おはようございます┏○ペコ

昨日は夕方から飲みに行ったら、完全に酔っぱらってしまいまして(笑)
帰ってきたのが22時なのに、全員出来上がって帰宅したという大変な感じになってしまいました( ;∀;)

まずは、昨日の雑談にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたー‼
本日もとても励みとさせて頂いております♪┏○ペコ

本当は昨日飲みに行く前に宇賀神くんの感想をしたためておいて、夜にアップされるようにしよ~♪とか思っていたんですけどね!
午後に一度家に帰って来てから、せっせとネイルをやり始めたらば…なんと二時間もかかってしまいまして(笑)
時計見たら感想とか書いてる時間なくて出かけ…帰ってきた時には、とてもじゃないけど感想書けるような状態ではなく…(;'∀')

夜中に頭が痛くて寝れなくなって、リビングに降りて来てコタツの中で丸まって寝ていたというワタクシです(TwT。)
起きたら完全復活したんですけど、どうやら飲み過ぎたようです(笑)

しかも、昨日は思わぬプレゼントを貰ってしまったんですけどね‼
いつもこの地元の子との女子会は、私を含め3人で開催されているんですけど…りな子・A子・H子としましょう。
この私とA子ちゃんは、基本的には女子力が…低いです(笑)家事的な意味でw
でもH子ちゃんは料理もするし、服飾の学校に通っていた子なので裁縫とかも得意だしで女子力が高い!
で、いきなり『2人にプレゼントがあるの!』と言って、出て来たのが…。
手作りのポーチイニシャル入りだったんですけどねー!超可愛いんですよ‼マジで!

IMG_3929.JPG IMG_3930.JPG

表にはイニシャルが入っているんですけど(Rじゃないという突っ込みは無しでw)、そこにはパールとかラインストーンとかが散りばめられているんです♪
しかもこのイニシャルの糸?も、ちゃんとお手製の刺繍なんだそうで…色々説明されたけど、よく分からなかった…(笑)
でもH子ちゃんが凄いんだという事は、よく分かりました…。

裏側は私の方は「りなちゃんはスタッズだと思って!」と言って、ティッシュケースになっているんですけど、ティッシュが出せる部分にスタッズが(*ノωノ)
ちなみにA子ちゃんはスタッズではなく、彼女らしくレースがついていました~♪

何かもう凄い感動して嬉しい嬉しいと連発し、化粧品が入る大きい奴も欲しいとおねだりしてきました(笑)
私縫えても雑巾とか(笑)ボタン付けとか、本当初歩的な事しか出来ないから、こうゆうの作れるのを目の当たりにすると、感動しますね~‼

と、話がだいぶ違う方で盛り上がっちゃったので、そろそろ宇賀神くんの感想に行こうと思います(笑)
この感想を喋り終わったら、やっとブラウルを起動させようと思っておりますのでね‼

ではでは、宇賀神くんの感想→フルコン感想って感じで、ブラハの感想は今日でおしまいとなりまーす♪

bh_0304_rei.png 

さぁやって参りました!
今回のブラハAでのメイン(?)となります、宇賀神澪くんでございます。
この方はカナリ売れっ子の俳優さんなんですけど、ものすっごい傲慢で王様かっって位いの俺様…。
なので幼馴染である藤吾や乃亜以外の周りの人達と、コミュケーションを取らない…というか、人との付き合いがあんまりというか(笑)
そういった部分が彼の欠点とされて、更生プログラムに参加しております。

宇賀神くんは他のキャラ√でも分かりやすいんですけど、とにかく最初はすんごーくすんごーく冷たいです…。
でも雛が稽古や芝居に対して頑張っていたりとか、その努力を認めてくるようになると、気を許してくれているのかな…?って感じになってくるんですけどね。
この人自身の√に来ると、このつれない→心を開いてくれた!までの期間があまりにも長く感じてしまいまして…(笑)
この人本当に雛の事好きになるのかな……?むしろ雛も宇賀神の事好きになるのかな?ってか恋とか出来るのかなこの人‼って思うんですマジで。

序盤でちょっと雛がピンチになるんですけど、その場面で掛ける言葉ではないであろう発言をしてくるんです。
その瞬間に『えーーーー‼Σ(゚д゚lll)』って少なからずショックを受けました(笑)
他√でもちょいちょい“何か”ありそうだな…とは思っていたんですけど、やっぱり宇賀神√に来るとその辺がカナリ浮き彫りになってくる態度が多々ありますね。
で、割と驚きな発言をされつつ、更に言えば常につれないし冷たいなぁ…ションボリ…って感じで進んでいくんですけど…。

ここの面白さを出してくれるのが、主人公である雛の宇賀神に対して対応なんですよ(笑)
雛ってちょいちょい思った事をサラっと口に出しちゃうので、その一言一言がいちいち面白かった!

宇賀神との距離を縮めていく最初の出来事は、雛が芝居に対してとかミスコンに出る事になってその舞台に立つことに対して等、彼女がどんな気持ちで舞台にたつのか…という部分で、少しずつ変化していく事で、宇賀神との距離も縮まっていくんですが…。
ミスコンの時に良きライバルみたいな感じで登場するのが、宇賀神の事を小さい頃から大好きだった北大路先輩という子なんですけど…。

彼女が小さい頃は澪君と結婚すると言っていた~とか、皆で話してたら『それは、何というか物好きな方ですね。』と雛が言うと、『は?』と宇賀神が言って固まったり(笑)
今まで言われたことのない反応をする雛ちゃんに対して驚いている宇賀神と、思わず口を滑らせてしまった雛ちゃんというのが凄く面白かったです(*´ω`)
この面白い出来事のお陰で、どんなに冷たくされても何とか頑張れたかなって(笑)

ちなみに彼との恋に発展する出来事は…、四六時中一緒に過ごさなければならない事態になったって感じですかね(笑)
これ『そうゆう展開かぁ~(笑)』ってなるんですけど、確かにこれくらいの事が無いと宇賀神とは何も縮まらないな…と思います。

しかしこの出来事のお陰で、確実に雛に気持ちを傾け始めるんですよー‼
もうここからの宇賀神くんはただただ可愛い…もうものすっごく可愛いです…。
雛に完全に振り回されてる所も面白いんですけど、眼鏡のもじゃもじゃにされてダサい変質者扱いされた挙句、北大路先輩もそんな宇賀神に気付かないで『ずいぶんとみすぼらし…いえ、個性的なご友人なのね…』とか言われたりと、ギャグな感じが強くてついつい笑ってしまう出来事も多々あって面白かったです。

そして少しずつ宇賀神の中で、雛の存在が確固たるものになってきているというのが、宇賀神の行動に全て現れているんですよね。
攻略キャラの中で一番素直で分かりやすいのは、宇賀神だと思いますね‼
帰りに昇降口で待ち伏せしてたりとか、ちょっと言い合いになった時に『もう一緒に帰りません!待たないでください!』と雛に言われて、宇賀神フリーズしちゃったり…。
完全に雛の事好きになっていってるじゃん…ってのが、丸わかりなこの人がめちゃくちゃ可愛いと思える中盤以降です。

でも宇賀神にもちょっと色々とあるので、その色々を良い方向へと引っ張っていくのが雛の存在。
ここでの雛は割と積極的で、おせっかいかと思える位いなんですけど、相手が宇賀神だからこそかなとも思います。
彼がなかなか決着をつけられない事に対して、わざと強く言ったりとあの手この手で彼を奮い立たせ、宇賀神も今までには絶対見せなかった弱い部分というのを雛に曝け出しつつ、前に進んでいこうとするんです。

あぁ…良かったなぁ…(*´ω`)

って思ってると、ここで驚き展開ですよ‼
藤吾が…やらかします(笑)
何かこの人彼の√でも大分アレだったけど、宇賀神の芝居に対しての執着が凄いので、ここでの√でもなかなかでした(笑)
コイツのせいで…コイツの思惑のせいでーーーー‼大変な出来事になってしまったんだよー‼←

凄く言いたいけど言えないんですけど、宇賀神澪√最大の出来事ですよここ!(笑)
ここに来るまでちょいちょい「ん?」「あれれ…?」と思うと思いますが、怪しいな…と思ってた事が、藤吾の手によって暴かれ全てをかき乱される…って感じです。

でもこの事がきっかけとなって、宇賀神自身自分の気持ちやその出来事に関係している人、ずっと向き合えなかった人と改めて向き合おうと思えたと思うし、雛に対しての気持ちもはっきりとしたものになったんだとは思いますが…。
ブラハZでは宇賀神の立ち位置はあの人か…とか、むしろブラハはあの人の物語なのかと思ってしまいました(笑)

あ、何か凄く長くなってきている…(笑)

とにかくですよ、この最大の出来事を乗り越えてからというもの、宇賀神はとっても素直になっていくし、優しい表情をするようになるので…。
もうすんごく優しくて可愛い野獣って感じで、最高に可愛い男でした(*ノωノ)

ED2と1は、彼との幸せな雰囲気が漂っていて、色々と乗り越えた先の幸福って感じですかね。
金持ちでボンボンで、ゴミさえも捨てた事がない宇賀神が、あんな所に住むと言い出すほど雛の事が好きだったのか…。
と、とーっても愛を感じるEDとなっております(*´ω`)

ちなみにこの人のBADはわりとあっさりって感じの印象なんですけど、素直すぎるこの人だからこその終わり方かなーって。
黒いモノとかそうゆうのは全く感じないけど、とても悲しいEDだったなと思いますね。

これにてブラハサイドAは終わりなんですけど、攻略対象が4人のわりには色々と詰まっている感じで凄く面白かったです!
クリスマスに行われるミュージカルの配役も、彼ら個々の√に深い繋がりがあるので最後の最後まで√の面白さを堪能できるし、ある意味感動もするし!
皆それぞれに色々と問題を抱えているんですけど、その辺の事と雛との距離を縮める展開だったりとかも、それぞれ異なるので楽しかったですしね。

宇賀神くんおハピエン後に、最後の最後エピローグが流れるんですけど…。
ここでZに続いている感じになるんですけど、あぁ…やっぱりメインはホニャホニャなのか…とか思ったりして、早くZやりたーい‼って思ってしまう終わり方になってるのも、憎い演出かなと思います。

スペシャルでは各攻略キャラとのちょっと後の後日談?的なのもあるし、最後までとっても楽しめた内容だったな~と思います(*ノωノ)

さて、そして…。
宇賀神くんは藤吾を超えたのか、気になりますよね?
って事で、私のブラハサイドAの好きなキャラ順はこちらでっす(/・ω・)/

1 姫崎 藤吾
2 宇賀神 澪
3 久世 円
4 椎葉 剛

宇賀神くん…2位というよりは、1位のすぐ下位い1位に近い2位って事にしたい…(笑)
めちゃくちゃ素晴らしいギャップの持ち主だったし、皆が宇賀神くんを凄く好きだというのはものすっごーく納得です。
本当に素敵だと思う!

でも…でも…、やっぱり私は感情が欠落して歪んでしまっている藤吾の方が好きだったみたいです(笑)
何というか放っておけない感じがね~…。
堪らなく好きだったんですよね。

円と剛に関しては、2人共の√もすっごく面白かったし、彼らのキャラ的にも好きです。
円とのあるシーンは今でもシーンリストで見返すくらい大好きだし、剛との日々はすごく面白かったですしね(笑)
でも、上位二人には…敵わないんですよね( ;∀;)ゴメンナサイ…

最終的には藤吾が私的キングとなりましたー(∩´∀`)∩
いや~彼はハッピーEDもBADもどちらも素敵な出来だったので、大満足な形となりました。
ちなみに私はこの作品、お勧めします!
結構軽い気持ちで始めたけど、面白かったです。
早く4月になって続きを知りたい~って思う程には楽しめておりますので(笑)

という事で、これにてブラハサイドAの感想はこれにて終わろうと思います。
これからブラウルを起動させて始めようと思いますよーん♪

夜には触った感想を喋りに来れると良いなぁ…と思っております!
ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー♪┏○ペコ


これからお風呂に入ってスッキリするぞー!
そしてブラウルの世界に旅立ちます♪
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します(*´ω`)

にほんブログ村

こんばんは~ヾ(〃^∇^)ノ
まずは昨日の独り言にお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪
本日も更新の励みとさせてお頂いております┏○ペコ

まずは超どうでもいいお話しです(笑)
お仕事関係を通じて知り合った、おじいちゃん(?)がいるんですけどね。
何だか一度しか会った事ないのに、ものすっごーく気に入られまして….。

その方お仕事はもうしていないんですけど、話を聞いていると株で儲けて生きているようなんですよ。
で、競馬が大好きらしく何故か「君はもっと人生と仕事を適当に楽しんだ方が良い!だから競馬で稼がせてあげる」とか言って来ましてですね!
え、怖い怖い…なにこのじいちゃん…と思ってたんですというか思ってるんです!

というか私人生めちゃくちゃ楽しんでいるし、乙女ゲー中心のバラ色ライフなんですけど?
とか思いつつ、邪険には出来ませんので笑顔で対応していたんですよ。
そしたら、競馬場には行かなくても良いから、儲け方を教えてやるみたいな((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
何だかすごくやる気に満ちているではあーりませんか!

普通に話している分には面白い人だし、ずっと経営とか投資とかしてきた人なので感覚とかも全然違うから話聞いてると面白いんですけどね。
賭け事とか全く興味ないので恐ろしいじいさんにしか見えなくなってしまっております(笑)
やだなー…やらされたらどうしよう~( ;∀;)
丁重にお断りしようっと…むしろ自分の金ではやりたくありません。ゲーム買いたいんでとか言うべきか(笑)
あー怖い怖い…世の中には恐ろしい事がいっぱいですねー!

さてさて…今日はいよいよワタクシのお楽しみだったカッキー演じる、姫崎藤吾の感想ですよっ。
ちなみに、プレイ前に「りな子さん絶対藤吾好きだと思う」って言われてたんですけどね、序盤プレイしている時は案外あっさりしている感じだと思っていたので…
そんなに凄くドハマりするのかな~う~んって思ってたんですよ。

キャラ的には何考えてるか分からないミステリアスさがあるものの、何か色々と淡白そうな感じに見えるんです。

でも、でも・・・後半ヤバかったです。←私的に良い意味で。
マジで、なんであんなにも私にこの人を推したのかが、よぉぉぉぉぉぉく分かりました!!!!
さぁ私とお仲間のあなた!藤吾をプレイしましょう°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°←

icon_tougo.png 

そもそも藤吾は俳優なんですけど実力もあるし売れているんですけどね、彼の演技は序盤の時の主人公にそっくりなんだそうです。
この更生プログラムに参加している理由はそこなんですけど…
「自分」がないというか、「自分の意思」がないというか…感情が欠落しております。
最初の頃こそ何考えているのか分からないってだけなんですけど、藤吾と一緒に過ごしていくうちに、彼が俳優をやっている理由とか諸々が分かってくるんです。
すると、異常なまでの執着とか、自分の感情というもの得るた為にしている事というのが理解できない感じに…(笑)

この人の場合い黒いモノというよりも、歪んでいる感じが堪らないんですよね。
愛し方が分からないと言えば聞こえがいいけど、それのねじれまくったバージョンって感じかな(笑)

雛は彼と接していく事で、藤吾が他人が求める【姫崎藤吾】を演じている事を知るんですけど、どうしてそうなってしまったのか?なぜなのか?と思いながらも、最初は恋という意味ではなく藤吾に興味を持ちます。
そして藤吾の方は、澪を変えた雛に興味を持つんです。
幼馴染である澪が、雛と関わる事で雛の事を認め澪自身に変化が出て来た事で藤吾は「あの澪を変えたから、自分の感情も持てるようになるかも…」という淡い期待と、雛への興味で恋人の振りをして欲しいと申し出るんです。

なのでここでのシナリオ展開と恋愛展開は、偽物の恋人から始まります。
だいたい色々と想像はつくと思うんですけど、序盤の流れからは想像できないような方向性に向かていく事と、藤吾という人がどうゆう人なのかというのがカナリ面白くなるポイントだと思います。
恋愛に至っては、結構純愛さを感じられるような雰囲気もあるので、個人的には大好き大好きダイスキー!ww
まぁ私が大好きというだけで、どうゆう感じなのかだいたい想像ついてしまうと思いますけど、むちゃくちゃ面白かったんですよ。

私が大好きな藤吾の台詞&シーンは
【約束、できるよね?】とにっこり笑顔で言うシーンなんですけど、この時私は寒かったので布団の上に座り超真剣にプレイしてたんですけど
(゚∀゚)<こわーーーーーーい!!
と、藤吾が怖い事言うたびに連発しながら、終始笑顔でプレイしておりました(笑)

とにかく藤吾の変貌ぶりが凄まじかったし、確実に変化していく藤吾というのが凄く惹かれました。

でも、自分の気持ちに気付きながらもどんどん臆病になってしまう藤吾と、藤吾への気持ちに気付いて更に藤吾を自分じゃ助けられないと思う雛、この2人がものすっごくすれ違いながらの恋人のふりというのがねぇ…
すんごく切なかったりするんですよねー!!
どんどん壊れてしまう藤吾と、潰れそうになる雛というのが何とも言えないの( ;∀;)

好きなのにどうしてそうゆう風にしか出来ないのか…、不器用すぎる藤吾が愛しいです私は(笑)

しかしですよ…。
藤吾の感情の欠落ぶりは結構凄いので、序盤こそ常に恋人や学校での姫崎藤吾を演じているんです。
なので特に何の感情も持ち合わせていないし、まるで「心」が感じられないんです。
でも、雛が傷つけられていたりとか、澪と話している所を見た場面等…少しずつ藤吾という人に何かしらの感情が芽生え始めると、もう凄い。

それと藤吾が澪の為なら何でもしたという部分では、大分驚きの出来事が起こるので…お楽しみに( *´艸`)クフッ

ここでは乃亜や澪も藤吾の幼馴染として関わってくるんですけど、2人の状況を動かすのはこの2人と悠翔&那由多といのも良かった。
雛と藤吾にとって大事な存在が手助けしてくれるという展開で、剛や円の時には仲の良い3人トリオであるセラ含む3人が活躍するんですけどね。
こっちではお互いの幼馴染たちが雛を心配して行動を起こすので、この展開も面白かったでです。

それと藤吾、澪、乃亜の3人は金持ち集団なので、ちょいちょい価値観が違うのも面白かったです(笑)
まず乃亜と藤吾と雛で夏祭りに行くんですけど、2人共カードしか持ってなくて雛に金をせびる風の視線を送るんですよ(笑)
『あー金魚すくいしたかったなぁ~ジーーーーー』みたいな。

恋愛過程とか後半部分は仄暗いものを感じる流れではあるんですけど、序盤の頃はこういった場面での面白さとか、藤吾の恋人のふりの演技にいちいち心の中で突っ込む雛が面白かったりするので、ついつい笑ってしまう場面なんかもあって、全体的に話の盛り上がりとか異なる楽しさが詰まったシナリオだったなーと思います。

そして…。
ダイナーの時もそうだったけど、歌の挿入の仕方がうまいですよね!
最後のクリスマスの舞台の時の藤吾は、もうすんごい素晴らしい演技だったんだな…ってのが伝わってくるし、ビシビシ伝えてくるスチルなんですけどね。
それ以外にも、蒼井くんの歌うあの歌がうまい具合に入ってくるんですよねー。
するとこっちも( ;∀;)ウルッとなってしまう不思議…(笑)

では最後にEDについてなんですけど、ハッピーEDの部類に入る2→1と回収してから、BADを回収してきました。
2と1については今まで色々な事があったからこそ、藤吾に寄り添い彼と共に歩む未来って感じで、クッソ幸せです。

藤吾の最初の時とは明らかに変化した表情というもにも注目だと思いますし、この人本当はとても素直な人だったんじゃないか…と思えると思います。

BADの方はED4のBADが悲しい辛い感じで、ED3の方は檻ガール向けとなっております。
ガッツリ仄暗さを感じるEDとなっていますし、立ち直る事の出来なかった藤吾にぴったりのEDだったなと思います。
個人的にはED3好きですけど、雛と藤吾とセットで考えた時には、やっぱりハピエンが良いな…と思います‼

今の所、藤吾が私的に一番のキャラとなっております(*ノωノ)
これから宇賀神くんに行くんですけど、どうなる事やら…。
ではでは、明日はちょっと朝が早いので、今日は早めに寝るぞー(∩´∀`)∩

本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~┏○ペコ



お菓子禁止にしているはずなのに…
ついついセブンでチョコくりぃむわらび?
みたいなやつを買ってしまったりな子に( ;∀;)
応援(∪・ω・∪)ポチおねがいしまーす…[壁]ロ゚)

にほんブログ村

こんばんはですー(/・ω・)/

まずは昨日の雑談にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~(∩´∀`)∩
本日もとても励みとさせて頂いております!┏○ペコ

何か凄く寒いんですけど―( ;∀;)
そろそろ耐え切れなくなってきたので、仕事に行くときパンツ(下着じゃないよ!w)の下にレギンスを履いてしまった私です( ゚Д゚)

ずっとパンツのみで頑張ってたんですけど、もう無理ー‼と思って2枚履きしちゃいましたぁ~!
しかも私寒がりさんなので、いつも『何枚着てるの?暑くないの?』と仕事場で言われるんですけど、最近はインナー合わせて4枚着てます。
そこにアウター入れたら5枚だー(笑)

と、いってもパーカー以外は薄手だし、本当はモコモコしたい位なんですけどね…。
あんまり着過ぎると動きにくいし、雪だるまみたいになるので我慢してます(笑)
2月くらいまでは寒いだろうから、あと3か月くらい頑張らねば( ;∀;)ウグッ

さてさて、今日は久世円の感想ですよー♪
円だけ無事終わらせる事が出来たので、これより感想に行きたいと思いまーす!

icon_madoka.png 

まどかぁぁぁぁぁぁ( ;∀;)ウォーン
何か、この人途中まではすごいダイナミックコード社の人かと思う展開だったんですけど、後半あたりからめっちゃ切なくて凄く面白かったです!!

ただのスキャンダルだけ起こしまくる、手のかかるお子ちゃまかと思いきや…
大人っぽい一面もあるし意外とかっこ良いプロ意識のある子だし、円すんごく素敵ですた(*´Д`)

久世円は久世財閥の御曹司なので、俳優をやってはいるけどそこには色々と事情がございます。
そして彼には双子の弟がいるんですけど、彼は華純と名乗り女装をしているんですが、彼も今回の更生プログラムに参加していますよ~。
円√では華純も深く関わってきますし、セラや剛も協力してくれたりするので最後の方は若干感動してしまった(笑)

これ中盤までは全然想像していなかった展開へと変化していくんですよ。
なので後半に差し掛かるとシナリオにグググググ~‼っと引き込まれていくし、剛の時との恋愛とは違った感じで、切なくてある意味ピュアで…でも胸が締め付けられるような…そんな恋愛だったなと思います。

円・剛・セラは仲良しトリオって感じなんですけど、前回の剛の感想で喋ろうと思って忘れてたんですけど…。
セラがめっちゃ良いんですよ!
個人的に好みのタイプのキャラでは全くないんですけど、ひっそりと見せる優しさとかいつも騒いでるだけっぽいのによく見てる所とかマジ良い奴。
サッと出て来て協力してくれたりとかするので、友達にしたい奴って感じです。

更にお声が蒼井くんなんですけど、成海とは全く違ったキャラクターなので若干騒がしいんですけど何か可愛い(笑)
そこもまたちょっと新鮮な感じでした~。

で、シナリオ展開的には初回同様に、皆と芝居をする事で団結していく中で円個人との距離も縮めていきます。
ただ、冒頭でも言いましたけど円はスキャンダルメーカー…なんですよ(笑)
女遊びは激しいし喧嘩はするしで、最初は本当にどっかの会社に属していらっしゃる方かと思う程でした。

でもまぁもともとスキャンダルメーカーというのが問題視されて、更生プログラムに来ているのである程度は予想しておりましたが…。
まさか、まさか女を連れ込むとはー!!!!!(笑)
という驚きシーンもありつつ、円が何を思って何を考えているのか分からない…ってなる事が多々ありながら進みます。
主人公の雛もその辺はかなり、モヤモヤしながら進んでいきますしね。

だけどその中で芝居という仕事を通じて、お互いの信頼を深めていくという感じなんです。
その間にも雛が役作りに悩んで、壁にぶち当たったりする事があるんですけど円のお陰で成長していくんです。
円の芝居に対する姿勢とか、彼の雛に掛ける言葉とか諸々で少しずつ雛が成長していくというのも、やっぱりどこの√でもこの感じはあるけど、良いなー(*´ω`)って思いますね。
で、雛が少しずつ成長しながら変化していくと、円が雛と一緒の舞台に立って一緒に芝居をしたい…と思えるように変わっていくんですよー!

それに円の事を知っていくと、彼がスキャンダルメーカーな理由とか、どうしてそこまでして好き勝手しているのかみたいなものの理由って言えばいいのかな?
そうゆうのなども分かってくるので、俳優として並々ならぬ努力もしているし高い意識も持っているしで、知れば知る程カッコイイ人だなと思いますね(*ノωノ)

なので愛とか恋とかの前に、同じ舞台に立つ俳優、女優としての絆みたいなものを作っていくのが、これまた良かったなーって。

でも円にも色々と…本当に色々とあるので、途中途中で距離が離れたり突き放されたり…本当色んな事が起こります。
その色んな事を繰り返していくうちに、雛が円の事が好きだというのを自覚していきます。
だけど、剛の時みたいにすんなりその気持ちが伝えられたりとか、お互い伝え合ったりとか…そうゆうのが出来ない状況になっていくので、ものすんごーく遠回りしながらもハッピーに向かうって感じかな。
円と雛だけの問題じゃなくなっていくというのも一つだし、本当色々あるんですよ…(笑)

2人の距離が近づく為のイベント(?)が盛りだくさんなんですけど、雛がストーカーに遇う時とか…私はアレだってすぐ分かったけどね…←
色々言いたいことだらけなんですけど、未プレイの人も多いと思いますので我慢します…我慢しますけど…。

まるまる一本2人の恋愛物語だったー‼と、最後に思ってしまう程、何か凄く苦しいけどすごくシナリオ的には好きだった( ;∀;)
もう色々あるの「色々」を皆とお話ししたい(笑)

でね、私この√ですんごいすんごぉぉぉぉい好きなシーンがあるんですけど…。
クリスマスの日に、更生プログラムのメンバー皆でささやかながらパーティーするんです。
その時に蒼井君演じるセラがクリスマス講演で行うミュージカルの主題歌を、皆の前で歌うんだけど…これがむっちゃ切なくてね!

この時の雛が思っている言葉とか聞くと、歌詞をじっと聞きたくなるし、歌の感じとかももう何か泣きそうになるんですよー(TwT。)
更にはそこで好き合っているのに、想いを伝えあえない2人がひっそりと手を繋ぎながら歌を聴いてるんですよー( ;∀;)ウォーン
まじで切ねぇんですけど、このシーンが大好きです!!

蒼井くんの切なそうに歌う感じもそうなんですけど、何か皆が楽しそうにしているであろう中で雛と円だけの時間が止まっているかのようなあのスチルが堪らないんですよー(つд⊂)
終わった後にシーン回想で二回見る位にはこのシーンが好きです(笑)
また後で見ようと思う[壁|_-)

こっそり貼っちゃいますよ~(笑)
CD出してくれたら絶対買うんだけどな…。



円√は思いがけず切ない展開の数々で、すっかり引き込まれました…。

そして、EDも結構ありまして(笑)
ED1、ED2がハッピーな展開で、2→1って感じで繋がっているというか流れ的には2を見てから1を見るという作りになってます。
その他ED3~5がBADなんですけど…さすがハニビブラックさん…。
侮れんEDがありました。
と言っても号泣するほど苦しい訳じゃないけど、切ないというか凄く苦しいEDというのもあります。

ハッピーの方はものすっごーく幸せですよ!
√中に切なかったりする展開が多々ある分、すっごく幸せを感じられるEDになっていると思います。
逆にBADの方はサクッと終わるものもあれば、先ほど言ったように苦しかったり黒いものを感じたりとバラエティ豊かだったなと思います。

黒いものを感じるEDは大好物とまではいかないけど、こうゆう系のED一つはあった方が面白いよねっ!
って感じの内容となっておりますよ~(*´ω`)

もう本当、個人的には円の√すっごく楽しかったです‼
剛がちょっとギャグ系で楽しみながらプレイ出来た半面、ここでは恋愛においてカナリ翻弄されたかなと思いますね。
でも円や華純、雛とそれぞれの想いが交差しまくっていて本当に楽しめました。

そして、昨日は円を何とか終わらせたんですけど、丁度終わったー!って時に相方が帰って来てしまったのでその先には進んでおりませぬ(TwT。)
しかも今日相方がゆっくり出勤だからって、晩酌に付き合わされましてね!
謎に起きた時頭が重くて重くて…( ;∀;)もう遅い時間の晩酌は付き合わないぞー…と心に決めました(笑)

お次はカッキーの姫崎藤吾を攻略しに行ってきまーす\( 'ω')/
こちらもだいぶ楽しみなキャラなので…( *´艸`)クフフフフ…
感想もお楽しみに―♪

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー!┏○ペコ



今日からはちょっとゆっくり起床なので
調子に乗っているりな子に…
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致しまーすヾ(〃^∇^)ノ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんは~┏○ペコ
今日はずーっとブラハの世界に浸っておりました(笑)

まずは昨日の雑談&感想にお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー!
本日もとーっても励みとさせて頂いておりますヾ(*´∀`*)ノ

さてさて、今日の14時頃からスタートしたブラハ…。
ご飯やお風呂の時間を除いても23:50くらいまでやっておりましたよ(笑)
色々な時間を少し抜いたとしても、ED1・ED2・BAD・共通BADを取るのに8~9時間弱かかっておりますね~(;'∀')

しかしながら面白かったです!
初回はまえぬ演じる椎葉剛から攻略したんですけど、なかなか面白いキャラクターですし楽しめました♪
感想喋って続きを早くやりたいので、今日は早速本題に入っちゃいまーすヾ(*´∀`*)ノ

51DdF53pxiL.jpg 

さぁさぁ、始まりました…個性的すぎる問題時達との日々が!(笑)
まず、今回主人公は意志のない女優さんです。
生い立ちに色々あるので「自分」がないというのも納得できるんですけど、何と言っても色々な意味で無知というか…。
更に若干ズレている変わり者で、何か可愛いです。

そんな彼女や今回の攻略キャラ達が所属するのが、ダイナーのアッポリでも名前が出て来た星月プロダクションです!
ちなみにアッポリの主人公の美羽ちゃんの所属事務所でもあるんですけど、彼女が主題歌を歌ったドラマに出ていたのが今回出てくる宇賀神さんですよ~ヾ(*´∀`*)ノ

で、まぁ今回出てくるキャラどもは、どいつもこいつも問題しかないお方たちです。
それぞれ様々な欠点を抱えているものの、事務所では売れっ子の方もいますし、主人公のようにまだ新人…という子もそれぞれバラバラです。
そんな彼らが事務所の社長に呼ばれましてですね。

全員で共同生活をし「協調性」を身につけよと。
さもなくば、一年後の契約更新は無しとし、更にはこのプログラムを受けない場合や失敗した場合等、この業界でやっていけないように手を回すとな…。

その更生プログラムなる共同生活をせざるを得ない状況となってしまんですけど、そこで共に暮らす事になるのが彼らなのです!
と、出演者が結構いますので、軽くおさらいを(笑)
★マークは今回のsideAでの攻略対象です。

★宇賀神 澪(CV:石川界人)
★椎葉 剛(CV:前野智明)
★姫崎 藤吾(CV:柿原徹也)
★久世 円(CV:立花慎之介)
・有村 乃亜(CV:広瀬裕也)
・桜坂 悠翔(CV:寺島拓篤)
・結城那由多(CV:木村良平)
・阿久根 セラ(CV:蒼井翔太)
・久世 華純(CV:津田拓也)
・YUE(CV:谷口淳志)

ちなみに、これは共同生活をするキャラで、この他に超強面のマネージャーとか学校の同級生とかも出て参ります。

ちなみにこのメンバーで共同生活をするだけでなく、皆で力を合わせてクリスマスにミュージカルをやって貰い成功したら合格(?)というもの。
とにかく皆してバラバラで、全く力を合わせようとか歩み寄ろうとか無いので…最初はそこからって感じですかね。

初めからすんごーく大変なんですけど、よくありがちな主人公だけまともでひたむきに頑張るって感じではなく…。
そもそも主人公自身が何かが足りない女優なので、まずは彼女が変わっていってから触発されて周りも少しずーつ変わっていくって感じですね。
でも全く主人公にヤル気の無い感じでもないので、彼女が周りと関わっていきながら結束していくって感じなので、わりと中心にいる事はいます。

まずは皆で生活にする事に慣れていく所から、どんどんと進んでいってクリスマスミュージカルの前に芝居をしてみようとなったり、数々のイベントを経て皆が一つになっていく感じですね。
わりと皆とわちゃわちゃしている時間も多いし、各キャラ個性的なので(笑)面白い時間が多いです。

あ、あと初回で気づいちゃったんでちょっと喋らせて貰うと、一人ヤバいのがいます(*ノωノ)←
誰とかヒントも全く言いたくないけど、アイツヤバい絶対‼
共通BADを初回の一番最後に回収したんですけど、これは…(。-∀-)と思いました(笑)
いやー色々楽しみだなー(*´ω`)

恋愛面なんですけど、恐らくそれぞれに進み方とか速度が異なりそうな…。
初回は女が苦手な剛ちゃんだったので、結構苦労しました…仲良くなるまでに(ヽ''ω`)ゲッソリ
でも常に一対一じゃないので、周りのキャラが協力してくれたり一緒に何かしたりというのが多いので、最初から最後まで楽しいまま進められるって感じですかね!
後半に入って一気にそこの部分がグンと進む感じなんですけど、主人公恋も知らないような子なので…自分の気持ちがどんな物なのか気付かないんですよね。

なので、そこを意識して初めて進むって形なので、それまではゆっくり速度だけど気付いてからサクサク~っと行く感じかな。
といっても、それに対して違和感もないし自然な感じでした。

内容も面白いしどのキャラも欠点があるので、それを主人公と共に克服していくのは良い!
でもデフォ名呼びがない‼
頼むー‼デフォ名呼びを付けてくれー( ;∀;)
その代わりハニビさん特有のpoint of viewはとても良かったですよ…いつもの事だけど…。
相手側がどう変化しているのかといのが見られるのは、やっぱり楽しいですしね~。
更に言えば共通BADの部分でも、ある人のpoint of viewが出てくるんですけど、何かそわそわしちゃいました無駄に(笑)

謎解きとか真実は…⁉とかじゃないので、多分特にネタバレとかは無いけど…あのアイツがヤバそうって事だけは口が裂けても言いたいけど言えないー‼
プレイ前に分かっちゃったら面白くないと思いますしね(;゚∀゚)=3ハァハァ
今回は私PCでゲームしながら軽くメモしてたんですけど、序盤で『〇〇(声優さんの名前)の〇〇(キャラの名前)が優しいんだけど黒いものを感じる』ってメモしてました。
そういえば、既にプレイされた方にも聞いてたかも…と今になって思い出したけど、何かしら感じる物なんですね(笑)
終わって初めて色々気付きました…。

という事で、無駄に長くなりそうなので剛ちゃんの感想に行きまーす!

icon_gou.png 

えー今回のまえぬは、対アリの赤ずきんより大人しめ…?のオタクキャラでした(笑)
ゲームやアニメが大好きで声優さんのお仕事をしておりますよ!

あれ…この人現実に居たらめっちゃ仲良くなれそうなタイプだ‼と思った事は秘密にしておきます壁|д´)
こんなイケメンでゲーマーのお知り合いなんて…見た事も聞いたこともないよ!

話しを戻しますが、剛は極度のあがり症です。
といっても女性に対してだけです(笑)
彼の欠点はそこなんですけど、仕事場でも女性ばかりだったりすると全くいつもの仕事が出来ないんだとか…。
男性ばかりならば大丈夫だけど、そううまくいくもんでもありません。
彼はそこを克服するために、更生プログラムに参加させられております。

しかし…。
近づくたびに『近づくんじゃねぇ!』とか『離れろ!』とか言われ続けると、さすがに誰だって嫌われてるんだ…と思うはず…。
主人公はとにかく素直な子なので、その言葉に『嫌われているんだ…』と思いながらも、ある程度の距離を保ちながら仲良くなろうと頑張ります。

一緒に生活をするならば…という事で、皆で色々提案しながら共同生活していこうとするんですが、とにかく皆みーんなバラバラ。
ご飯もバラバラ、掃除もしない、ただ同じ建物に住んでるだけって感じです。
だけど皆が主人公の演技を見に来る…と言った時に、彼女自身がこれまで感じた事のないプレッシャーに苛まれ、まず彼女が演技に対しての考え方が変わるんです。

そこから周りも少しずつ変化して行って、クリスマス前のお試しの演劇を皆でやろうって事になります。
この辺最後まで一緒にやろうとしない人がいたりで色々あったんですけど、そこは割愛(笑)

で、演劇をする事で少しずつ結束が固まっていくんですけど、剛はいつまで経っても緊張するし怒鳴るしどもるし…。
この人と恋愛は出来るのでしょうか…?と心配になる程(笑)
慣れてきてはいるんだろうけど、距離は遠いままだし…そもそも主人公結構進むまで彼の女性が苦手って事に気付かず、嫌われていると思っているので、わりと中盤辺りまではゆっくり速度なんですよね。

剛がどうにか本当少しずつ心を開いていく様になって、主人公が彼の事を分かるようになって…
そこから追いかけまわす(笑)というか、友達になろうと奮闘するって感じなんです。
ただ、その間にも近づいたと思ったら離れて…というのを繰り返すので、距離の縮め方とか恋愛への進展の仕方は結構丁寧だったように思います。

わりと剛の方も頑なと言いますか、本当一緒に居るからと言ってすぐ慣れてくるもんでもないので、明らかに剛がギャーギャー言いながらも、主人公との距離が縮まっている~と思ったら、凄く楽しくなっちゃいました!
意外にも剛に対してグイグイいく主人公も面白かったし、それに完全に翻弄されている剛という関係も楽しく進められた要素かなと思います。

剛は主人公の可愛すぎるメイド姿に鼻血を出したりしちゃうんですけど、主人公の方も周りに言われて疑わず『完璧なメイドになって椎葉さんのハートを鷲掴みにする!』と素で頑張っちゃう人なので(笑)←この時恋とかそうゆう感情は皆無です
彼女の頑張る姿というのもまた楽しめたなと思います。

で、ここでちょっと話題が逸れますが、彼らと彼女のマネージャーとなる方が…もうすんごい顔面狂気なんですね‼
超怖いんですよ黙ってたら(笑)
こんな顔の人乙女ゲーに出演させるの⁉ってくらい怖いんですけど、めちゃくちゃ良い人でして…。
主人公が完璧なメイドを目指す為にメイド喫茶なる物に行くんですけど、初めてなので何も伝えずにマネージャーも連れて行くんですよ。

そういったちょっとしたマネージャーとのシーンとかも、面白要素でした(笑)
メイドを知らなかったり、ゲーセンは初めてだったりと、ちょっと感覚のズレている彼女だからこその各キャラとのやり取りだったなと思います。

更に主人公が自分の気持ちが嫉妬だと気付くのは、『starry☆boys』という乙女ゲーです(笑)
友達に勧められてプレイすると、主人公と同じ気持ちだったことを認識して、自分剛に恋をしている事にも気付くんですよ~。
ここからは剛とすれ違いながらも、お互いが相手を意識していく淡い恋いの感じがくすぐったかった~(笑)

クリスマスのミュージカルに向けて、更に皆が結束して演技や準備に力が入っていく中で、2人も自分の気持ちに気付きつつ…みたいな!

今思えばダイナーの感じに似ていますね、シナリオの大まかな構成が。
バンドではないし皆バラバラの職種なんですけど、やっぱり『好き』という感情が生まれてくるとお互いに似たような仕事なので、尊敬しあうというか刺激し合うという関係性ですし。
皆で何かを成功させるというのもまた、同じような物を感じました!

と、ダラダラと喋るとどこまで言っていいものか悩んでくるので(笑)

ED1とED2はハッピーEDとなっておりまして、BADの方はわりとサクッと終わる感じです。
私が今の所好きなのは共通BADだけど、これはまた別と考えた方が良いので(笑)

初回なので比べる物もないので、何とも言えないけど…。
剛というキャラは女性が苦手という以外は、特に問題のない人なので。
何だか可愛い人だったな~って感じでした(*´ω`)

あ、明日は早めに起きて移動したいので早く寝ないとなんですよね( ;∀;)
でも続きやりたいからちょっとだけやってから寝まーす!
初回はいつもながら、自分でもどう喋っていいか分からず…サクッとしてしまいがちですみませんm(__)m

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪


お菓子禁止令しているのに…
我慢できずにアイスを食べてしまったりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言