長らくプレイしてまいりました十三支演義2がこの度すべてのEDを見終わることができました~!!

今回の十三支演義2は1とは違ったシナリオで面白かったです。
特に新たに加わった諸葛亮、周瑜、そして劉備と張遼この4人のシナリオは面白かった。だけども・・・!!だけども張遼のシナリオはなんでだー!!なんでそうゆう話になったんだー!!と何とも言えない気持ちになりました。

私はまさかこんなすっごくモヤモヤさせられる内容だとは思わず一番最後にやったけど、それは悲しくて切ないという意味を求めて一番最後にしたのに・・・何とも言えない気分にさせられた(笑)
求めていたものとは違いすぎる感情にとまどっているりな子です。

全てのキャラのEDが終わってみて、2の話しは1があった仮定の話にはなっているけどそれは曹操のとの戦いとか劉備のことのみでその他のことは起きていないものとしてのシナリオになっているので、既にいたキャラでも少し違った視点からの恋愛になっているといった感じ。

先に全体の個別の簡単な感想と1との比較を独り言します。

張飛は1も2もブレない張飛らしさがあって、1では張飛を守ろうとする関羽が強かったけど今回は逆に関羽を守ろうとする張飛の男らしさに惹かれていくって感じ。
張飛は1も2もシナリオ的にはどちらもよかったです。

趙雲と張遼は2では関羽の身に起こる事態にそばで救おうとする彼らの優しさとかが色濃く描かれていました。

趙雲は1の時同様関羽に対しての優しさがとってもにじみでていて、むしろ2の方が好きだという気持ちがすっごく出ていたように思います。ニヤニヤ度では2の方が上かな。
シナリオも関羽に寄り添い彼女を助けたいと思う気持ちが、こちらをすっごく切ない気落ちにさせる内容で恋愛要素が色濃いお話だったかなと思います。
趙雲は2にシナリオの方が個人的には好きでした。

そして張遼ですが、色々と叫びた気持ちは山々なのですがなんというか悟りを開いてしまえば2の物語もこれこれで…と思えなくもないがなんか言葉にならないモヤモヤ感が残りますので1の方が好き(笑)
シナリオ的には劉備のシナリオと通ずる所があるんですけど、最後まで謎のままになっている部分もあるし、そこは劉備のルートを終えていたからこっちが勝手に想像したけど、解決しないまま終わったりするので…
この内容なら最後までもっと深く描いて欲しかったな~と思うところ。
書いたら止まらなくなりそうなのであまり言いませんが、モヤモヤが残る腑に落ちない終わり方なので2より1の方が良いとします。

夏侯惇も張飛同様に彼らしさが全くブレないシナリオで、1ほど強くは描かれていなかったもののお互いを尊重してお互いの武を認め合うといった感じが良かったです。
そして夏侯惇が大好きな私にとっては1も2も好き!ただ2での夏侯惇の目を失う原因だけがなんだか納得いかない部分もあるけど、あれがなかったら話しが成立しないので渋々…(笑)

劉備は劉備自身のことをメインに描かれていて、長としても劉備としても大きく成長していく中で関羽と想いが通じるのは良かった!そして私個人的な意見としてはここの劉備は私の好きな劉備が主に出てきているので面白かったです。
個人的には2の方が恋愛しているって感じがして面白かった!

そして最後に今回から新しく攻略対象に登場した諸葛亮と周瑜は、全く新しいキャラとしての参入なのでどうやって関わってくるのかと思ったのですが、今回はサブキャラも大きく変化しているので馴染んでいるし、なによりもこの二人は結構軸として入ってきているのでシナリオもキャラとしても良かったです。

各キャラのシナリオは個別に入るとそれぞれの進み方となりますが、大元となるシナリオの軸は同じように進んでいくものもあるので、金太郎飴的なイメージはあまりなくプレイすることができました。
キャラによっては個別ルートの途中まで同じように進むのもあったけど飽きるというのはなくプレイできました。

1・2と続けてプレイすることでより世界観に入っていけるし、シナリオも続いているところもあるのでわかり易いんじゃないかと思います。
1の強い関羽が大好きだった私にとっては、2の関羽はちょっと物足りなかったけど、それでもやっぱりすっごく面白い内容だったので買ってよかったなと思います(´∀`*)

ではせっかくプレイし終わったので最後に劉備と張遼の感想を書かせていただきます。
ここからはネタバレしますので、未プレイの方は進まないようにお気をつけください┏○ペコ


劉備

ではまず劉備からですね。

今回の劉備はほぼ成長したままの姿の劉備でした。
子供の劉備も邪悪な劉備も全ての劉備が受け入れ合って、そして関羽にも受け入れてもらうことができてひとつになるといった感じの内容のシナリオ。

その中で劉備が長として成長しつつも、長として皆を守らなければいけない事で選ぶ道が関羽ではない孫権の妹との結婚…。これにはさすがに胸が締め付けられる思いでした。
せっかく元の姿に戻れて関羽と一緒にいられると思ったのに、猫族を守るためには呉と同盟を結ばなければならなくて、結ぶためには結婚をしたほうがよくて…
なんとも言えないもどかしさに( `皿´)キーッ!!ってなりながらプレイしていた私…

でも個人的には大人の劉備が主な姿なので、大好きな石田さんの声が大人劉備Verで聞くことができたので、私は終始ウハウハした状態でプレイすることができました。

しかも今回の他のルートでの趙雲がとにかく関羽の事が大好きというのがあらわになっていて、劉備ルートでも趙雲と周瑜が関羽を取り合っているシーンがありますし、これもとっても最高でした!!

そして私の大好きな邪悪な劉備が関羽を取られたくないがために出てくるし、邪悪な劉備は今まで関羽に受け入れてもらえないことが辛くて「僕も劉備なのに」と言っていたけど、その辛さを関羽にぶつけるシーンでは劉備のことをわかってやってくれー!!と言いたくなってしまうほど切なくなりましたねぇ。

とにかく劉備のルートは切ないというのが多く感じたルートだったんですけど、大きくなった劉備にドキドキさせられることも多く、1の時よりもキュンキュンさせてくるシーンが数多くあるのですっごく良かったです。
ちょっと大人な劉備が関羽に迫るような感じの時はもはや興奮状態間違いなしですね(;゚∀゚)=3ハァハァ

エピローグがまだ見れていないので、大人の劉備との楽しいその後のお話を堪能しようと思っていますが個人的には大人の姿の劉備と恋を楽しめたということで劉備ルートは2の方がよかった(*´∀`*)

そして張遼…。
もうね、さっき終わったばっかりなのでこのモヤモヤを叫ばせてもらいたくってしょうがないです。

張遼


なんだろうなぁ、すっごく言葉にしづらいんですけど…そもそも戦とか猫族とかそうゆうのが軸ではにのでこの人だけ独立したシナリオって感じでした。
曹操軍と猫族が力を合わせて関羽を救う(?)ってゆうか、そうゆうのは今までなかったので新たな感じがして良かったんだけど、終わり方がね本当にまじでめちゃくちゃモヤモヤした!!

張遼の正体は分かっているしこうゆう内容になるのも分からなくもないんですけど…なんてゆうのかな、すっごくモヤァ~っとした全てがスッキリ消化されることない終わり方が本当にびっくりする(笑)

そもそも私は関羽がおかしな行動になった時に、あれ?呂布かな? って思ったんですけど、結局これって劉備ルートに出てきてた白銅って事ですよね??
今張遼も劉備もプレイし終わって思うのは呂布のあの人を殺して喜びを得るのは白銅を取り込んだことによっての衝動だったのかと…
そんでもって劉備ルートで尚香の体を乗っとった白銅が関羽の中にいたのかなと…。

私の中では、劉備も張遼もプレイしたことでそこが繋がって、呂布の謎も解けた…って感じの結果に至っているんですが…

なにが不満かというと張遼ルートでの不完全燃焼な感じなんですよね。

張遼だけのルートをプレイしただけじゃモヤモヤが残るし…
張遼のルートでの関羽の中にいる白銅と思われる人物は、自分の事とか劉備のこととか思い出していないまま関羽が浄化の木にくくりつけられているし…
しかも関羽ってばどれくらいか分からないのに木にくくりつけられて浄化されるってゆうね…。

これがモヤモヤせずにいられますか!!

小さなモヤが解決されず、スッキリできないまま、しかも関羽が幸せに暮らす内容ではという…トゥルーEDとは名ばかりのトゥルーと言いたくないED!!(笑)

私は攻略順を色々調べた時に張遼のルートは何かあるんだと知っていたので一番最後にしたんですけど、こんなことになろうとは夢にも思っていなくて(笑)
ただすっごく切ない悲しいとかそうゆう悲恋的なのを想像していたのですが…

全然違った…(´△`)

どの順番でやってもこの気持ちはどうにもならないと思う(笑)

個人的な気持ちが溢れ出てしまっていますが、張遼が関羽に対して抱く気持ちについては人間ではない張遼は理解しがたい気持ちなんですけど、それがどんどん強くなっていって好きだと自覚してく流れはやっぱり良いんですよね(*´∀`*)
しかも張遼が関羽に好きになってもらいたいとキスをしようとするシーンとか(*ノェノ)キャーです。

最高です。

恋愛面においては最高なんです!!
ただモヤモヤがそれを邪魔して私をこんな気持ちにさせているだけなんです。

でもモヤモヤしながらも、どこかで これはこれで面白いのかも…という気持ちが無いわけではないというのも事実。
すっごくモヤっとしてるけど、勝手に想像して「そうゆうことだったのか!!」と思えている部分もあるので(呂布のこととか)とても複雑な気持ちです(笑)

でもエピローグを見ると関羽が浄化されて生まれ変わり、張遼とまた出会い思い出して二人で歩いていく…というのは心温まるエピソードだけども…何千年?とかかっているわけですよね…。
なんだかなぁ…という気持ちを隠せないのもあります。

あぁ是非とも皆さんの張遼ルートの意見をお聞かせ願いたいです。

最後に今回の十三支演義2では、サブキャラとのエピソードが桃園システムに追加されるのですがこれがすっごく個人的には良かったんですよ(*´∀`*)
郭嘉、カク、孫権達とのエピソードが追加されるんですが、孫権のあの物静かな感じの雰囲気であの声…というのがたまらなく好きだった私は桃園に孫権が追加されたのが嬉しすぎて大興奮でした!!

内容は劉備と尚香の結婚ではなく孫権と関羽の結婚という内容だったので、ウハウハしまくりの内容。
張飛と劉備、そして趙雲は言葉を失っていましたが、私はよくやった孫権!!です(笑)

孫権がシナリオ中には見せなかった怒る所とか、関羽のことを好きになっていく一面とかもう可愛いね。あの声で囁かれながら奥になってくれる日を待っているとか…反則ですわ。

孫権最高だった。

という事で十三支演義1・2は最後まで余すことなく楽しめる作品でした!!
本当に楽しかった(*´∀`*)

今日からはゆのはなSpRINGをプレイするつもりですので、十三支演義の世界とはおさらばなのがちょっと淋しいですが…続けてプレイしたことで心ゆくまで堪能することができました♪

本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました┏○ペコ

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


すっかり秋っぽくなってしまいましたね。
食欲の秋…という事でいつもよりも食べまくってしまいそうなりな子です(´;ω;`)

昨日は曹操周瑜をプレイし終わりました~!!
私の中で勝手につけている、りな子ランキング不動の上位である曹操&夏侯惇ペアを脅かす存在が登場してしまいました…。

何を隠そう、周瑜様でございます。

彼すっごく良かった(∩・∀・)∩
最高でした~!シナリオもキャラも声も完璧!!
終始ニヤニヤ…キュンキュン…興奮してゴロゴロと転がりながらプレイさせてもらいました(笑)

早速曹操感想から順番に叫びたいと思います。
ちなみにネタバレしますので、未プレイの方やネタバレが嫌だよ~という方はお気を付けくだいさい。






まずは曹操から・・・。

今回の曹操のシナリオは個人的にはどうにも腑に落ちないというか、1の時の方がよかったなぁって思いました。
1の時は曹操が人間と猫族の混血だと回りの皆が知り、衝撃を受け動揺したものの「曹操様は曹操様だ!」と皆に受け入れて貰い、戦いを繰り返す中で互いに惹かれあっていった曹操と関羽が結ばれるっていうとっても良い話しだった…。

しかし‥・今回の曹操は始めから狂気に満ちていて、同じ混血である関羽をとにかく手に入れようとしてきます。
ここまではまぁ良いとして、無理矢理手に入れてそばに置いておきたいがために祝言まであげちゃいました…!!

そして祝言をあげてから曹操の深い心の闇を知り、それを取り払いたいと奮闘する関羽。その中でお互いが惹かれていきほうとうの夫婦としての形を徐々にお互いが作り上げていくってな感じだったけど、1の時の一緒に戦う中で惹かれあっていく関羽と曹操というのが自分の中であったからどうにもモヤモヤ…。

最後の方に曹操を止めるために関羽が命をかけて戦いを挑むどいうのは、関羽らしいし曹操と関羽の愛の形として良かったと思うけど、どうしても今回のシナリオは無理矢理感が否めなかったというのが私個人の意見です。

気持ちのないまま祝言をあげて、そこから惹かれあっていくというのはこうゆう時代背景のお話にはある内容あとは思うけど、1の時に曹操と関羽は戦いを繰り返していく中で惹かれあって…というのがあったし、(これは無かったことだからしょうがないんだろうけど…)周りにいる夏侯淵や夏侯惇なんかもそりゃ驚くよね…と思ったのも束の間…それを受け入れている…!!となんとも驚きな方向になったいくし…

でもまぁ曹操にニヤニヤはさせてもらったんですけどね…
少しずつ変わっていく曹操とか、触れないと約束したのに陰ながら気になって見守る曹操とか、寝ているときは無意識だから関羽を抱きしめて寝ちゃう曹操とか…その他諸々(笑)

結局曹操のことは好きなんですけどねっ!!!(笑)

でもトゥルーEDは3年がかりで関羽をもとの正室として受け入れようとしたり、BADでは川に落ちた曹操を助けるのが遅くて体が不自由になったり…
(´ε`;)ウーン…


(´ε`;)ウーン…

こんなにモヤモヤするのは私だけでしょうか…。

終始狂気に満ちてそれだけに突き動かされている曹操が、あの1の時の上に立つものの強さみたいなのが全くなくって若干残念な感じがしちゃいました。
血と父の亡霊に囚われて周りが見えなくなっている曹操、関羽を手放したくないがために執着する曹操…私の中の曹操像が壊れてゆく!!゚(゚´Д`゚)゚
と、勝手に落ち込んだ私でした(笑)

しかしながら気持ちが芽生えて甘くなる曹操は大好きだったんですけどね(´∀`)ヘヘ


とまぁ個人的な意見なので聞き流して頂ければと思います。


お次は周瑜です!!





もうねこの人はね、最高。

本当に最高でした。

今回の2では初登場した周瑜と諸葛亮のシナリオが飛び抜けてよかったように思います。
新参者だからそう思うのかもしれませんね~。

周瑜にはとにかく最初から関羽が欲しいとストレートに迫ってきますねぇ。
このストレートさが初めはただのちゃらんぽらんなやつなのですが、いちいち囁く声がやばいわけです。

森田誠一さんかなり良いお仕事されています( *`ω´)

とにかく関羽が欲しい、関羽が欲しいという周瑜はところかまわず引っ付いてきますし口説こうとしてきます。
それに劉備や趙雲、そして張飛が翻弄されているのも面白い!!

ここでの曹操は狂気に満ちているのが良いお仕事していますので、ここのシナリオのために曹操のシナリオはああなってしまったのか…と納得してしまうほど(笑)

しかも桃園システムで宴の席で酒の入った周瑜と趙雲が関羽を取り合う話とか最高しぎます(笑)
この人のシナリオはどれも一人で大興奮し、顔が緩みっぱなしでプレイし続けさせてもらいました!!

今となっては夏侯惇&周瑜が大好きになってしまった私(笑)

自分の不完全な体であることが原因で、大切に思う関羽と距離を取ろうとするものの、曹操の魔の手が関羽に及び関羽が嘘の投降をするときとか…
周瑜が…周瑜が関羽の耳をかんだりとか色々してたー!!(*ノェノ)←(笑)

まじでコイツ…と本当に最高すぎる周瑜様でした。

とにかく周瑜も諸葛亮ルート同様に最後までハラハラさせられて、シナリオ自体もすっごく楽しませてくれる内容でしたし、諸葛亮の策によって二人が死んだこといして曹操の魔の手から逃れるというのも良かった。
エピローグでは皆とやっと会うことができるというのがあったけど、どうせなら再会するところまでやって欲しかったなぁ…

そんでもって張飛とか趙雲に嫉妬する図なんかもあったら良かったのに(笑)

あ。
あと周瑜のルートの諸葛亮が面白かったし良い味出していました(笑)

周瑜に言い寄られる関羽が諸葛亮に助けを求めるシーンが多々あったけど、3人で諸葛亮の部屋で寝ることになったりとか振り回されている諸葛亮が可哀想すぎて面白かった…。

ちょっとギャグ的な要素もあって、張飛と関定と蘇双の3人衆がまたいつもの大騒ぎなんかもしてるんだけど、川に落ちた関定が張飛を引っ張り、張飛が蘇双を引っ張り3人が落ちる…そこに趙雲が助けようと剣を差し出したら関定の手が切れるというわけのわからん事態が面白かった(笑)
この人たちが騒いでいるのが十三支演義っぽいというかなんというか。

とにかくシナリオ的にもキャラ的にも周瑜は最高でしたね(´∀`*)

お次は最後の劉備と張遼となりますが、今日明日はプレイできなそうなので先延ばしになります(´;ω;`)
早くプレイしたいな( ^ω^)ワクワク

本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました┏○ペコ


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんわ┏○ペコ

12日から山梨出張に行き戻ってきたりな子です。
睡眠時間を2時間しか取ることができず…13日の夜21時にやっと地元の駅に到着し、疲れきって歩いていたら…

ボーッとしていたせいか小石を思いっきり踏みまして、足があらぬ方向へぐにゃりと曲がりました((((;゚Д゚))))
おかげ様で捻挫をいたしまして、朝から歩くと激痛をともなっております(´;ω;`)

出張に行く前の日には念願の夏侯惇をプレイいたしました~!!

もうね夏侯惇最高ですね(;゚∀゚)=3ハァハァ
やっぱりあの人いちいち可愛いんですよね…

しかし夏侯惇のプレイ感想に入る前に…
郭嘉とのEDの感想を書きたいと思います。
ネタバレしますので、未プレイの方はお気をつけくださいませm(_ _)m

趙雲のBADを迎えると桃園システムで郭嘉とのEDを迎えることができます。

郭嘉

そもそも郭嘉はシナリオ中でもなかなかの強者というか、かなり極悪非道な感じのする人物。
可愛らしい見た目とは異なり、戦で人を殺すことに喜びを感じたりするような歪んだ心をお持ちのお方です。

そんな郭嘉とのEDは私の好きな重~いEDでした(笑)

村を襲ってきた兵によりお姉さんを亡くしている郭嘉は、心が壊れているというか、かなり深く傷ついていてるんですねぇ・・・それにしても歪みすぎていて乙女ゲームとは思えぬ事態が起こっています(笑)

趙雲の事を殺し関羽を手に入れて監禁(?)するんですけど、とりあえず関羽のことを拷問するシーンがあるんですけど・・・拷問がとりあえず酷いです…
郭嘉エピローグでは拷問を繰り返し受けた挙句、趙雲が死んでしまったことを知った関羽の心は壊れているご様子で始まります。

が・・・!!

郭嘉は自分のお姉さん似ていた関羽を、姉としてそばに置いているという…。

そんでもってどんな拷問をされたのか、関羽は記憶がなくなっていて、郭嘉の姉として生きているという内容((((;゚Д゚))))
このエピローグのなかで関羽は趙雲のことを忘れてしまい、郭嘉の姉として生きています。事故大怪我をしてしまって頭を打ったことで記憶を失っているという事になっているけど、郭嘉が何かしたことは一目瞭然なので郭嘉の恐ろしさにガクブル…。

だって人間の姉として生きているから耳が…あの可愛い猫の耳がないんですよ!!
郭嘉恐るべし…
ちなみに関羽の猫耳のないイラストは描かれていないのが唯一の救いです。

でもふとした瞬間に趙雲のことを思い出しそうになる関羽がすっごくかわいそうで悲しくなる(;_;)

趙雲のことを夢に見て知らない男の人が出てきて、その人のことを知っている気がしたり、大事なことを忘れている気がしてそれが思い出せそう…と郭嘉に伝えると思い出させまいとしてくる郭嘉。
たかがエピローグされどエピローグ…心がぎゅーっとなります(ノω;)

郭嘉は姉を失った事がよほど辛かったのか、関羽が姉として生きていることが嬉しくてどこにも行かないで、ずっと傍にいて、とかなりの執着を見せていて、かなりダークな雰囲気のエピローグでした。

シナリオ的には大好物なんですよ!!
でも私は関羽の事が好きなのでなんだか悲しくなっちゃいました…(´;ω;`)

そしてお待ちかねの夏侯惇!!

夏侯惇


いや~!!
今回の夏侯惇もたっぷりと楽しませていただきました!!

今回は1の時に目を怪我した夏侯惇ではなく、まだ怪我をしていない設定での登場で関羽との戦いで関羽の手により片目の怪我をして見えなくなるという設定。

1でのあの看病してくれたのが関羽かも…とかのくだりは無かったことになっているのでそれがちょっと残念(;´Д`)

今回の目の怪我は関羽が原因なので、怪我を負わせてしまった事に罪悪感を感じる関羽ですが、夏侯惇は怪我をさせられたから仕返しをするという気持ちではなく関羽よりも己の武が劣っている事に悔しさを感じるという…
根っからの武人である夏侯惇らしさは変わらずブレずに顕在していたので、そこはかなり嬉しく一人でキュンキュンしていました。

ちなみに今回のシナリオでは夏侯淵もなかなか良い出演をしているのも良かった♪(´∀`*)
前回は夏侯淵と一緒にEDを迎えることはできませんでしたが、今回は違っているのも大満足ですね。

前回同様に関羽の事は毛嫌いしています。
夏侯惇に傷をつけた関羽を憎み、同じように報復をしようという気持ちをあらわしている夏侯淵ですが、夏侯惇が傷をつけられたのは関羽に武が劣っているから、同じを傷をつけたのではなく戦うことで自分の武が関羽に勝っていることを証明したいということを言われ納得できていない御様子(笑)

この時の夏侯淵は兄者兄者と…まぁうるさいw
夏侯惇のことが好きなのは分かったよ!!( `皿´)キーッ!!となりそうになりました(笑)

でも今度は夏侯淵が怪我をして瀕死の状態になった時に、関羽が夏侯淵の看病をする事がきっかけで夏侯惇も夏侯淵も関羽に心を動かされる…なんて王道なんでしょう!
でもこれが最高に面白い展開を向い出してくれるんだから良いです。

まず夏侯惇は、関羽のことを殺そうとまでしていた夏侯淵の事を一生懸命看病する関羽の姿に心を動かされて、混血だと知った関羽に無意識に近づき『耳以外は人間と変わらない…』と顔や手をつねったり触ったりしてるシーンがもう面白かった。
無意識ですから(笑)
気づいたときに「うわぁぁぁぁぁぁぁ!」とかなりの同様をする夏侯惇が可愛すぎる(´∀`*)

しかも夏侯淵も関羽に助けられたことを受け入れられなかったけど、夏侯惇が関羽のおかげで夏侯淵を失わずに済んだって話してから関羽に対して受け入れているような感じになるのがまた良い!!

夏侯惇に二人で話せと言われた時に夏侯淵が悔しくて泣くんですけど、気にせずボロボロ涙をこぼす夏侯淵に対して関羽が看病していた時の癖で手を差し伸べて頬に触れたら・・・
「この手か・・・」って(*ノェノ)
看病していた時に触れていたのを覚えていて関羽のことは好きではないけど、この手は好きだというシーンがまじで良すぎる!!

1では相容れることができなかった夏侯淵とこうやって少しずつ仲良くなっていく様子がまたこれ大満足です。

夏侯淵の看病から夏侯惇と関羽の距離はぐぐっと縮まっていって、この二人の恋路は1の時同様にお互いの強さを認め合って守るって感じで夏侯惇と関羽らしい内容だった。

好きだと認めた夏侯惇は甘いし、そこに至るまでの夏侯惇はいちいち可愛いしでとにかく終始ニヤニヤしながら進めることができたので大満足の内容。
夏侯淵と手合わせしたりとかもする程仲良くなっていたりするのもまた1ではなかった光景なので、夏侯淵と夏侯惇と関羽という3人の繋がりってのもハッピーで良かった♪

しかしBAD EDは関羽が殺された状態のところを夏侯惇が見つけてしまうという終わり方…
なんだか呆気ないな~とも思ったんですけど、夏侯惇がその光景が信じられずに号泣しているのはこっちまで泣きそうになる終わり方だったなぁ。

2のBADが全体的に関羽自身が死んでしまったりする事が多いので、悲しい感じの内容が多いなぁ。

今は曹操に入っているんですけど、なんだろう…曹操は途中なのに1のシナリオの方が良かったような気がするんです。
まだ途中なんですけどね!!

この後また進めていきますので改めてまた叫びに来ますが、ゆのはも買わなきゃなので早急にプレイしたいと思います(´∀`)

本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました┏○ペコ


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんばんわ~(´∀`*)

明日からお仕事で山梨に一泊二日で行くことになりましたので、ブログ更新ができない((((;゚Д゚))))
ということで昨日は張飛と趙雲のトゥルーEDを素早く終わらせてきましたので、2人まとめてプレイ感想を書いちゃおう~と思い参上いたしました♪

まずキャラ別ではなく大まかな感想。
ここはネタバレしないで書こうと思います。

今のところ諸葛亮→張飛→趙雲と三人のEDを見ましたが、十三支演義1の時同様に張飛と趙雲の大まかなシナリオは同じです。で、この二人と同じ所に諸葛亮もいるので全体的なシナリオの流れ的には同じなんですけど、張飛&趙雲ペアとは若干異なります。

同じ身内(?)として猫族側にいますが、諸葛亮の場合だと個別ルートに入ったあたりから張飛や趙雲の物語とは違った動きをするので、また別物って感じで楽しむことができます。
他のキャラとの関係とかサブキャラ自体の事なんかも若干違いがありますし、軸は同じでも別の道と思っても良いかも?

そんでもって張飛と趙雲も途中までは同じなんですけど、だんだん別の流れになっていきます。

3人をプレイしてみて思ったのは今回の十三支演義2は攻略キャラに頼る関羽というのが多いですね。
1の時では関羽がどうこうしたり、関羽の強さに惹かれる攻略キャラ達って感じでしたが、2の方では関羽が各キャラ達の成長した姿や、自分ではどうにも出来ないときに助けてくれる彼らに頼り惹かれていくって感じが強いなぁと思いました。

しかも今回から一周通しでクリアしてると、2周目からキャラ選択して個別から始められるという素晴らしい機能が付いていてマジで助かりました~!!
前回は最初からやらなきゃいけなかったですし、これが結構長くて眠気を誘ってくるのでかなり嬉しい機能ですね!

そしてそして張飛・趙雲ですが、若干急ぎ目で攻略してしまいましたw
というのも、二人の事は嫌いじゃないけど、私の心が『は、早く曹操と夏侯惇を・・・』と欲していたためです(笑)
今日はもちろん帰ってからやっとこさ夏侯惇に会いに行きますε”ε”ε”(ノ´・д・)ノ

では、まずはネタバレ無しの張飛と趙雲の感想。
まずは張飛からです(´∀`*)




シナリオは十三支演義1を終えた後の過程として話しが始まり、張飛のルートでは諸葛亮のシナリオ同様に猫族が人に利用されずに生きていくために戦い、人と共存できる国を作るというのが軸となっています。
張飛は1の時よりも中身が男らしくそして、頼りがいのある大人の男というのが垣間見られて成長した彼が楽しめます。
共通の始まりの怒涛の展開から、張飛のかなり頼りがいのある姿を見せられまして・・・あんなに弟ぶりが凄かった彼が頼れる男性って感じになっていてなんだか感動さえします。

ちなみにそんな張飛がキュンキュンさせてくるポイントが後半にかけて盛りだくさんです(;゚∀゚)=3ハァハァ
しかも今回の張飛ってばいつもは引っ張ってくれて頼りになるわ~って感じなのに、関羽とのことに対しては可愛さが溢れ出ていますので、このあたりの破壊力はなかなかですよ。

恋愛面ですが、2ではまだくっついていない始まりで改めて恋をするという感じの流れです。
これがまた微糖からの始まりなので、その気持ちが大きくなっていくのがなかなか良いんです!
しかも関羽が自分の気持ちに気付いていく様子が、細かく描かれているのでこっちまでキュンとしちゃいます。

そしてこのルートでは猫族の皆が力を合わせて戦を乗り越えていくって感じがメインで描かれているので、猫族の一員になった気分になります。
とにかく応援したくなるし張飛がどんどん皆の中心となって平世おじさんのような立ち位置になっていって、本当に頼もしくなっていくのを見ているといつの間にか入り込んでしまいました。

張飛ルートは今までプレイした3人の中で一番ハッピーな感じの内容。
もちろん問題は起こるしそれを乗り越えるって部分はあるんですけどね、猫族皆が幸せになるため、一緒にいる人間たちが幸せになる為に力を合わせて頑張るぞー!!みたいな(笑)
張飛らしい元気が出るルートって感じです♪

ちなみにもちろんBADは悲しいですからね・・・?
でも今回のBADは1とは違った終わり方で結構切ない終わり方をさせてきますのでご注意を・・・( ̄∀ ̄)(笑)


お次は趙雲!!




趙雲のルートは、趙雲の優しさがいっぱい詰まっていてその優しさが身にしみるルートです。
というか趙雲てば優しすぎるしいい男すぎるしなんだお前さんは( `皿´)キーッ!!です。この2での趙雲のお陰で更に、もっと趙雲が大好きになりました!!

まじで素敵。
そして本気で泣いたルートでした。

ちなみに私はこのルートのシナリオ結構好きです。というか大好きかもしれません。

趙雲ルートのお話しは切ないというか、もうこっちまで苦しくなってしまうような内容なので、プレイした3人で一番心が痛くなるシナリオでした。
関羽を支える趙雲と、趙雲に頼っている関羽、この二人には本当に幸せになって欲しいー!!と心から思いながら進めていました。

もうね本当に趙雲が関羽を大切に思っているのがひしひしと伝わってきますし、この人と一緒にいたらずっと幸せに生きてゆけそうって思う。
しかも2での趙雲は優しいだけじゃない!!いや優しいんだけどそれだけじゃないんですよ。
ネタバレしたくないから言えないんですけど、本当に本当に趙雲の良い男っぷりを堪能させてもらったので、是非あなたにも!!←(笑)

そして恋愛面では・・・天然人間たらしの趙雲ですが、関羽に対しての甘~い趙雲が・・・1の時よりも素晴らしかったーΣ(゚∀゚ノ)ノ
私が趙雲が好きな理由は1の時もそうだったんですけど、一見優しい当たり障りない人風なのに意外と積極的な所とか、気持ちを認めたら素直に出してきたりするあのギャップ。

趙雲のギャップには何度(;゚∀゚)=3ハァハァさせて頂いたことか。

今回もたっくさ~んさせて貰いました。
ベッドでゴロゴロしながら趙雲ルートをやってたんですけど、一人で(*ノェノ)キャーとか、(●´mn`)ムフフとかとにかく堪能させてもらいました(笑)

趙雲ルートは二人で行動することが多く、個別に入ってからの中頃は趙雲と関羽が中心になります。
その割には始めの頃は色々と、本当に色々とあるので甘い生活ではないですよ。だがしかし・・・後半に近づくにつれて趙雲の甘さが増していくので、その辺からは乙女達にとってはキュンポイントが上がっていくんじゃないかな・・・?

ある事を乗り越えてからはいつもの関羽と趙雲になるんですが、ここからがまた面白い展開になっていくので目が離せません!

とにかく趙雲と関羽を温かく見守ってください!!

まだBADはやってないんですけど、トゥルーEDを迎えるまでの途中が結構心が痛くなるのでBADは一体どうやって終わってしまうのか・・・若干不安です(^^;

私ネタバレしないで感想言うの向いてないかも・・・ww
気にしすぎて上手く言えてない気がします( ºωº )



もう言いたくて仕方がないので叫ばせてもらおうかと思います┏○ペコ
以下ネタバレしますのでネタバレは嫌よという方は、進まにようにお気をつけください!!







------------------------ここよりネタバレします------------------------







叫ばせてもらいたいのはもちろん趙雲です。

もうとにかく最初から心が苦しくなった内容でした!!
張遼と賈栩が関羽を手に入れようとしてきたときに、関羽がご飯を食べさせてあげていたというタイミング・・・この辺りからもう嫌な予感しかしなかった・・・。

で、張遼に抑えられて動けないまま子供たちを殺せと命令する冷徹男の賈栩。
関羽が抑えられているそばで容赦なく子供たちに刃を向ける曹操軍の兵士(´;ω;`)

本当にこの時は張遼と賈栩が憎かったです。

しかもそのあとの関羽が痛々しすぎるし、こっちまで心が痛くなってきました(´;ω;`)
まさに諸葛亮と同じ心の傷を負ってしまった関羽です。だからこそこのルートでは諸葛亮は関羽に対して一番理解していましたしね。

そしてそんな関羽の心の傷を癒したいと思う趙雲が、とにかく優しすぎて涙が出てきちゃいますよ。

全く喋らないし反応もしない関羽に対して献身的に話しかけたり、心の傷を癒そうと幽州に行ってみようと言ったりとにかく尽くしまくる趙雲の健気な姿が切ない切ない・・・。

私が趙雲に対して大きく心が動いたのは、関羽が盗賊に連れ去られてしまった時に、自分は死んでも良いとさえ思ってしまう関羽に対して、いつも優しさの塊の趙雲が怒るシーンは心臓がギュギュギューってなっちゃいました。
あの趙雲が怒ったんですよ!!

本当に関羽が大切だからこそ、自分のことは見えてなくても良い、声が届いてなくても良いけど、自分の事をそうゆう風に思ってはダメって。

趙~雲~゚(゚´Д`゚)゚

子供たちは自分のせいで死んでしまったと、心に深い傷を負った関羽が趙雲と旅をする事で触れた彼の優しさと、旅の途中に出会った子供たちのおかげで心の傷が癒えていったのは本当に良かったー!!と心の底から思えました。

結構始めからきつい展開でしたが趙雲ルートは趙雲の深い愛をたっぷり感じることのできるお話しで最高だったと思います。

明日も朝早いので早いとこ夏侯惇に会いに行かないとですから、そろそろ行かなくては!!

本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました┏○ペコ


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

こんにちは~。
今日も出勤の時は雨で仕事に来るのが憂鬱すぎたりな子です。

今は千葉県にいるのですが、こちらは雨が降っていないんですよね。
東京から小一時間ほど高速に乗ってこちらに来ると途中で雨が上がり、こちらは曇り。昨日も降っていなかったので、帰った時に大雨でびっくりしました。

そして今日は朝から現場にめちゃくちゃ大きな蜘蛛が出現しました…警備員さんに蜘蛛が出たことを訴えると『あれはゴキちゃんを退治してくれる良い蜘蛛だ』との事。
確かにゴキちゃんを退治してくれるのはとっても良い事ですし、嬉しいのですが…しかしああゆうお方が苦手な私にとっては良い蜘蛛だろうが怖いものは怖いので、遠くに追いやってもらいました(;´Д`)蜘蛛さんごめんなさい。

そんなこんなで朝から大騒動でした…。

そしてやっと始めた十三支演義2♪

十三支演義2


昨日は諸葛亮のトゥルーEDを終了いたしました(*´∀`*)
とりあえず諸葛亮様は、あんなに冷静・冷徹(風)なのにとても可愛らしいお方でした。御馳走様でした┏○ペコ

とりあえず今回は私の気持ちを叫びに来ました…。もうとにかくプレイ中の私の心は台風、嵐そんな感じの空模様でした。
今回はネタバレには配慮していませんので、未プレイの方、ネタバレはご勘弁!!という方は先に進まずページを閉じてくださいますようお願い致します。

では諸葛亮殿の感想いきます( *`ω´)

諸葛亮


今回の十三支演義2は、前作の十三支演義1の時よりもとにかく物語が怒涛のように進んでいきました!
そして今回も本当に素晴らしいし面白い!!

なんかここまで来るとこうゆうの考える人がすごいな…と思ってしまう(笑)

まだ一人だけなのでシナリオが各キャラ同じような感じなのかとかは分かりませんが、とにかく十三支演義ワールドに入り込めること間違いなしの内容でした。
そして諸葛亮の策士ぶりがまじで凄いんですよ!!
さすが軍師として有名なだけはあるお方でございます。最後まで私はこの人に騙され続けたおかげで余すことなく堪能できたと思います(笑)

でも一番初めがこの人で大丈夫だったんだろうか…とも思う。
次からどうなっちゃうのか不安しかありませんけど、それぐらい諸葛亮の物語の内容と運び方が凄かった。

今回も戦いが中心という感じではありますが、諸葛亮のシナリオでは今までのように人間の戦いに翻弄されるというよりも、猫族のための猫族としての戦いって感じなので劉備が元の姿になって頼もしくなっているし、戦いが好機に向かうとものすごく嬉しくなります(笑)

ちなみに劉備は大きくなっているのに中身は邪悪ではない方の大人劉備なので、これまた最高でございます。
石田さんありがとう~ヽ(*´∀`)ノ

そして今まで人間に利用されて生きてきた猫族たちが、もう利用されたり蔑まれて生きてゆくのから逃れるために国を持つ為の戦いなので猫族が主役って感じの内容になっています。主人公である関羽ですが、相変わらず強いのは強いんですが関羽が中心となって戦いに挑むというよりは諸葛亮が軍師として、劉備が長として中心にいるのでまた1の時とは違った猫族の形みたいなものがそこにはあるので、そこも見所かと思います。
1の時よりも女の子らしい感じを垣間見ることのできる関羽だったように思います。

もうとにかく最後の最後まで諸葛亮にしてやられた!!って感じでしたし、この人どこまで冷たいんだろう…とか、最初からこんなに悲しくて重かったら私どうしたら良いんだろう…とか色々考えながらプレイしちゃいました(;´Д`)
これが私自身も諸葛亮にまんまとはめられたって感じですね(笑)

お陰で最後の時には激しい安堵(笑)そして諸葛亮の策への絶賛、色々な感情がブワワワワー!!っと湧き上がって完全に私は猫族の一員となっていました(笑)
あぁこの人が良い人で本当に良かった…と。

恋愛面では個人的な感想を言うと、若干諸葛亮はいつの間に関羽に好意を抱きだしたんだろう…と思う部分が若干。ほんの少しですよ!!

いや、ちょいちょい気になってるんだろうな~という感じはあったんです。あったんですけどね、とにかく今回は諸葛亮と関羽が二人でどうこう…というよりも、諸葛亮と劉備の所に関羽がいたり、皆と行動したり…といった様子が多かったので、そちらの方面は本当ジワジワって感じなんですよ。

もちろん諸葛亮と関羽が二人力を合わせてという場面もあります!でも1の時って結構それがメインだったと思うんですけど、今回は攻略対象と関羽のメインという感じではなかったように思います。(諸葛亮だけかも知れないけど。)
なので今までどおり関羽らしさを出していく中で、それに対して諸葛亮が好意を抱いていってるのでしょうけど、そこまであからさまな感じじゃなかったので、結果『どのあたりからこの人は…』と思ってしまう気持ちも少なからずあるといった私個人の気持ちです。

でも途中からその好意が分かりやすく向けられているので、そのあたりは不満とかでないのであくまで個人的な意見です。ちなみに私の気になっているメンズ周瑜様は猫族のお方でした…!!そして周瑜は初めて会った猫族の女子関羽のことがお気に入りでございます(;゚∀゚)=3ハァハァ
で、周瑜が関羽に近づくと、諸葛亮が邪魔して関羽を守ろうとする場面がちょいちょいあるんですけど、ここ(;゚∀゚)=3ハァハァポイントでしたねぇ~。

なになに諸葛亮くん…(・∀・)ニヤニヤ
どうしちゃったのかな?ウフフフってなっちゃいます(笑)

ちなみに諸葛亮は本当に策士、恋愛においてもこれはゲーム内だから良いけども、リアルな人として目の前にいたら私は分かりにくすぎて、そしてあまりにも飴を与えてもらえ無さ過ぎてお手上げしそうです…(´・_・`)
でも好きですけどね←(笑)

そんな彼が最終的には関羽を頼りにし、関羽に私を最後まで信じてくれないかと言った時にはなんだか二人の絆がやっと、しっかりと結ばれた気がして嬉しくなっちゃいました。

今回はシナリオの途中に桃園をやる感じではない模様。

シナリオを進めていく中で桃園システムに移らないので、あれれ?と思っていたんですが、シナリオ中にちょいちょい『更新されました』って出てくるので気になって気になって(笑)
終わってからすぐさま桃園に行ってまとめて見ちゃいました。

そんでもってこの桃園で夏侯惇と張遼のショートストーリーがあるんですけど、これがめちゃくちゃ面白くて笑っちゃいました(笑)

張遼が関羽に主になってくれと言ったら断られて、これからどうしよう…となっている時に、夏侯惇は曹操と契約もしていないのにどうしてそんなに忠義を尽くせるのか…と不思議に思うわけです。
そして夏侯惇が関羽に断られてどうするか悩むなら曹操様に忠義を尽くせと言った時に、『曹操様!!曹操様!!』と連呼する張遼…

夏侯惇殿の真似をしてみましたって(笑)
いつの間にか夏侯惇がいじられキャラとなっているのが本当にツボでした( *´艸`)

猫族は耳の構造上船酔いしないってなった時も、夏侯惇あたりは頭がっちがちに硬いから船酔いしそうだなっ張飛とかが話してるのにも思わず笑いがこみ上げてきちゃいましたし(笑)
今回はちょいちょい他キャラの事がネタとして出てきているのも面白かったですね(・∀・)

やっぱり夏侯惇ってば可愛いなぁ( *´艸`)と思えた私でもありました(笑)

とりあえず帰ってからは、ちょっと見たくないけど諸葛亮のBADを見てからお次の張飛に行こうと思います。
本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました┏○ペコ


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言