのも個人的には良かったですね~。

でも何と言ってもやっぱりエルザがカッコよかったの一言に尽きます(笑)

ちなみにここのBADは…アレです。
アレがあーなってこうなるので、重いのが嫌いじゃなければ少しばかり喜べるEDじゃないかと思います( *´艸`)

twi_richie.jpg 

パール&リッチーは完全に同じ√を辿っていって、何か行動を起こしたりする時にパールVer.かリッチーVer.かって感じでした。
とにかくこの2人はすんごーく可愛くて、唯一の癒しだと思います。
純真無垢な感じでね~合間にプレイすると、心が浄化されていくような感じなんですよ(笑)

EDを迎えるまではザラやネッソ達と同じなので、割愛しますけれども…。
この2人は生い立ちの関係もあり、フィオナを本当に大切に思っているし、まだ子供だけど守りたい!という一心で行動を起こすので、見ているこっちがハラハラしました…。
でもプレイしながら『頑張って‼』と思わず応援したくなってしまうのは、パールとリッチーの√だけだと思います。

リッチーEDでは、この子女の子みたいだけどしっかり男の子なんでね…。
なかなかおませな終わり方で、可愛かったですよ。
他のキャラとは違い、この2人は未来にこうご期待…!って感じの終わり方ではあるんですけど、彼らなりにフィオナに男として見てもらうべく努力をするので、ほっこりした終わり方でした!

BADの方はとにかく悲しいので、思わず涙が出そうになるヤツです( ;∀;)

twi_pearl.jpg 

リッチーの方は…わりとこの子落ち着きが無いんです。
なのでパールと一緒にフィオナの為に行動を起こした時に…若干ハラハラさせられすぎてイラッとしてしまったくらいです(笑)

コンビのキャラがいたらだいたい片方はこうゆうタイプだよね!って感じの子で、わりと考えなしに突っ込もうとするタイプ。
なので、パールが色々と考えながら動く半面で忙しなく動くので、パールにいつも『リッチー!』と怒られているイメージ…。

なんですけど、この子パールとは違い凄く真っ直ぐな子って感じなので、EDを迎える時にはフィオナに見合う男になりたい!と変わろうとしているのが可愛かったです。
しかもちょこっとだけ大きくなっているリッチーも見られるので、将来が楽しみな子ですね!

この2人は本当可愛くて、とにかく癒しでした~( *´艸`)

twi_auger.jpg 

えーっと…。
何かオージェについてはBNでも言いましたけど、最後までオージェだったとしか言いようがないですね(笑)

メヨーヨもそうなんですけど、今回はこの2人は仕掛ける側ではなく仕掛けられる側って感じなので、この2人が軸ではないんですよね。
なので、彼らについて表に出てくる部分って狂気の部分が大半なので、あまり感情移入できる流れでもないんです。
そうゆう事もあってか、オージェは最後まで何考えているか分からない感じが全面に出ていたなと思います。

GOODもBADもスペシャルシナリオも、『オージェ』って感じです(笑)
幸せでもなければ不幸せでもない。
一見したら幸せになったようにみえるけど、実は……みたいな感じなので、この実は……の部分が分かった瞬間に、『さ、さすがだわ…オージェ…』ってなりますね。
ある意味このキャラを最後までブレさせる事の無かった、制作者の方を尊敬します(笑)

フィオナがどんなに近づこうと、彼を助けようと、オージェは何も変わらないのかなと。
でも何故か嫌いになれない…(ΦωΦ)何でだろう…????

と、最後は一気にプレイしたせいで、本当簡単なキャラ別にしてしまいましたが、今日までお付き合い下さいましてありがとうございました!

ブラウル、なかなか楽しめた作品だったなと思います。
BNとLHいわば二本分入っているという事もあってか、若干長く感じましたが…。
これは両方プレイしないと各キャラを好きになる事は難しいですね(笑)
LHだけやったら絶対にメヨーヨとオージェを好きに何てならないし、BNだけやったら物足りなさでラスやアルル、ギランについて知りたくなるし…。
ネッソやザラに関しても、両方やってこその愛着だと思いますので!

物語の展開は二つは異なるけど、同じタイトル内ではほぼ早送りとなるので是非とも選択肢スキップが欲しかった所ですね!
それ以外はBGMも凄く良かったし、デフォ名呼びもあったしで問題なかったです。

EDもわりと回収しやすいので、GOODもBADも取りやすかったなと思います!
でも…何か疲れました(笑)

さて、明日からは遂にダンデビ始めますよーヾ(*´∀`*)ノ
もう持って来てあるので、色々と終わったら早速始めたいと思います。

明日から早速感想が書けるかは分からないんですけど、とりあえず噂の兄は最後に回そうかな~と思います(*ノωノ)
ではでは、本日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございましたー°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°


いやー!悍ましかった!w
何だか大仕事を終えた気分のりな子に
労りの応援(∪・ω・∪)ポチお願いします(∩´∀`)∩
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはです~(∩´∀`)∩
今日はちょっと早起きだったけど、お昼寝も我慢してゲーム三昧していたりな子ですよー(/・ω・)/

既に眠いですが…。
まずは昨日のLH初回&ラス感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたー♪
本日もとーっても励みとさせて頂いております~‼┏○ペコ

さてさて…。
今日はちょっと色々ございまして、普通に仕事にいく時間と同じ時間に起きましてですね。
洗濯やら何やらしたり、結婚式に着ていくお洋服を漁ったりとかしておりました~。
何とか前もっての用意は出来た感じで、その後は眠い目をこすりながらゲームをしておりましたよ~!

今はメヨーヨが終わって、次の兄へと進めている所です。
なので、今日はアルルと狼種トゥルー、そしてザラの感想へといきたいと思いますよー!

twi_arles.jpg 

まずはアルルから!
BNとは違ったシナリオ展開のお陰で、狼種との距離の縮まり方も昨日のラス感想でもいったけど、徐々に…という感じが出ていて凄く面白かったです。

それとアルルの“狼王”って感じが出ているのと、ギランとの親子の様な関係だったりとかがなかなか楽しめる内容だったなと思います。
ギランがアルルに怒られて鉄拳制裁喰らったり、『マジ切れのアルルマジこえぇし…』とボソボソと言うギランも相変わらず可愛かったです(*´ω`)
あんなに穏やかな大人なアルルを怒らせるギランも凄いなーと逆に思いますけどね(笑)
怒る姿は本当に父ちゃんの様でしたよ~。

そしてえーっと…最後のクライマックスにいくまでは、ラスと同じシナリオで全部選択肢を[アルル]にするだけなので、特に変化は無いんですけどね。
ただ、アルルがフィオナに惹かれているという部分と、フィオナがアルルに惹かれている部分の感じが、個人的には良かったんです。
フィオナは、アルルが自分に優しくしてくれているのは自分が物理的に必要な存在だから…と寂しく感じる所から、自分に誰かを重ねていると思い悲しくなる…そして自分の気持ちに気付くって感じなんですよね。
なので、ちょっと切ないフィオナの心情みたいなものが、チラチラと見え隠れするのが私的には好きでした。

で、反対にアルルの方は基本的には優しいんですけど、あまり踏み込んでこないというか…若干距離を感じるんです。
これにはどんな意図があるのかというのが後から分かるんですけど、それが分からない時にフィオナの心の動きとかがあるので、狡い大人だわ~とか思ってたんですけど…。
最終的には、アルルがどう思っているのかが分かると、何だか安心してしまいましたね(笑)

ちなみに、ここでのクライマックスシーン、何が良いってですね!
フィオナを家族として受け入れているアルルを始めとするラスやギランなんですけど、最後を迎える前のシーンで…( ;∀;)
シーンで!!
ラスとギランとフィオナが一生懸命になっている姿を見たら、種族を超えての絆みたいなのを感じてちょっとウルっとしちゃったんですよー(つд⊂)
でも泣いてません。←(笑)

ザラまでプレイした今思うのは、狼種√って基本的にちょっと切なさがある感じなんですけど、ラスに比べたらアルルは割と素直に幸せを感じるEDだったなと思います。
ただ、BADの方はなかなかですよ。

そもそもちょいちょい途中のシーンで、アルルをフィオナを大事に想っているんだろうな~というのがちょいちょいあるんですけど、これがBADにいく事によってその重さを知るというか…。
なんつーか壮絶でした(笑)
正直に言うと、EDの作りは嫌いじゃないけど…音がねぇ…頂けませんでしたね(*´ω`)

◆狼種トゥルーED◆

これは最後の部分が違うって感じで、というか私スキップで待っていたらそのシーンになっていたって感じなんですけど(笑)

これは一番幸せで、一番望んだであろう終わり方という感じですかね。
ウェブリンという国としても狼種としても、フィオナとしても一番良い結末という感じ。

最後に出てくるスチルがそれを物語っているんですけど、各キャラのEDも勿論良い終わり方だと思いますけど、そのどれよりも平和な終わり方ではないかな~と思います。
毎回の感想で言ってますけど、それぞれにはやっぱり何かしら幸せの裏側に残すので、これも全くない訳ではないけど、それでも幸せな終わりじゃないかなと思います。

あ、めっちゃ簡単になっちゃったけど、ザラの感想喋りたいので‼

twi_zara.jpg 

家族という枠では最初にザラに行きました~!
BNでは結構サクッと済んでしまった印象の家族√だったんですが、今回は何というか感動してしまいました…。
詳しく言うと、BADでの石田さんの演技に泣かされたというのが正しいかも。

シナリオの展開はラスやアルル達の狼種とは別のシナリオ展開という感じで、メインは狼種と猫種の戦いではなく…。
その裏で起こっているガーランド家に起こっている出来事って感じかな。
まぁその出来事を起こしたのは紛れもなくあいつなんですけどね!w

狼種に攫われてしまったフィオナを助けてから、ネッソやザラ達と共に行動する中で彼らと共に過ごし危機を乗り越えようとするんです。
だがしかし!
ここでこの√最大の危機が起こりまして、この出来事が家族√のメインになるんだと思います…多分…。

言わない方がいいのかなぁ…と思うので言わないけど、この危機があった事でザラへの気持ちに気付いたりとかするのでね~。
無くてはならない出来事ではあると思いますし、ある意味必然と言えば必然だと思うんです。
でもこれがGOODにもBADにも自然と繋がる内容だからこそ、GOODなら余計に幸せに感じたしBADはザラにしては珍しい終わりだったなと思います。

ちなみにこれを言ったら『また貴方は…』と言われそうだけど、私はBAD結構好きです。
悲しいんですよ、凄く悲しい結末なんだけど、本当にね!ザラの悲しそうな声とそれにつられる様にしてリッチー&パールのあの声を聞いたらねウルっとしちゃうんですよ( ;∀;)
とにかくザラのフィオナを世話係としてとか、家族としてという気持ち以上に想っているというのが、すんごぉぉぉぉく伝わってくるんですよー!
そうゆうのがGOODだけではなくて、BADにもしっかり盛り込まれているんです。
BADの方では、最後にめっちゃ貴重なザラの姿が見られるので、これもまた私を引き付けてくれたかなと思います。

今回のLHでのBADはそれぞれのキャラに合った、病み方?というか…そんな感じの終わりになっているので、そこも面白いなと思いますね。

しかもザラの場合は、やっぱり基本的には厳しくもあるけど優しくもある世話係…という立ち位置で、常にフィオナの事を一番に考えてくれているんですよ。
一番自分自身が壊れるとか、そうゆう所から遠いい様に見える人だからこそ、BADの方が私的に際立ってしまったのかな~と思いました。

そこに至るまでの過程の部分も、ザラが取り乱していたりとか必死になる姿なんかも見られるので、個人的にはBNよりもLHの方がザラは好きかな。

ブラウルやりだしてから全く感想にまとまりがないけど、とにかくですね!
ザラ√は思わずウルウルっとしてしまった…( ;∀;)
という事です(笑)

明日も一応お休みなのでこれから引き続き進めて来ようと思いますが、途中で寝る恐れがありますが…頑張りまーす(/・ω・)/

ではでは、何だかザックリしちゃってますけど、今日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございましたー♪┏○ペコ


今回のブラウルで
櫻井さんと吉野さんの狂気の笑い声が
頭に残っているりな子に応援(∪・ω・∪)ポチ
お願い致します~( `ー´)ノ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~‼
今日も何とか頑張って帰ってきたワタクシです~ヾ(*´∀`*)ノ

まずは昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたー♪
本日もとーっても励みとさせて頂いております!┏○ペコ

何かね、何か凄く忙しいんですよ最近‼
仕事もだしお休みの日もバタバタしているしで…当分そんな感じが続くんですよね~( ;∀;)
しかも結婚式があるんですけど、その時に履く靴が無くてね‼
買いに行かないといけなかったりとかぁ~…、着ていく服も漁らないといけなかったりとかぁ~、その服たちを相方の家に持っていかないと行けなかったりとかぁ…Σ(゚д゚lll)

そして結婚式の次の日からは、私乙女会しに新幹線でピューンと遠出するので、その時の荷物も相方の家に持っていかないと(笑)
と、まぁ色々と予定&準備で当分休みが忙しくなりそうです!

ゲームもしたいのでサクッと終わらせてしまわないとなんですけどね┐(´∀`)┌

さて、今日はブラウルLHの初回が終わったので、その感想を喋りにきましたよ~ん♪
何だかんだLH始めました~って言ってから2日くらい経ってしまいましたが、やっとこさ初回のラスを終えてきました!
まずはおおまかにシナリオを…

◆Last Hope◆
bws_000.jpg 

大元のシナリオの道筋は同じなんですけど、LHの方は狼側からの視点で描かれているので、物語の始まりやそこからフィオナがゾディバや狼種の事等を知っていく過程の部分が、BNとは異なります。
種族同士の争いが起こった原因や、その元凶とされているゾディバについて、国の状態などそういった部分はBNもLHも共通しています。

初回はラスから特攻したんですけど、ラス含む狼種との出会い方はBNとは全く違います。
それと狼種側がメインでのシナリオ展開なので、わりとメヨーヨとオージェの出番はそんなに多くなかった印象ですね。
と言っても、ラスの攻略を目指していた…というのもあると思うんですけど、BNよりは双子猫ちゃんの立ち位置は“悪側”って感じがしました(笑)

ちなみにめちゃくちゃこの2人が悍ましく見えるスチル?があるんですけどね、彼らのシルエットのみで表情とかも影絵みたいな感じだから、はっきりと分かる感じでは無いんですけど…。
それを応援(∪・ω・∪)ポチに使いたいんですよっ!
使いたいんだけど、アレは果たして使ってもいいのだろうか…(笑)
何か二人の凶悪さが感じられるんですよね~。

と、そうゆう所をとっても、BNでは双子猫メインだったから彼らに肩入れ出来たけど、今回の狼種側からの視点だと、ただの狂気に満ち溢れている兄弟って感じですね。

でも、シナリオの展開は相変わらず面白いので、狼種と少しずつ打ち解けていくフィオナとの関係性とか、彼らの本当は優しい感じとかが溢れていたなーと思います。
それとラス・アルル・ギランの三人の関係が、何だかBNの時よりも表に出ていたのでそこも面白かったですね。
ラスとギランは下らない言い合いをいつもしているんですけど、年が近いから喧嘩する兄弟みたいな感じで、それを諫めるアルルという構図が出来上がっておりました(笑)
この三人以外の狼種とフィオナが打ち解けているんだろうな~という様子も、随所に盛り込まれているのでいちいちホッコリしました( *´艸`)

全体的にちょっと物悲しい作りになるんですけど、その辺はBNと同様だと思います。
あっちではメヨーヨとオージェの“あの感じ”になるまでの、幼少期の出来事等を盛り込んでいたんですけど、こっちはこっちでラスの幼少期が盛り込まれているんだけど…これが結構悲しさが目立つ感じとなっているのでね~…。
BNに比べるとちょっとしんみりしちゃいました気持ち的に(笑)

恋愛面は初回がラスだったので、ラスの感想で詳しくはお話ししますけども…。
そもそもが少しずつ狼種と距離を縮めていくという感じなので、自然と恋愛感情が生まれている感じでたし、普通にラスに(≧∇≦)キャーってなったし、恋愛シュミレーションゲームしてるって感じがしました!(笑)
一部悍ましいシーンなんかも勿論ありましたけど、でも萌え…?なのかなぁ…(笑)
普通にニヤっと出来るシーンもありました。

ただ、これはラス√だったからなんだろうけど、あっさり終わりを迎える人とかも居てですね(笑)
『えっ‼嘘っ(≡д≡)』と驚いた部分もあったんですけど、意外な感じでそれはそれで良かったのかな…?
まぁその人の√ではどうなるのか…って感じですかね。

では、そろそろラスの感想に突入しまーす!\( 'ω')/

twi_rath.jpg 

始まりから終わりまで、とにかくラスの悲しさが溢れている感じがしました( ;∀;)
出会いの部分からBNとは全く違うので、今回はどんな風に物語が進んでいくのか⁉と、かなり初っ端から引き込まれていきました~。

LHの公式にも書いてあるので言ってしまいますけど、今回はフィオナが狼種に攫われる所からスタートするんです。
そこで初めて狼種と出会い、フィオナは初めて外の世界に触れるんですけどね、何というか…フィオナが凄く可愛いんですよね!
初めての事ばかりなので、攫われているのに冷静な一面があったり、楽しんでいる部分があったりするので、何だか可愛いなとついつい思ってしまう感じでした。

ずっと塔の中でしか生きられなかった彼女だからこそ、狼種の皆とすぐに打ち解けられたのかな…と思うし、でもその中でも狼種にとって自分の存在とは…という部分で悩んだりもしているので、こうゆうのもまたBNとは違う部分かなと思います。

ラスの方は過去に起こった事などが原因で、あまり人と触れ合いたがらないんですけど、普通の人とは違う反応をするフィオナを警戒しながらも、少しずつ心を許していく感じが良かったです。
と言っても、そのラスの心を許しそう→自分の中で葛藤する の部分が、何とも言えない気持ちになるんですけどね…。
彼も幼少期に色々と辛い思いをしているので…( ;∀;)
簡単に信用したくない、気を許しちゃだめだ…と思う反面、フィオナに惹かれている葛藤みたいなものが割と細かく描かれているような感じがしました。

で、まぁその攫われた理由を知ったり、それを受け入れてフィオナ自身にも変化があったり…
更にそこに加えて狼種の皆がフィオナに対して、心を許していくのが個人的には好きだった部分ですね~。
文字でしか分からない部分も多いんですけど、フィオナの体を心配して狼が外に出るなと鼻でドアを押すとかね。
想像するしかないけど、何かすごく可愛い図なんじゃないかと思うんですよね~(n*´ω`*n)

そして反面…ザラやネッソ達家族が狼種の次に、一番物語に登場しているんですけどここではそこまで出番が…って感じです(笑)
双子猫に関しては序盤にも言いましたけど、もう本当狂った双子猫感満載でですね…。
全然良い所が分からないキャラの立ち位置って感じで(笑)
これ何か間違ってLHからゲームやった人は、絶対に双子猫を好きにならないまま終わるんじゃないか…って位いに、ザ・悪役でしたね…w

オージェなんて本当凄いですし、BNの時にはまだ全然良いと思っていたメヨーヨですら…悪代官みたいな感じでした(。-∀-)
その分狼種達の良さがかなり引き立っていたと思います。

で!ですよ‼
ラスがもうすんごいすんごーーーーーい可哀想だけど素敵でした。
彼も沢山つらい経験をして、人を信用できない…って感じになっているんですけど、その感じが喋り方にまんま出てる気がしますね。
ベラベラ喋る方ではないけど、アルルやギランに比べると口下手な感じ。

そのキャラ設定がスンゴイ良くてですね。
気を許していくほど、かけてくる言葉がフィオナを気遣っている物だったりとか、彼女を庇うものだったりとか…。
とにかく優しいんだなこの子は…というのが、めちゃくちゃ伝わってくるんですよー(つд⊂)

しかもあんなにも表情が変わらなかったのに、優しく笑っている笑顔を見てごらんなさいよ‼
ラス……( ;∀;)
って絶対なりますから!
凄く分かりやすい子だから、気を許しているんだな~って所から、惹かれているんだなって部分とかもプレイしててひしひしと感じるんですよ。
で、最終的には二人の淡い恋いみたいな雰囲気のまま、クライマックスに行くんですけど、そこもまたなんというか儚い感じがするんですよね~‼

でも、若干終わりの部分が何というか…あっさりではないんだけど、サラッと流れていくかんじがしなくもなかったです。

ちなみに…。
この最後の部分、生まれて初めてメヨーヨとオージェに殺意が湧きました(笑)
好きですよ?好きなんだけど、今回は私はラス側なんですよ!
なのでね…『め…メヨーヨめ~(ノ`△´)ノキィィィィ‼オージェこなくそー‼』って感じでしたね。
√によってこんなにも私の心をかき乱すとは、なかなかです…。

EDはGOODとBAD両方続けてとってきたんですけど、GOODの方はね~…。
キャー!幸せ~‼ハッピーハッピー°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°
という感じでは無いです(笑)
いや、幸せは幸せなんですけど…それだけかと言われたらそうでもないです。
何かを得るには何かを失う…というのが、所々に盛り込まれているEDって感じかな…。
ラスとの幸せを手に入れる為には、様々な犠牲の上に…って感じというか何というか。
このちょっと心にモヤっと残すGOODというのも、前回のBNに引き続きという感じですね。

BADの方は、ただひたすら悲しいです。
そしてオージェが憎いです(笑)
予想外のランキング中間の座をゲットしたはずなんですけど、出てきた瞬間にキー‼って思いましたね。
でもラスがフィオナを、フィオナがラスを想う気持ちが溢れているEDではあるのかな~。

何かうまく言えないんですけど、どのEDにも何かしら残るんですよね。
“幸せ”とか“悲しい”とかだけではなくて、プラスで何かしら残る物があるので、そこが良くもあるしより物悲しさを与えるというか何というか…って感じです(笑)

次はアルルなのでこれまた楽しんで来ようと思います(∩´∀`)∩
って事で、今日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー♪


夕方以降食べるのを我慢しているので
お腹が空いて食べ物の事しか考えられない…
格闘しているりな子に応援(∪・ω・∪)ポチお願いします‼

にほんブログ村

こんばんはです~(*´ω`)
昨日から女性的大変な日で死んでおりますりな子ですΩ\ζ°)チーン

まずは昨日のブラウルBN ネッソ・ザラ・ユリアンの感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さりありがとうございましたー♪
毎日とっても励みとさせて頂いております!ヾ(*´∀`*)ノ

さて、今日からLast Hopeの方に突入しているんですけど…。
初回は長そうだな(。-∀-)と思っているので、マイペースに進もうと思っています。
今日はBNの狼種達の感想となっております!

ここまでプレイして初めて、物語に深みが出たなーと思いました。
メヨーヨやオージェの双子視点から始まり、一つの物語を巡り過去から続いている種族同士の争いや私怨などなど、国をも巻き込む事態となっております。
そんな外の世界の出来事を聞く事でしか知らなかった、塔に幽閉されていたフィオナは各種族と出会い、接し外の世界の本当の事を知っていきます。
その中で誰と、どの種族との未来を望むか…というのが、全部のキャラをプレイして全ての全容がくっきりと見えたなと。

すんごく不思議なんですけど、あのオージェでさえも最後までプレイすると全く嫌いになれない(笑)
最後まで彼らしかった部分も含めて、オージェとメヨーヨは鬼畜っぷりも良かったけど悔しさをにじませながら叫んでいる姿もなんか良かったです!
彼らが一番皆がもっているであろう汚い部分とか、綺麗な部分とか色々素直に見せていた気がします。

それぞれの視点で物語を進ませることで、彼らの抱えているものが知れるので進むにつれて面白さが増していきました。

最後の狼種グループでは、個人的にはアルルが楽しみだったんですけど…。
物語の流れ的にはアルルの方もある意味全体を締める意味で面白かったんですけど、ギランがねー良かったんですよ!
キャラ的にもストーリーもEDも、個人的にはそれぞれ良かったです\( 'ω')/

今回私は双子猫から始めたんですけど、これでも良かったと思う反面狼種の前でも良かったのかなとか…。
でもストーリー的にはBNのメインでもあるから先にやった方が面白さがあるんだろうとは思うんですけど、一気に先に終わらせたのは勿体なかったかなとか思ったりしております。
私的に、彼らの良さは後から出てくる感じだったんですよね。
噛めば噛むほど味が出るするめ的な!そんな感じだったので、中間に挟んでも良かったかな~とか思ったりしちゃっております。

それとBNで好きなキャラ順をつけるかどうするか、結構迷ったんですけど…。
LHの方では新たに攻略出来るキャラとかもいるので、こっちはこっちで勝手にランキングして一回締めようと思います。
ちなみに、私の神経を疑う感じになっていても見捨てないでくださいね!!←

1 ユリアン・ギラン
2 メヨーヨ
3 ラス
4 オージェ ←何故かここに(笑)
5 アルル
6 ザラ・ネッソ

やだなぁ~(笑)
何だか色々と非難の声が聞こえてきそうですが、4位と5位の所すっごく凄く悩んだんですけどね~…。
アルルはシナリオ的にもだし、キャラとしても凄く素敵だったんです。
物語もBNの締めくくりに相応しかったですしね!

でも、ランキングつけている時に( ゚д゚)ハッ!と、私はアルルよりもオージェの事を気にしている…と思いましてね(笑)
愛しているわけではないんですけど、やっぱり色々な意味で記憶に残っていたんですよね。
最後までプレイして傲慢なだけじゃない取り乱しているオージェとメヨーヨを見たら、何か何か好きになったというか何というか(笑)
うまく表現出来ないけどこの位置に来ちゃいました(笑)

そして一位はユリアン&ギラン(笑)
まさかここにギランが食い込んで誰も予想していなかったと思うんですけど…。

ユリアンは個別の感想でも言った通り、彼の仄暗さこそ私好みだったという事で文句なしの一位です。
で、ギランなんですけどね、めっちゃくちゃ可愛かったんですよ!
黒さとか歪みはなかったんですけど、クソカワすぎて選ばずにはいられませんでした…(笑)
細かくは個別感想で喋ります!

お次はメヨーヨです。
プレイ中は色々と思う所もありましたが、最終的にはこの人放っておけないって事でこの位置に…。
これは作戦か…作戦なのかー!
俺様な癖に実は……で、だからこその執着と歪みみたいな所が結構好きです。

ラスはね~、ギラン同様にさりげなく…あ、ギランさり気なさを装ってるけど全然さりげなくなかったw
ラスの方は子供なアルルって感じがして、物静かなんだけどさりげない優しさのある子でした。
あの静かに低く喋る梶くんのお声も相まって良かった(〃´∪`〃)ゞ

そしてオージェとアルルについてはさっき喋ったから飛ばして、兄貴とザラ…ごめんなさい…。
多分唯一の癒しキャラなんですよね。
ネッソの方はアレだけど、ザラは完全に癒しです。
でも2人共嫌いではないんです、嫌いではないんですけど私には…私には物足りなかったんだー( ;∀;)
どちらかと言えば兄の方がちょっぴり黒さがあって良かったかな。

って感じで、私のBNのランキングはこうなりました(笑)
本当この作品は私にとっては楽園のようなキャラ設定です。
ちょっとギャー!って思う所もあるんだけど、物語が終わってみるとどのキャラも好きな部分が出来てしまっているという不思議。
何でだろう?

ではでは、今日の狼種の個別感想をまとめていっちゃいまーす!
まずはラスから♪

twi_rath.jpg 

立場的には一番辛いであろう狼種なんですけど、種族自体が凄く優しいんだなと思える√でした。
アルル率いる狼たちがゾディバに苦しみながらも種族を守ろうとしていたりしているんですよー( ;∀;)
始まりの部分では彼らのしている事を目の当たりにすると、「え?この人たちも攻略すんの?」って思うんですけどね。←実際に思った奴
シナリオが進んでいって色々と真実が分かってくると、一番病んでたり歪んだりしてない人達なんじゃないか…と思いました。

その中でもラスは主人公曰く悲しそうな眼をしている…と言うので、もう何かそうゆう風にしか見えなくてですね…。
元々口数の多い方でもないし、必要な時以外とか慣れるまでは割と短い単語で喋るんです。
でも少しずつ慣れてくると、垣間見える優しさというか‼
フィオナの事を考えた結果の行動…みたいなのが増えて来て、ほっこりしました。
と、話が逸れましたが…(笑)
喋り方とか雰囲気とかも含めて、この子色々あったんだろうな…と思わせる物を持っているんですよね。
だからなのかなぁ?なんか寂しそうに見えるのは…。

それと、狼種って皆がそうなんですけど、一見怖そうだし乱暴な一面も見えたりしてますけど、実際身内とか中身にはとても情に厚いって感じなんですよね。
一緒に行動していくうちにそうゆうのがどの狼からも見えてくるので、そこも良かったなと思います。
皆で共に戦う!って感じがした√だったなと思いました。

シナリオの展開的には前半2つのグループとはちょっと異なる進み方をするので、わりと安心して進められ方じゃないかなと思います。
フィオナが自分で考えて決めた結果、彼らと行動する事にしてからの流れとかもちょっと感動的で、その後の悍ましい出来事はキャラによって進み方が違うし。

ここのクライマックス部分はアルルやギランの方が、メインって感じがしましたね。
ラスの場合は結構その分あっさりしていた印象だったかな。
GOOD ED的なのも前半あれだけの事があったキャラ達ばかりだったので、何というか「あれ?」と若干拍子抜けだったんですけど、BADはちゃんと悲しかったー( ;∀;)
なるべくしてなった結果って感じで、何かしんみりしてしまった…。

あ、あと言い忘れてましたけど、この方達狼の姿にもなるんですけどね!
ラスとアルルのオオカミ姿が素敵で、ラスなんかハスキー犬みたいで可愛いんですよ(*ノωノ)
是非背中に乗せて欲しい…むしろ寒いから一緒に寝たいです。

と、サクッとしてしまいましたが、LHの方で彼の事は語れそうなので次のアルルに行きます(笑)

twi_arles.jpg 

やっとまともな大人が出て来たー!(笑)
アルルは狼たちを率いる狼王なので、その風格もガッツリ漂っていてとにかく素敵‼
他√の時から素敵なんですよ‼

一歩引いた所でフィオナの事を見ているんですけど、余計な干渉はしないけどちゃんと見守っている…って感じで、何か普通の素敵な大人って感じでした(笑)
シナリオ的にもトゥルーEDがギラン以外なかったので、ギランほどガッツリって感じではなかったんですけど、それでもアルルは今回の戦いでのメインとなりますからね。
やっぱり内容的にはカナリ入り込める√シナリオだったなと思います。

私、本当はアルルもメヨーヨと同じような感じで、主人公に好意を持つのかな…?って思ったんですけど、この人の場合はそんな事なく。
入口はまぁ…アレなんですけど、フィオナの事を仲間として受け入れて、そこから絆が出来ていく感じでした。
本当に本当~~~~に、家族以外で唯一温かい種族って感じなので、アルルの懐の深さとか彼の苦しみを乗り越えた末の強さみたいなものがギュっと詰まった展開になっていたんです‼

最後のクライマックスとか思わずウルっとするシーンがあるんですけど、アルルがどれほど皆に守られているかとか、狼種の皆からどれほど思われているかとか…そうゆうのがぶわって!改めて感じられるシーンとなっていて( ;∀;)ウグッ…ってなりましたよ‼
あ、ちなみにランキングに何故か食い込んできたメヨーヨやオージェがあの位置に行ったのは、彼らの√だけでなく、アルルの√だったかな?での、彼らの様子を見たからです(笑)
ここを攻略している時は、私は狼種の仲間なので「このー!クソヤローめー‼」とか思ってましたけど、あのような二人はもうここでしか見られないと思います。

EDもGOODは超~~~~~幸せです。
本当にある事件から何年もずーっと苦しんできたであろう狼種なので、ここにきて幸せになれて良かったね…と言ってあげたい終わり方でした。
長くなりそうなので、次のギランにいきますね(笑)

twi_guillan.jpg 

↑見て!
基本的にこんな感じだし、すぐ「殺していいかぁ?」みたいな事ばっかり言うんですよこの人!

そもそも序盤のシーンで兵士をいたぶってるシーンとか、襲い掛かってるシーンとかばっかりなので「まさか、この子も攻略するなんて事ないよね…?」って思ってたんです。
で、攻略すると知って「えーーー…気が進まないなぁ…」とかなってたのに、ユリアンと共に一位になっちゃいましたYO!

もうね、とにかくね、めちゃくちゃ可愛かったんですこの馬鹿。←誉めてます

すんごい言葉遣い悪いし、自分達狼種以外は皆敵!とか思ってる感じなんですけど、仲間になったら懐いてくるし可愛いし可愛いし子供だし可愛いしで大変でした…。
いちいち言ってる事は小さい子供です。
アルルに「もっと俺様を褒めろヨォ~」とか言っちゃうし、自分の事“俺様”って常に言ってるし、すぐ拗ねるし、すぐ怒るし…若干これだけ聞いてると、手に負えない感じしかしませんけど(笑)

フィオナが狼種と共にいる事を選んでから、彼女の傍にラスがいると自分も負けじと一緒に居たりとか、フィオナに対しての接し方が変わってくるんですよね。
わりとその辺から既に「コイツ…可愛いな…」って思い始めたんです。

でも極めつけは…。
これネタバレになりそうだから色々伏せて言いますけど、多分全く意味が分からなくなると思います(笑)
ちょっとしたやり取りで、主人公がゾディバに侵されている狼を手助けしようとするんです。
で、まだ手助けした事ない狼もいるから、その子達に手助けしようと思って行動しようとすると、ギランが『じゃぁ自分だ』みたいなことを言うんですよ。
そこでフィオナが『ギラン、ピンピンしてるじゃない』って言ったら…

『俺様ちょーゾディバだっつぅの!テメェの見えない所で日々苦しんでるんだっつぅのー!』って、めっちゃ無理やりな駄々こねるんですよ(笑)
ザ・子供なんですねこの人!どうにかこうにかフィオナに相手して貰おうとしている必死さが可愛くて可愛くてですね‼
しかもいつもこんな強気な喋り方で、基本危険人物的発言しかしてなかった癖に甘えるんですよー(/ω\)キャーキャー‼
もうこれがクソカワ…(*´Д`)ハァハァ…
この甘える時耳がピコピコ動いてるのもこれまた可愛い…(n*´ω`*n)

あーダメだギランだけ長くなっちゃう(笑)
ちなみに、この人の√だけ早送りしないでGOODもBADもトゥルーも取ってきました‼
それ位ギランが好きです。

EDもこの人の所は3種あるんですけど、GOODはアルル同様に幸せな終わり方です。
一番フィオナが恋してるな~って思えたEDだったんじゃないかなと思います。
見ててこっちまで幸せそうで良かった~とニヤっとしてしまう感じで、BADはね~…。
何といえば良いのか…個人的にはメリバかな?と思うんですけど、私にとっては完全にBADだとは思えない終わり方だったんですよね。
ある意味では幸せ…には見えないけど、そうゆう方向性なんじゃないかと思える感じ!
私は嫌いじゃないです‼

そしてトゥルーED。
これが一番シナリオの展開的にもハラハラしちゃったし、悲しさとかもあったんですけど…ギランが凄くカッコよくというか、狼種として成長とも違うんですけど一回り大きくなったと感じるEDだったなと思います。
アルルのEDが狼種側の締めとしてのEDだとは思うんですけど、ギランのトゥルーもある意味では締めくくりに相応しいかなと思いました。

もうBN終盤の狼種達のお陰で、ものすっごーく楽しんで終わる事が出来ました‼

今既にLHの方も途中まで進んでいるんですが、どうやら今日は相方が早いみたいなので…私も早めに寝ます( ;∀;)
明日感想は喋れないかもですけど…ちょこちょこ進めていこうと思います♪

ではでは、何だか長くなっちゃったけど、今日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたーヾ(*´∀`*)ノ


黒いものを感じるぽち用を探したら
大きくなっちゃた―(*ノωノ)
この双子好きです( *´艸`)ムフフ…
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんはですー┏○ペコ

まずは昨日のブラウル初回&双子猫ちゃん感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたー!
本日もとても励みとさせて頂いております♪ヾ(*´∀`*)ノ

えー…。
昨日初回と二人の感想を喋りに来たんですけど、実はもうBN終わりそうです(笑)

何か初回だった事と双子ちゃんがメインでEDが数種あった事で、ボリューミーだったみたで…。
その後の√はわりとサクサク~っと進んでしまいましてね。
昨日の時点で既に4人一気に終わらせてしまいました!

ちなみに私今回の攻略順載せてませんでしたので、ここに一応記載しておきまーす。

メヨーヨ→オージェ→ネッソ→ザラ→ユリアン→ラス→ギラン→アルル

ってな感じの順番でプレイしておりますよ~。
こっち攻略しないとあっち解放しない…みたいなのがいくつかあるみたいで、ちょっとややこしいみたいなんですけど…。
上記の順番だと途中でつっかかったりせずに、無事にサクッと進んでおります。
ちなみに各キャラGOOD・BAD同時に回収しながら進んでいます。

BNのメインが双子猫ちゃんだ…というのは冒頭でも言ったんですけど、それ以降のキャラは家族グループ[ネッソ・ザラ・ユリアン]と狼グループ[アルル・ラス・ギラン]に分かれている感じなので、わりと派生して進むからグループの中の一人をこうりゃくしてしまえば早送りが多い印象です。

ユリアンのトゥルーEDだけ、その中でもちょっと違う感じですね。
ちなみに私はこのEDのお陰で今の所、トゥルーEDのユリアンが一番好きです(笑)

それと、双子猫ちゃんを先に済ませてしまうと、その後のキャラは全員普通に感じます。
ちょっと病んでても【こんなの別に全然普通の部類だわ!】と思えてくると思います。
キャラによっては数人、表には出さない部分で黒く重いものを感じる人も居るけど、可愛いもんです(笑)

アレを最初に経験したせいで、今はドーンと何でも恋い状態になっていますし、ちょっとやそっとじゃ動じなくなったと思います。
個人的にはあんな感じのがずっと続くと構えていたので、アレ?案外普通だな…って感じですかね!

って事で、今日は家族含むグループの感想をガツっと3人分いっちゃいまーす(∩´∀`)∩

twi_nesso.jpg 

出ましたよッ!
初っ端からブッ込んでみました、主人公の兄であるネッソですヾ(*´∀`*)ノ

えーっと公式の通りにいくと、国一番の剣の使い手であるお方でして…。
結構偉い人というか凄い人っぽいので、何かと忙しくしている感じのお方らしいです(笑)

序盤からすぐ分かると思うんですけど、ものすっごーーーーい妹に執着しています色々な意味で!
もう【溺愛】って感じで完全なる妹馬鹿なんですけど、それを隠しもしないので結構潔い感じです見た目は。

人当たりは良いしフィオナ(主人公)にとっては、とても優しくて頼りになる兄という感じですね。
殆どが兄の異常なまでの溺愛ぶりを見ながら進むんですけど、メヨーヨ達から守ってくれるのも父と兄なので、もともと体の弱いフィオナは心配かけたくない迷惑かけたくない…という兄や父に対しての気持ちというのが強く出ていました。

物語が動き出すメヨーヨ&オージェのしでかした所から、兄はフィオナを取り戻そうと躍起になるんですけど…。
まぁそううまくはいかないので、アレヤコレヤと手を尽くしていきますです。
私兄よりも岸尾さんが演じているエルザの方が好きなんですけど、爽やかでカッコいいんですよ!
兄貴の方は最初から何となーく重そうな雰囲気を醸し出しているから、共にいるエルザがめっちゃ爽やかに見えます。

で、双子ちゃんの時に比べると、恋愛シュミレーションゲーム感がここから出てきた感じがしました‼w
むしろあの二人が乙女ゲー感が無さすぎたんだと思うんですけど、ちょっと物申させて貰うならば…。
やっぱり物語の展開の方が双子ちゃんとは違う展開になっているので、凄く気になってしまうし面白さがあるので、恋愛に至るまでというのがザックリというかですね…。

フィオナがネッソを異性として意識してからそうゆう関係風になるまでが、サラサラ~~~~って感じで自然なんだけど穏やか過ぎた気がします(笑)
だって…一応兄妹の設定なんだよね?もっとネッソの葛藤があってもいいんじゃないの?と思う気持ちもあった訳です。
ネッソ自身自分の気持ちを変に隠そうともしていないので、納得できるは出来るんですけど…中盤を超えたあたりから一気にそうゆう雰囲気になるんです。

まぁネッソ的に『もう誰にも渡したくない、我慢ならねぇー‼』みたいな感じだと思うんですけど。

と、そんな事を思いつつもですよ、ちゃんとEDは面白い感じになっていたので満足しております♪
どうゆう意味で満足したかは言いませんが、ちゃんとブラウルでした(笑)
キャラ的にはドハマりするキャラではなかったけど、最後の最後で「おぉー!期待を裏切らないっ(/ω\)」と喜べるEDだったなと思います。

とても幸せなのに仄暗く重さを感じさせる辺りが、さすがだなと思いました。

twi_zara.jpg 

ザラ一番の癒しでした!
イコール私には心に優しすぎた√だったなと言えます(笑)

キャラ的にもフィオナをとても大事に想っている家族同然の執事的立ち位置ですし、お声も石田さんなのでもうぴったりなんですよね~。
本当に終始厳しさもありながらもとっても優しいって感じです。

フィオナの世話役でありながら、ネッソとは親友という形の関係性なので色々と安心できるキャラだったんですよね(笑)
何か周りに信用ならない奴ばっかりなので、唯一心のオアシス的な人でした。

何ですけど意外とドSなのか…(笑)
フィオナに対して女性として意識しておりますよ~みたいな感じになってくると、好きな子ほどいじめたくなるという感じの人だというのがバシバシ匂ってきます。
ちょっとギャップがある感じの人なんですけど、ネッソとはまた違った意味で一生安心して進められたキャラでした。

恋愛の展開的には自然な形だったと思いますし、ネッソを先にプレイしていたので割とすんなりと受け入れられたなと思います。
このお方の場合は小さい頃から一緒に育っているし、フィオナもカナリ懐いているまま今に至るという感じなので。

EDの方もGOODもBADも穏やかに迎えられました(笑)
『ひぃぃ!』とか『こわーい(ΦωΦ)』とかも無かったので、本当、ココロに一番優しい√だったと思います。

twi_julian.jpg

さて、来ました!私の今一番好みのEDの持ち主のユリアンですーヾ(*´∀`*)ノ
お友達さんはこの人を見た瞬間に『コイツ一番ヤバそう…』って思ったらしいんですけど、その方私とは好みが正反対の方なので…(笑)
ある意味病みレーダーがビビビー‼っと働いたんでしょうね。

いやー、色々な意味でこの子は凄いです。
本当ほそやん凄いし、ユリアン凄いし(笑)
ネタバレしないようにすると何言いたいのか全然伝わらないと思いますが、本当凄いんですよ‼w

ユリアンとフィオナの関係性的には、お互いがお互いを支え合っていくという感じなので、恋愛的な意味でも一番今の所『恋してるねっ‼』って思えた展開だったなと思います。
フィオナが双子ちゃんと共に過ごす中で、庭師であるユリアンと出会い仲良くなっていくんですけど、ユリアンはとにかく物腰が柔らかくて優しい…(*´ω`)
この子素直で良い子なんだな~ホッコリ…(*´Д`)って感じの子です。

で、まぁ驚き展開がありつつも、ユリアンとフィオナの絆が深まっていって、ユリアンがフィオナを少しずつ意識していくというのが可愛らしいんですよ~。
何だろうここに来るまでこんなに可愛い恋的要素が、あんまり無かったもんだからスンゴイ楽しかったんですよね。
緊張しながら『あ、あのっ!』とか喋ってるのが可愛かったり、フィオナを頑張って守ろうとしているのが可愛かったり…。
何かとにかく可愛かった…。

でもそれだけじゃないから「可愛い」と思えたんですけど、そこは是非プレイして見て頂きたいなと思います‼(;゚∀゚)=3ハァハァ←

で、フィオナの方も自然とユリアンと居る事で、今まで守られてばっかりだった自分が「一緒に頑張りたい」と思える相手だからと、恋愛に発展していくのも可愛らしくて好きでした。

そしてユリアンとは切っても切り離せない…例の存在が脅かしに来たりするんですけど、カッコイイユリアンが見られたと思ったら、またアレが登場したりして(笑)
クライマックスはとにかく忙しなかったー‼
でも色々と乗り越えたからこその幸せって感じでしたよ~♪

ちなみに私はユリアンのトゥルーEDが好きなのでね‼
これもちゃーんと、幸せだけど…………って感じの内容となっていますよーヾ(*´∀`*)ノムッフッフー♪
これはねぇ、ちゃんとどんな結末になっているのかその目で見て頂いた方が色々と『こうなんだー‼』『あぁなんだー‼(≧∇≦)』と考えるのが楽しいと思いますよ。ウンウン。

途中の展開とかはわりと静かに嵐が過ぎるのを待とうとしちゃう感じだと思うけど、展開的には今までとは全く別物なので面白いです。
続きが気になっちゃってやめられない感じですね。
そこから迎えるEDが…何とも言えませんので(n*´ω`*n)キャハーッ
私の一押しは終わったと見せかけての、画面真っ暗からのピ―――ですから!
ここしっかり飛ばさずにお願いしますねー♥

今の所病み方的にというか歪み方的にというのも、随分おかしな話なんですけど(笑)
私好みの歪み方をしているのはユリアンかな!

BADの方も何とも言えない終わり方になっているので、悲しいというか何というかモヤァ~っとするんですけどね…。
本当何とも言えないんですよ、他では無かったBADだと思います。

ちなみに、ここの√で初めて!
兄が妹が取られることにショックを露わにしているシーンがあるので、これも注目かな(笑)
ドンマイ!と声を掛けたくなるような感じで、面白かったです。

と、やっぱりユリアンだけ長くなっちゃいましたが(〃´∪`〃)ゞエヘ
これから残りのギランとアルルに行って来まーす!

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~\( 'ω')/


実はアギランがクッソ可愛くて
ちょっと楽しいりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します┏○ペコ

にほんブログ村



最新の独り言