FC2ブログ


こんばんはです~♪┏○ペコ

まずは、昨日の感想いお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもくださいましてありがとうございました‼
本日も、とーっても励みとさせて頂いておりますです♪

し…し……4月になっちゃったーーーーー‼
毎月言ってるから耳タコかもしれませんが、もう4月なんですね…(笑)
はえーな(笑)

昨日はお話ししていた通り仕事を早めに切り上げて、ロッテ戦のナイターに行ってきたのですが…。
なんと…めちゃめちゃ寒くてガクブルしたのは予想の範囲内としても、開幕戦から延長戦になり結局5時間試合していたんですよ(笑)
9回が終わったのが既に22時を回っていて、終わったのが23時?とか?23:30とかだったかな…w
なかなか決着がつかなくて、カナリの残業になってしまったけど最後まで楽しんで見てきました!

しかも、どうでもいぃわ!と思われるかも知れないんですけど、スタジアムの照明がLEDに変わった事で…凄い演出とかがかっこ良くなってました(笑)
行った事あるのはドームと神宮、ハマスタとマリンだけなんですけど…どこよりも近未来的というかゴージャスな演出になっていたと思います…。
レーザーみたいなのとか出ちゃうし、三振とかとったりチャンス的な事が起こるといちいち照明が一瞬暗くなるシステム!
終始「な…なんかすごいね…(笑)」と驚いておりました。まぁマリンだと野球だけじゃなくサマソニとか音楽系のイベントも多いか、そうゆう風になるんですかね?

と、雑談が長引きましたが、今日はParadiseをコンプしましたのでまとめ感想と最後のキャラのタカラの感想をば。

◇まとめ感想
Paradiseheader.png 

面白かったー‼\( 'ω')/

最後の√ではちょっとグロめ描写も…いくつかありましたが、視覚的には思ったよりも…な方かなと思います。
でも何回も言いますけど最初の方に吃驚した、○○体のスチルはマジでもう驚きましたし、スチル観覧の所にもあったけど開いてすらいません(笑)

物語的にはミツギ・マツダを攻略していると、島の廃村の事や島に関しての謎が浮上するものの2人の攻略だけでは全然謎が解けません。
むしろ2人の√の物語を進めていくと謎が深まっていく…って感じで、真実がまったく分からずちょこちょこ小出しにされてモヤっとする感じですね。
で、最後のタカラ√で色々と気になっていた事が明かされる…という形になっています。

どこも共通しているのが、終わり方が“その後こうなりました…”って感じでは無く、迷路を抜けたらやっと抜けれた!って所で終わっているのですよ。
なので、その後どうなったのーーー‼って凄く気になるんですよね…。
こんなにもその後どうなったのか知りたい、何か展開してくれと強く悶絶したのは初めてじゃないかと思います(笑)
それくらい「その後教えてくれー‼」と思ってしまいます。こうなったのかな?あぁなったのかな?とか色々想像は出来るけど、やっぱり無人島ではなく普通にどうなったか見たい!と思ってしまいますね(笑)

各√で起きる謎の出来事や不思議に思う事に関しては、最後に解決しますしそういった部分ではちゃんとスッキリします。
ただ、それが最後に最後まで本当にあまりにも触れないので、早く続きを…と急いてしまう気持ちになりました~。
ミツギとマツダのどちらの√でも、ミツギなら廃村と島の事を記述している古い書物、マツダならばひっそりと隠されている洞窟のような場所…って感じで、小出しに「ん?」と思うポイントは出てくるんですけど、そこに何も繋がらないし改めて何度も出てくるって感じでもないので…。
EDを迎えるころには「結局何だったんだろう……」と謎に思う気持ちが深まるだけなので、より早く次やらないとという気持ちになったのかな~と思います。

攻略順は私、ミツギからやったんですけど、マツダ→ミツギ→タカラの順の方が良いのかな~?と少し思う部分もありました。
タカラは制限がかかっているので、2人を攻略しないと選択肢が出てこないです。
ミツギとマツダはどちらでも良いとは思うんですけど、シナリオを思い返してみるとミツギが後の方が…良いかも?と思った部分があったので!

個人的にはボリューム的にも短い!と感じる事も無く、3人の攻略対象だけど結構ギュっと詰まっている感じがしますね。
分岐してからの展開がそれぞれ違うんですが、どこでも閉鎖的な所に居る事で色々と皆さん崩壊していくのは共通しているかなと思います。
BADに関しては人間追い詰められると、そうゆ選択もしてしまうんだろうな…と思うようなEDもいくつかありましたし、一つ一つ作り込まれている感じでした。

それと恋愛をして云々というよりも、それぞれがアヅマという人間に何故か惹かれる…って感じの始まりになっていたので、アヅマ自身に何かあるのかなぁ~?と思ったんですが…。
これは私の勝手な想像だけど、ちょっと普通ではない趣向をお持ちの人達からしたら、今までの人生で色々とあったアヅマという存在は、本能的にものすっごく惹かれてしまう存在なんだなと思います。
各√でアヅマ自身についても結構触れているんですけど、この辺もガッツリハッキリ描かれているのはタカラの√でした。
でも、なんでこんなに何度もアヅマの過去の部分に触れるのかな~?と最初思っていたんですが、マツダの√で彼の言った台詞で何となく思う所があったって感じです。
タカラの所にいくとより強く思うんですけど、狩る者が攻略キャラとかだったとしたらアヅマは駆られる者として何か惹きつけるものを持っている…って感じですかね。

それと、えーっと…。
暴力的なシーンが結構あったりしますし、大人シーンで致している時もただ甘いだけではないので、そうゆうのが苦手な方はダメかも知れません。
ある意味っそれが愛情表現だと言い張るキャラもるので、ただのDVやないかー‼と思ったりするんですけど(笑)
恋をしてキャッキャしてお付き合いをして甘いめくるめく甘いシーンを繰り広げるゲームではないですので、ご注意を…。

って事で、久々だけど好きなキャラは…

1 マツダ
2 ミツギ
3 タカラ

の順ですかね。
マツダが好きだとお思う自分を疑いますが、何だかんだコイツが好きです…(ΦωΦ)
途中とかは本当に、大丈夫かよ…この人…って思いますし、プレイしているこっちの気持ちまでゴリゴリ削られそうになるんですけど、最終的には好きだったし可愛く見えてしまった…。
でも何度も言いますけど自分の彼氏がこんなんなのは絶対に嫌です‼(笑)

お次はミツギです。
ミツギもマツダと迷う部分もあるにはあるんですけど、この人は3人の中で一番まとも!
ちょっと弱っている姿とか見れたりして、ムフフと思わない事も無かったけどマツダ程重くない奴ですしね。
金髪ロン毛でスーツとか「え?」とか思うですけど、それすらもかっこ良く見えてくる人でした。

最後はタカラです。
彼の感想はこの後に控えているのであまり喋らないようにしますが、凄すぎて私はついていけなかった!(笑)
タカラの変人具合は人レベルでは理解出来ないやつでした\( 'ω')/
どちらかというと私の好きな漫画の登場人物達が理解出来る内容じゃないかな…。

全部の√を終ええて見て思うんですけど、人は見た目で判断するなよと強く思わされました(笑)
各キャラ最初の印象と、√を経て距離を近づけていった後の印象がガラリと変わるようになっているので、第一印象のイメージでその人の事を決めつけて分かった気になるのは危険だぜぃって感じがします。

ここまで言ってしまうと、これからプレイする時に「こいつはどうなるんだ…?」って思ってしまうと思うんですけど、最後のキャラに関しては思いもよらぬびっくりな中身が待っているので楽しんでもらいたいなと思います(笑)

では、タカラの感想にいきまーす(/・ω・)/
ちなみに、タカラは完全に制限がかかっているので、ネタバレしない為にも感想はサックリめにいきます。


◇タカラ/湯町駆
itakaracon4.png


タカラは無人島ツアーに出発する時、クルーザーに乗船する前に出会います!
重そうな大きなスーツケースを一生懸命下ろそうと奮闘している所にアヅマが遭遇して出会うんですが、見た目からしてもお子様に見えてしまうタカラですが実は20歳なんだそう。

もともと明るくて人懐っこい雰囲気で、可愛いという印象の男の子でした。
最後までその可愛さというのは変わらないんですけど、違う面も勿論見えてくるので…。

プレイし終えて印象に残っているのは、タカラがアヅマを好きだというのが最後までタカラ自身もまだ気づいていない…という状態で終わった所。
タカラ自身が思う感情に対して、何で?どうして?と思っているんですけど、それが好きだからだという所までは到達していない…みたいな。
どのキャラもアヅマに惹かれて最終的には好きになっているんだけども、タカラの最初のアヅマに感情?というか衝動?みたいなものは、マジで恐怖でした!!(笑)
でも最後に近づくにつれて、“あ、好きなんだな”と思えてくると恐怖ではなくなったんですけど、それに気付く手前で終わっているような所がまた良かったなと思います。

割と他√でもアヅマの事を心配していたり気にかけていたりする部分があったので、好意的な感じではあるんですよ。すごく。
最初に気が合ったからかな?とか年も近いし友人的な感じかな?と思うんですけど、タカラの√に入って進んでいくと、どうもそれだけでは無いような気がし始めます。

私、タカラがとあるシーンで「何か良い匂いがする。アヅマの匂いだ…!」みたいな事を言った時に、「まさか…こいつ(タカラに対してのこのゲームに関して)アレなのか⁉アレが出て来ちゃう系のゲームだったの!?」と一つの考えが浮かんだんです。
だって…良い匂いがするって結構普通の恋愛ゲームで出てきたら、「あらあら…ニヤニヤ」みたいな感じの台詞だと思うんですけど、言っているタカラの表情が「あらあら…ニヤニヤ」の方の表情ではないんですよ。
ん…な、なんかおかしいぞ…?って絶対思うのー‼

そんでもって、少しずつタカラへの「あれ?」がどんどん増えていくと、びっくり仰天展開に遭遇する事になります。

これは完全にバレる事になるので言いませんが、皆さんこれまでの√でアヅマに対しての衝動を抑えられずに手を出してみたりとか色々とあるんですけど、タカラだけ色々な意味での衝動を抑えられなくなっている感じです。
とある行動に出た瞬間に「そっちかーー‼」ってなります。
ここに関しても結構後の方まで進まないと、何故あんな行動に出たのか?という部分が分からないので、そこに行くまでは色々と想像が膨らみましたね。
なので、エロがどうとかというよりも、もっと違うものになっているかな。
あの見た目からは想像出来ないほどに、興奮しまくって…というか興奮し過ぎなくらいのタカラが見られますが、ニヤニヤ…グフフ…って感じでは無い!(笑)
どどどどどどどどどどうしよう…大丈夫かな…って頭の方が先に来てしまった(゚∀゚)

物語的にも真相の部分をガッツリ描いている事になりますし、今まで起きて来た事が一体何だったのか?というのも分かるようになっています。
あまりにも真相が気になりすぎて、画面が暗転する度に「まさかこれで終わらないよね?ちゃんと続きあるよね?」とハラハラしながらエンターキーを押していたのは私です(笑)
ちゃんと最後にどうなるのか…というのは分かる形になっていましたので、ハラハラした気持ちで数倍楽しくプレイでいたと思います。

今ままでの√や、タカラの√で起きた出来事の発端だったりそうゆう所も分かるようになっているので、某√でアヅマの後輩が謝罪していたというのが台詞中で分かるんですが、その辺の謎についてもここで分かるようになっていますので、それぞれのBADとかハピエンでも不思議に思ってた事も、ここでスッキリ解決出来たかな~と思います。

それと、先程も言いましたがタカラのアヅマに対しての感情は他キャラとは違う形から入っているので、距離の縮め方というか…そうゆう所も特殊です(笑)
ミツギやマツダも普通ではなかったけど(特にマツダ)、タカラもだいぶ特殊な形から始まるので、一番甘さからは程遠い過程だったかな~と思います。
ちょいちょいそういったシーンはあるんですけど、キャッキャするのと同時にそれ以外での意味で目が離せない感じになるので…。
むしろそれ以外で目が離せない…という気持ちの方が大きいと思います(笑)

とりあえず『痛い描写とか無理!』な人はダメですね多分…。
わりと今まで色々なBL作品プレイしてきましたけど、Paradiseが一番バイオレンスな印象です(笑)

EDについてですが、ハピエンに関しては誰よりもこの続きがどうなったのか知りたい!と強く思った終わり方でした!
ハッピーはハッピーだし、良かったなと思いはするんですけども…。
先が知りたい、マジで!と思います。

BADに関しては痛かった…( ;∀;)
もう見ているだけで、そして音で凄く痛かったです。
何がどうなってどこが痛いのかは言いませんが、とにかく痛くなるEDでした(笑)

攻略キャラ3人の中で一番激しい√だったなと思うんですけど、全体を通して面白かったので私的には大満足です(/・ω・)/
細かい真相の部分とか色々と喋れないのが残念ですが、まぁいつかプレイした暁には是非お喋りしてください!┏○ペコ

ではでは、今日の感想はここまでです!
明日はワタクシジャン展に行って参ります♪\( 'ω')/
今ジャンプ展Vol.2というのをやっていて、スラダンとか幽白とかDBとかるろ剣とか…諸々の原画が展示されているらしいのですよ!
どうしても行きたくて友人と参戦してきます♪
しかも併設されているカフェで…、フリーザのパフェなるものを食べて来ようと思っておりますです(笑)

こんなんだったよ~のお話しをここでしたいな~と思っているんですけど、多分飲みに行くだろうって事で帰ってくるのが遅いと思うんですよね(´・ω・`)
遅かった場合は恐らく早々に寝ると思うので、お休みするかもですが…。
元気があったら喋りに来ます!

という事で、これからガルティアやり始めます。
本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました‼┏○ペコ




マツダの声がどうしても聴きたくて
周回して好きなシーンを回想するために
セーブして何度も聞いているのは私です…。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(*´ω`)♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



最新の独り言